笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

論理的な真相は・・・

2013年01月28日 | 小説
小説「メルカトルかく語りき」を読みました。

著者は 麻耶 雄嵩

探偵メルカトル鮎とワトソン役といえる美袋三条
事件を解決していく推理モノ

5つの短編からなる構成

なのですが・・・
これは、何なのか、実験ともいえる感じで

モヤモヤ感が激しく
あえてなのですがね

論理的に語られる推理
しかし、論理的だからこそ その真相には・・・

えぇ!と言った感じで
そんなのアリですかぁと

うーん

論理性、ストーリー構成などは考えつくされていて凄いけど
私的にはちょっとな

私的評価:3
    好みはあるだろうが ミステリ好きは読んどくべきかも
    かなり攻めてるなぁ

この メルカトルは前作もあるみたいで
ちょっと気になります


それでは、また




コメント   この記事についてブログを書く
« それぞれの事件 | トップ | 漂流の果てに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事