kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

やっとヒューズ挿入

2016-11-26 09:06:09 | エレクトロニックス

<念願のヒューズ挿入とコンセント移動>

昨日の寒気団が、氷見に寒ブリを連れて来たようです。

氷見では2年ぶりの「寒ブリ宣言」が出ました。

やはりお正月には、脂の乗ったブリは外せませんよね。

今日は、やっとDC-DCコンバーター回路にヒューズを挿入する事が出来ました。

バンクスはトリプルサブに対し、シングルサブ 100Ahを追加しています。

合計では400Ahのサブですが、シングルサブは手持ちの古バッテリーですから、直接並列接合しますとバッテリーの早期劣化を招きます。

そこで、シングルサブは専用DC-DCコンバーターで充電し使用するシステムとしました。

このDC-DCコンバーターの電源回路に今まで、ヒューズが入っていませんでした。

何しろDC-DCコンバーターはあちら製だったのですけど。。。

 

ついでに以前より気に成っていました、DCコンセント、スイッチも位置変更を行います。

最近は便利なヒューズボックスが販売されています。

リード線も太く 3sq、30Aまで行けます。

これをDC-DCコンバーター回路の電源ラインに挿入するのです。

ヒューズは平形タイプを使用します。

ヒューズ挿入部の電源リード線を思い切って、カットします。

この回路は活線ですから、ニッパー等をアース部に接触させない事が重要です。

(DC12Vが来ています)

カットしたリード線間にヒューズボックスを挿入します。

リード線の接続には、接続子を使用しますが、3sqサイズが手持ちに無く、買いに走りました。

本来のカシメは、専用カシメ機が必要ですが、ギボシ用で間に合いました。

カシメ後は、リード線を引っ張り抜けない事を確認します。

また、絶縁部も軽くカシメます。

ヒューズボックスの前後をカシメ、タイラップで固定します。

次にヒューズ 15Aをセットしました。

ヒューズを完全に挿入します。

合わせてリード線を更に確実に固定します。

基本的に空中配線は振動で断線の恐れが有りますので、避けたい所ですね。

ついで作業のDCコンセントも移動します。

まずは、ハーネス通し部のカット拡大からです。

ノミと金槌を使い、木屑受けのウエスを敷きました。

木造キャンカーならではの大工道具使用です。

しかし、リューターを使うよりスンナリと拡大が出来、移動するコンセントのハーネスを通す事が出来ました。

具体的には矢印方向にコンセント、スイッチ位置を変更しました。

今までシート脱着時にシートクッションがコンセントに干渉していたのです。

旧位置のマジックテープは残しておきました。

壁の化粧が剥げますからね。

(@_@。

 

まぁ~何とか位置移動が出来たようです。

少々、ハーネスがごちゃごちゃしていますが、その内考えましょうか?

今日はお孫チャンのお宮詣りなのです。

大急ぎのブログUPに成ってしまいました。

今朝は良い天候に恵まれたようです。

 

お宮詣り日和のようですね。

出掛けて来ます。

その後はファミリー食事会の予定なのですよ。

(#^.^#)

ジャンル:
ドレスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”太陽快適SW”の走行充電S... | トップ | 初宮参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。