kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

土曜日は息子と一杯

2017-07-24 09:30:50 | 生活

<週末の暴飲暴食は体重UP!>

この土日も天候がハッキリとはせず、秋田ではまたしても記録的大雨警報で被害が有りました。

そんな天候ですと、出掛ける訳にも行かず、週末サッカーで帰って来ました息子と一杯やろうかと。

まぁ~土曜日ですと、奥さまもご飯作りたく無いモードが全開ですから、焼き鳥しか無いでしょうか?

(#^.^#)(@_@;)

 

取りあえず、ビールで乾杯からですね。

何故か取りあえずは付き物ですね。

お通しは、生キャベツのブツ切り!

生キャベツが何故か、冷たい生ビールに合うのです。

(#^.^#)

モモ焼き、砂肝は定番ですね。

最初は忘れず撮影するものの、その内撮影を忘れるのは何時ものパターンです。

最後に1本残りました、ごぼうスティクです。

レバーもジューシーで、旨い焼き具合でした。

この頃には、すでに角ハイボールですね。

ハイボールも炭酸が油を流し、焼き鳥に良く合うのです。

(#^.^#)

ネギ間も頂き、これもネギと鳥肉のバランスが良い塩梅でした。

ここまで食べ、呑みますと脳裏には体重UP!の呪文が浮かび上がるのです。

折角、金曜日朝には念願の目標体重まで減量できましたのに、このままでは。。。。

 

そんな事を考えていますと、酔いももう少しのような。

(@_@;)

息子が何故か赤ウィンナーも注文します。

誰が食べるの? とか思いながら魚肉ウィンナーをツマミますと昔ながらのお味です。

もう~これは太るネタ以外の何物でも無いような。

 

そろそろ店を変えようかと思い、外に出て見ます。

暇そうな初めてのワインバーに入って見ました。

初めてなので、オヤジ特権で「テーブルチャージ取るの?」とか聞きますと、「ありません」との事。

小生は何故か、ジントニック。

 

おつまみは?と見ますと、息子が早速、大きなブタのモモに目を付けます。

イベリコブタの生ハムです。

店主が目の前で、うゆうやしく厚め?に切り出してくれます。

思ったほど塩が強く無く、噛むほどに旨味が滲み出します。

何時も安物しか食べた事が無い奥さまは、何故か薄ぺらのイオンの生ハムの方が美味いとか言います。

(@_@;)

ものを知らないと言うものは、困ったものです。

(@_@;)

お客は我々、3名のみで何故か落ち着きません。

ここは、1杯のみで引き上げです。

 

このまま帰るのも、もう少し物足りないような。

3軒目を覗きますと、看板にはテーブルチャージ無しの文字が!

ここに決め、今度は竹鶴ハイボール!

もう~Kenyはこの頃には、体重で頭が一杯です。

その所為か、もう一つ乗り切れません。

 

息子がここでも、ヘビーな注文で「ラクレットチーズ掛け」をオーダーです。

確かにチーズ好きですから、美味しいかったのですが、体重を心配せず食べ呑みたいものです。

まぁ~これが生活習慣病とか言われる元ですよね。

 

此方は、お客さんも入って来て落ち着いたのですが、今夜はもう~一つ乗り切れませんでした。

まぁ~そんな夜も有りますよね。

この所、呑みが続いているような。

 

生活習慣を改善せねば!

 

この週末での体重UP  1.3Kg!

 

ハァ~~~憂鬱です。

(@_@;)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏場のソーラーパネル温度

2017-07-22 12:38:21 | ソーラー

<夏場のソーラーは効率低下!>

梅雨が明けたものの、雲は厚くスッキリとはしません。

しかし、夕方には気温が下がり、風も涼しく感じられ、長年放置劣化しましたブルーシート交換が出来ました。

 

そんな今日は、真夏のソーラーパネル温度に付いてです。

先日のひるがの高原キャラバンから帰りに、通り雨に遭遇してしまいました。

基本雨中走行はしないのですが、キャラバン中であれば仕方ないですよね。

 

そんな訳で洗車をしたのですが、カンカン照りのお天道様でしたから、これは目玉焼きが出来る位の温度かとソーラーパネル温度測定をしました。

洗車後に汗だくでしたが、ふっと思い付いたのです。

 

まずは気温の測定からです。

空気中に放射温度計を向け、測定ボタンを押しますと気温が測定可能なのです。

気温 36℃!

体温に近い気温です。

(@_@;)

ソーラーパネルもギラギラ太陽を受け、如何にも熱そうです。

早速、ソーラーパネル表面温度計測です。

放射温度計は、非接触で測定物から約10mm距離を取り測定します。

1回目  44℃!

2回目 場所は異なります。

44.2℃ !!

まぁ~60℃には届きませんが、高温ですね。

ソーラーパネルは温度が上昇しますと、発電効率は低下するのです。

そのような意味で夏は、ソーラー発電に取りましても辛い季節なのです。

しかし、日照時間は長いですから、トータル発電量は多く成るようです。

 

更にしかしですが、この発電効率低下は発電電圧も低下しますから、夏場にはどうも充電不足に成るようだと感じている方は、高温時の発電効率低下を疑って見る必要が有ります。

電圧低下対策は過去記事に直列化が有りますので、参照下さい。

http://blog.goo.ne.jp/kenycorde/e/2b3a9f225540a695dd9aa3aa1901bb3f

ソーラーパネル直列化時には、ソーラーコントローラーの容量を確認要します。

さもないと、ソーラーコントローラーが破損しますから、充分検討し実施して下さい。

 

【発電効率低下分 算出】

ソーラーパネルの性能測定基準は、パネル温度 25℃、標準光源、光源はソーラーパネル面に垂直に当たる設定での測定です。

 

効率低下は、0.5%/1℃上昇と言われています。

従いまして、今回のソーラーパネル温度に当てはめますと

 

(44.2℃-25℃)*0.5%=9.6%

約10%の発電効率低下と成ります。

 

此方も過去記事がありますので、参照下さい。

http://blog.goo.ne.jp/kenycorde/e/c607aa9d5bb00925abb4dd7289ea10c4

 

ソーラーパネル温度が44℃程度ですと、発電効率低下は約10%ですが、ソーラーパネル動作電圧が低いパネルで並列接合していますと、サブバッテリーの充電電圧 14.5V~14.7Vに届かない場合がありますの要注意ですね。

 

まぁ~今回の温度測定である意味安心しました。

現状では、ソーラーパネル3直列化で動作電圧は、52.5Vを確保していますからね。

発電効率 約10%低下として

52.5V*10%=5.25V

52.5V-5.25V=47.25V 確保出来ています。

(#^.^#)

 

更に充電電圧 14.5V~14.7Vにソーラーコントローラー(MPPT)が調整後、余りました電圧は電流に変換し充電してくれますから、お得に成るのです。

 

尚、蛇足ですがソーラーパネルをルーフから浮かし取付ますと、裏面を空気が流れますからソーラーパネルの冷却、温度低下にも効果が有ります。

 

ソーラー有効活用で夏を乗り切りたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洪水遭遇

2017-07-21 10:12:12 | キャンカー考察

<全国どこでも記録的大雨警報!>

今年の梅雨は予測通りと言いましょうか、やはり短期間で終わったようです。

全国6ケ所の水瓶ダムでは、早くも節水状況だとの事。

この後は、台風頼みなのでしょうね。

 

ラッキョキャラバンで買い求めました、砂丘ラッキョも良い塩梅に漬かって来ました。

パリパリ、シャキシャキと狙いの食感に仕上がって来たようです。

そんな今日この頃なのですが、最近の記録的大雨時のキャンカー走行に付いて考えて見ました。

記録的大雨と言うほどですから、遭遇は行き成りやって来るのでしょう。

遭遇が予測される場合は、早目早目の避難が大切な事は言うまでも無いでしょう。

運悪く巻き来まれた場合の、注意点に付いてウンチクです。

 

よくテレビニュースで見ます、冠水した道路を勢い良く走る自動車ですが、この行為は百害有って一利無しなのです。

自動車が水中を走りますと、ブレーキ、ホィーリベアリング等にダメージを受けます。

また、車内にまで達する水深ですと、エンジンECU、電装部品に致命的な損害が発生します。

 

【フロントブレーキ廻り悪影響】

フロントブレーキ廻りの断面を見ます。

ブレーキはディスクブレーキで、カムロード同等とお考え下さい。

FR(フロントエンジン リアドライブ)車輌ですと、FF(フロントエンジンフロントドライブ)車輌に比較しドライブシャフトが貫通していない分、有利ではあるのですが。。。(4WD除く)

 

ブレーキディスクの車体側は、スプラッシュガードでカバーされ、ホイール側はホイールでカバーされていますが、水深に依ってはディスクが濡れます。

その結果、ブレーキが甘く、効き辛く成ります。

また、ディスクに付着しました水は、キャリパーも被水させます。

各部摺動部は、ラバーで防水はされていますが、濡らさないに越した事はありません。

 

ハブとナックル間には隙間が有り、水はその内部のオイルシールで防水されていますが、アクスルセンターまで浸水する走行の場合は、防水効果は期待薄と言わざるを得ません。

 

以上の理由から、最悪タイヤが水没する水深(黄色線)までの走行が望ましいです。

当然ですが、スピードは出来るだけ落とし、水はね防止と共に突然の出来事(マンホール蓋外れ等)に対応出来る用心が必要です。

 

万一、ホイールリム赤線までの水深が有る場合は、勇気を持って引き返したいものです。

 

【リアブレーキ廻り悪影響】

カムロードはリアブレーキは御存じ、ドラムブレーキですね。

ドラムブレーキの場合は、ドラムが回転しますから、バックプレート間に隙間が有ります。

この隙間部(赤丸部)は、ラビリンスシール(迷路シール)とされていますが、図から分かりますように隙間が存在するのです。

リムより深い水深を走行しますと、この隙間から泥水がドラム内に侵入し、乾燥しますと泥が堆積します。

 

ディスクブレーキと同じく、内部に水が侵入しますとディスクブレーキ以上に甘く、ほとんど効かない状況と成ります。

また、ライニング作動、パーキングブレーキ機構等に錆、泥が発生、付着し作動不良を発生させる恐れが有ります。

 

黄色丸部のホイールベアリングシールはバックプレートとハウジングの突き当て部は、パッキンでシールされているものの、ドラム内のバックプレートとアクスルシャフト間には隙間が有るのです。

この構造はアクスルシャフトが回転し、動力を伝える一般的な構造なのです。

 

有る意味、フロントブレーキ廻り以上に悪影響を受けやすいかも知れませんね。

 

兎に角、冠水路に遭遇しましたら、水深はタイヤまでならスピードを落とし、出来るだけ波を立てず走行する事が大切です。

また、ブレーキが甘く成りますから、更にスピードを落とし走行したいものです。

 

ホイールリムまで冠水する水深が有る場合は、引き返す事が重要です。

 

こんな状態に成りますと、修理費用は莫大な金額と成る事でしょう。

まぁ~集中豪雨だけは、何時遭遇するやも知れませんから、お互い気を付けお得に乗りたいものですね。

記録的大雨!

避難指示!

と聞き慣れない警報情報が、多発傾向に有るようです。

これも地球規模の熱帯化の影響かも知れませんね。

 

我が身は自分自身で守るしか無いのでしょうか。。。。

 

 

<参考> 自動車工学便覧

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏は鮎

2017-07-20 10:23:06 | 美味

<やはり夏には鮎は外せません>

牧歌の里を後にし、スキーで通い慣れた山側の道を下ります。

一気に美濃まで下ったのですが、下界のモワッ!とした熱気に会いますと、ひるがの高原は涼しいかったんだと再確認してしまいました。

 

この所、鮎は美濃の「美濃観光ヤナ」さんをヒイキにさせて貰ってます。

写真は食後の夕方ですが、お昼前後には駐車場が満杯に成るのです。

お店の裏側にも駐車場が有るのですが、シーズンのお昼は、今回も待ち時間 1時間30分でした。

 

通常、予約リストに記帳し近くの「道の駅 にわか茶屋」に行き買い物をし時間を潰します。

買い物をしましても、まだまだ順番は来ないようです。

 

仕方なく、エアコン稼働で暫しネット検索です。

昼間でお天道様は、これでもかとばかりに陽射しは強く、ソーラー発電でエアコン電力は確保出来ます。

ネットにも飽き、眠気が出ますのでお昼寝と決め、うとうとしますと順番が来たとの電話で起こされました。

(@_@;)

 

優しいKenyは、奥さまには生ビールを進め、自分はノンアルコールなのです。

ホント、なんて優しいのでしょうか?

昼からビールはさぞかし、美味い事でしょうね。

当然ながら、帰りは舟こぎなのでしょうし。。。

とかとか思っていますと、まずは付け出しからです。

鮎の甘露煮と天ぷらが乗っています。

この甘露煮は特に、日本酒、今なら冷酒に合うのです。

 

次は鮎のお刺身です。

鮎独特の香りと淡泊なお味がたまりません。

う~~~ん!

お酒が欲しい~~~~。

(@_@;)

 

此方はお酒は無いもので、食べるピッチは自然と早まります。

奥さまは、相変わらず一気呑みですから、2杯目をお勧めします。

生ビールを横目でニラミながら、ノンアルコールビールをチビリと飲みます。

 

鮎と言えば、やはり塩焼きですよね。

今年の鮎はやや小ぶりのような。

しかし、このサイズ程度が、変な油も少なく養殖としては良いのかと。

 

尚、鮎の塩焼きを食す場合には、お作法が有るのです。

正しい作法で食べますと、背骨、内蔵が綺麗に抜けるのです。

通の方は内蔵も頂かれるようです。

 

アッと言う間に、骨だけに成ります。

少々付着しました内蔵のホロ苦さがまた、美味く夏を感じるのです。

この後、鮎の田楽が有ったのですが、写真撮り忘れでした。

よほど食べ急いでいたのでしょう。

従いまして、骨は3本なのです。

 

作法もさることながら、背骨を折らず抜けると言う事は、養殖とは言え自然仕立てが上手な証ですね。

 

更に鮎の空揚げが出るのです。

稚鮎の揚げ物も更に、2匹!!

う~~~ん、これも美味です~~~。

やっはり夏は長良川の鮎に勝るものは有りません。

(#^.^#)

 

そして、いよいよ最後の鮎雑炊が来ます。

これも口内を癒し、深みの有る良いお味です。

毎年思うのですが、長良川の川原にコルドバンクスを置き、川原泊で呑むかとか?!

何しろ、生中が370円!

ノンアルコールビールも370円ですからね。

夜はラストオーダー6時30分ですから、お早目のお出掛けが大切です。

午後3時過ぎますと、待ち時間は解消していると思います。

まぁ~それにしても、鮎にお酒で行きたいものですよね。

未練が残ります。(@_@;)

 

本気で川原泊を考えましょうか?

 

その後は、何時もの道を帰り、途中の道の駅で大きなスイカを買い込み無事、帰着と成りました。

梅雨も明け、いよいよ夏本番ですね。

更に背中には翼が生え続ける事でしょう。

 

エアコンも使えそうですし!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

牧歌の里

2017-07-19 09:25:14 | 花紀行

<何年ぶりかの牧歌の里>

昨夜は午前0時前に就寝しましたから、朝早くに目覚めました?!

とは言いましても、6時半ですがKenyにしては早起きなのです。

朝は流石に、高原と言いましょうか暑さは感じません。

当然ながらエアコンも入れず、ベントファン使用での朝食でした。

 

当初、ダイナのユリ園に行こうかと思っていたのですが、入園料1,600円也を見て急遽、牧歌の里に変更です。

(@_@;)

現地には9時 30分頃に到着し、駐車場にもすんなりと入場出来、駐車場所はゲート前のバス駐車場を案内されました。

チケットも並ばず購入出来、大人 1100円でした。

 

梅雨の末期ですから、青空とは行きません。

残念な事ですが、青い芝広場を見ながら納得するのです。

途中の道端には「ヒトリムスメ」が、名残惜しそうに咲いています。

遠くに見えます、チャペルの前には、「アルストロメリア」が咲き誇ります。

隣には、「コキア」が規則正しく整列しています。

まるで、ディズニーの小人さんに見えますね。

今の時期ですから、「ラベンダー」も沢山、咲いています。

以前、来た時から10年以上経過した所為でしょうか?

 

♪ ツタの絡まる~チャペ~ルで~ ♪

良い雰囲気に成って来ました。

蜜蜂達は忙しいそうに、「ラベンダー」の蜜を吸います。

お花達に癒され、更に先に進みます。

少々、休憩と水分補給をしながら。。。

動物ゾーンに行きますと、賢い馬が居まして餌を貰うと人の近くに来ます。

餌が無く成ると、5m位移動しフェイントを掛けるのです。

そうしますと人は移動しますから、次の新しい人達が来、また餌が貰えるのです。

 

これも馬成りの、快適化! でしょうか?

ラマでしょうか?

毛刈りをされ、涼しげに見えます。

牛舎にはジャージ牛も居ます。

大きな目が可愛く見えますね。

外の牧草の上では、子牛がお昼寝の準備に忙しいそうです。

しっかりと牧草を集め、その上に座るのです。

お目目が眠そうですね。

此方も更に休憩と、ソフトクリームを舐めます。

ジャージ牛のミルク使用なのか濃厚なお味です。

 

白樺の木陰のベンチに座り、ソフトクリームを舐めながら涼しい風に吹かれますと汗も引き、やはり高原だなと納得するのです。

 

さ~て、元気も出て来ましたから、次の目的地に出発しましょうか?

帰りに見ますとチケット売り場には行列が出来、駐車場入場待ちの車の列が表の道路まで伸びて居ました。

 

次は夏、長良川界隈と言いますと、決まっていますよね。

 

明日までお待ち下さい。

(#^.^#)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加