ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

The Black Gladiator / Bo Diddley

2017年08月13日 | ブルーズ

The Black Gladiator / Bo Diddley (1970)

ブルースの大御所にして、独特のジャングル・ビートの創始者ボ・ディドリー(Bo Diddley)が1970年に発表した異色作。ずっとカルト的な扱いを受けてきたアルバムだがCDリイシューでグンと手に取り易くなった。コテコテのシカゴ・ブルース群の中にあって、リズムの面で最初から異彩を放っていたボだが、60年代初めのブリティッシュ・インヴェイジョンを機に見直されたものの、60年代を通して決して経済的に恵まれていた訳ではなく、他のオリジナル・ブルース、ロックンロール・アーティストと同様にドサ廻り営業もやっていたようだ。1968年にマディ・ウォータース(Muddy Waters)がChessから発売した「Electric Mud」と同様に、思いきり(サイケデリック)ファンクに舵を切ったのが本作。Checker Records(Chessの傘下)から発売された。このバンドが黒人バンドだったのか白人バンドだったのかよく知らないが、ドラムスのClifton Jamesは旧知の仲。初期のジャケット写真にも写っていて、あの独特なビートも彼とのコラボなので、ボに対する貢献度は大。曲はオルガン(Bobby Alexiasなる人物)がかなり目立っていて、同人は作曲にもクレジットされている。

マディのアルバムで感じるような”どサイケ”でもないのでミスマッチを感じることは少なく、意外とハマっている(あれは特徴的なピート・コージーのギターによるところが大きいか)。元々ボのリズムが特異でファンキーだった証だろう。彼のアルバムではたいてい女性コーラスが付くが、このアルバムも同様。オルガン中心のグルーヴィーなボ・ディドリー・サウンドもなかなか楽しい。サイケなのはジャケット・デザインで、かなりキテいるが、裏ジャケではっきり見られるボの衣装が凄い(発売当時42歳)。宣伝用とはいえこういうマッチョなのが当時流行ったのだろうか。

1988年にロン・ウッド(Ron Wood)と共に来日した時(当時60歳)は中野サンプラザで観たが、すでに好々爺みたくなっていたなァ(そういえば2階席の自分の隣の席に遅れて来たのが、あのボ・ガンボスの故どんとだったのを思い出した!)。

amazonにて購入(¥791)

  • CD (2013/12/11)
  • Disc : 1
  • Format: CD, Limited Edition, Original recording remastered
  • Label : Universal
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釜飯酔心本店 @広島県広島市 | トップ | 龍 @名古屋市中区・錦 »

コメントを投稿

ブルーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。