ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

バロン @岐阜県岐阜市

2017年03月25日 | 岐阜県(洋)

岐阜市の野一色にある喫茶レストラン「バロン」。以前からずっと気になっていたものの、「ステーキ」「フライ」「焼肉」「ホイコーロ」が同列に並ぶ古い看板と、色褪せた屋根の建物にあと一歩を踏み出せず(笑)、やっとの訪問。いつからあるのか知らないが、店は旧道沿いで、最近は見なくなった地上まで三角屋根が下がる昔よくあったような喫茶店デザイン。駐車場に車を停め、久々にドキドキ感を伴って店に入る。昭和歌謡が流れる店内はかなり広いが、半分ほどは照明が間引かれていた。厨房に居るのは女性1人。クッションがヘタってしまったと思われるビニール張りのソファに腰を下ろす。当然テーブルの上には灰皿。メニューを眺めると、看板のような中華料理こそ見当たらなかったものの、ステーキ、洋食、うなぎ(!)、刺身(!)、天ぷら、スパゲッティー、各種定食、デザートと、何でもござれの満漢全席。この中から迷った末、店名を冠した「バロンピラフ」を注文した。

新聞でも読もうかと席を立ってビックリ。棚には雑誌に混じって沢山のエロ本も(苦笑)。昔こそそういう店もあったと記憶するが、この平成の世にここまで泰然とした店も珍しい。さすがに手には取らなかったが、もうなんだか可笑しくて…。

しばらくして紙ナプキン巻きのスプーンと共に運ばれた「ピラフ」には結構な量のサラダと味噌汁、それにみかんも丸ごと1個付いてきた。これがワンコインってなかなかすごい。さっそくピラフにスプーンを入れる。またまたビックリ、カニのほぐし身らしきものが入っている。その他は玉ねぎ、ハム。もちろんピラフだと言ってもスープで炊いてある訳ではない。味付けは何とも言えず説明しづらい不思議な感じ。この風味はカニ由来なのかな。添えてある福神漬を挟みながらいただいた。食べ終わる頃には外から主人が帰ってきて、テレビの相撲を見ながら歓声を上げている。女性はすぐ帰したので一時的なヘルプか何かだったのかな。勘定をしてもらい店を出た。次は主人の作るオムライスか何かをいただいてみようか。(勘定は¥500)

バロン

岐阜県岐阜市野一色6-12-5

 

( 岐阜 ぎふ 野一色 のいっしき のいしき ばろん 喫茶 コーヒー モーニング レストラン 洋食 和食 定食 スパ 鉄板スパ ピラフ )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

両香堂本舗 @岐阜県岐阜市

2017年03月24日 | 岐阜県(老舗・他)

岐阜市を流れる長良川の南、岐阜城がそびえる金華山の麓には歴史を感じさせる町名が沢山残っている。材木町、木挽町、大仏町、魚屋町、布屋町などなど。そんな辺りを歩いてゆっくりブラブラし、建物を愛でる。ついでに寄ったのは久屋町にある和菓子の店「両香堂本舗」。店の前まで来ると、戸に貼り紙がしてあり”配達中につきすぐ戻ります”とのこと。何だかのんびりしていてイイ。周辺をウロウロしてからまた店に戻った。こちらもかなり歴史ある建物で、貫禄のある木製看板が掛かっている。中はモダンに改造されている。こちらは「柿羊羹」で有名な店。けれど嫁と2人でも1本食べられる気がしなかったので他の菓子を探した。店にはガラスケースの中にずらりと様々な菓子が並んでいて、その中から「どら焼き」と「栗どら焼き」を選んで購入して持ち帰った。

持ち帰った「どら焼き」を嫁と食べる。こちらの皮は強めの焼き色が付いていて、その風味も濃いめ。中の餡と相まって旨くない訳がない。「栗どら焼き」の方は皮に栗の形の焼印が付いていた。中の餡には砕いた栗の実が沢山まぶされている。こちらも旨い。厚みがあって尚且つふわっとした生地の皮と甘い餡を楽しんだ。(勘定は¥どら焼き¥150/個、栗どら焼き¥180/個)

 


 

↓ 西材木町にある「株式会社・森嘉」、玄関上の看板には「銘木商・森嘉七」の名が。2棟続きの手入れの行き届いた素晴らしい町屋。

 

 ↓ 漆喰が黒く塗ってあったり、黒塀が囲う風情ある建物があちらこちらに残っている。

 

↓ もう商売は辞めているようだが、かつての酒造看板が残る益屋町の建物。「佐吉」(不明)、「富翁」(北川本家)、「志賀櫻(?)」(近江酒造)と読める。

 

↓ 老舗「湯葉勇」の近くの「神谷酒屋」の看板。こちらは「忠勇」(白鶴酒造)、「蘇水峡」(古田酒造)、「金露」(現・キング醸造)などの看板文字が並ぶ。

↓ 大工町の「旧・青木医院」(建築詳細不明)。以前はアトリエか何かに使われていたようだったが、最近は不明。

 


 

 

両香堂本舗

岐阜県岐阜市久屋町20-3

 

( 岐阜 ぎふ 久屋町 両香堂 りょうこうどう りょうこうどうほんぽ 柿羊羹元祖 柿ようかん 元祖柿羊羹 和菓子 酒造看板 近代建築 町屋 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・スペシャルズ @名古屋・Zepp Nagoya

2017年03月23日 | ライヴ(日本公演)

ザ・スペシャルズ (3月22日 名古屋・Zepp Nagoya)

チケットは買ったものの、色々な用事で行けないかもと半ば諦めていたスペシャルズ(The Specials)の来日公演に、なんとか無事行くことが出来た。ヨカッター。ここんところのいわゆる”名古屋とばし”で、スティーヴン・タイラー(Steven Tyler)、ヴィンテージ・トラブル(Vintage Trouble)と、行きたいのに仕事の都合上、大阪までは無理、と諦めたライヴばかり。名古屋の洋楽ライヴ事情は相変わらずひどく、広い会場が使えるほどのビッグネームならまだしも、会場が小さいとあっさりとトバされることが多い。

さて、気になる来日メンバーは以下の通り。

Terry Hall(vocals) *
Horace Panter(bass guitar) *
Lynval Golding(rhythm guitar, vocals) *
Gary Powell (drums) Libertines
Steve Craddock (lead guitar) Ocean Colour Scene
Nikolaj Thorp Larsen(keyboards)
+Strings, Brass

ドラムスのジョン(John “Brad” Bradbury )が2年程前に亡くなったので、元リバティーンズ(Libertines)のGary Powellにリプレイスされている。ジェリー・ダマーズ(Jerry Dammers)抜きで再結成が行われた2008年以降はトースティング(掛け声)のネヴィル(Neville Staple)とギターのロディ(Roddy Radiation)も在籍していたのだが、これでオリジナル(*)と呼べるメンバーは3人だけになってしまった。白人と黒人の混成バンドという当初の特徴はギリギリ維持されているが、さすがにちょっと厳しい。ま、70年代のバンドが”メモリアル・バンド”化してしまうのはもう致し方ない。あのテリー(Terry Hall)が見られるだけで良しとしなければ。というかテリーの音楽活動歴を見ると絶対に再結成なんかしないだろうと思っていたので、いまだにツアーが行われているのがある意味不思議でもある。

さて、という訳で久々のライヴ。今回の来日ツアー、後から発表されたのだが、サポート・アクト(前座)に「東京スカパラダイスオーケストラ」が抜擢されたと聞いて喜んだのは自分だけではないはず。お得感がグッとアップ。スカパラを観るのは何年ぶりか覚えていないが、彼らのメジャーデビュー前くらいの頃が自分の”スカ熱”が一番激しく、スペシャルズらツートーン・スカを聴きまくった時代なのでこれだけでも嬉しい。客入りは6分といったところか。最前のスペースでなければ他の人と体が触れないくらいの入り。少し寂しいが今回のプロモーションを考えればまぁまぁと言えるかも。まずは定刻からスカパラ。元気よく最初から飛ばしていた。もちろん短いセットリストなので有名曲ばかり。サポートなのにクオリティが半端ないが(笑)、スペシャルズのライヴを暖めようという気概が前面に出て清々しい。谷中敦は相変わらず日本人離れしてかっこいいナ。

そして8時を15分も過ぎた頃スペシャルズ登場。最初がいきなり「Ghost Town」というマイナー調の曲。それからもすぐに踊らせる曲でなく、じわじわとくるセットリスト。後期(といっても実質活動期は4年程だったが)の曲も好きなので嬉しい。テリーは相変わらずニコリともせず淡々と歌っている。太ったし、囚人服のような(笑)地味な服だが、声はしっかりと”あの声”。ギターのリンヴァルも、ベースのホレスもとても元気に跳ね回っていて安心する。中盤に入ってだんだんとアップ・テンポの曲が多くなってきて、会場前方はダンス・ホールと化してきた。元々レパートリーが多い訳ではないので、途中リンバルがヴォーカルをとってボブ・マーリー(Bob Marley)のカヴァーを演った以外の演奏曲は予想通り。テリーも地味にマイクを持った手で調子を取ったり、お茶目にふざけてみたりして楽しんでそう(表情を変えないので分からない・苦笑)。欲を言えばリンバル以外にもトースティング役を誰かにやってもらって煽って欲しいところだが、これ以上は望めない。サポートメンバーも含めてバンド内にあたたかい雰囲気があることが感じ取れ、若い頃聴きまくったアーティストをこうしてまたひとつ観ることが出来て幸せ。本編最後の「Enjoy Yourself」あたりでは思わずうるっと…。

 

 

< Setlist > ※間違いがあるかもしれません

01 Ghost Town
02 Do Nothing
03 Friday Night, Saturday Morning
04 Stereotype
05 Man at C&A
06 Blank Expression
07 Rat Race
08 Why?
09 Redemption Song
10 Doesn't Make It Alright
11 Nite Klub
12 (Dawning of a) New Era
13 Do the Dog
14 Gangsters
15 Concrete Jungle
16 A Message to You, Rudy
17 Monkey Man
18 Little Bitch
19 Too Much Too Young
20 Enjoy Yourself

Encore

21 Guns of Navarone
22 You're Wondering Now

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Best Of Bow Wow Wow

2017年03月23日 | パンク・ニューウェーヴ

The Best Of Bow Wow Wow (1996)

セックス・ピストルズ(Sex Pistols)のマネージャーであったマルコム・マクラレン(Malcolm McLaren)が仕掛けたポップ・バンド、バウ・ワウ・ワウ(Bow Wow Wow)。ヴォーカルのアナベラ・ルーウィン(Annabella Lwin)は当時若干14歳(!)。バックの面子は全員アダム&ジ・アンツ(Adam & The Ants)のアンツの面々を引き抜いたという曰く付きのバンド。ちなみにアダム&ジ・アンツはその後別メンバーにより再編され、海賊ルックで一世を風靡することになる。メンバーごっそりという訳で、音楽性も共通点が多く(というかまんまか…)、ポップなジャングル・ビート。丸ごと引き抜いたメンバーに、ついこの間までクリーニング屋でバイトしていたところをスカウトされたアナベラを加え、裸でジャケット撮影させたり(マネの「草上の昼食」のパロディー・写真下)、レコード盤はもう古い(当時)とばかりにカセットテープへのダビングを勧めさせたりするんだから、マルコムらしいセンセーショナルな手法だ。

じゃあ、バンドとしてはどうかというと、これがなかなかいい感じ。何と言ってもアナベラのヴォーカルが素晴らしい。テクニックは無いが女の子らしい明るさと屈託のなさがあり、ポップ。世界的に見ると”一発屋”で終わったと理解されているが、自分は結構好きだったので、オリジナル・アルバムはもちろん、編集盤(写真下)なんかもアナログ盤で所有している。さすがに最近は聴いてなくてCDは持っていなかったが、2006年公開の映画「マリー・アントワネット」などで印象的に使われてからまた聴き始めた。

これは96年に出たベスト盤。代表曲に未発表曲、アナベラのソロ曲2曲を加えたもの。ま、順当な選曲で充分楽しめる。でも買って帰ってCD棚を見てビックリ。もう家にあった…。いつ買ったかも覚えていない(←マズイぞ、こりゃ)。

ブックオフにて購入(¥280)

  • CD (1996/10/29)
  • Disc : 1
  • Format: Import
  • Label : RCA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信洲屋本店 @岐阜県美濃市

2017年03月22日 | 岐阜県(老舗・他)

美濃市の古い街並みはメインの通りが2本あるが、こちらはその場所からは少し外れにある生菓子の店「信洲屋本店」。休日ともなるとメインの通りには観光客が歩いていて、この日はアジアからの観光客がこの寒いのに浴衣でウロウロしていたりもした(着衣体験があるようだ)。それでもこの店あたりにはあまり人影は無く、ひっそりと落ち着いた感じ。以前から気にはなっていたので、歩いて周囲を散策した機会に立ち寄ってみた。創業は大正初期で、現在3代目だとか。年季の入った店舗は辻に面していて、坂になっていることもあって独特の雰囲気。中に入るとちょっとした駄菓子(いわゆる子供用菓子ではなく、昔ながらの素朴な菓子)や、古い菓子作りの道具や、看板も並んでいて歴史を感じさせる。ガラスケースに入った生菓子の種類は多くなかったが、幟や店内に案内があった「変わり大福」が気になったので、老舗らしからぬ「コーヒー大福」と「ティラミス大福」という、いつもは買わないようなものを選んでみた。女将さんだろうか、奥から冷凍保存してあったものを出してきてくれ、家に着く頃には食べられるとのこと。

家で嫁と一緒に食べてみる。自分はもう定番と言ってもいいイチゴ大福でさえ食べるようになったのは最近で、こういう変わり大福はあまり自分から購入したことがない。近頃は各種フルーツ大福が人気で、もちろん食べたこともあるのだが、いまだにピンとこないのが正直なところ。すっかり解凍されふわっとした皮が復活していた。どちらもコーヒークリームが入っており、片やコーヒー大福の方はホイップクリーム、片やティラミス大福の方はマスカルポーネチーズ(たぶん)の風味あるクリームが入っている。和菓子という先入観があると微妙だが、やはりコーヒーの方が似合う味。あわてて淹れたコーヒーで、柔らかい食感を楽しんだ。次は店で見つけられなかった「美濃ほし柿」という名物菓子を買ってみよう。(勘定は¥150/個)

 


 

↓ 泉町の宝勝院という寺の境内にある「旧・有知(うち)学校」(明治9年頃・1876・建造)。学校校舎の正面部分が明治43年に払い下げられた建物なのだとか。

 

↓ 相生町にある創業明治34年(1901)の「今廣酒販店」(江戸末期建造)。建物は古いが店の中にはちゃんと低温酒庫が。未飲だが鍾乳洞で熟成させた日本酒を取り扱っている。

↓ 加治屋町にある「和料理 椿(旧・武藤家住宅)」(江戸末期建造)。現在は和風創作料理の店として営業している。

 


 

和菓子製造 駄菓子販売 信洲屋本店

岐阜県美濃市加治屋町2027-4

 

( 美濃 みの 信洲屋 信州屋 しんしゅうや 信州屋本店 しんしゅうやほんてん 駄菓子 生菓子 和菓子 フルーツ大福 近代建築 うだつの上がる町並み うだつ )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加