ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

Tommy (Deluxe Edition) / The Who

2017年02月22日 | ロック

Tommy (Deluxe Edition) / The Who (2004)

初めて聴いたのは高校生の頃。すでに名盤として扱われていたこのレコード(2枚組)を、なけなしの小遣いで購入(当時2枚組は¥4,000以上したはず)。もちろん地元の田舎レコード屋に日本で不遇のザ・フー(The Who)が置いてある筈もなく、店に座り込んでバックカタログを隅から隅まで見させてもらい、注文して取り寄せてもらっていた。今ほど音楽媒体が豊富でない頃だから、むさぼるように何度も何度も聴き、それこそ滲み付く位に聴いたアルバムのひとつ。隅から隅まで(音楽を)そらんじることの出来るアルバムだ。当時からアルバムの内容(ストーリーのあるコンセプト・アルバム)は難解で、理解の一助になるかもとレンタル・ビデオで借りた映画「トミー」はやたらサイケデリックな造りで、余計によく分からなくなる有様。舞台作品などにもなった今でも、このアルバムでピート(Pete Townshend)が表現したかったのは何だったのかはよく分かっていないが、純粋に音楽としてはどこを切り取ったとしても好きなアルバム。

1996年のリマスター盤は購入したが、デラックス・エディションが出ても、作品としては完結しているものなので、アウトテイクやなんかもあまりそそられす、購入していなかったが、SACD(Super Audio CD)とのハイブリッド盤だったことを思い出し、うちの廉価SACDプレーヤーでも印象変わるかしらん、と買ってみた。今までに多くはないSACDを所有しているが、一度リマスターされたもののSACD化が多く、あまり劇的な変化は感じにくいものばかり。もとよりうちの(上位機種でない)SACDプレーヤーと寝室に置いたスピーカー(デカい方は倉庫に仕舞ったまま)では威力を発揮出来ていないだろうことは自明。そこで、プレーヤーから直接、うちで一番ハイエンドなカナル型イヤホン(5万円台)を繋いで聴いてみた。

アコースティック楽器が多用してあるアルバムなので、弦の鳴りや、響き、ラッパの音圧、ドラムスの余韻など、粒が際立った素晴らしい音。艶々だ。ジョン(John Entwistle)のベースとキース(Keith Moon)のドラムスが近いっ。元々左右にきっちり分かれた感じのミキシングだったが、左右から音の塊が向かってくる感じ。さすがに情報量が多いなァ。棚にしまってあるアナログとは聞き比べていないが、これを聴くと96年リマスターがちょっと人工的に聞こえてしまうかも(普段は比べないからいいけれど)。2枚目のデモやアウトテイクは正直言ってSACDで聴く意味はないかな。でもやっぱりイヤホンでは限界がある。これをハイエンドなオーディオで、イヤホン無しで聴いたらすごいことになるんだろうナ。それに加えて現在は「ハイレゾ」なんていう新メディアも出てきてしまっている…。若い頃はいっぱしオーディオにハマって色々揃えたりしたけれど、そんな悠長に時間を取って音楽を聴くことが無くなってしまった(すぐ寝ちゃうしなー・苦笑)。 

オークションにて購入(¥1,275)

  • CD (2004/3/31)
  • Disc : 1
  • Format: Hybrid SACD, SACD
  • Label : ユニバーサル インターナショナル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おか茂 @名古屋市西区・那古野

2017年02月22日 | 名古屋市(和)

円頓寺商店街の北、明道町の交差点近くにあるカレーうどんで有名な「おか茂」へ。暖簾をくぐると中はテーブルが3つ、カウンター2席ほどのこじんまりとした佇まい。この日は昼少し遅い時間とあって先客は1人だけだったが、店員が4人も居るのがこの店の人気を物語っている。もちろん注文するものは1択だが、サイドメニューとしても人気のミンチカツを付けて「ミンチカツカレーうどん」にした。「別で」とお願いすると丼ぶりに入れずに別皿で提供してもらえる。主人も含めて皆とても気持ちの良い接客と雰囲気で、厨房からも「ありがとうございます!」、出前に行く時にも「いってらっしゃーい!」と元気な声がこだまする。同じ言葉を聞くのでもチェーン店の”決められた”セリフとは全然印象が違うナ。

しばらくして「カレーうどん」が運ばれる。こちらのカレーはしっかり”黄色い”。上にはネギ、揚げ、刻んだ赤い縁のカマボコという王道。とろみのついたつゆの辛さはほどほどで食べ易い。麺は細めで少し縮れていて、つゆとの相性良く、旨い。どのカレーうどんでもそうだが麺それ自体の特徴は捉えにくいものの、スルスルといけてしまうバランスが抜群。メンチカツはカラッと揚げたて。脂溢れて旨味たっぷり。カレーうどんの中に入れたり、ソースをたらして食べたりして楽しんだ。このミンチカツは円頓寺商店街の「はね海老」の向かいにある「肉の丸小」のものだとか。ワイシャツにつゆが飛ばないように、持ち歩いている手拭いで防御しつつ平らげた。カレーうどんばかり取り上げられる店だが、他に丼物なども揃っている。「ミンチカツ丼」なんて気になるなァ。(勘定は¥900)

手打うどん おか茂

愛知県名古屋市西区那古野1-7-16

 

( 那古野 なごの 円頓寺 えんどうじ めいどうちょう おかも カレーうどん ミンチカツ メンチカツ 手打 手打ち 手打うどん 円頓寺商店街 肉の丸小 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YELL! ALE! GIFU @岐阜県岐阜市

2017年02月21日 | 岐阜県(酒)

以前「ブカルッポ」というカジュアルなイタリアンだった場所が「YELL! ALE! GIFU(エール・エール・ギフ)」として生まれ変わった。ここはその昔「藝文ダンスホール」(昭和26年・1951・建造)という歴史ある建物だった所で、外壁をタイルが覆うレトロな外観だった(写真下左、撮影:2012年頃)。たしか同名で飲食店として営業していたものが「ブカルッポ」になり、今回名古屋のクラフト・ビールの先駆け「ケグナゴヤ」、「ワイ・マーケット・ブルーイング・キッチン」と同系列でクラフト・ビールを飲ませるホールとして再生された次第。ちなみに昼間の外観は写真下右。外壁の内側にタイルが残っているかどうかは不明だが、以前の建物はそのまま利用してセンス良く生まれ変わっている。古い建物好きとしては少し寂しいが、取り壊されなかっただけ良しとしなければ。

 

店の出自は聞いていたので、近くで呑んでいたある週末の晩に寄ってみた。中に入ると天井高い以前の普請はそのまま。スツールが並んだカウンター席とテーブル席やソファ席があって、内装もとてもお洒落にキマっている。カウンターに腰を下ろした。週末の遅い時間ではあったが客の入りは今ひとつ、というか自分以外ほぼ誰もおらず少々気後れする。開店したのは昨年5月だがまだまだ浸透していないのかな。店内には若い店員が3名ほど。品書きを眺めると中華が中心で、ケグナゴヤのイタリアン、ワイマーケットのメキシカン+ナゴヤ、そしてココは中華、とコンセプトを変えているのだろう。

ハシゴであまりお腹は減っていないが、まずは「ひとくち豚ギョーザ」と「郡上八幡麦酒」のビール「こぼこぼブラウンエール」を注文。ギョーザは八角の風味があるもの。フレッシュなビールの香りと共に頂いた。もっと色々食べてみたいがお腹は満ちているので「ザーサイのきんぴら」ともう1杯(銘柄失念)を追加。声をかけてくれる店員につられたのと、酔った勢いでいつになくあれこれとおしゃべり。店長なのかどうかは知らないが、ビールを注いでくれた方に見覚えというかしゃべり覚えがあるなと思ったら、やっぱりケグナゴヤに居た方だったようだ。店の”入り”の話になって、店側も岐阜の土地柄に戸惑っている様子だったが(という事は客入りがまだイマイチか)、これだけのハコと各種クラフト・ビール、旨そうな酒肴が揃っているんだから、そのうちしっかり人気は出るだろう。ランチ+ビールなんてやってみたいなァ。(勘定は¥3,300)

ケグナゴヤの記事はこちら (1)(2

ワイ・マーケット・ブルーイングの記事はこちら (1)(2)(3

CRAFT BEER YELL! ALE! GIFU (エール・エール・ギフ)

岐阜県岐阜市羽根町7

 

( 岐阜 ぎふ エール!エール!ギフ クラフトビール 地ビール クラフトビア CRAFT BEER 中華 バル 近代建築 芸文ダンスホール KEG NAGOYA Y.Market Brewing Kitchen )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかだ @岐阜県揖斐郡北方町

2017年02月20日 | 岐阜県(老舗・和)

岐阜県本巣郡北方町の古い街道沿いにある麺類食堂「おかだ」(”だ”は変体仮名)。この近辺を散策する際に、どこで昼食を食べようかと事前に調べていたらこちらのお店のHPに「麺を作って100年!」という文言を見つけたので、ぜひにと訪問。昼時に伺ったが、店に入ると家族連れ、労働者、老夫婦など様々な客で賑わしい。店内はテーブル席が4つと小上がり席が3つ。一番奥にはおでん鍋も置いてあった。みんな思い思いに好きな串を取っている。品書きにはうどん、きしめん、そば、丼物などがひと通り揃っており、中には「とまと煮込み」や「ざるよもぎ」なる変わったものもあり、迷ったが結局「味噌煮込み」を玉子入りで注文。

待っている間にも次から次へと地元の方が店に入ってくる。近隣に飲食店は少ないが、それにしても結構な人気。しっかり煮込みの時間があり、しばらくして小さい土鍋が登場。たっぷりの揚げと蒲鉾がのっている。味噌煮込みうどんには鶏肉が入っていることが多いと思うが、こちらは豚バラ肉なのが珍しい。熱々の鍋に箸を入れる。麺はやや太めで、硬めなだけじゃないコシとしなやかさがあるもの。味噌のコクとよく合っていて旨い。ご飯の付いた定食にするべきだったかなと若干後悔しつつ、途中で玉子を崩したりして楽しんだ。食後にはコーヒーか昆布茶が付くと言われたが、つゆをほとんど飲んでいたので丁重にお断りして店を出る。つぎは「とまと煮込み」が気になるなァ。(勘定は¥750)

 


 

↓ 近くの商店街に点在する無名の近代建築のうちのひとつ。

 

 


 

 

麺類・御食事処 おかだ

岐阜県本巣郡北方町栄町2-54

 

( 北方 きたがた 本巣 もとす おか田 おかだ 岡田 麺類食堂 大衆食堂 お食事処 みそ煮込み 味噌煮込うどん みそ煮込うどん 近代建築 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むらせ @岐阜県岐阜市

2017年02月19日 | 岐阜県(老舗・和)

岐阜市役所南庁舎の横にひっそりと店を構える菜飯と田楽の店「むらせ」。とある用事で庁舎付近まで来た昼に店に入ってみた。創業は100年以上前で、岐阜で一番最初に「木の芽田楽」を出した店なのだとか。そういえば岐阜公園にも同じ屋号の田楽屋があるけれど、何か関係あるのかな。店はカウンター席4つと小上がり席が2卓でこじんまりとしていて、とても品の良いご高齢の女将さんが1人でやっていらっしゃった。田楽を炙った煙が染みわたった調理場で、他の調理器具は鋳物の一口コンロのみ。カウンターの上には大皿に盛ったおかずが並んでいた。どれも地味なおかずだが(失礼)旨そう。それでも初訪なのでやはり「とうふでん定食」を注文する。

菜飯田楽といえば豊橋が有名だが、街道沿いで旅行者の腹を満たしたことは想像できるが、どうしてこの組み合わせなんだろう。もちろん菜飯だけでは物足りないし、田楽だけだとお腹が膨れないのは分かるんだけれども。なんてことをボケーっと考えながら待つ。

煮物の小鉢と漬物、白味噌の味噌汁、それに大きめの茶碗に入った菜飯が置かれた。そしてじっくりと炙られた豆腐田楽が6本、いい匂いをさせ専用の塗りの木箱に並べられ登場。焦げた味噌の風味が堪らない。最初から山椒が振られていた。甘辛い田楽とさっぱりした菜飯を交互に口に運ぶ。どの品も滋味深く旨い。さすがに豆腐だとあっという間に完食。次は「野菜五品盛り定食」を食べてみようかな。(勘定は¥650)

 


 

↓ この近辺にはまだ古い家屋がいくつも残っているが、ある日突然駐車場に変わっていたりするから油断ならない。

 


 

菜めし 木の芽でんがく処 むらせ

岐阜県岐阜市神田町2-11

 

( 岐阜 ぎふ 名代 木の芽でんがく 菜飯 村瀬 菜飯田楽 なめしでんがく 豆腐田楽 おでん 岐阜公園 街道沿い 東海道 豊橋 近代建築 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加