ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

久松屋 @岐阜県岐阜市

2017年04月29日 | 岐阜県(和)

ある雨の夜、岐阜市内で用事を済ませた後にどこかで食事をと思ったが、平日なのでもう続々と閉店する時間になってしまった。雨も降っているし、居る場所から近くでどこか、と考えて思い出した沖ノ橋町の麺類食堂「久松屋」へ。辺りは住宅ばかりなので暗かったが、辻にあるこの店は暖簾が掛かって灯りも点いていた。店のすぐ横に数台停まれる駐車場もある。暖簾をくぐって中に入ると、入ってすぐのテーブル席に座っていたスーツ姿の男性が「こちらへどうぞ」と自分の座っていたテーブルの相席に招くので座ったが、この人ただの酔っ払いのようだ(苦笑)。正直ちょっと鬱陶しかったが、腰を下ろしてしまった手前、そのまま壁の品書きを眺める。遅い時間だが先客は3組。みんなお酒付きで羨ましい。テーブル席3つと小上がり席2つのこじんまりとした店だがとても綺麗にしてあり、年輩のご夫婦で賄っていらっしゃるようだ。麺類、丼ぶり、和洋中、揃った品の中から気分で「かつ丼」を注文。テレビを見ながら大笑いする目の前の酔っ払いリーマンを無視しつつ調理を待つ。

他の客に運ばれていく定食や焼きそばも旨そうだなァと指を咥えていると、しばらくして背後の厨房から「かつ丼」が運ばれた。オーソドックスな”かつ煮”タイプ。玉ねぎの量は多め、かつの厚さは薄めでしっかりめに揚がっていて、上には刻み海苔がのっている。お腹が減っていたので漬物を挟みながら熱々をワシワシと一気にかき込んだ(早く酔っ払いから離れたいから?・笑)。品書きには「特製ドライカレー」や「オムライス」なんかもあってとても気になる。次は絶対に洋食を、と席を立ち、主人と酔っ払いの「ありがとうございましたー」の声に送られて(笑)、店を出た。(勘定は¥650)

久松屋

岐阜県岐阜市沖ノ橋町2-23

 

( 岐阜 ぎふ ひさまつや ひさまつ屋 麺類食堂 大衆食堂 洋食 丼ぶり ランチ オムライス 中華そば )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My Generation ( MOJO Magazine) / Various Artists

2017年04月28日 | 雑誌付録CD

My Generation ( MOJO Magazine) / Various Artists

英音楽誌「MOJO」の2015年8月号は、ジャケットから分かるようにザ・フー(The Who)に代表される60年代初期のモッド(モッズ)音楽集。副題は「15 Tracks Of '60s Beat-Filled Teenage Mod Angst」となっていて、ザ・フー自身の曲は収録されていないものの、レアなカヴァー曲が2曲(03、14)収録されている。ピート(Pete Townshend)自身、過去に「自分達はモッドなんかじゃなかった」と言ってみたり、「他の3人は違うけど自分だけは間違いなくモッッドだった」と言ってみたりと、モッド文化とザ・フーを巡ってはいつも論争があったが、現在はモッド文化を象徴するバンドだったという史観が定着したんじゃないか。このコンピの収録曲は以下の通り。

01 The Pretty Things - Don't Bring Me Down
02 Bo Street Runners - Bo Street Runner
03 Larry's Rebels - It's Not True
04 The Mike Cotton Sound - Make Up Your Mind
05 The Stormsville Shakers - Number One
06 The Artwoods - Can You Hear Me
07 The In Crowd - Stop! Wait A Minute
08 John's Children - But She's Mine
09 The Fleur De Lys - Wait For Me
10 The Golden Dawn - My Time
11 The Sons Of Adam - Mr You're A Better Man Than I
12 Andy Ellison - Cornflake Zoo
13 Katch 22 - Major Catastrophe
14 The Rockin' Vickers - It's Alright
15 The Syndicats - Crawdaddy Simone

ストーンズ(The Rolling Stones)最初期メンバーのディック・テイラー(Dick Taylor)が在籍したプリティ・シングス(The Pretty Things)、ロン・ウッド(Ron Wood)の兄のバンド、アートウッズ(The Artwoods)、マーク・ボラン(Marc Bolan)の在籍したバンド、ジョンズ・チルドレン(John's Children)など興味深いバンドが収録されているし、曲も他のアーティストで有名だったりするモッズらしさいっぱいの曲が並ぶ。どんなムーヴメントでも、周辺バンドはわんさか居て、もちろんあっという間に消えていく訳だが、キラリと光るバンドが居て、そこをすくい上げるようなこういう企画をやらせたら、やはり「MOJO」や「UNCUT」(最近精彩を欠いているが)などのイギリスの音楽誌は強い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オゼキ本店 @名古屋市中村区・大門

2017年04月28日 | 名古屋市(老舗・洋)

久しぶりに名古屋駅の西、大門(おおもん)の辺りに来た。バイクで周辺の町の様子を観察した後、”焼きとんかつ”で有名な「オゼキ本店」へ。こちらは創業が戦後間もなくだそう。鈍池にも店があるが、他にも分店がいくつかあるようだ。ここ本店は綺麗に建て替えられている。昼時は少し過ぎていたものの、店の周りの駐車場には沢山の車が停まっていた。場所としては大きい通りからは中に入っているし周辺の道路は遊郭があった場所とあって狭いが、さすが名の通った店だ。店の中は広く、席の間もゆったり。老若男女の客で溢れていた。給仕の女性も沢山居るし、厨房の中も大勢居そうで活気がある。洋食一般のメニューは揃っているが、ここに来るとやはり名物の「とんかつ定食」を(特に”焼き”とは書いてない)。

しばらくして平皿に盛られた「とんかつ」とご飯、そして味噌汁が運ばれた。平皿にはキャベツの千切り、キュウリ、トマト、それにポテサラものっている。かつは6つにカットされていて、最初からソースがかかっている。まずとんかつを。衣は目の細かいもので、肉の厚さはしっかり。こんな風にカットされていると衣が剥がれてもよさそうだがしっかりと肉と繋がっていて、口に含んだ時の一体感はさすが。ソースの酸味は強くなく、焼いた独特の風味と相まって、旨い。添えられた自家製のタルタルソースも少しつけたりして楽しめる。このタルタルソース、マイルドでとてもイイ。焼くのも揚げるのも、熱が入ることは同じなのに風味は全然違う。うちではよく母親が弁当に焼きかつを入れていたのを思い出して懐かしい。ご飯のお替わりも出来るとの事だが、もうお腹いっぱい。次こそは別の洋食を頼んでみようかな(でもきっとまたとんかつ…)。(勘定は¥1,700)

 


 

↓ 名駅方面に5分も車を走らせると「金時湯」(昭和3年・1928・創業)。元は明治29年創業の下駄の鼻緒を売る店だったのだとか。建物は創業時のままのようだ。

 

 


 

 

元祖 焼きとんかつ オゼキ本店

愛知県名古屋市中村区名楽町1-6

 

( 大門 おおもん オゼキ とんかつオゼキ本店 とんかつオゼキ 元祖焼きとんかつ 焼とんかつ 洋食 近代建築 登録地域建造物資産 中村遊郭 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやこ鮨 (2) @岐阜県関市

2017年04月27日 | 岐阜県(酒)

仕事が終わってのやや遅い時間から岐阜県関市の「みやこ鮨」(「こ」は変体仮名)で知人と呑み。ここには以前に家族で入ったこともある。カウンターに座るのは初めて。テーブル席も座敷もある店だが、どこにも客が入っていて盛況。カウンターにも他に先客が2組いらっしゃった。調理は主人と若い衆。昔はごく普通の街場の寿司屋だったが、代が変わって炉端(居酒屋)形態にシフトした店。まずは生ビールで喉を潤す。2人なので頼み過ぎてもいけないと、無難なところで刺身の盛り合わせと、焼鳥の盛り合わせを注文した。

しばらくして出されたこの日の刺身の盛り合わせには、鮪、鮃、しまあじ、帆立貝柱、サーモンなどが2切れづつ。鮪の赤身の調子がなかなか良かった。刺身をつつきながら日本酒に切り替え。いただいたのは「百春」や「黒龍」などの定番酒。串盛は鶏、鶏皮、砂肝、ぽんじり、手羽先、ししとう、だったかな。調子が上がってきて玉子焼きや、ふぐ皮ポン酢などを追加。はきはきとした対応の若い衆が頑張っているのがよく分かり気持ちがいい。どの酒肴も凝っている訳ではなく、ごくシンプルだが、素材の調子も悪くない。他にも色々いただいた(気がする)し、酒のお代わりも沢山した(気がする)が、最後はいくつか握ってもらって締めにした。(勘定は¥7,500程/1人)

以前の記事はこちら

みやこ鮨

岐阜県関市弥生町2-3-18

 

( 関 せき みやこすし みやこずし みやこ寿司 みや古鮨 すし 寿司 鮨 寿し ろばた 炉端 炉端焼き 居酒屋 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳屋 @名古屋市中区・新栄

2017年04月26日 | 名古屋市(老舗・和)

新栄で創業が大正9年(1920)という麺処「柳屋」へ。もうすぐ100年と言う歴史の店だ。店先にはサンプルが並べられており、どちらかというと蕎麦の種物が多かったかな。短い暖簾をくぐり店に入ると奥が調理場になっていて、手前の土間にテーブル席が並んでいる。横には小上がりも。まだ早い時間とあってゆっくりとした時間が流れる店内には先客が1組のみ。建物は特に古くはなさそう。ご夫婦(多分)でやっていらっしゃって店内はきちっと綺麗にされている。軽くにしておきたかったので風情ある筆書きで書かれた品書きの中から「きしめん」を選ぶも、この日はきしめんが無いそう。で、品書き先頭の「うどん」に変更。

しばらくして丼ぶりに入った「うどん」と刻みネギが入った小皿が置かれた。いい出汁の香り。うどんには最初からワカメが入っている。つゆはやや甘め。まるできしめんのつゆのようにも感じる。うどんの茹で加減は柔め。のど越しの良いうどんとつゆを交互に口に運び、時々ネギを足したりしていただいた。次は煮込み系のうどんか、蕎麦をいただいてみようかな。(勘定は¥400)

手打めん処 柳屋

愛知県名古屋市中区新栄2-9-28

 

( 新栄 しんさかえ 柳屋 やなぎや やなぎ屋 麺類食堂 手打ち 手打 麺処 めんどころ 蕎麦 そば きしめん カレーうどん )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加