おのクリニックのブログ(早春ヴァージョン)

今月の絵本、今月の音楽などの紹介のほかに、休診日・診療受付時間の変更、感染症情報など
お知らせを随時掲載します。

~ えほんの読み聞かせ ~ (2017年2月)

2017年02月21日 | 待合室の風景

~ えほんの読み聞かせ ~

診察前の待ち時間に、お母さん方がお子さんに絵本を読んであげている光景はほほえましいものです。
赤ちゃんはじっと目を凝らして見つめています。

ちいさな"お兄さん、お姉さん"がおとうとやいもうとに、
「 だっ、るっ、まっ、さっ、んっ、がっ!・・・」と読んであげていることもあります。

2014年4月から始めたシリーズです。不定期ですが、今後も続けて行きます。
待合室や診察室でのこどもたちの様子や、壁に掛けてある絵などを紹介します。


おのクリニックのブログが2月20日より「早春」ヴァージョンになりました。

2017年02月20日 | その他

おのクリニックのブログが2月20日より「早春」ヴァージョンになりました。


MRワクチンはおすみですか?(第19巻第2号通巻246号2017年2月)

2017年02月18日 | 院内報月刊「Kazuboh@mail」

2016

麻しん(はしか=Measles)と風しん(Rubella)を防ぐためには、MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)の2回接種が必要です。
回目(第Ⅰ期)は1才のお誕生日から2才のお誕生日の前日までの期間に接種します。
回目(第Ⅱ期)は、小学校入学前の1年間に接種します。
第Ⅱ期接種は、年長組になった年の4月1日から翌年の3月31日までの1年間です。
平成28
年度(平成28年4月~平成29年3月)は、平成22年4月2日生まれから平成23年4月1日生まれのお子さんが対象者です。


Q1:麻疹とはどんな病気でしょうか。
A1麻疹ウィルスの感染で起きる病気です。
      8
~12日の潜伏期の後、発熱、咳、鼻水、結膜の充血など風邪に似た症状から始まります。
      発症から3
日目ころに一旦下がり始めますが、12~24時間後に再び39~40℃の高熱が出てほぼ同時に全身の発疹が出現します。
      発疹は4
~5日で徐々に消退しはじめ、色素沈着を残して消退します。
      発熱の期間は7~10日間と長くお子さんにとってはとてもつらい病気です。
      また麻疹は合併症の多い病気で、肺炎・クループ症候群・中耳炎などを起こします。
      頻度は低いものの脳炎を合併すると命にかかわります。麻しんに合併する肺炎に3
種類のタイプがありますが、重篤になるものもあります。
      麻疹ウィルスは非常に感染力が強いために、ワクチンを受けていない人が麻疹患者に接触するとほぼ100%感染し麻疹を発症します。
Q2:風疹とはどんな病気でしょうか。
A2:風疹ウィルスの感染で起きる病気です。
       潜伏期は14~21日です。発疹が主な症状で、顔から全身に広がることが多いといわれています。
       発疹に気づく
1週間ほど前から、耳・首・頭の後方のリンパ節の腫脹が出現します。成人では関節痛がみられることがあります。
       小さなお子さんは軽い症状ですむことが多いといわれています。
       妊娠初期のお母さんが風しんに感染すると、生まれてくるお子さんに先天性風疹症候群といわれる病気が出ることがあります。
       眼科疾患(白内障など)循環器疾患(動脈管開存など)耳鼻科疾患(難聴など)などがあり、なかでも難聴の頻度が高いと考えられています。

「Q3」以下についてはおのクリニックの院内報「Kazuboh@mail」第19巻第2号通巻246号(2017年2月1日発行)をご覧ください。

待合室・第2待合室のラック内にある院内報をご自由にお持ち帰りください。
創刊号(1999年5月1日)から第246号(2017年2月1日)までのバックナンバーファイルを待合室の書棚においてあります。


ことば あそび(2017年2月)

2017年02月17日 | 私たちの休日

ことば あそび

小さな子どもたちと過ごす時間は、ちょっとした工夫でとても楽しいものになります。

私たちが孫と遊ぶ際に、身近に玩具も絵本も見当たらない場合は「ことば遊び」をします。
簡単なしりとり、子どもたちの日常生活の中にあるもののクイズ(なぞなぞ)、仲間あつめ・・・などなど。

3歳児でも容易に気付くような出題をすると、身を乗り出して楽しんでいます。


インフルエンザの流行状況(2017年第6週2月6日~2月12日)

2017年02月16日 | インフルエンザ流行状況

インフルエンザの流行状況(2017年第6週2月6日~2月12日)

第6週     6848例
第5週     9734例
第4週   11050例
第3週     8148例
   

千葉県下の定点当たりの報告数はやさらに減少しまし31.85となりました(第5週は45.27)。
松戸保健所管内もやや減少していますが、依然として警戒基準の30を超えています。46.16です(第45は56.92)。
国の定める警報基準値の30を超えています。

小児科定点医療機関からの2016/2017シーズンの報告(累計)は、
A型が96.3%、B型が3.2%です。
0~4歳15.5%、5~9歳24.6%、10~14歳18.8%

全国の約5000施設の医療機関(定点観測機関)から毎週感染症の患者数を報告しています。
このうち小児科の医療機関は約3000です。
おのクリニックも「定点」の一つとして毎週報告をしています。

千葉県感染症情報センター


おのクリニックのブログが2月15日より「おこじょ」ヴァージョンになりました。

2017年02月15日 | その他

おのクリニックのブログが2月15日より「おこじょ」ヴァージョンになりました。


♪♪ いま待合室や診察室に流れている曲は・・・(2017年2月)

2017年02月15日 | 今月の音楽

G.Ph.テレマンのターヘルムジーク

G.Ph.テレマン(1681~1767)のターフェルムジーク集です。
当時の王侯貴族の祝宴・饗宴の際に演奏された音楽だそうです。
文字通り食卓の音楽・tablemusicと呼ばれています。

フランス・ブリュッヘンの指揮とブロックフレーテ(リコーダー)演奏です。


インフルエンザの流行状況(2017年第5週1月30日~2月5日)

2017年02月09日 | インフルエンザ流行状況

インフルエンザの流行状況(2017年第5週1月30日~2月5日)

第5週     9734例
第4週   11050例
第3週     8148例
第2週     4309例
   

千葉県下の定点当たりの報告数はやや減少しました。45.27となりました(第4週は51.40)。
松戸保健所管内もやや減少していますが、依然として警戒基準を超えています。56.92です(第4週は63.28)。
国の定める警報基準値の30を超えています。

小児科定点医療機関からの2016/2017シーズンの報告(累計)は、
A型が96.7%、B型が2.9%です。
0~4歳15.2%、5~9歳24.1%、10~14歳18.8%

オノクリニックでもインフルエンザがだいぶ多くなりました。

全国の約5000施設の医療機関(定点観測機関)から毎週感染症の患者数を報告しています。
このうち小児科の医療機関は約3000です。
おのクリニックも「定点」の一つとして毎週報告をしています。

千葉県感染症情報センター


2017年2月の公務

2017年02月06日 | 今月の公務

2日(木曜日) ♯8000

14日(火曜日)、28日(火曜日) 松戸市育成医療審査 松戸市役所

松戸市夜間小児急病センターは、毎日18時から23時までの時間帯に診療しています。
休日・夜間診療については松戸市医師会の公式ホームページ「松戸のホームドクター」
の「休日・夜間診療案内」をご覧になり参考にしてください。

⇒ 松戸のホームドクターです!


おのクリニックの自動電話予約システム~ 使い方のご案内 ~(2017年2月)

2017年02月04日 | 自動電話予約

おのクリニックの自動電話予約システム~ 使い方のご案内 ~

電話予約システム専用番号 047-341-2155 自動電話予約システムは、
受診予約したい診療日の前夜20時から、受診日当日の受付終了の17時45分まで応答します。

「こちらは、おのクリニックの《電話予約サービス》です。コメ印ボタンを2回押して下さい。」
というアナウンスに続く指示に従って操作して下さい。・・・・・・

「予約を承りました。予約の時間の5分前にご来院下さい。お電話をお切り下さい。失礼します。お大事にどうぞ。
とういうアナウンスが流れると予約完了です。

詳しい操作案内については、ピンクのリーフレット「お電話での予約方法」をご覧下さい。

電話予約システムの利点は?

システムの導入前と比べて次のような点が変わりました。
☆診察前の待ち時間を短くすることができました。
  導入前の混雑期には90~120分のお待たせすることがありました。

☆時間帯によるかたよりが少なくなり、待合室の混雑が少なくなりました。
☆お子さん(患者さん)同士が居合わせる時間が短くなり、お互いに風邪を うつすことが少なくなりました。

★なお、麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎(おたふく)、インフルエンザ、 溶連菌感染症
   などにかかっているお子さんは「第2待合室」で待機して頂いております。

申し訳ございませんが、おのクリニックに初めて来院される方はご利用になれません。
代表電話「047-341-2011」までお問い合わせください。