おのクリニックのブログ(すいかヴァージョン)

今月の絵本、今月の音楽などの紹介のほかに、休診日・診療受付時間の変更、感染症情報などお知らせを随時掲載します。

麻しん(はしか)の感染者の報告がありました(2016年第29週7月18日~7月24日)

2016年07月28日 | いま流行している病気は?

麻しん(はしか)の感染者の報告がありました(2016年第29週7月18日~7月24日)

松戸保健所管内(松戸市)で「麻しん(はしか)患者」の報告がありました。
30代成人 と 乳児。

千葉県感染症情報センターの麻しんページ

MRⅠ期(1歳)、MRⅡ期(年長組)の接種を忘れないようにしましょう。

全国の約5000施設の医療機関(定点観測機関)から毎週感染症の患者数を報告しています。
このうち小児科の医療機関は約3000です。
おのクリニックも「定点」の一つとして毎週報告をしています。

千葉県感染症情報センター

国立感染症研究所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手足口病とヘルパンギーナ(夏かぜ)が増えています( 2016年第28週7月11日~7月17日)

2016年07月26日 | いま流行している病気は?

手足口病とヘルパンギーナ(夏かぜ)が増えています( 2016年第28週7月11日~7月17日)

千葉県下、過去4週間の手足口病とヘルパンギーナの状況は次の通りです。

手足口病:

第28週の千葉県下定点当たりの報告数は「2.03」です(第27週は1.29)。
松戸周辺地区は「7.13」です。
上肢などにも発疹のある非典型例がめだちます。

第28週      268例
第27週      174例
第26週      128例
第25週        73例

ヘルパンギーナ病:

第28週の千葉県下定点当たりの報告数は「4.48」です(第27週は2.70)。
松戸周辺地区は「5.94」です。

第28週      592例
第27週      364例
第26週      235例
第25週        92例

全国の約5000施設の医療機関(定点観測機関)から毎週感染症の患者数を報告しています。
このうち小児科の医療機関は約3000です。
おのクリニックも「定点」の一つとして毎週報告をしています。

千葉県感染症情報センター

国立感染症研究所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たなばた の おねがい(2016年7月)

2016年07月25日 | 待合室の風景

たなばた の おねがい

毎シーズン、七夕の1週間ほど前になると笹の葉(竹)と短冊を準備して、
来院する子どもたち(お母さんたち)に願いごとを書いてもらいます。

ドラエモンになりたい  、 ケーキやさんになりたい 、 ひこうきのうんてんしゅになりたい
はかせになりたい 、 やきゅうせんしゅになりたい 、 でんしゃのうんてんしゅになりたいかしゅになりたい
おはなやさんになりたい
トマトを食べることができるように・・・  、 ひとりでお着替えができますように・・・

おのクリニックでは来院者のおよそ70%が3歳以下のこどもです。
お母さんの代筆が大半ですが、覚えたてのたどたどしい字や鏡文字で書いている子どももいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月の公務

2016年07月20日 | 院内報月刊「Kazuboh@mail」

7日(木曜日) 松戸市夜間小児急病センター

22日(金曜日) 松戸市1歳6か月児健康診査 小金保健福祉センター

15日(金曜日)、26日(火曜日) 松戸市育成医療審査

松戸市夜間小児急病センターは、毎日18時から23時までの時間帯に診療しています。
休日・夜間診療については松戸市医師会の公式ホームページ「松戸のホームドクター」
の「休日・夜間診療案内」をご覧になり参考にしてください。

⇒ 松戸のホームドクターです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

注文の多い料理店(2016年7月)

2016年07月16日 | 今月の本

注文の多い料理店  今月の本 175

二人の若い紳士が、ぴかぴかする鉄砲をかついで、山奥をあるいておりました。
だいぶ山奥に・・・一軒の西洋料理店「山猫軒」がありました。
腹がすいていた二人が中に入ると・・・「当店は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知くだい」

さてその後は???


作 宮澤 賢治
画 小林 敏也
好学社
ISBN
978-4-7690-2305-5


「今月の本」No.1からNo.1745待合室の書棚に置いてあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夏かぜ」に注意しましょう!(第18号第7巻通巻239号2016年7月)

2016年07月15日 | 院内報月刊「Kazuboh@mail」

「夏かぜ」に注意しましょう!

気温が上がり夏に近づくのに合わせて「夏かぜ」が多くなってきます。
夏かぜと呼ばれているのは、咽頭結膜熱(以下プール熱)、ヘルパンギーナ、手足口病などのことです。

今シーズンはプール熱が早くも5月に流行しました。
6月の終わり頃からヘルパンギーナと手足口病が増えています。

Q1:プール熱とはどんな病気でしょうか
A1:アデノウィルスが喉に感染して起こる病気です。
      潜伏期は57日です。喉が赤くなり高熱が5日間ほど続きます。
      眼が赤く充血し、眼脂がでるのが典型的な症状です。

      高い熱が長い間続くために、「重い病気ではないのか?」と心配されるお母さんが少なくありません。
      アデノウィルスを調べる迅速検査で診断がつけば安心して待つことができます。
      こまめに水分をとり、安静にして熱が下がるのを待ちましょう。

Q2:プール熱の感染力は強いのでしょうか。
A2:喉に感染したウィルスが唾液などにまじり目に見えない大きさの飛沫となって体のそとに飛び出します。
      ウ ィルスを含んだ飛沫がほかの人の鼻・喉・眼の粘膜に付着してうつることになります。

      アデノウィルルは感染力が強いので、熱などの主な症状がなくなってから2日間は家庭で静かに過ごしましょう。

「Q3」以下についてはおのクリニックの院内報「Kazuboh@mail」第18巻第7号通巻239号(2016年7月1日発行)をご覧ください。

待合室・第2待合室のラック内にある院内報をご自由にお持ち帰りください。
創刊号(1999年5月1日)から第239号(2016年7月1日)までのバックナンバーファイルを待合室の書棚においてあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪♪ いま待合室や診察室に流れている曲は・・・(2016年7月)

2016年07月14日 | 今月の音楽

ウインストン・マルサリスのトランペット協奏曲集「ロンドン・コンサート」です。

ジャズトランぺッターが奏でるクラシック曲です。
作曲は、ハイドン、レオポルド・モーツァルト(有名なモーツァルトの父)などです。
透明感があり歯切れの良い音色が、この季節の暑さを吹き飛ばしてくれます。

ウィンストン・マルサリスの公式ホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月9日(土曜日)から7月13日(水曜日)はオノクリニックの夏休みのため休診です。(2016年)

2016年07月09日 | 診療案内

7月9日(土曜日)から7月13日(水曜日)はオノクリニックの夏休みのため休診です。

ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。

おのクリニックの休診日・休診時間帯にお具合の悪くなった場合は、休日当番医や松戸市夜間小児急病センターを受診して診察を受けてください。
事前に電話連絡をしてから受診するようにしてください。

松戸市医師会の公式ホームページ「松戸のホームドクター」の「休日・夜間診療案内」をご覧になり参考にしてください。

⇒ 松戸のホームドクターのURLです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手足口病とヘルパンギーナ(夏かぜ)が更に増えました( 2016年第26週6月27日~7月3日)

2016年07月07日 | いま流行している病気は?

手足口病とヘルパンギーナ(夏かぜ)が更に増えました( 2016年第26週6月27日~7月3日)

千葉県下、過去4週間の手足口病とヘルパンギーナの状況は次の通りです。

手足口病:

第26週の千葉県下定点当たりの報告数は「0.95」です(第25週は0.54)。
松戸周辺地区は「3.94」です(第25週は2.56)。

第26週      128例
第25週        73例

第24週        47例
第23週        36例

ヘルパンギーナ病:

第26週の千葉県下定点当たりの報告数は「1.74」です(第25週は0.69)。
松戸周辺地区は「3.50」です(第25週は1.80)。

第26週      235例
第25週        92例

第24週        36例
第23週        10例

全国の約5000施設の医療機関(定点観測機関)から毎週感染症の患者数を報告しています。
このうち小児科の医療機関は約3000です。
おのクリニックも「定点」の一つとして毎週報告をしています。

千葉県感染症情報センター

国立感染症研究所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月の小児科プライマリ・ケア見学実習

2016年07月06日 | 小児科プライマリ・ケア実習

7月21日(木)・26日(火)の一般診療と乳児健康診査の時間に、
東京医科歯科大学附属病院の研修医がおのクリニックで小児科プライマリケア実習をします。

小児科医(副院長)が赤ちゃんや小さなお子さんとどのように接しているのか?
お母さん達の気持をどのように受け止めているのか?
乳幼児健康診査では身体計測のほかに、主にどのようなことをチェックしているのか?
どんな子育て支援をしているのか?
・・・などを見学します。

21日(木曜日)午前の一般診療
26日(火曜日)午前の一般診療と乳幼児健康診査

よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加