川天使空間

work, write, and fish! __ >゜)))彡

カラマツソウ

2016-05-29 05:57:35 | 自然観察
暗い林の中に、ほうっと白いカラマツソウの花。
この白さ、いつもどきりとする。
まだ花が開ききっていないのか、ちょっと蕾っぽい。

今日、旦那様がカラマツソウのある上流の渓に行きたいと。
会えるかな、カラマツソウ。
開いているかな、カラマツソウ。

ハイペースで作業すると熱っぽくなるので、今日は超スローペースで動きたい。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイカズラの花

2016-05-28 05:57:16 | 自然観察
蔓性で垣根にからみついていたスイカズラの花。



咲き始めの花は、すっと立ってりりしく。



この季節、ニセアカシヤやスイカズラや、いい香りの花が咲き誇っている。
風に花の香りがする季節、いいなあ。

読んで、ちょっと書いて。
木曜日、児文芸総会には行けなかったけれど。
おおぎやなぎちかさま、児童文芸新人賞、おめでとうございます!
今日は午前の診療を終えたら土崎のホテルで法人の理事会。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山ツツジ

2016-05-27 06:08:00 | 自然観察
ネマガリダケを採った山肌に咲いていた山ツツジ。
新緑の中、真っ赤な花がくっきりと。

上流では、まだツツジは見頃かな。
また見に行きたいな。

昨日は診療に健診に忙しく、少々疲れた。
帰宅したらまた熱っぽくなっていたので早寝したら、今朝は元気。
今日また小学校の内科健診。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アポリア-あしたの風- いとうみく著 童心社

2016-05-26 05:39:00 | 創作・本の紹介
いとうみくさまの新刊、APORIA。



アポリアとはギリシャ語で「道がないこと」の意。
問題を解こうとする過程で出会う難関、難問。
哲学では、同じ問いに対して二つの合理的に成り立つ相反する答えに直面すること。
とある。

3ヶ月前から不登校している中2の一弥(いちや)。
二階の自室で母の作ったシャケおにぎりを食べたあと、地震が起きた。
二階が崩れ落ち、三者面談に行く予定で一階の洗面所にいた母は瓦礫の下で助けを求めていたが…

片桐というタクシー運転手の男に助けられ、襲いかかる津波から逃げた三階建ての相沢フレーム工業という会社。
そこで一弥は、母を見殺しにした片桐に殴りかかる。
片桐は何も言わず、ただ殴られていた…

あまりの臨場感に鳥肌が立った。
それぞれの登場人物の内面が、ひしひしと伝わってきて。

片桐が破傷風になって、水に浸かった夜の町を医者と薬を探しに出かけることになったとき、「おれも行く」と言った一弥。
一弥の心のうちが、読者にぐいぐいと迫ってくる。

不登校になるきっかけは、一弥の内面にあった。
一弥は母に買ってもらった新しいスパイクをクラスメイトの鷲田に隠され、上履きを投げつけた。
上履きを顔に当てられた鷲田はスパイクを便器に投げ込み、一弥は「汚された…。殺してやる。」と鷲田を殴った。
自分の感情が怖くて、自分を信じられなくなり、一弥は登校をやめたのだ。
母子家庭の一弥を父のように見守ってくれる、叔父の健介に釣りに誘われた時も、「行かない」と即答。
そして、その時の描写。

 叔父のとまどったような不安げな顔を見たとき、心が笑った。
 そんな自分に気づいて、どきりとした。

読んだこちらこそ、どきりとさせられた。
すごい、すばらしい。
いとうみくさま、この作品、エンタメを超えています。
さらなるご活躍をお祈りします!

災害はいつ誰に降りかかるかわからない。
熊本地震に関連するプレートのズレが、明日、こんな地震をおこすやもしれない。
そんなとき、何ができるか。
そんなことも考えながら、読ませてもらった。

この作品で、いとうみくさまから、「破傷風」のことを相談された。
私の知る範囲でお伝えしたのだけれど、巻末に「医事監修:後藤敦子(今村記念クリニック副院長)」と載せていただいた。
申し訳なくもうれしく。
ありがとうございます。

災害に対しての「破傷風」への備えをちょっとここで。

破傷風 受傷後のワクチン・グロブリン投与基準




小児期の三種・四種混合ワクチンと、小学校6年生でやる二種混合ワクチンには破傷風が入っています。
これをきちんと受けているかどうかで、破傷風に罹るかどうかが左右されます。

そして、低体温で死にかけていた女の子が助けられた場面でも、
「災害時にはまず一番に考えるのは『どうやって体温を保つか』」ということを思い出させてもらいました。
保温に続いて大切なのが、水・火・食糧とのこと。

 「災害時に覚えておきたい、ネイティブ・アメリカンに学ぶサバイバル術」  

本を読んで圧倒されて、私も気持ちを入れて書き直してみた。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

体温下がりました

2016-05-25 05:53:34 | その他
職場でヒト用の体温計で測ったときは36.9℃。
夜はまだちょっと熱っぽいのですが、熱が下がりました。

いやあ、意識どおりに動けるってすばらしい。
一昨夜40℃が続いていたときは、水分補給のために起きると冷蔵庫までふらふらだったものね。

イナビル、効いたのかな。
それとも点滴の抗生剤とステロイドが効いたか。
とりあえずぼちぼち仕事のペースを上げなくちゃ。

すてきなご本が届いてわくわく。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加