うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回は、2009年のアカデミー賞8部門を獲得した「Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア

ネタばれの部分は反転してますので、ご安心を





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


インドのスラム街で育った孤児のジャミール(イルファン・カーン)は、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で、あと一問で全問正解という状況にいた。
だが、無学の少年が答えられるはずないと、司会者には疑われ、賞金の支払いを渋るTV番組会社の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになる。
一体なぜ、ジャミールは100ドル札に印刷された大統領の名前や、ピストルの発明者を知り得たのか...(Cinamacafeより)

     
     突然出てきたスラム上がりの若者があと1問の迫る。右は髭のみのもんた

     
     訳のわからない拷問で、ふてくされ気味のジャミール

     
     この刑事もいい味出してる

2008年の最後に観た作品。
年末に、毎日のように映画館通いをしたので、他に特に観たいものが無かったので、深く考えることなく選んだ作品。
今考えると、この作品に対して失礼な選び方だった。
インドのスラム育ちの若者が、クイズ・ミリオネアで全問正解になるかという、聞いただけでは、何か奇をてらっただけのストーリーのようだが、そこには愛、勇気、欲望、貧困、金が凝縮された名作だった。

     
     貧乏でも幸せだった

     
     汚くても幸せだった

     
     ほのかな愛もあった

監督は、イギリス人のダニー・ボイル監督。
この人の代表作は、ヘロイン中毒の享楽的な若者たちを描いた「トレインスポッティング」、イギリス紙幣がユーロに変わる数日前に、母親を亡くしたばかり兄弟に降ってきた大量の紙幣をめぐるファンタジー作品「ミリオンズ」、ゾンビの感染したロンドンの28日後の狂気の世界を描いた「28日後...」と、毎回全く違うテーマの作品を斬新な映像と定評の高い音楽でみせてくれる。

俳優は、無名の役者ばかりだが、主人公のジャミールを演じたデブ・パテルは、無欲で、淡々としていているが、内に秘めた情熱を時折みせてくれる若者を好演していた。

     
     生きるために一生懸命だった兄弟

     
     いつからか、違う価値を追い始め、長い時を越えての再会

インド、ボンベイのスラム街で育った孤児のジャミールが、クイズ・ミリオネアで、みのもんたに髭を生やした、調子のいい司会者に解答している。
彼は、最終問題まであと1問というところまで来ていて、その最終問題は翌日出題される。

その前後に、ランニングシャツを着たデブが彼に対して拷問しているシーンがフラッシュバックされる。
たいした拷問ではないのだが、映像がざらついてリアルなので、観客に結構痛さが伝わってくる。
実は、このデブは警察官で、学校にも行っていないジャミールが、こんなにクイズに答えられるはずがないと、彼に対する観客の人気の妬みもあって、胡散臭いみのもんた司会者が、警察に不正をしてると通報したのだ。

そしてここから、彼の生い立ちと何故クイズに答えられるかが語られる。

ここからネタばれ反転
ジャミールと兄のサリムは、ボンベイのスラムでどん底の生活だが、元気いっぱいに暮らしていた。
そこに反イスラムの暴動が起きて、スラムになだれ込んできた暴徒たちに母親が殴り殺され、街を焼かれ、文字通りの一文無しになった。
暴動がら逃げるうちに、いつの間にかラティカという少女がついて来ていた。

3人で残飯を漁りながらの生活に、ママンという人のよさそうな男が現れ、3人を孤児たちが住む寄宿舎に連れて行ってくれる。
このママンという男は、実は子供達に物乞いをさせてお金を稼いでいる、信じられない悪党で、そのためには子供の目を焼いて盲目にさせて、物乞いをさせていた。

ジャミールが目を焼かれることを知ったサリムは、兄弟2人で寄宿舎から脱出する。
その時、ラティカも逃げよとするが、足手まといになるのを恐れたサリムが彼女に助けの手をのばさなかった。

その後、2人は電車の屋根で暮らし、タージ・マハルで観光客を騙したり、スリをして何とか生き延びていく。

数年後に、ボンベイに戻った2人はママンの売春宿でダンサーになっているラティカを見つける。
彼女を連れ出そうとした2人をママンが見つけ、逃げられた事への復讐をしようとするが、逆にサリムが彼を撃ち殺す。
サリムは、その足でママンと対立していたギャングのジャベドの所に行き、彼の組織に入る。
サリムは、ラティカも自分のものにして、ジャミールを追い出してしまう。

時が経って、携帯電話のオペレーターのお茶酌みの仕事についたジャミールは、サリムとラティカを探し出す。
サリムは、組織の幹部に、ラティカはジャベドの女になっていた。

ジャミールは、ジャベドの家に忍び込みラティカを見つける。
そして何とか、彼女を助け出そうと、ボンベイの大きな駅で毎日5時に彼女を待つと告げた。
ある日、とうとうラティカが現れるが、後をつけて来たサリムにつかまり、またジャベドのところに連れ去られ、居場所がわからなくなる。

ジャミールは、もう一度彼女に会うために、インドで一番の人気番組のクイズ・ミリオネアに応募する。
ジャミールが最後の問題を解答する日、街は彼の話題で持ちきりで、ラティカもサリムもジャベドの屋敷で、その様子を見ている。
ここにきて、自分のジャミールとラティカに対する仕打ちを後悔した、サリムはラティカを密かに逃がし、札束を敷き詰めたバスルームで、拳銃を手にジャベドが来るのを待つ。

テレビ局に向かうラティカの持っているサリムから渡された携帯に、ジャミールから最後の問題に対してライフラインの電話が入る。

その問題とは、3人が出会った頃や寄宿舎で、自分達を物語の主人公に当てはめていたあの「三銃士」の3人の名前だった。
「1人は、アトス、もう1人はとポルトス、そして最後の1人?」


ここまで

     
     サリムが得たものはこのバスタブいっぱいのお金と拳銃

     
     ジャミールとラティカが得たもの

前半のスラム街で暮らす兄弟の様子は、はつらつとして明るい。
不幸さは、微塵も見られない。
母親の愛情を受けながら、元気に駆け回る様子が描かれている。
孤児になってからの兄弟は、愛に価値を求める弟に対し、と金・権力で成り上がろうとする兄と、価値観が分かれていく。
そしてその愛のために金の象徴である、クイズ・ミリオネアに応募するジャミール。
作り手の皮肉が伝わってくる。

悪役もわかり易く描かれている。
暴力の象徴を、子供を虐待するママンと対立するギャングのジャベドに。
そして、エゴの象徴を司会者の髭のみのもんたに。
特に、髭のみのもんたのいやらしい悪は、一番たちが悪い。

この作品は、いくつかの要素が入っているが、まずは純愛ストーリーだ。ラブストーリーより、純愛という表現があっているような気がする。
そして、スラム育ちの孤児兄弟の青春映画でもある。
最後が、孤児のお茶酌みが、ある日億万長者に手が届こうとする、ファンタジーでもある。

3つのテーマと、貧困問題、宗教差別、売春、子供への虐待等、インドで本当に起きている問題が、上手く絡み合ってわかり易く伝わってくる。
しかもそれをクイズの問題とその解答で表現していく、新鮮なストーリーの語り口だ。

アカデミー賞の作品賞をとっても全くおかしくない秀作だ。
(追記:作品賞ほか計8部門を受賞

     
     インド映画では、お決まり(と思われる)みんなでダンス

     
     ジャミールも踊る

トリビア
インドで主役の候補が見つからなかったダニー・ボイルは、イギリスのテレビショーに出ていたデブ・パテルを見た、娘の勧めで知った。

貧困街と結び付けられてイメージが落ちることを恐れたベンツ社は、スラム街で走るベンツのロゴを外すように依頼した。(なんて会社だ!!)

ダニー・ボイルは、3人の子役の出演料を16歳で10年生の終了の時に、支払うと契約した。プロダクション会社は、彼らが16歳になるまで毎日学校の送り迎えの車を提供する。(ベンツも見習え!!)



このミリオネアは凄い
(埋め込みが無効になっている為、画像をダブルクリックして下さい)
http://www.youtube.com/watch?v=0jeAEXeY9ew

コメント ( 24 ) | Trackback ( 28 )


« ただいま~ 床屋 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (中原)
2009-03-05 07:06:10
ほんと良かったですよね。
日本なら幾らくらいの金額なのかのかと思わず計算してしまいました。(;^_^A アセアセ…
 
 
 
中原さん、 (かめ)
2009-03-14 15:07:07
2008年の作品中、エンターテーメントという言葉が、一番合う作品でした。
 
 
 
TBありがとうございます。 (かからないエンジン)
2009-04-19 09:11:27
8部門受賞も納得の傑作でした。
ここのところパッとしなかった
ダニー・ボイル、やってくれましたね。

個人的にはあの司会者結構好きですね。
まあ悪いやつなんですが、
表情の変化とかが結構面白くて(笑)

 
 
 
Unknown (latifa)
2009-04-19 10:36:23
こんにちは~。凄く好きな映画です。多分今年2009年度の1位になりそう・・・

ひげのみのもんたは、悪いヤツでしたね~。私なんか、すっかり騙されてしまったと思います。
さすがわ、人生経験豊かなジャマール、騙されませんでしたね。

最後の動画が、残念ながら見れなくなっちゃってるみたいです^^
 
 
 
こんにちわ (HIROMI)
2009-04-19 10:59:43
子役の三人、かわいかったですね。実際にスラムに住む子どもたちと聞いたので、この後どうなるのかな、と思っていましたが、就学が保障されたのなら本当によかったです。
 
 
 
素晴らしい映画 (にゃむばなな)
2009-04-19 15:13:17
ジャマール、ラティカ、サリームの3人を中心に見事な映画として仕上げてくれてましたよね。

ラストでサリームがラティカを通して弟に全てを託すくだりもよかったです。
 
 
 
こんにちは☆ (dai)
2009-04-19 17:38:12
流石アカデミーをイギリス人監督の映画ながらとった作品だけのことはあるぐらいの作品でした。

終わりがダンスバージョンじゃないパターンをDVDで期待したいです☆
 
 
 
こんばんは♪ (non)
2009-04-19 21:05:04
こんばんは♪ コメントありがとうございました☆

見せ方が上手くテンポ良く、面白く見れました。
過酷な生活の中での少年達がエネルギッシュで、
元気をもらえました♪
 
 
 
最後の答え (悠雅)
2009-04-19 21:09:27
まず最初に原作の題材がよかったのでしょうが、
それを巧い脚本と、ダニー・ボイル監督らしい映像や音楽の構成、無名の俳優たちの好演で見事な作品にしてくれた、と思いました。
1つ1つの要素が巧く作用しあって、とっても纏まりのいい作品でしたよね。
オスカー8部門受賞も納得です。

偶々、最後の答えを知っていたので、余計にハラハラドキドキ・・・
彼が答えを言った時には、小躍りしそうになりました。
 
 
 
かからないエンジンさん、 (かめ)
2009-04-20 01:33:46
こんにちは、
司会者も含めて、それぞれ登場人物がいい味出してました。
取調べの刑事もよかったと思います。
 
 
 
latifaさん、 (かめ)
2009-04-20 01:35:15
こんにちは、
あのトイレで鏡に書いた文字、自分もどっちか迷いました。
 
 
 
latifaさん、 (かめ)
2009-04-20 01:36:06
動画は、ダブルクリックかリンクをクリックして見えるようにしました。
 
 
 
hiromiさん、 (かめ)
2009-04-20 01:37:30
こんにちは、
確かにあの子供たちのはつらつとした自然な演技が、この作品の魅力のひとつですね。
 
 
 
にゃむばななさん、 (かめ)
2009-04-20 01:45:21
こんにちは、
終盤まで嫌な奴だったサリームが、最後にいい奴になりましたね。
 
 
 
daiさん、 (かめ)
2009-04-20 01:48:25
自分は、この作品のエネルギーいっぱいで迎えるラストから、ダンスに入っていくのは結構気に入っています。
本来なら、ダンスでエンディングなんて笑ってしまいますが、この作品には合っていると思いました。
 
 
 
nonさん、 (かめ)
2009-04-20 01:49:56
こんにちは、
そうですね、このエネルギーはすごかったです。
今の世界がスランプの時期に必要な、運命的な作品です。
 
 
 
悠雅さん、 (かめ)
2009-04-20 01:51:08
こんにちは、
アメリカの映画館では、最後に拍手がおきました。
 
 
 
ありがとう!! (latifa)
2009-04-20 12:58:40
かめさん、わざわざ見れる様に設定してくださって、ありがとうございました^^
おかげさまで、今楽しく見せてもらっちゃいました。
何故お父さんに電話したのか?の理由が、ナイスでした~~♪

フランス語と日本語字幕がついているなんて、凄く歴史に残る?回だったのがうかがえます☆
 
 
 
こんにちは♪ (kenko)
2009-04-20 13:55:09
C noteのkenkoと申します。コメントありがとうございました♪

動画観ました!スゴイ!!
彼のパパへのセリフ、言ってみたいです(笑)
日本のミリオネアは1000万だったけど、
1億って鳥肌立ちますね。

汚くて幸せなジャマールのシーンがお気に入りです♪
 
 
 
こんにちは~^^・ (由香)
2009-04-20 13:56:28
お邪魔します♪
『アカデミー賞の作品賞をとっても全くおかしくない秀作だ』
スゴイ!!年末の時点でそう思っていらっしゃったんですね~

ところでYouTubeの映像見ました!
カッコイイ~感動しました!!
 
 
 
Unknown (えふ)
2009-04-23 20:50:57
クイズとシンクロさせながら
過去の生い立ちを描いていく構成が
いままでに見たことなかったのでとても新鮮でした!
しかもその中に貧困、宗教・・・いろいろな問題が
凝縮されていていましたね~。
ひさしぶりにひきつけられた作品でした。
 
 
 
kenkoさん、 (かめ)
2009-04-26 11:04:09
1億円獲得して、あの余裕すごいですね。
ユーモアもあって、なかなかの人物と見ました。
 
 
 
由香さん、 (かめ)
2009-04-26 11:05:36
自分の趣味は、アカデミー向きではないのがわかっていますから、めちゃくちゃな予想だったのですが、今回は当たっちゃいました。
 
 
 
えふさん、 (かめ)
2009-04-26 11:06:22
脚本、監督の勝利作品です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Slumdog Millionaire) (Mooovingな日々)
今日、ジャマール・マリクにとって人生最大の日を迎えた。文無しで、インドはムンバイのスラム街に暮らす18歳の青年が出演したインド版「クイズ・ミリオネア」で、クイズ史上最高額の賞金2000万ルピーを勝ち取るまであと1問を残したところでその晩の番組が終了後、...
 
 
 
Slumdog Millionaire(スラムドッグ・ミリオネア) (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Slumdog Millionaire”監督=ダニー・ボイル ☆☆☆☆☆
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪今...
 
 
 
溢れんばかりのインドパワー!「スラムドッグ・ミリオネア」を観ました(ちょっと修正) (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
パンフレット 700円 内容 ABOUTクイズ$ミリオネア(クイズ$ミリオネアについての大まかな説明) 「もはや社会現象、あのアカデミー...
 
 
 
「スラムドッグ$ミリオネア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ムンバイのスラム街、其処に漂う、濃密な空気感を見事に映像化したダニー・ボイル以下、制作者陣の苦労が伺える映画でした。二人の少年時代から始まる物語、彼らを取り巻く、その世界は、あまりにも絶望的で、しかし、生き抜く為に、兎に角、お金に執拗に固執する。その為...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (そーれりぽーと)
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (りらの感想日記♪)
【スラムドッグ$ミリオネア】 ★★★★★ 映画(祭) (17)ストーリー インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (めでぃあみっくす)
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (映画!That' s Entertainment)
●「スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire」 2008 イギリス・アメリカ Pathe Pictures,Celador Films,Film4,120min. 監督:ダニー・ボイル  原作:ヴィカス・スワラップ著「ぼくと1ルピーの神様」 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピ...
 
 
 
スラムドック$ミリオネア/Slumdog Millionaire (いい加減社長の映画日記)
「おっぱいバレー」も、出身地北九州市が舞台だし、綾瀬はるかちゃんのおっぱいにも興味があったんだけど。 ここは、アカデミー賞8部門受賞の「スラムドック$ミリオネア」を選択。 綾瀬はるかちゃんがおっぱい見せるとも思えなかったし^^; 「UCとしまえん」は、いつ...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (悠雅的生活)
インドの現実。疾走。三銃士。
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、イギリス発祥の『Who Wants to Be a Millionaire?』(日本でのタイトル「クイズ$ミリオネア」)と言うクイズ番組...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (だらだら無気力ブログ)
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組...
 
 
 
『スラムドッグ$ミリオネア』 (セガール気分で逢いましょう)
最小文字数でサクッと概観したい方は300文字レビューをどうぞ 映画における重要な視点として「どこに物語が発生するか」といった要素があり、『スラムドッグ・ミリオネア』の面白さはまずそこに凝縮されていると
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (C note)
ゴールデングローブやアカデミー、そのほか各映画賞を総なめの話題作です。 ひとあし
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (Akira's VOICE)
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア 圧倒的なパワーとうんち!? (労組書記長社労士のブログ)
【 24 -7-】 草薙くん、やっちゃったねえ{/m_0211/} しかし飲酒量{/m_0053/}を酒気帯び運転{/m_0033/}の基準と比較するのって無意味だと思うし、なんで家宅捜査までされるんよ、おかしいやん{/m_0152/} それに『鳩山邦夫総務相(60)は「最低の人間だ!」と大激怒』って、あ...
 
 
 
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (描きたいアレコレ・やや甘口)
テンポよくリズムを刻むインド音楽と共に、駆け抜ける120分!飽きません! 何故、スラム出身の無学な青年がクイズの答えを知っていたのか...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (利用価値のない日々の雑学)
大変お恥ずかしいことながら、この作品を鑑賞するまで筆者は全くと言って良いほど、インドという国の現状と現実に関して無知であったということを冒頭に告白しなくてはいけない。筆者的に言うと、インドという国には一度だけ訪問したことがあるが、それはバブルより少し...
 
 
 
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
 
 
 
【映画】スラムドッグ$ミリオネア (新!やさぐれ日記)
▼動機 去年の夏秋に誰かのサイトでみて ▼感想 人生に無駄なものなどひとつもない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年...
 
 
 
『スラムドッグ$ミリオネア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重...
 
 
 
「スラムドッグ$ミリオネア」パワフルムービーですよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード  第81回アカデミー作品賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」(ギャガ・コミュニケーションズ)。作品賞だけでなく、最多の8部門で受賞しちゃったんですよね。何がそんなに凄かったのでしょうか?  世界各地で...
 
 
 
『スラムドッグ$ミリオネア』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...
 
 
 
スラムドッグ$ミリオネア (いやいやえん)
今更ながらの鑑賞です。運じゃなく、運命だった。スラム街で育ったジャマールの純愛ドラマでもありました。 過酷な人生の中に希望があった。有名番組「クイズ$ミリオネア」の問題と、ジャマールの人生がリンクして、その人生の中に答えがわかるヒントが隠されてた。...