C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

アーティスト

2012-06-02 21:13:11 | CINEMA(あ)
アーティスト
'11:フランス


◆原題:THE ARTIST
◆監督:ミシェル・アザナヴィシウス「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」
◆出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー

◆STORY◆1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで女優志願のペピー・ミラーと出会う。やがてジョージは、オーディションを受けにやってきたペピーと再会。その日を境にペピーはエキストラから少しずつ上位の役をものにする。1929年、トーキー映画が登場。しかしサイレントにこだわったジョージは、自ら監督・主演した映画が失敗し、失意のどん底に。一方、ペピーは大スターになっても、ジョージを思う気持ちは変わらなかった。

第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。
フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった作品です。

サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画です。

フランスの監督がサイレント時代のハリウッドをとるってなんかよく考えたな~
って思ってしまいました。
ストーリーはとってもシンプル!!
時代の変化にのりきれないスターがどんどん落ちていく。。。
それを陰ながらささえるペピー・ミラー
それが彼にわかったときに、彼はみじめになりもっと失意になるんだけど、
それをまた立ち直らせてくれるのはベビー・ミラーなんだよね~
若い女優や犬や運転手に守られつづけている、愛があふれている映画だと思う。
ヒロインのペピーが男の上着の袖に腕を通して自分の身体を抱きしめるところなんて、
なんかキューんって感じになったな~
また犬がなんともいえないくらいかわいいんだよね~♪

だけど、サイレント映画なんだけど、なんだか声が聞こえてきそうな。。。
画面の色がみえてきそうな。。。そんな映画だったと思います。
前にみた、無声映画って感じしなかっただよね~

Nakajiはまだサイレント映画はぜんぜんみないので、
サイレントの傑作映画のオマージュとかよくわからなかったけど、
映画愛はすごくかんじられた映画だったな~!!

Nakajiの満足度  ★★★(4.0)  劇場鑑賞16作品目
Artist
Sony Classics
Sony Classics

アーティスト オリジナル・サウンドトラック
サントラ,デューク・エリントン,ブリュッセル・ジャズ・オーケストラ,ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団,レッド・ニコルズ&ヒズ・ファイヴ・ペニーズ
SMJ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦火の馬 | トップ | なんと!今日から8年目突入~ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yukarin)
2012-06-05 09:55:50
そうそうサイレントなのに台詞が聞えてきそうだし、何を言ってるのか雰囲気でわかるし。
も~アギーが可愛い♪
何しても仕草がキュート!!
>yukarinさん (Nakaji)
2012-06-05 12:55:36
本当にマギーかわいかったね!!
なんかキュートだし、言葉がないから切なさがずしーんって伝わってきて、せつなくなったわ!!
素敵でしたね (sakurai)
2012-06-06 14:40:57
色がないのに、色がにじみ出てくるし、セリフがなくても、素敵な言葉があふれ出てくる感じがしましたよ。
今年の一番は揺るがないんじゃないかなぁ。
Nakajiさん☆★ (mezzotint)
2012-06-07 18:42:47
今晩は☆彡
Nakajiさんも記憶が遠のきましたか。
でもお互い、わんこのおかげで助かりましたね。受賞したわんこなんて初めてじゃあない
でしょうか。凄いですよね。
>sakuraiさんへ (Nakaji)
2012-06-08 12:47:24
そーーー面白いですよね。
色がみえてくるようにおもえるというか。。。素敵だわ~って感心しちゃいました!!
こんばんは。 (健太郎)
2012-07-23 21:47:54
映画が3Dの時代に、モノクロ・サイレントの映画がアカデミーを取るなんてびっくりでしたが、観て納得の映画でした。

台詞がないので、表情やしぐさだけでしたが十分に伝わってきました。
時代や文化を超えて普遍的なもの、なんですね。

主演がまさに往年のハリウッド・スターそのものでしたね。
パルムドッグ賞を受賞したわんちゃんも可愛かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
「アーティスト」 (或る日の出来事)
このくらいの話って「並」じゃないですか?
アーティスト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
[映画『アーティスト』を観た(後編:サイレントに非ず)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆(前編からの続き)・・・「4コマ漫画」的なサイレント映画の展開であるが、役者の演技は総じて素晴らしかった。  主演の二人・・・。   時代に乗り遅れるスター、ジョージ・ヴァレンティンを演じたジャン・デュジャルダンの優しい「作り笑顔」・・・、  新進の...
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
「アーティスト」声なき憧れの演技俳優スターの窮地を救った女優の憧れの人との声なき夢の共演 (オールマイティにコメンテート)
「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
アーティスト (佐藤秀の徒然幻視録)
もしヴァレンティノが若死せず生き続けてたら 公式サイト。原題:The Artist。ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェ ...
映画レビュー「アーティスト」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
アーティスト/ジャン・デュジャルダン (カノンな日々)
第84回アカデミー賞を席巻したモノクロ・サイレント・ムービーのフランス映画です。でも物語の舞台はパリではなく映画の都ハリウッドです。サイレントだから外国語映画部門にはな ...
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
アーティスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。...
アーティスト (みすずりんりん放送局)
 『アーティスト』を観た。  【あらすじ】  1927年、ハリウッド。  トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は落ちぶれ、エキストラだったペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)が人気女優に。 ....
アーティスト (迷宮映画館)
文句なし!こういう映画が見たかった。
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2~3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
「アーティスト」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
口元の付けほくろ。 サイレントからトーキーへ。 アーティスト。
アーティスト / The Artist (勝手に映画評)
2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没落するサイレント時代のスター俳優と、トーキーの隆盛とともに...
「アーティスト」無声の声 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST (銅版画制作の日々)
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思う...
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
アーティスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
『アーティスト』 2012年29本目 フォーラム仙台 (映画とJ-POPの日々)
『アーティスト』 映画が誕生してから100年が経ちました。 サイレントがトーキーになり、モノクロがカラーになり、今やCGで何でも出来3Dの時代です。 それが、本家アカデミー賞で ...
映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...