C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

戦火の馬

2012-05-29 22:55:10 | CINEMA(さ)
戦火の馬
'11:米



◆原題:WAR HORSE
◆監督:スティーヴン・スピルバーグ
◆出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デイヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストラップ、トム・ヒドルストン

◆STORY◆第一次大戦前夜のイギリスの農村。貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年アルバートと固い絆で結ばれる。折しも戦争がはじまり、ジョーイは軍に徴用され、英国軍騎馬隊の軍馬としてフランスの最前線に送られてしまう。敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで悲惨なものとして映るだけだった。その頃アルバートは、兵士となりフランス激戦地で戦っていた。奇しくも共に激しい戦場に身を置くこととなったアルバートとジョーイの運命は……。


1982年にマイケル・モーパーゴが発表し、
舞台版は第65回トニー賞で5部門に輝いたイギリスの小説を、
巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化です。
第1次世界大戦下を舞台に、主人公の少年アルバートと、
その愛馬ジョーイの掛け替えのないきずなの物語です。
スティーヴン・スピルバーグらしいというか、正統派に作られた作品だよね〜
なんだか、「シンドラーのリスト」を思い出していました。

20世紀初めの英国でかわれていた馬が、第一次世界大戦で、
大陸に送り込まれるんだけど、またこの馬は、
飼い主が変わるたびに数奇な運命をたどっているんだよね〜
馬主の運命がというよりは、この馬とかかわった人たちの運命が、
かわっていくって感じだよね。
ストーリーっていうよりは、この馬が本当にすばらしいくらいきれいなんだよね〜
競走馬を思い出してしまいました。馬が本当にきれいなんだよね〜
美しくて力強くて!!そしてこの自然の中にはえるはえる!!
栗毛で四本足が白い靴下の模様で、額に十字って、
あえりないくらいの完璧すぎるくらいの馬だよね〜(笑)
その馬が危機に遭遇して欧州各地をまわるんだけどさあ。。。
人にはいろんな立場もあるし、いろんな運命があるんだよね〜
そして最後には馬と飼い主がめぐりあう運命がまたなんか泣けました。

でもあいかわらずキレイにまとめすぎというか。。。
そんなことより時間がながかった。。。

Nakajiの満足度 ★★★(3.0) 劇場鑑賞15作品
戦火の馬 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]
エミリー・ワトソン,デヴィッド・シューリス,ピーター・ミュラン,ニエル・アレストリュプ,トム・ヒドルストン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

戦火の馬 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
エミリー・ワトソン,デヴィッド・シューリス,ピーター・ミュラン,ニエル・アレストリュプ,トム・ヒドルストン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越中の台所 季の香@富山市 | トップ | アーティスト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主役は・・・ (マリー)
2012-05-30 23:27:48
こんばんは〜〜♪
一番の主役はお馬さんだよね〜〜〜。
本当に綺麗で、健気で・・・

馬にもいろんな表情があるんだね。
戦闘のシーンの馬が可哀想で可哀想で〜涙
やっぱり戦争ものはちょっと苦手・・・
>マリーさんへ (Nakaji)
2012-06-05 12:49:43
本当に馬がきれいで感動しましたよね!!

なんか戦争ものって苦手ってわかるかも。。。
結末がわかっているものなんて、切なくて切なくてで終わってしまうもんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン (カノンな日々)
1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ...
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
戦火の馬/WAR HORSE (いい加減社長の映画日記)
ストーリーは、予告編で、だいたいわかるけど、スピルバーグ監督ということで、どういうふうに仕上がったのか、興味があって。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 第一次大戦前夜のイギリスの農村。 貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年...
[映画『戦火の馬』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
戦火の馬 (佐藤秀の徒然幻視録)
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ...
戦火の馬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
『戦火の馬』 (ラムの大通り)
(原題:War Horse) ----- 映画の日に、 フォーンが観に行ったのはこれ『戦火の馬』。 スピルバーグ監督作ってことで安心ということかニャ。 実際、映画館は始まってけっこう経つのに、 人が多かったしね。 しかも、かなりの年配の人ばかり。 お話の方も、すぐ想像つい....
戦火の馬 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】悲惨な状況下に置かれたお馬さんがモト
ただ、前だけを見て〜『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
戦火の馬 (風に吹かれて)
出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
戦火の馬 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
第一次世界大戦でイギリスから徴用されて戦地に送られた馬がたどる過酷な運命と、馬を育てたイギリスの青年と再会するまで描いている。イギリスから大陸に渡った軍馬はほとんどが亡くなったけど、戻ってきた馬もいた。全くのフィクションではないし、馬が主演だと考えると...
「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない (はらやんの映画徒然草)
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注
戦火の馬 (映画と本の『たんぽぽ館』)
多くの人の手に守られて                       * * * * * * * * * * この作品、とても楽しみにしていました。 スピルバーグ監督作品だからというだけではありません。 馬が好きなんです。 競馬はやりませんけれど、馬の走....
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
戦火の馬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 雰囲気的には1950〜60年代のレトロっぽさのある作品。
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...
戦火の馬  WAR HORSE (映画の話でコーヒーブレイク)
「戦火の馬」見に行ってきました。 見に行こうかどうか、かなり迷いました。 というのも・・・、予告編を見て涙、うるうる。 映画館で見たら号泣かも?と二の足を踏みました。 動物ものはアカーン。 古くはディズニーの「三匹、荒野をゆく」や ジャック・ロンドン原作、....