C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

僕等がいた 前篇

2012-06-25 20:11:35 | CINEMA(日本)
僕等がいた 前篇
'12:日本


◆監督:三木孝浩「ソラニン」
◆出演:生田斗真、吉高由里子、高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、小松彩夏

◆STORY◆高校2年の高橋七美は、矢野元晴という男子と新しいクラスメイトとなる。1年生の時にクラスの3分の2の女子から好かれていたという矢野は、顔良し、頭良し、運動神経抜群の人気男子。しかし彼には、ひとつ年上の彼女を交通事故で亡くすという辛い過去があった。七美はだんだんと彼の事を好きになり、矢野も七美に好意を持ち始める。しかし、七美のクラスには、矢野の元カノの妹で、何か理由ありげな山本有里という女子生徒がいた…。


高校時代から社会人にかけての若さならではのピュアな恋を切なく描いた人気コミックを、『ハナミズキ』の生田斗真と『蛇にピアス』の吉高由里子主演で映画化した、
2章仕立てのラブストーリー前編です。

前篇では高校のクラスメイトとして出会った、七美と矢野の心の動きが描かれています。
もーーートキメキやら一途な思いやらって感じで王道な仕上がり方だよね〜(笑)
すきだバカとかバス停でのキスとかさあ、もーーーピュアな恋愛って感じで、
今のNakajiには、いつの間にかとおりすぎて年月がたちすぎて、
思い出すことができない世界だわ〜って思いながらみておりました(笑)
10代ならではだわ〜あのキラキラ感は〜

でもねえ、この原作の人のマンガってなんかあるんだよね〜
キュンキュンだけじゃなくて、なんかひとくせ、ふたくせあるんだよね〜
前編後編をとおしてみるとやっぱりかって感じだったな〜
そしてこの世界観が好きな人じゃないと、ストーリーに入り込むことってできないんだよね〜
不幸があっても女の子は一途に男の子を思い続けるって感じのところも、
そんなに人間強くいれるの?って思うくらい、思いは強くてあったかいんだよね〜
これを高校生でできるんだろうかって考えたら、んーーってところもあるんだけどね〜

一番はこのメンバーで高校生役に無理があるってことだね。
とくに高岡蒼佑なんて無理だろって思いながら見てしまいました。
主人公の生田斗真君と吉高由里子ちゃんは原作とあっていたというか、
入り込んでいたよね〜特に吉高ちゃんはかわいかったな〜

Nakajiの満足度 ★★★(3.0) 劇場鑑賞21作品目
僕等がいた 釧路篇-出会い- (小学館ジュニアシネマ文庫)
宮沢 みゆき,小畑 友紀,吉田 智子,三木 孝浩
小学館

僕等がいた 東京篇-運命- (小学館ジュニアシネマ文庫)
宮沢 みゆき,小畑 友紀,吉田 智子,三木 孝浩
小学館
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤング≒アダルト | トップ | 僕等がいた 後篇 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (yukarin)
2012-06-29 22:26:29
斗真君好きだから...でも私にはだめだわ。
なんか恥ずかしくなって笑いそうだもの。
★3つで普通なのかな?
>yukarinさんへ (Nakaji)
2012-07-01 00:01:16
斗真君みたさに言ってきたけど。。。
んーーーーって感じだったよね〜
まあ前編後編いっきにみて普通の映画だったな〜(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

CINEMA(日本)」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『僕等がいた -前篇-』 2012年3月2日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『僕等がいた -前篇-』 を試写会で鑑賞。 原作は全然読んでいません(笑) 流石にいつもの試写会とは明らかに客層が違います。 女性が多くて、若い子多し・・・ 原作のファンなのか、生田斗真のファンなのか 【ストーリー】  北海道・釧路に暮らす高校2年の七美(吉高...
僕等がいた 前篇 (佐藤秀の徒然幻視録)
青春濃霧注意報 公式サイト。小畑友紀原作、三木孝浩監督、吉高由里子、生田斗真、高岡蒼甫、本仮屋ユイカ、小松彩夏、柄本佑、比嘉愛未、須藤理彩、麻生祐未。舞台は原作者在住 ...
僕等がいた 前篇/生田斗真、吉高由里子 (カノンな日々)
何度も予告編を観ているうちに吉高由里子さんの「好きだ、バカっ!」が頭の中でリフレインしまくり(笑)。小畑友紀さんの超人気コミックを『ソラニン』の三木孝浩監督が映画化した ...
僕等がいた 後編 (花ごよみ)
小畑友紀の漫画を前編、後編と 二部に分けて実写化。 今回はその二部作の後編。 生田斗真と吉高由里子主演。 監督は三木孝浩。 高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、 麻生祐未等が前編に続いて共演。 今回は主人公二人の友人として 比嘉愛未が加わります。 前編では幼さの残る....
僕等がいた 前編 (花ごよみ)
小畑友紀の漫画を、 前編、後編との2部に分けての実写映画化。 生田斗真と吉高由里子が主演。 監督は三木孝浩。 試写会で見てきました。 舞台は北海道・釧路。 クラスの人気者でモテモテの、 高校二年の男子高校生、矢野を生田斗真、 彼は年上の恋人を、 交通事故で...
僕等がいた 前篇 (あーうぃ だにぇっと)
僕等がいた 前篇@一ツ橋ホール
僕等がいた 前篇 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
僕等がいた オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る大長編コミックを2部作で映画化した「僕等がいた 前篇」。高校時代を中心に描く前篇はみずみずしさを前面に出している。 ...
[映画『僕等がいた 前篇』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆午後10時からのスーパーレイトショーで観たのだが、眠気など吹っ飛ぶ面白さだった。  人気少女漫画…、その硬派な恋愛物の映画化作品で、時に、「オヤッ!^^;」「中二病?」と思わせる展開もあったのだが、  それを、台詞でカバーする脚本と、主演の吉高由里子...
『僕等がいた 前篇』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕等がいた」□監督 三木孝浩 □脚本 吉田智子□原作 小畑友紀 □キャスト 生田斗真、吉高由里子、高岡蒼甫、本仮屋ユイカ、      小松彩夏、柄本 佑、比嘉愛未、須藤理彩、麻生祐未■鑑賞日 3月17日(土)■劇場 TOH...
僕らがいた 前篇 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
高校時代の恋愛を大学や社会人になっても何らかの形で続けられるのは、ある意味幸せなことだと思う。普通なら途切れてしまうものだけどこういう経験ができるなら、もう一度青春時代に戻りたいとも思う。
僕らがいた 前篇(2012-023) (単館系)
僕らがいた MOVIXさいたま 1200万部を突破した小畑友紀の同名ベストセラーコミックスを2部作で 映画化した前篇。北海道の高校で知り合った男女の恋模様を瑞々しく描く。 主演は『ハナミズキ』の生田...
僕等がいた 前篇 (とりあえず、コメントです)
小畑友紀著の人気コミックを映画化した青春ラブストーリーです。 原作は未読ですけど、生田斗真&吉高由里子のペアに惹かれてチャレンジしてみました。 さすがの演技力と共に繊細な心の動きを映し出していて、とても切なくなるような作品でした。
「僕等がいた 前篇」出会って知って紆余曲折の末愛し合った元晴と七美の別れはその先の真実へと繋がる (オールマイティにコメンテート)
「僕等がいた 前篇」は小畑友紀原作の「僕等がいた」を映画化した作品で高校時代に出会った青年と少女が大人になって再びその真実を知るまでの紆余曲折を描いた切ないラブストーリ ...
僕等がいた 前編 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年3月24日(土) 20:30〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『僕等がいた』公式サイト 「ロボジー」以来、吉高が好きになってきたので、どうするか迷っていたのだが、観てみることとした。 いい歳をした奴が観るよう...
No.313 僕等がいた 前篇 (気ままな映画生活)
累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2 ...