C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012-05-09 23:04:31 | CINEMA(ま)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
'11:米



◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」
◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン

◆STORY◆9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴を探す計画を立てる。かつて父と楽しんだ“調査探索ゲーム”のように。悲しみで抜け殻のようになった母に失望したオスカーは、父が遺したはずのメッセージを求めて、祖母のアパートに間借りする老人を道連れに旅に出る。


大好きな父親を9.11のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、
父親の残した鍵の謎を探すべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマです。
これってジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説なんだね。

いやーーーーーこの映画Nakajiはかなり好きでした。

大好きな人を突然に亡くしてしまい自分はどういきていかなければいけないか。。。
この子供にとってはそれはとっても受け入れがたい事実だよね。
大人だって受け入れたくないというか現実逃避したい事実だとおもう。
だって遺体すらないんだよ。空っぽの棺で行われる葬儀なんてさあ・・・
この子供に受け止めれっていうほうが無理でしょって思ってしまうよね。

父のクローゼットから発見した1つの鍵と謎めくメモに父からの指令と思い、
必死に探し求めるところはなんとも言えない気持ちになったな〜・・・
またマックス・フォン・シドーがいいんだよね〜
無言なんだけどなんかあったかくてなんかよかったな〜
この人だからこそ、少年の取り返しがつかない本当の苦悩がみえてきたんだろうな〜

もーーね、サンドラ・ブロックがまたよくてね〜
最後は涙がとまらなかったな〜母が子を思う気持ち。
本当は心配で心配でたまらないのに、ここを乗り切らないと明日への1歩ができない。
だから何も言わずに寄り添っていたんだよね〜
最悪の悲劇を現実とちゃんとうけとめて、生きているものは、
その悲しみを乗り越えて明日を生きていかなくてはいけない。。。
遺族たちは現実は本当に厳しく苦悩の上生きていっているんだろうな〜
って改めて感じた作品でもあったな〜

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0)劇場鑑賞12作品目
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
トム・ハンクス,サンドラ・ブロック,トーマス・ホーン,マックス・フォン・シドー,バイオラ・デイビス
ワーナー・ホーム・ビデオ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
近藤 隆文
NHK出版
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラ・フォル・ジュルネ金沢2012 | トップ | ヒューゴの不思議な発明(3D) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家族愛、親子愛 (KGR)
2012-05-11 07:17:17
がテーマだとは思いますが、

>最悪の悲劇を現実とちゃんとうけとめて、生きているものは、
>その悲しみを乗り越えて明日を生きていかなくてはいけない。。。
のメッセージは、強く感じました。
役者さんたち (sakurai)
2012-05-12 16:52:27
どの方も素晴らしく、映画をより印象的なものにしてたように感じました。
マックス爺さんのあじのある雰囲気なんか、ホントお見事。
助演賞を争ったプラマーの「人生はビギナーズ」を見て来たばっかりですが、アタシはマックスさんに軍配だわ。
Unknown (ふじき78)
2012-05-13 01:17:10
喪失と再生。

今日、観てきた「ももへの手紙」も、そうでした。みんな現実が辛いのかなあ。
>KGRさんへ (Nakaji)
2012-05-14 12:43:51
家族愛、親子愛っていうよりは、再生するって感じだったな〜
>sakuraiさんへ (Nakaji)
2012-05-14 12:44:52
本当にマックス爺さんお見事でしたね。
なんか泣けました。
>ふじき78さんへ (Nakaji)
2012-05-14 12:45:40
「ももへの手紙」もそんな感じなんですね〜
みんな現実逃避したいんですよ!!
なんもよくならない社会からね〜

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 2012年2月2日 ワーナー・ブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカー...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (佐藤秀の徒然幻視録)
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (そーれりぽーと)
911を題材に描いた感動作? 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。 ★★★★ 観たことがないタイプの特殊な映画だった。 ちょっとネタバレ混じりで書きます。 あらすじをざっと紹介すると、父親を911のテロで失った少年が、父の死と向き...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月19日(日) 19:00〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:800円(買っていない) 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』公式サイト 俺の大好きな歌U2の'Where The Streets Have No Name'を全...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    【送料無料】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ブルーレイ&DVDセット【Blu-ray】価格:2,944円(税込、送料別)  映画の話  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (to Heart)
あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...
*『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ映画、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス出演。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...
スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
試写会「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/2/10、よみうりホール。 開場時刻を15分も過ぎたころ到着したら、入場の列はなくなっていて、 1階席はほぼ満員だった。 いつもより開映時刻が早い(18:30)ためか、始まってからも 暫くは席を探してうろうろする人がいた。 ***    トム・ハン...
鍵穴を探す旅〜『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン (カノンな日々)
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ぷち てん てん)
オスカー君を演じたトーマス・ホーン少年、すごいねえ。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくてありえないほど近い(2011)EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (銅版画制作の日々)
 あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 評価:=70点 主役を演じたトーマス・ホーン君は正真正銘の天才少年らしく。アメリカで有名なクイズ番組でチャンピオンに選ばれたことから今回のような主役抜擢となったようです。現在14歳ですが、飛び級で高校...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
9.11のワールドセンタービル崩壊で父親を失った少年が、父の遺品の中から見つけた鍵の持ち主をニューヨーク中を歩き回って悲しみを克服していく。家族やご近所さんや同じ町で出会う人々が、その悲しみを埋める役割を果たすこの物語は自信を持ってお勧めできる傑作だ。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 ('12初鑑賞20・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 2月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。
映画「ものすごくうるさくてありえないほど近い」、あの9.11が少年に! (ひろの映画日誌)
いまだ、アメリカでは9.11が後遺症で残っているのか? この映画は、9.11で父を失った少年の物語。 一年後、ツボに入った鍵を発見。 これを手掛かりに、カギにあう錠を探し求める。 手がかりは、「Black」。 父と楽しんだ地図探検のテクニックが生きる。...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画と本の『たんぽぽ館』)
ものすごく過酷な経験をして、ありえないほど少年は成長する                           * * * * * * * * * * なかなかユニークな題名のこの作品。 原題は“Extremely Loud and Incredibly Close”ということで、 ジョ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (とりあえず、コメントです)
ジョナサン・サフラン・フォア著の同名小説を映画化した人間ドラマです。 このタイトル、なかなか正確に覚えられなくて困るなあと思っていたのですけど、 父がトム・ハンクスで母がサンドラ・ブロックの予告編を観て、やっぱり観たい!と思っていました。 懸命に答えを探...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (メルブロ)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE) 393本目 2012-05 上映時間 2時間9分 監督 スティーヴン・ダルドリー 出演 トム・ハンクス(トー ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (迷宮映画館)
いろんな面で辛すぎるが、力もみなぎる。さすがダルドリー。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をユナイテッドシネマ豊洲12で観て、あれは本当にハッピーエンドなのかふじき★★★... (ふじき78の死屍累々映画日記)
ネタバレするつもりなので注意。 五つ星評価で【★★★★少年の演技、サンドラの演技、マックス・フォン・シドーの存在感、そして、トム・ハンクスの誰でもよさそう感にぐっと引 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (♪HAVE A NICE DAY♪)
9・11、多発同時テロ・・・ きっと、数多くの犠牲者の方も トム・ハンクス演じるトーマスのように 家族に電話をしたり、言葉を残したりしたのでしょう・・・ と思うと辛くて切なかったです そして、突然愛する家族が亡くなったら・・・ 去年の地震も思い出しました....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (みんなシネマいいのに!)
 あの日は、家に帰ってテレビをつけたら、ビルから煙が上がっている映像ばかりだった
★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★ (Cinema Collection 2)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ....
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (闘争と逃走の道程)
 初めてタイトルを聞いたとき、それが映画のタイトルなんだと気づかなかった。冗談みたいなタイトルですが、この映画にはちゃんと原作小説があって、タイトルもそのまま。しかも内容は〈9.11テロ〉に絡んだ、...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Diarydiary! )
《ものすごくうるさくて、ありえないほど近い》 2011年 アメリカ映画 − 原題
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (りらの感想日記♪)
【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い】 ★★★★★ 試写会(3) ストーリー 9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父(トム・ハンクス)
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
おばあさんがおじいさんとヨリを戻す場面。おばあさんはおじいさんの姿を見とめて自分が持っていたショッピングバッグをドカンと床に卸す。おじいさんはそれを持つ。ただ、それだけ。言葉は何もない。 なに、いきなりディテールから入ってるの。しかも本筋とは関係がな....
ものすごくうるさくてありえないほど近い (★tip of the iceberg★)
ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じくユナイテッドで試写会に当たった『P.S.アイ・ラブ・ユー』に...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (Con Gas, Sin Hielo)
それは自分にとって極めて大きい何か。 9.11から10年が過ぎた。 しかしそれはあくまで数字でしかなく、実際に感じる時間の長さや濃さは人によって大きく異なる。 特に精神的に大きな傷を受けた人たちは、時間が最大の薬であるとは分かっても、傷が癒えるまでどのくら....
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...