極和(きわみ)ファシリテーション

「一人ひとりの満足」と「組織の成果」を最大最適にする『極和ファシリテーション』とアイスブレイクについて書いています♪

相手が放ったひどい言葉とは?

2016年07月24日 21時36分22秒 | パーソナル極和ファシリテーション

生きていれば、ときとして思いがけない場面で

思いがけないひどい言葉を放たれることがあります。


あなたはどんなひどい言葉を投げかけられたことがありますか?

もしかして・・・・今もその方に対して

なんてひどい人!!何もそんなこと言わなくたっていいのに・・・。

なんて思っていたりしませんか?


今日ご相談を受けた方も最初はひどい言葉を放った方のことを

悪く仰っていました。

確かに、その言葉は普通は言うべき言葉ではないし、

何故そんなことを言ったんだろう?と疑問を持つようなひどい言葉でした。


でも、お話を伺っているうちに “あること” がわかりました。


その “あること” とは?


実は、ご自分がそのひどい言葉を引き出していることがわかりました。

そのことを解説していったところ、

とても納得してくださいました。


今起きているできごとは良いことも悪いこともひっくるめて

全て自分が引き出しているのですよね?


言葉にするとたったこれだけですし

頭ではすぐにわかるのだと思います。


でも、実際はそう簡単に思えることではありません。

頭ではわかっていても、スッキリしないんだよね~

なんてことがありますよね♪


今回は、何故そういう言葉を放たれてしまったのか、

パーソナルファシリテーションを使ってご説明させて頂きましたところ、

「腑に落ちました」としっかりご納得され、

同時にスッキリ晴れ晴れの表情になっていました♪\(^o^)/


使っている「ものさし(価値観)」が以前の職場で使っているものだったこと、

ポジショニングがとても悪かったこと(自ら不味いポジションを選び続けていた)

相手の満足を考えず、自分の満足だけ考えてしまっていた。

目的共有が不十分だった。

自分と自分の価値を大事にして居なかったこと・・・など


今日気付けたことは、被害がこれで済んだこと、と前向きに受け取って

明日からはプラスの方向に進んでいけるのではないかと思います。


もしあなたが誰かにひどいことを言われたときは、

感情を一旦ヨコに置いて、

何故あの人は自分にそんなことを言う必要があったのか?

その方とのやりとりなどを振り返ってみるとわかってくることがあると思います。

すると、実はそのひどい言葉は自分が言わせてしまったと気付けるかも知れません。


今日のチェックポイント!

マイナスの言葉を浴びせられたら、

その言葉を引き出す言葉、行動があったかも・・・とセルフチェック!!


どこに学びの種があるかわかりませんね♪

極和ファシリテーションを身に付けると

自分がHAPPYで居られることが断然増えます!!\(^o^)/


是非極和ファシリテーションの講座に参加なさってみてくださいね♪


http://www.youkikaku.com/




 


この記事をはてなブックマークに追加

極和ファシリテーション基礎講座開催しました!\(^o^)/

2016年07月23日 22時43分10秒 | 極和ファシリテーション

本日極和ファシリテーション基礎講座3回コースの1回目を開催致しました。

少人数なのでじっくりとお一人おひとりの腑に落ちるように講座を開催致しましたが、

かなりのワークを盛り込みましたので、参加された皆様にとっては

脳がちょっと疲れたかも知れません。


講座やセミナーの講師をされる方へのアドバイスとして、

① YESを3つ取る。

② へえ~!を3回取る。

ということを先日来記事にして投稿させて頂いていますが、

更に続きがあります。

3番目として

③ 目からウロコをできるだけ多く落とす!

というのがあります。


お陰様で本時の講座の感想で

「目からウロコが3個も落ちた!」と仰って頂けて、

私もとても満足です♪\(^o^)/


私は講座をやっていると終わってから

「楽しそうですね♪」と仰って頂くことがありますが、何度もあります。


そうなんです♪

学びたい人がいらして、その方々が目の前で

ハッ!と気付いたり、頷かれたり、腑に落ちた!と仰って頂いたり、

目からウロコなんて言って頂けるととても嬉しいです♪


オーラが見える方にも

講座中はパステルブルーのとても綺麗な色のオーラでしたよ♪

と先日仰って頂き、

とても嬉しく思っています♪\(^o^)/


今年は講座の回数を増やして、

少人数で実施させて頂いております。

じっくり学べますし、少人数ですと

その方に合わせた言葉でお話しできるので

ご理解もより深まると思います。


この機会に是非学んで頂けたらと思います♪


極和ファシリテーター養成講座は7月31日に開催致します♪

人前で話す機会のある方、司会をされる機会のある方、

会議の進行をされる機会のある方などには特にお薦めです♪


【極和ファシリテーター養成1日講座】
日時 : 7月31日(日) 10:00~17:00
会場 : せんだいメディアテーク 7F 7b
詳細&お申込みはこちらからお願いします。

お申込みお待ちしています♪


この記事をはてなブックマークに追加

相手の言語で話す。

2016年07月22日 21時53分18秒 | 極和ファシリテーション

極和ファシリテーションで大切なことの一つに

「共通言語」というのがあります。


同じ日本人なのに、日本語を話しているのに、

何故「共通言語?」と思われるかも知れませんね。


ですが!!

同じ日本語を話していても、本当に通じていると思いますか?


同じ日本に住みながらも各地に方言がありますし、

若者言葉もあります。


また、コミュニケーションの取り方にも

それぞれ得意不得意があります。


文字にしないと理解しにくい人、

言葉で伝えて欲しい人、

感覚で受け取りたい人・・・・などなど。


大切なことは、相手と意思疎通を図りたい!と

お互いに思えているかどうか?

そして、その割合はときとして同じではないので、

相手とより意思疎通を図りたい!と思っている側が

必然的に歩み寄ることになります。

(歩み寄りたくない場合は歩み寄る必要はありませんが)


お仕事上で必要な場合や、自分が必要と思っている場合は

自分が歩み寄る側になってしまいます。

そのときにできるだけ相手の言語(相手に通じやすい言語)を

使う努力をする・・・ということです。


例えばアメリカに行って、帰り道がわからなくなったら

必至で自分の中にある英語を総動員して教えてもらおうとしますよね♪


でも、日本で英語で道を尋ねられたらどうしますか?

英語を話せる人は良いでしょうが、話せない場合はどうします?


少なくても自分が教わりたい場合と必死さは違うのではないでしょうか?


ファシリテーションを活用する場合には必ず「目的」が存在します。

そしてその目的を達成するための手段はいろいろあります。

どれを活用するかは自分次第なのです。


このような場合にファシリを学んだあなたには

できるだけ相手の言語を使うようにして頂ければと思います♪\(^o^)/


 


この記事をはてなブックマークに追加

頼まれると「NO」と言えない方へ

2016年07月21日 16時35分44秒 | 極和ファシリテーション

あなたは誰かに何かを頼まれたときに「NO」と言えますか?

多くの人は「NO」とは言いにくいのではないでしょうか?


私も若い頃は「NO」と言えず、ずいぶん苦しい思いもしました。


何故「NO」と言えないのか?

それは人それぞれ理由があると思いますが、

私は

・相手から頼まれたことができることで、スゴイ!とかさすが!と思ってもらいたかった。

・私に頼めば大丈夫!と頼りになる存在になりたかった!

・できない・・と断って、相手をガッカリさせたくなかった。

・断って嫌われたくなかった。

こんな理由だったと思います。


そうやっていつもいつも頑張ってきたけれど、

そのことでスゴイ!とかさすが!なんて思ってもらうことは無かったと思うし、

頼りになる・・というより便利な存在なだけだったと思います。

また、私が断っても相手はガッカリもせず、次の人を探しただろうし、

断っても嫌われるわけでもなく・・・

つまり、自分勝手な観念や思い込みで

「NO」と言ったらこうなるだろう・・・とありもしないことを想像して頂けなのです。


あなたにもこんなことがあるのではないでしょうか?


「NO」と言わないことで得られるメリットは、さほど無いことはお分かりになったと思います。

では、「NO」と言うことで失うメリットはどれほどでしょう?

実はこちらもさほどでは無いのです。


では、「NO」と言わないことで生じるデメリットはどうでしょうか?


実は「NO」と言わないことで生じるデメリットは、想像以上かも知れません。


そのデメリットは何だと思いますか?

それは、自分自身を犠牲にしたり、自分を大切にしていないことによる

自己肯定感を引き下げてしまう事です。


その結果、自分を認めないこと、大事にしないことから

実は相手のことも認めない、大事にしない・・・ということが生じてしまいます。


必然的にマイナスのスパイラルにハマってしまいます。


このマイナスのスパイラルからプラスのスパイラルにお引越しをするためには

ネガティブな感情を一旦認めて手放す作業が必要です。


このネガティブな感情を手放したい場合には

エッセンシャルオイルやUEのエネルギーワークが有効です。


このUEのエネルギーワークは遠隔(電話など)でもできますので、

100名限定でモニター価格にて実施させて頂きます。

ご希望の方はこちらかお申込みくださいませ♪

 


この記事をはてなブックマークに追加

コミュニケーションの苦手意識を解消しよう!

2016年07月20日 14時35分14秒 | 極和ファシリテーション

あなたはコミュニケーションに苦手意識はありますか?

もし、あるとしたら・・・・

それは「持たなくても良い苦手意識」なのですよ♪


苦手・・・イコール ネガティブな感情ですよね。

その感情を持ったまま話すことによって、

益々苦手意識が増長されて悪循環を生んでしまいます。


ところであなたが苦手意識を持っているとしたら、

その意識はどこからきたものですか?

ちょっと振り返ってみて頂けますか?


例えば・・・

・方言をからかわれた

・標準語を話せない・・・

・〇〇さんと比べて話し方がヘタ

・何を話しているかわからないと言われた


こんな風に、苦手意識の原因とかきっかけについて

書き出してみてください♪


ほんの些細なことがいくつも積み重なることで、

どんどん苦手意識が膨らんでいるかも知れませんが、

その一つ一つはさほどたいそうなことではないかも知れませんので

順番に一つずつ解決していけば良いだけなのです。


イッキに全部解消しよう!としたら、

それは大変かも知れませんが、

上記の例で言えば

まずは方言を標準語に変えることから始めれば良いのです。


誰かと比べてヘタ・・なんて思っている方が居らっしゃったら

それは自分への冒涜ですヨ♪


だって、あなたらしい話し方は

あなたにしかできないのですから♪


あなたは誰かの真似をする必要はなく、

あなたらしく話せればOKなのです♪


もちろん、素敵な話し方をされる方が居たら

真似してみるのもありですよ♪

それでも全く同じになることはありませんから、

あなたは「貴方らしく」を目指せば良いのです♪


そのためには、話し方の基本だけは押さえておく必要があります。

コミュニケーションが苦手と思っている方は

まずは極和ファシリテーションの基礎講座にご参加頂いて

あなたのコミュニケーションの苦手意識の解放や、

苦手の原因を発見したり、原因解消をしていきませんか?


コミュニケーションが楽しくなりますよ♪\(^o^)/


極和ファシリテーションの基礎講座はこちらです♪

是非参加なさってみてくださいませ♪

【極和ファシリテーション基礎講座 3回コース】

日時 : 7月23日(土)、8月7日(日)、8月21日(日) 18:30~21:30

会場 : せんだいメディアテーク 7F 7a会議室

お申込み&詳細はこちらです♪



この記事をはてなブックマークに追加