極和ファシリテーションで活き・粋・自分らしく輝いて生きよう♪

活き・粋・自分らしく生きるためのマインドアップ!!
相手と自分と組織の満足アップ!!

「ママファシリ in 横手2017」開催します♪

2017年03月28日 14時28分37秒 | ファシリテーション講座情報

ママのためのファシリテーションミニ講座です♪

日々家事に追われていると

ついついお子さんと視線を合わさないでコミュニケーションを取ってしまったり、

ついイライラしてご主人とケンカになってしまったり、

何だかコミュニケーションがかみ合わないなぁ・・・と嘆いているママはいませんか?

子育て中のママたちは皆同じような悩みを持っています。

そんなときにちょっとしたコミュニケーションのコツを身に付けて、

お子さんやご主人などの家族とのコミュニケーションや、

ママ友たちとのコミュニケーション、保育園や幼稚園の先生とのコミュニケーションを

円滑で心地良いものにしたいと思いませんか?



【こんな方にお薦め】

・忙しい時に声を掛けられるとついイライラしたコミュニケーションを取ってしまう方

・家事で大変なのにその大変さをご主人が理解してくれないと投げている方

・自分は一生懸命頑張っているのに誰も認めてくれない!!とお腹立ちのママ

・もっと家族と笑顔でコミュニケーションを取りたいと思
っている方

・子どもとの時間、コミュニケーションをもっと大切にし
たい!と思っているママ



【ママファシリの講座を受講するとこうなります】

・自分だけが・・・と悩んでいたことは、実は自分だけでなかったことがわかって安心します。

・自分のコミュニケーションの癖に気付き、改善ポイントが明らかになります。

・気を付けるべき点がわかるので、ちょっと意識するだけで改善できます。

・イライラしているのは実は自分の〇〇の癖がそうさせていた!というのがわかり、「なぁんだ~♪」と肩の荷が降ろせて楽になります♪


2017年 第1回

日時 : 4月15日(土) 14:00~16:00

会場 : 旭ふれあい館

参加費 : ¥3,000-

※ ママファシリですがママ以外の方ももちろんご参加頂けます!

https://mailform.mface.jp/frms/4147foryou/bsafjra5c8fk


この記事をはてなブックマークに追加

極和ファシリテーション協会の会員手帳

2017年03月27日 16時12分18秒 | 極和ファシリテーション協会

極和ファシリテーションの講座には、

さまざまなキーワードやキーセンテンスがあります。

人によって響くキーワードは違うのですが、

キーワードがあることでそのときの学び全体を

思い出すことができたります。

そのような意味合いもあるので、キーワードは重要です♪


今年から極和ファシリテーション協会の会員には

会員手帳をお渡ししていますが、

その手帳を受け取った方からとっても嬉しいメッセージを頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会員手帳、ありがとうございました!

母子手帳のように、私のファシリの歩みが一目でわかりますね(^-^)

私は自分の手帳にも、キーセンテンスのようなファシリキーワードを

毎年書き写していましたが、これがあれば書き直さなくてもいいです。

私のファシリミニ辞典として愛用させていただきます♪ありがとうございました。

「人間力の磨き方」もテンション上がります〜!

常に心に留めて、持ち歩きたいと思います(*^_^*)

 

今日、会員手帳が届いておりました。

ありがとうございました。

講座も分野ごとに分類していただいて

「ああ、この時は、ああだった」とかこうだった~と

しばらく手帳を開いて、思い出していました。

 

チケットを手にすると、とても張り合いが出ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようなメッセージを贈って頂いて、私もとっても嬉しいです♪

何しろ皆さんからのご要望にできる限りお応えしたい!

但し手作りの手帳ですので、なかなか上手くいかなかったり

思うようにできなかったり、苦労の末に出来上がったものなので

喜んで頂けたらその苦労も吹っ飛びます♪\(^o^)/

しかも毎年自分の手帳に書き写してくださっていたなんて

光栄です!!\(^o^)/

メッセージありがとうございました♪

 


この記事をはてなブックマークに追加

脳の活性化にエッセンシャルオイル♪

2017年03月21日 21時53分59秒 | 脳に関する話

脳を活性化する方法はいろいろありますが、

もしかすると「香り」がもっとも早く確実かも知れません。


極和ファシリテーター養成スクールでは

ハーマンモデルを活用した脳を活性化する方法も学んで頂いています。

あまり活用されていない脳を活性化するための方法も

いろいろありますが、以外と苦手なことが多く長続きしないようです。


その点、香りを嗅ぐだけだったら誰でも簡単にできます!!\(^o^)/

(但し香りの成分が重要なので、植物100%のものじゃないとむしろNGです。)


香りは脳の大脳辺縁系という本能をつかさどるところに

嗅いでからたった0.1秒で到達してしまいます。


大脳辺系の中には

恐怖感、不安、悲しみ、喜び、直観力、価値判断、情動の発動&処理の役割を担っている

扁桃体と、

目・耳・鼻からの短期的記憶や情報の制御を行なう記憶脳ともよばれる

海馬があります。


この大脳辺縁系に香りが届くと、

時として「危険」を察知したり、

古い記憶と結びついて記憶が呼び出されたりします。


今この脳の習慣を活用して

記憶を引き出しやすくするために

受験生にエッセンシャルオイルを使う予備校などもあるほどです。


また、理性が勝ってしまい過ぎて

その人本来の人生を生きていない場合には

本能を呼び戻す働きもしてくれるのです。


このような香りと脳の関係を科学がどんどん証明してくれると

エッセンシャルオイルの価値が高まっていくのでありがたいです。


私も講座ではどんどん活用しようと思います♪

受講生の方の脳を活性化したり、

自信を持つためとか、

自己肯定感を増すためにエッセンシャルオイルは

非常に役立つアイテムだとわかって嬉しいです♪\(^o^)/


この記事をはてなブックマークに追加

「場とのやりとり」

2017年03月19日 23時49分34秒 | 極和ファシリテーター

極和ファシリテーターがセミナーや講座を行なう場合、

「場とのやりとり」を重視します。


参加者とやりとりをしながら、講座を積み上げていきます。


このような場に参加していると、楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいます。

そしてそのやりとりにあまりテクニックを感じない場合でも、

実は相当のテクニックが必要です。


何故なら参加者が想定外の回答ばかりしてきたら、

講座の積み上げができなくなりますし、

否定することもできません。


全てをOK!と受け取れる覚悟と、

期待する回答を得られるような質問の仕方、

考える時間を与えることとテンポよく進めること、スピード感など

あらゆるテクニックが求められます。


ですが、それができるようになるために一番必要なのは

テクニックではなく、その人の「講師としての器」です!!

器が大きければ、人間力が高まって居れば

どんな回答が来ても受け入れることができるようになります。


極和ファシリテーター養成スクールで学んで頂くのは

このようなテクニックと他人としての器の拡大、人間力なのです。

その人の価値観とか、考え方にまで及びますが

それは残念なことに目には見えません。


目には見えない学びが多いのがこのスクールの特徴でもあります。

そして極和ファシリテーターとして磨かれていっても、

そのファシリテーター力はなかなか他の人からは見えにくいので

評価されにくい側面もあるようです。

〇〇さんだからできる・・・と思われているケースが多いようです。


明らかに見えないものかも知れませんが、

確実に変化は訪れます。


・人との関わり方が変わってきた、

・自分の気のすむようにしたいことが減った、

・他人に任せられるようになってきた、

・反対意見も受け入れられるようになってきた

・イライラすることがかなり減った

・相手の満足度が上がっているのを実感できた


見えない学びを上手く言葉にしていきたいと思っています。


極和ファシリテーター養成スクール第9期が来月スタートします!!

http://www.youkikaku.com/project/school9.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

感動の卒業式・・・ファシリの種の芽が出て花が咲いた!

2017年03月18日 23時48分20秒 | 極和ファシリテーション

極和ファシリテーター養成講座アドバンスコースで学んでくださっているKさんは

小学校の先生です。

昨年の夏の講座の時に私は横浜の元校長先生に伺ったお話をお伝えしました。

それは卒業式のお話です。

学校というところは

「子どもたちの自主性を養う」とか「考える力を持とう」と言ってる割には

子どもたちが決めることは本当に少ない。

ほとんどが先生や学校側が決めたことをただ守らせている。

それではいけない!ということで最後の卒業式を自分たちで

考えて実施する・・ということをやらせた、というものです。


その話からヒントを得たKさんはそれからずっとお勤めする学校の

卒業式をどうするか?ということに取り組まれてきました。

6年の担任の先生たちや、教頭先生、校長先生とのコミュニケーション

彼女は扇の要のようなポジションで、

上手く関わる方々とのコミュニケーションを円滑に進め、

最終的にみんなで子どもたちに

「自分たちで企画して実施する卒業式のプロセスをプレゼントにしよう!」

という結論になったそうです。


子どもたちが望む卒業式とは?

「お世話になった親、家族、先生方に感謝の気持ちを伝えたい!」

「自分たちがここまで成長したんだ!という証しを示したい!」

そんな気持ちを形にするために実行委員会を作り、

どんな方法で「感謝」や「成長」を示すのか?


いろんな意見がたくさん出た中から

子どもたちは「歌」を唄ことにしたそうです。

それを聞いた親御さんたちも

それなら自分たちも歌を返したい・・ということで、

子どもたちにナイショで練習をしたそうです。


どんな卒業式になるのか、私も見に行きたいぐらい楽しみでした。

昨日行われた卒業式は、

子どもたちが晴れやかでにこやかな表情で、

会場全体がほっこりと暖かい場だったそうです。


子どもたちの歌のあと、

子どもたちにはそのままステージに残って・・と伝え、

一瞬「え?」「なに?」とざわついたそうですが、

お母さんたちの歌が始まり、

そこにはPTA会長さんや市長さんまで加わって、

来賓の方々が手拍子を始め、子どもたちも在校生も一緒に

手拍子をして、会場が一体となっての歌になったそうです。


どんな素敵な状況だったか想像するだけで涙が出そうになりました。


6年生は送った5年生たちは、

来年自分たちももっと素敵な卒業式にしたい!と思ったに違いありません。


この小学校では、今後毎年

子どもたちの企画した卒業式が伝統になるかも知れません。


卒業式という素晴らしい体験と、そこにたどり着くまでのプロセスという

最高の卒業祝いを手にした子どもたちの未来がとても楽しみです。



この記事をはてなブックマークに追加