極和ファシリテーションで活き・粋・自分らしく輝いて生きよう♪

活き・粋・自分らしく生きるためのマインドアップ!!
相手と自分と組織の満足アップ!!

自治体の研修を企画されている方へ

2016年12月02日 15時13分01秒 | 極和ファシリテーション

極和ファシリテーションの研修は、MAX16名までで実施させて頂いています。

同じ研修を受けても、16名居れば、16種類の受け取り方があり、

16種類の受け取り方を16名でシェアーすると16倍学び感じることができます!!


以下のような感想を得て頂ける研修を企画してみませんか?


研修は開催することが目的になってはいけません。

受講される方にどうなって欲しいのか?!という目的重視です!!

そのために必要な研修やワークを行ないます。

そのための適正人数と適正時間があります。


もし宜しければあなたの会社の人財育成の研修のお手伝いをさせて頂けたらと思います。



以下は、9時~17時を2日間連続で受講された自治体職員の皆様の感想です♪

(本当は1週間~2週間間を置いて実施できるのがベストですが・・)


2日間みっちりだったので楽しかったと共に最後は少し頭痛がするくらい
脳を使い実践したんだなと体感しました。
先生の話に引き込まれ、どんどんのめり込んでいる自分がいるということ
にも気付きました。
この研修だけでなく、また次も先生の研修をうけてみたいと思いました。
今回得たものはとても多かったので、また整理しながら職場で実践してい
きたいと思います。2日間ありがとうございました。"


とにかく本当に疲れました。しかし、得ることの多い研修でした。
マミ先生のパワーに引っ張られてなんとか乗りきれた感じです。
たくさん気付いて今脳内革命が起きているので、これをしっかり身につけ
られるよう日々トレーニングしていきたいです。


頭をフルに使い、話だけをきくことにとどまらず、実際に動いてみること
で気付いたことや知ったことが多い研修であった。
だからこそ、身についたことが大きかったと思う。
今後も話を聞くだけの研修ではなく、動いてみる研修があると実りが大き
いと感じた。ありがとうございました。


楽しい雰囲気の中でたくさんの気付き、学びがあった。
全てのワークに意味があり、体で頭で心で感じられる工夫があったと思う。
大塚先生の明るく優しい人柄もすばらしく話しに引き込まれた。
もっと世の中にファシリテーションが広まり、人と人との争いのない
おだやかな社会になれば素晴らしいと思う。
大塚先生、広田さん、一緒に学んだ受講生の皆さんに心より感謝します。
ありがとうございました。


実習形式の方法による説明、解説により、頭ではなく体で覚えるとい
う印象でした。
少し頭がついていかず、理解不足なところもあるので今日返ってから
思い返してみることにします。
個人的には、自分が事務職で、保育士、保健師の職員と話す機会も
少ないことから、身をもって他の立場の人の身になって考えるという
訓練ができたのかと思います。


自分では分かったつもりでいたことが、実は全く分かっていなかったと
いうことが多くありました。頭をフル回転させた2日間でしたので、
2日目の終わりのほうは自分が何を言っているのかよくわからないくら
いに疲れました。でも楽しかったです。
真実先生は時間を目一杯使って私たちに教えてくださるので私もそれに
答えたいと素直に想うことができました。
真実先生と研修室の担当者の方に感謝します。ありがとうございます。


マミー先生の明るくそしてパワフルな研修にとても刺激を受け、また
普段使うことのない脳を一生懸命動かす楽しい研修でした。
ファシリテーションの言葉すら知らなかった2日前と今とでは、違う
自分になれたように感じます。機会があれば2度3度と受講し新たな
気付きやスキルを見に付けられれば・・・と考えています。
2日間の濃密な研修、本当に楽しかったです。どうもありがとうございました。


保育士だけでなく、色んな職種の方と会い、色んなタイプの方と出会い
自分の視野を広げることができた。
チームワークの学びで全体が一体となったり、コーチングすることで
いろんな意見がきけて体験を通して学ぶことができ、頭でわかることだけ
でなく、体にしみこんでいくような研修だったと想う。
ずっと講義を聴くよりもこの次はどんな事が待っているんだろうという
ドキドキ感がはじめは不安だったけど、後半は仲間ととりくんでいくこと
に楽しさも感じることができた。頭で分かった事は時として忘れてしまう
事があるが、体に染み付いた事は今後自然と発揮していけるような気がする。
ファシリテーションを意識して生活していきたい。
 

これほど吸収し、これほど参加者同士の一体感を味わえる研修は今までに
ありませんでした。いずれ後輩をまとめる立場になるための研修としてこの
上ない内容だったと思います。この研修を受けてラッキーだったと思います。
この機会を与えてくださってありがとうございました。


全体的に楽しい雰囲気の中で、自分の当初の課題も達成することができ、
更に新たな気付きもあったので、大変有意義な研修だった。


こんなに自分が集中して一生懸命に勉強した研修は恥ずかしながら久し
ぶりでした。
2日間を通して「相手の立場になる」「全体を見る視点」ということを
嫌というほど学べました。
16人の中で、感想や考えを述べるというライブ力は以前より向上した
ように自分でも感じています。
本当にこの研修を選んで良かった。同じ職場の人たちにも是非受講して
欲しいと思いました。
先生、本当にありがとうございました。そして16人のメンバーに感謝です。


2日間みっちり体験型の研修で疲れましたが、それ以上に得たものは大き
かったと思います。
ファシリテーションスキルをどんどん活用していき、学んだ事をさび付か
せないよう生かしていきたいと思います。"


「楽しかった!この研修を受講して良かった!」というのが、1番の感想
です。それは、マミ先生が私たちの緊張をうまくほぐしてくれ、心の引き
出しを開けてくれたからだと思います。


“ファシリテーション”という言葉を聞いただけでは、ピンとこないと、
初めは思っていたけれど、ゲームやワークを通して、身近な所や日常生活
のいろいろな場面でかつようできることなのだと感じました。


“全体をみる視点の大切さ”を学ぶと同時に“自分を客観的にみて振り返
ることの大切さ”にもきづかされ、実りの多い研修となりました。
ワークでよけいなおせっかいをしてしまったり、グループでのファシリ
テーションで、テーマから話がずれてしまい、修正できなかった失敗も、
上記の“自分を客観的にみる”視点があったから反省できたと思います。


 職場だけでなく、家庭や友達関係の中でも、相手の満足感を考えながら、
全体の満足度が高いコミュニケーションとれるよう取り組んでいきたいと
思います。
何ヵ月後、何年後会った時、変わっていられるよう頑張ります!
それからハーマンモデルはとても興味深かったので、とても楽しかったです。
また“思いつき”で仙台に行くことがあるかと思います♪
沢山の収穫をありがとうございました!!


・初めから終わりまでワクワクして吸収しようと思いました。
・これからファシリテーションのスキルを伸ばし、仕事場に生かしていき
たいと思います。
・相手の発言を受け入れることによる効果がわかった。
・全体の利益、全員の満足度が高ければ良い物ができるというのがわかった。


知識を得るだけでなく、実践することで対応力を養う研修になったと思います。
他の受講者とこれだけ親密な関係を築けたことも大変嬉しいことでした。
今回学んだ事を今後に生かしていきます。"


たいへんおもしろく、かつ勉強になる研修だった。
江戸しぐさが読みたくなったので購入予定。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
受講された皆様、研修を企画してくださった皆様 ありがとうございました♪\(^o^)/


この記事をはてなブックマークに追加

『豊かさ』と『極和ファシリテーション』

2016年12月01日 23時01分58秒 | 極和ファシリテーション

『豊かさ』と聞いてあなたは何が思い浮かびますか?


私は「アバンダンス」というエッセンシャルオイルが思い浮かぶのですが、

『豊かさ』と言っても、いろいろなものがあると思います。


お金の豊かさはもちろん、心の豊かさ、

人間性の豊かさ、健康面での豊かさ、暮らしの豊かさ・・・


何を以て豊かというのかは人それぞれだと思います。


そのさまざまな『豊かさ』を手に入れるために

『極和ファシリテーション』が役立つとは?!\(^o^)/


極和ファシリテーションの新たな世界が広がりました!


極和ファシリテーションの『可能性』を

皆さんに伝えたくてウズウズしています。


来年まで待てないので、今年中に

極和ファシリテーター養成講座の午前の部に盛り込むことに致しました。


2017年に向けて役立てて頂きたいなと思っています♪


ピン!ときたかたは是非ご参加くださいね♪

ご参加お待ちしています♪




「豊かさ」と「極和ファシリテーター養成講座」開催します!!

【仙台】

日時:12月18日(日)10:00~17:00

会場:せんだいメディアテーク

お申込み&詳細はこちら
http://www.youkikaku.com/project/16.12.18fata.html


【横手】

日時:12月11日(日)10:00~17:00

会場:旭ふれあい館

お申込み&詳細はこちら
http://www.youkikaku.com/project/16.12.11fata-y.html



 


この記事をはてなブックマークに追加

行政の「住民説明会」の『満足度』を上げるには?

2016年11月27日 23時49分43秒 | 極和ファシリテーション

極和ファシリテーションを学んでいる方の中には

自治体の職員の方が何人もいらっしゃいます。

すると、お仕事で「住民説明会」なるもので、

住民の方々に何かを説明する機会があるそうです。


ところが、様々な部署の方が口をそろえて仰るのですが、

この役所が主催する住民説明会では

住民に何かを説明する前に

住民の方々から行政に対するクレームを仰る方がいらっしゃるそうなのです。


普段行政の方々とお話する機会が無いために、

この時とばかりに普段思っていることを何かしら聞いて欲しい!

とも思っている住民の方がいらっしゃるのでしょうね。


そのため、

住民説明会を恐怖に感じる職員の方々もいらっしゃるようです。


ところが、最近!!

住民説明が上手くいってる!!というお話をよくお聞き致します。

その理由を伺ってみました!

理由は3つ!!

(1) 説明会で『アイスブレイク』を取りいれた。

(2) 住民の方のお話(クレーム)をしっかりと聞き、共感を心掛けた。

(3) 向かい合うのではなく、横並びの関係を築くよう心がけた!!


極和ファシリテーションで学んだことをしっかり実践してくださったようです。


おかげで、住民説明会が双方にとって満足いくものになっているようです♪


何よりですね♪\(^o^)/

職員の方にとっても住民説明会が恐いものではなくなり、

住民の方々に満足頂き、開催した立場としても良い結果を得られたようです。


極和ファシリテーションをこのように活用して頂けて

とても嬉しいです♪\(^o^)/


極和ファシリテーションは決して難しいものではありません。

ただ、今までとちょっと違った視点で物事を捉えて見たり、

ポジショニングを変えてみるだけで相手との関係性が良くなっていくのです。


ストレスを感じないでお仕事できて

相手の方にも満足して頂けるような仕事の仕方ができたらイイですよね♪

是非一人でも多くの方に極和ファシリテーションを

学んで頂けたらと思います♪


この記事をはてなブックマークに追加

オンラインで「江戸しぐさ」のお話致します♪

2016年11月22日 01時01分29秒 | 江戸しぐさ

 「江戸しぐさ」って耳にしたことはありますか?

江戸時代の商人や知恵、町人のたしなみ・・・それが江戸しぐさです♪


数年前には公共広告機構のコマーシャルにも使われた

「傘かしげ」と「こぶし腰浮かせ」


「傘かしげ」は、雨の日に細い道をすれ違う時に

お互いに外側に傘を傾けるとぬれずにすれ違うことができるというもの。

現代でも大いに役立ちます!!


先日お友達が雨の日に細い道をすれ違うことがあったそうです。

既に「傘かしげ」を知っていたので、傘を外側に傾けてすれ違ったそうです。

でも!

相手の方は逆側に傘を傾けたためにお友達は濡れてしまったそうです。

でもそのお友達は

「傘かしげを教えてもらっていて良かったです!」と話してくださいました♪

ご自分は濡れちゃったのにこんなふうに言えるなんて素敵ですね♪


他にもさまざまな往来しぐさや人とのやりとりに役だつもの、

子育てに役立つものなど、

江戸しぐさには現代にも役立つ「知恵」がたくさんあります。


江戸しぐさは日本から3度消えた・・・と言われていますが、

今私たちが伝えていかなければ本当になくなってしまうと思い、

江戸しぐさのお話をさせて頂いております。


今月の30日にもエッセンシャルライフスクール様の主催で

オンラインにて学べる講座があります。

WEBカメラ付のカメラかタブレットやスマホがあれば参加できますので

ご興味を持たれた方は是非下記からお申込みくださいね♪
 

http://www.reservestock.jp/events/152541


この記事をはてなブックマークに追加

「知る」と「わかる」と「できる」の『差』

2016年11月21日 23時58分02秒 | 極和ファシリテーター養成スクール

研修をしていますと、

「知る」 と 「わかる」 と 「できる」 の 『差』 を

特に感じることがあります。


ファシリテーションの場合、

既に学んだことのある方は「知る」レベルの方が多く、

その「知識」を一旦横に置くなり、棚に上げるなりして

まっさらの状態で極和ファシリテーションを受講して頂きたいと思っています。


何故なら「知る」レベルの人は

「わかった」つもりでいらっしゃる方が多く、

更には「できている」つもりの方も多いからです。


「知る」から「わかる」レベルの違いは、

人に説明できるかどうか?で判断が可能です。


「知る」だけでなく、「わかる」(理解)レベルであれば、

そのことを人に説明することができます。

もしも説明ができない状態であれば

それはまだ「知る」レベルであることを自覚した方が良いと思います。


また、「わかった」と「できる」の差は

自分で判断するのは難しいかも知れません。


多くの方は「知って」「わかって」居れば、「できている」とカン違いするからです。


例えば先日スクールでは今までも何度かやっていましたが

あらためて「ファシリックス」の説明ができるかどうか実践して頂きました。


受講生の方々は既に何回かやっていますので、

充分理解されているようでしたが、いざ自分でそれを説明しようとすると

ちょっとしどろもどろなところが見受けられました。


「わかること」 と 「できること」 は本当に違うのですよね♪


先日もある企業様のファシリテーション研修を実施させて頂いた際に、

よそでファシリテーションを学んだことがある・・・と仰っていた方が

一番学べないでいらっしゃいました。


他の方々はそれぞれにいろいろなことに気付いたり学んだりされているのに・・です。


ときとして「知識」は「学び」や「気付き」の妨げになることもあるので

要注意ですね♪

 


この記事をはてなブックマークに追加