労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

脳男 生田斗真が惚れ惚れするほどかっこいい

2013-02-20 | いい映画観てますか?

=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが、踏み込むと同時にアジトは爆発し犯人は逃走。代わりに傷を負って現場にいた男を逮捕する。男は“鈴木一郎”と名乗るが、肝心な事は何も話さない。一郎の精神鑑定を担当した真梨子は、「彼には生まれつき感情がないのではないか」と疑い…。


 2000年に刊行され、江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の原作の映画化、原作は未読だが、予告編の出来がよくて、観たかった映画。
期待に違わず見応えのあるサスペンスアクション映画に仕上がっていた。
知能と身体能力は人間離れしているが感情がない、特に痛みというものを感じない、しかし悪に対してはひじょうに敏感で徹底的に潰しにかかるという脳男、キャラの立ち方が凄まじい。
そんなむちゃくちゃ難しいキャラを生田斗真は演じきった、きっと彼に演技についての代表的な役だということになるだろう、ほんとに見事。
彼はこの役に挑むにあたり、感情を消すために数ヶ月、極力、人に会わなかったということだ、その努力であの目の演技が出来たのだろう、って納得してしまう。


 映画の出来としては良いとは言えないかも知れない。
脳男の生い立ちを説明するのに無駄にくどくしたのにも関わらず説明し切れていない、爆弾魔に翻弄される警察の動きがとてもあり得ないし、特に脳男の護送を襲われる時ってのは思わず失笑してしまうくらい、クライマックスの病院でのシーンはあまりにもご都合主義過ぎてとほほと涙まで滲んでしまう、そして江口洋介演じる刑事がせっかくの生田斗真の演技の出来まで台無しにしかねない、ほんまミスキャストや。
そして、脳男のスーパーマンぶりは納得できるのだけど、しかし痛みを感じないとは言え、肉体はサイボーグでも何でも無い生身の人間なのだから、壊れる時は壊れるはず、しかし壊れない、というのはもうお話しのリアリティからいうとほんま寒すぎる。


 それでもこの映画は「ダメな映画」とは言えない、何か不思議な魅力があって、引き込まれた。
なんとも言えない魅力を感じた映画だ、だから続編を期待しする、きっともっといい映画になると思う。
ずーっと曇っていたのに、ラストのシーンだけすっきり青空、これも続編への伏線かな?(^_^)ニコッ

 敵キャラも頑張っていたなあ、緑川紀子を演じる二階堂ふみ、水沢ゆりあを演じる太田莉菜、異常者ってな香りをふんだんに醸し出していた、まじキモ怖かったし。
若干、最後の病院のシーンでは緑川のキャラがぼけちゃったのが残念だったが、これは役者の問題ではなくて脚本・演出の問題。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日、とうとう東京の社交界にデ... | トップ | 就業規則の不利益変更について考... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
脳男〜vs.爆弾娘 (佐藤秀の徒然幻視録)
謎のゴジラ顔と炎のスケルトン 公式サイト。首藤瓜於原作、瀧本智行監督。生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤 ...
脳男 (Akira's VOICE)
『人間失格』のハードボイルド版。  
『脳男』 2013年2月9日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『脳男』 を鑑賞しました。 主役は松雪泰子です 【ストーリー】  残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したも...
脳男 (いい加減社長の映画日記)
予告編が、面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。 都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。 刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出す....
脳男 (あーうぃ だにぇっと)
脳男@東宝試写室
『脳男』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感...
脳男 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したものだったため、精神鑑定を受けることに。担当となった精....
劇場鑑賞「脳男」 (日々“是”精進! ver.F)
狂気か、正義か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302090003/ 脳男 (KCデラックス)外薗 昌也 首藤 瓜於 講談社 2013-01-30売り上げランキング : Amazon...
脳男/生田斗真、松雪泰子 (カノンな日々)
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さんの小説を原作に『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督が生田斗真さんを主演に映画化したアクション・ミステリー作品です。このタイト ...
脳男 (to Heart)
悪に裁きを下す、 美しき殺人者 製作年度 2013年 上映時間 125分 映倫 PG12 原作 首藤瓜於『脳男』(講談社刊) 脚本 真辺克彦 、成島出 監督 瀧本智行 出演 生田斗真/松雪泰子/江口洋介/二階堂ふみ/染谷将太/太田莉菜/大和田健介/光石研/甲本雅裕/小澤征悦/石橋蓮司/夏...
脳男 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画はSFサスペンスアクションで、内容もハードで本格的だ。バスやビルの爆破に、本格的な格闘技もいい。日本映画でこれだけのシリアスなアクションを作ったのは見事なのだ。生田斗真と二階堂ふみのやばい演技を劇場で見て欲しい。
「脳男」 (大吉!)
<木曜日> (2月13日・ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・邦画PG12・13時30分〜) 天才的な知能と恐るべき身体能力を持つ美しき殺戮者「脳男」。 彼には感情だけが、無かった。 イケメン...
脳男 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ポスタ- A4 脳男 光沢プリント感情がない美しき殺人マシーンを描くバイオレンス・ミステリー「脳男」。正義の実態は常にあいまいなものなのだ。都内近郊で無差別連続爆破事件が発生 ...
脳男 (Break Time)
今朝は、一段と冷え込みました・・・
脳男 (単館系)
脳男 MOVIXさいたま 2/9公開 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は 犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。 共犯者と見なされた...
脳男 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】連続爆発犯VS脳男の生田君VS警察VS医
脳男 (Memoirs_of_dai)
脳男に対して描写が弱い癌女 【Story】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と...
「脳男」間違った正義の教育をした先にみた凶悪犯に対する更生という間違いとそれを正義と裁く感情無き執行者 (オールマイティにコメンテート)
「脳男」は感情を持たないが知能指数の高い男が自らの正義と判別し、悪と判断した相手を殺すストーリーである。個人で善悪を判断するのは確かにあるけれど、それを自らの正義の基 ...
脳男 (だらだら無気力ブログ!)
松雪泰子にあのセリフを言われてぇ〜!
脳男 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/02/09公開 日本 PG12 125分監督:瀧本智行出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 悪に裁きを下す、美しき殺人者 [Story]残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事....
【脳男】生田斗真の無表情な美しさを見る映画 (映画@見取り八段)
脳男   監督: 瀧本智行    出演: 生田斗真、松雪泰子、二階堂ふみ、太田莉菜、江口洋介、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 公開: 2013年2月9日 2013年2月13日。劇場観賞。 実はTwitterのTLに上がってくる評価が結構散々...
【ネタバレ】映画脳男のあらすじと感想 結末も内容もなかなかキツかった… (テレビみた)
原作首藤瓜於、監督瀧本智行、生田斗真さん主演の映画脳男を観て来ました!! 感想としては、爆破などのCGやアクションが凄かった!!そして、罪とは・・・?と色々考えさせられる映画でした。 崖のシ...
脳男 (花ごよみ)
生田斗真が主演。 感情というものを持ち合わせていない、 謎の人物“脳男“を演じます。 原作は首藤瓜於の同名小説。 並はずれた知能と、 驚くべき身体能力。 体の痛みを感じず、 人間としての感情は一切ないものの 正義のためなら、 人をあやめることさえ厭わない特...
[映画『脳男』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆全く予備知識なく、時間が合うのでふいに見た。  タイトルが、狙っているようでいて「ダサい」と思った。  私だったら、「データーベース」「異常蓄積記憶のみ」とか名付けるのになぁ、と思った。  ただ、この脳男が、最終的には「脳男」ではなかったことが分かる...
映画「脳男」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「脳男」観に行ってきました。首藤瓜於の同名小説を原作とする、生田斗真主演のバイオレンス・ミステリー作品。バイオレンスの名が示す通り、今作は人から切り取られた舌の描写...
『脳男』('13初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:25の回を鑑賞。
脳男  監督/瀧本智行 (西京極 紫の館)
【出演】  生田 斗真  松雪 泰子  江口 洋介  二階堂 ふみ 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが....
脳男 (2013) 125分 (極私的映画論+α)
 とてもつらい映画でした
脳男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが強く、いずれもイマイチの感じでしたが、本作では彼がこれまでに....
映画を観た〜脳男〜 (垂直落下式どうでもいい話)
劇場9本目、本文はこちら→
脳男 (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/ミステリー/SF PG12 劇場公開(2013/02/09) 監督:瀧本智行 原作:首藤瓜於『脳男』 主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイド・マン』 出演: 生田斗真『僕等がいた 前篇』:鈴木一郎(入陶大威) 松雪泰子『....
脳男 (いやいやえん)
「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。 生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターというか…とにかくロボットな感じが良く出ているのです(...