労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

6月26日(日)のつぶやき

2016-06-27 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福山哲郎候補の朝街宣を覗きに行きがてら京都大原の朝市にて買い物(*^▽^*)

2016-06-26 | 脱線編6 その他

 第24回参議院議員選挙、京都選挙区の「福山哲郎」候補の事務所に、全国社会保険労務士政治連盟の堀谷会長の「激」があった。
そういえば、以前、福山哲郎さんの東京での励ます会の時にも、堀谷会長がいらしていて、会長に挨拶して少しお話ししたっけ。



 で、今朝の福山哲郎候補は、左京区の里の駅大原での大原ふれあい朝市にて街宣をするということなので、自分も行ってみた。
美味しそうな大原野菜や漬け物とかお総菜とかいろいろ売ってたけど、買っても今は食べられないしな~って購入断念、残念や~(ToT)


 とぼやきながら市場を眺めていたら、片隅でコーヒーを売っている屋台を発見。
東山にある「coffee山川」、マイルドブレンドをオーダーすると、スプーンに2杯分の豆を使い丁寧にハンドドロップでたっぷり淹れてくれたが、これでSサイズ300円!
あっさりした味ながら適度な酸味と甘さがあって美味しいっ!
飛んで火に入る夏の虫、まんまと陳列してあったこのマイルドブレンドと、ブラジル産らしいナッツの香りとチョコレ-ト風味の甘みが魅力的というプレミアムショコラを豆で100グラムずつ買ってしまった。
でも、今の京都の部屋には、ドリッパーがないやんって、買ってから気付いたのだけど…( ̄。 ̄;)。。100キンサガシニイコ...


 その後ちょっとトラブルがあって、大原から河原町丸太町に戻って、それから国立京都国際会館に行って、叡山電鉄鞍馬線貴船口まで走って、再び里の駅大原に戻って、そして叡山電鉄叡山本線の修学院駅へ行き、そして河原町丸太町に戻るというロングドライブとなってしまった…(__*)
くったくたになってたけど、帰り道、京都バス高野車庫に、参議院議員選挙比例代表候補の「もりやたかし」さんのポスターを見て、元気充填っ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(土)のつぶやき

2016-06-26 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(金)のつぶやき

2016-06-25 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大井川鐵道「Day out with Thomas」その4【千頭発14:53→新金谷着16:09篇】

2016-06-24 | 書記長社労士 公共交通

 大井川鐵道「Day out with Thomas」その3【千頭駅トーマスフェア】からの続き。
きかんしゃトーマスを見送った後、自分たちは新金谷駅まで、このC10形8号機に乗車する。


 大鉄で一番古い昭和5年製で、C10形で唯一現存する機関車だそうで、うちの孫は、運転席に座らせてもらって、帽子まで被らせてもらってご満悦~(*^▽^*)



 そして、千頭発14:53→新金谷着16:09「かわね路2号」運行のための入れ替え作業をしばし見学、SLが運行する時の補機として活躍する電気機関車E10形と客車が連結する場面で、がしゃ~んって繫がった瞬間、孫、思わず「おぉぉぉぉっ」と、静かに感動。



 C10 8も回転台にて方向転換、こちらはさっきのトーマスの時の540度サービス回転と違って、普通に180度回転、そらそうだ、人力やのにそんな何度も何度も無駄に回してられるか~(笑)



 そして再び、蒸気機関車と客車が連結する際に「おぉぉぉぉっ」。
さ~て、そろそろ蒸気機関車に乗るよ~、帰るよ~、ヒロとパーシーにバイバイしいや~、いつまでもいつまでも名残惜しそうにバイバイしているちび助…。
いよいよ千頭駅を出発してしまうと、ほんと悲しそう・寂しそうにしている。



 大井川鐵道の客車は、昭和初期に製造された旧国鉄の客車で、車内にも「この客車は昭和十年代から二十年代にかけて東海道本線の最新標準型として活躍した形式です。しばらくの間、昔の旅のムードをお楽しみください。」という案内も掲示されているが、ほんと、その通りの内装。
1934年(昭和9年)、「超特急燕」の東京駅~神戸駅間の所要時間は8時間37分、戦時体制下には特急列車は廃止され長時間化、戦後はさらに状況が悪くなり急行も廃止で長時間化、しかし1950年(昭和25年)は「つばめ」に加えて特急「はと」が登場、戦時中に延びていた所要時間も戦前の水準にまで短縮、1956年(昭和31年)、東海道本線全線の電化が完成し、特急「つばめ」「はと」は東京駅 - 大阪駅間7時間30分となったとのことで、まさにその時代の客車だ。
こんな狭い客席、こんな垂直の背もたれで、8時間や10時間やって乗り続けているのって、たいへんな苦労やったんやろうな~なんて感慨深げに座りつつ、ふと見ると、孫爆睡(o_ _)ozzz
で、最後の最後、新金谷駅から金谷駅までは、21000系、元・南海電気鉄道高野線の大運転(急行)用車両、昭和33年製造された車、これもそうとう古い、使用中止となっていたが、どういうわけか車内にジュースの自動販売機が設置してある。

 というわけで、長い長い一日、内容の濃い一日が終わった。
大井川鉄道労働組合の滝山委員長はじめ組合員の皆さん、関係者の皆さん、ほんとうに素晴らしい一日となりました、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月23日(木)のつぶやき

2016-06-24 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月22日(水)のつぶやき

2016-06-23 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もりやたかし候補を応援してます!「働く仲間が報われる社会を目指して」 第24回参議院選挙公示!

2016-06-22 | 書記長社労士 政治
 もりや たかし 第24回参議院選挙 比例代表候補 / 新人 / 民進党公認候補。
みんなで描く地域の未来 みんなの想いを国政へ
 人々の暮らしを守り、安全・安心かつ平和的な社会の実現を目指すという想いで、選挙戦に臨みます。「安定雇用」「格差是正」「社会保障」「民主主義」「交通運輸」という5つの政策を柱にしています。なかでも地域の人と暮らしをつなぐ「公共交通」は、ぜひ国政の場でその必要性と発展について、積極的に声をあげていきたいです。
役職   日本私鉄労働組合総連合会 総合政策局 交通対策局長
生年月日 1967年06月28日
出身・在住  東京都檜原村
経歴等  日本私鉄労働組合総連合会 総合政策局 バス対策部長
     関東交通運輸産業労働組合協議会 事務局長
     私鉄関東地方連合会 副執行委員長
学歴  東京都立多摩工業高等学校機械科


立候補者389人が確定=参院選【16参院選】
 第24回参院選の立候補受け付けが22日午後5時に締め切られ、選挙区225人、比例代表164人の計389人による争いが確定した。7月10日に投票が行われ、即日開票される。選挙区の改選73議席に対する競争率は3.1倍。党派別の立候補者数は、自民党が最も多く73人。次いで共産党56人、民進党55人、おおさか維新の会28人、公明党24人、日本のこころを大切にする党15人、社民党11人、新党改革10人、生活の党5人の順。 


 もりやたかし候補、11時から東京都調布市にある「もりやたかし選挙事務所」にて元気に出陣式。
「第24回参議院議員選挙の公示日。気持ちをあらたに、選挙戦をたたかいます。」


 もりやたかし後援会会長の細川律夫元厚生労働大臣をはじめ、私鉄総連の藤井委員長、推薦を頂いた運輸労連、JR連合、航空連合、国労、NHK労連などの会長、委員長、副委員長、書記長、また関東地連や各大手組合の三役が参加。
みどり色のだるまに必勝祈願をし、これからの選挙戦の抱負を語った。


 そして、12時10分に京王線調布駅前でお集まりいただいた支持者、支援者の皆さんの前で第一声。
私鉄総連の藤井委員長、もりやたかし後援会会長の細川律夫元厚生労働大臣、西東京バス労組の水村委員長などの応援演説を受けた後、「アベノミクスの強引な政策で、お金持ちがさらにお金持ちなり、それ以外の人が切り離され、格差が拡大していきました。この選挙戦でそんな社会を変えていきます。働く者の代弁者として、皆さんと共に当選を果たします」と述べた。
その後、遊説がスタート、もりやたかし候補は、京王線沿線各駅での街宣をおこなった!
がんばれっ!もりやたかし!私鉄総連組合員97000人のために、そして私鉄総連組合員97000人の総力を挙げて、絶対に当選を果たそう!


 私鉄総連の重点候補である京都選挙区、福山哲郎候補も、河原町丸太町交差点で、第一声!
「立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す戦いはこの選挙から始まります。
『この国のために働きたい』、日本をまっとうな政治に押し戻すため、京都府一円で『福山哲郎』への力強いご支援をよろしくお願いします!」


 その後、福山哲郎候補、街頭宣伝に元気に出発!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月21日(火)のつぶやき

2016-06-22 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月20日(月)のつぶやき

2016-06-21 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

働く仲間が報われる社会を目指して~もりや たかし

2016-06-20 | 書記長社労士 公共交通

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月19日(日)のつぶやき

2016-06-20 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大井川鐵道「Day out with Thomas」その3【千頭駅トーマスフェア】

2016-06-19 | 書記長社労士 公共交通

 大井川鐵道「Day out with Thomas」その2【新金谷発10:38→千頭着11:54篇】からの続き
2016年きかんしゃトーマス号・ジェームス号運転日には、千頭駅でトーマスフェアが開催されていて(入場料は小学生以上500円)、ヒロとパーシーがトーマス号の到着を待っていた、これにも孫、大興奮、なんせヒロが大好きやから。



 ちなみに、ヒロはD51風に改装されているが9600形49616、パーシーはC12形(C12 208)、また千頭駅構内には、元・近鉄の特急車16000系もいた。
いろんなアトラクションがあって、このミニSLにも乗車できた(無料やねん!石炭の燃えが悪かったようで運転士さん汗汗やった、ご苦労様です)。



 ヒロの運転台では、孫、興味津々、「どうやって動かすの?」、う~ん、たぶんこれが注水器でそれが焚き口でこれが制動弁で…、と、じいじ、戴いた「大井川鐵道SLのすべて」をカンニングしながら、説明にたじたじ…、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`
すみません、滝山委員長、将来うちの孫を運転士として採用よろしくです!
と、ふと見たら、きかんしゃトーマスが、上りの運行のために入れ替え作業、一生懸命がんばってるやん!


 大慌てで転車台が見えるところに移動。
最初、通路のところで見ようとしていたら、そこは駄目な場所だったようで、係の人に「あそこから見た方がいいよ」って教えてもらって移動、結果、孫目線ですごくいいポジション!ありがとうございます。




 千頭駅転車台、明治30年イギリス製、国内の同国製転車台で製造所が判明している現存最古のもの、 昭和55年に新潟から大井川鐵道へ移設され現在もほぼ毎日使用されている、こちらは新金谷駅転車台とは異なり人力のみで回す。
えっちらおっちら、大井川鐵道のみなさん、半回転でいいのに、一生懸命みんなのために1回転半、回してくれる!


 上りの運行、いってきま~っす!ヾ(=^▽^=)ノバイバァイ



 孫、ラスティを発見、あれに乗る~!(*゚∀゚*)
DB1形DB9は、トーマスフェアーのために改装された、元々は井川線で用いていた機械式ディーゼル機関車。
後ろから井川線の主力機関車DD20ロートホルン形がけつ押し?



 いじわる貨車もいます、これは今年初登場。
パーシーとヒロ、そこにトーマスが加わってのそろい踏み!
ジェームスがいないね~、っと孫が残念がるが、実はおまえはジェームスに、朝、会ってるんだよってことは言葉にはしない。
以前は線路保守用に使用していた、レールの上を自転車のように走るレールスターにも乗車、一方はペダル一つ、一方はペダル2つ、これって下りの時は勾配があるので二人で漕いで、上りは下り坂やから一人で漕いでたのかな?
孫、意外に速かったので緊張してちょっと固まっていたが気のせい?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月18日(土)のつぶやき

2016-06-19 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大井川鐵道「Day out with Thomas」その2【新金谷発10:38→千頭着11:54篇】

2016-06-18 | 書記長社労士 公共交通


 大井川鐵道「Day out with Thomas」その1【新金谷駅篇】からの続き。
さ~て、いよいよきかんしゃトーマスに乗車、本日のチケット、2日間有効の大井川本線フリー切符(大人/3,440円 小人/1,720円)、金谷~千頭は1810円なのでこちらがお得、本来未就学児は無料だが、SL急行列車・トーマス号・ジェームス号は全席座席指定となるので、小学生未満の子供であっても座席を必要とする場合は小人運賃と小人料金が必要となる。
往路のきかんしゃトーマス用の特別急行券(大人/1,000円 小人/500円)、そして復路のSL急行料金(大人/800円 小人/400円)。
そしてプラザロコにて、車内で食べるお弁当を買い込む、きかんしゃトーマス弁当950円を2個と大井川ふるさと弁当1080円。
もちろんビールも買い込む、大井川鐵道ビールっは栓を抜いてもらわなあかんから、乗車前にフライングでぐびぐび~っ!



 アニーとクララベルを模した客車を引いたきかんしゃトーマスが、入線してきた!
ちなみに藤棚の下のベンチの台座は鉄道の車輪と車軸が使われている。


 トーマスの目、車庫から出て来たときと向きが変わってるでしょ~(*^▽^*)



 さて、いよいよ乗車です、うちの孫は興奮のるつぼ、嬉しさと相俟って緊張感も高まってきたのか感情のコントロールが出来ずにちょっと顔が強張ってきた(笑)
車掌さんが帽子を貸してくれて記念撮影したけど、あとで2両目の所にいるから返しに来てと言い残して貸してくれた車掌さんが立ち去ってしまって、うちの後からは、順番に伝言ゲームしながらこの帽子を回す羽目に…、おおらかだな~。



 自分たちは先頭客車である7号車の15番A/B/C、ボックス席は狭いし満員だとほかのお客さんが座ることもあるから小さな子どもでも席は確保しておいた方がいいと大井川鐵道労組委員長からアドバイスをもらっていたが、確かにその通りだ。
車内放送ではトーマスの挨拶があったり、客車内もトーマスの世界観を再現していて、ソドー島(イギリスのアイリッシュ海に浮かぶとされる架空の島)の地図なんかもさりげなく飾ってあったりする。
先頭の客車なので、連結部からは一生懸命疾走するトーマスのお尻なんかも見える。



 あじさいが咲き乱れるのどかな大井川沿いの景色の中をひた走る、雨が上がってたので窓を少し開けてみたが、孫はお目々くりくりなんでもろにすすが入ってしまうようで、目が痛い痛いって(ToT)
自分はめがねを掛けていて平気だったが(目が細いからではない)、急いで窓を閉める。
お弁当はこんな感じ、大鐵オリジナル絵はがき付大井川ふるさと弁当には山女の甘露煮・野菜の旨煮・海老の佃煮・さといも田楽などが入っててビールのつまみに最適、きかんしゃトーマス弁当はフタを開けるとトーマスが飛び出してくるようになっていて、お子様ランチ的メニューなんだがうちの孫にはちょっと味が濃すぎてあんまりお気に召さなかった模様、お寿司とゼリーだけ喜んでいた。
出発したとたん、「おべんとう食べよう、おべんとう食べよう」といきなり食い気満々だったのに、残念。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加