労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

8月26日(金)のつぶやき

2016-08-27 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康経営導入セミナーってのを受講した

2016-08-26 | 書記長社労士 お勉強の記録
 先日、東京社労士会の「健康経営導入セミナー~健康経営に私たち社労士はどのように関わっていくのか~」ってのを受講した。


 健康経営の定義とは、「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践すること」、「従業員等の健康増進・労働衛生等の取り組みにかかる支出をコストではなく投資としてとらえること」(従業員等の「等」には経営者や従業員を支える家族が含まれる)。
企業の高い生産性の維持継続、従業員の高い健康度を維持継続、これを両立できれば、win-winの関係を構築、両方が幸福になる。
今までの価値観「従業員=雇用者、人件費=コスト」を、「従業員=企業価値の源泉、人件費=投資」と発想の転換をした企業が持続的な発展を遂げる。

 従業員に対する効果
・従業員の健康増進により活力向上(欠勤等の減少)
・従業員満足度の向上(健康経営によりサポート増大)
・医療費等の削減(治療に関わる交通費・待ち時間の減少)
・職場内コミュニケーションUPにより職場環境の快適化
・企業業績UPによる所得増加の可能性が高まる

 企業経営に対する効果
・生産性の向上、コスト削減、リスクマネジメント → 企業の業績UPにつながる可能性大
・企業価値の向上、企業イメージの向上 → 人材の定着率UP、有能な人材の採用につながる可能性大

 そして社会への効果 → 国民生活の質の向上・ヘルスケア産業の創出・国民医療費の適正化(重症化の予防)

 職場における健康管理の意義
□職場・組織を支えているのは従業員であり、その基盤は健康であること
□健康管理・健康づくりを実践するなら費用対効果が重要であること
□憲区管理・健康づくりは将来に対する大きな投資、先行投資であること
□組織のイメージの創造と社会的責任を果たすこと
□組織の存続条件としてのコンプライアンス
□組織のリスクマネジメント対策・安全配慮義務の履行

 で、健康経営を取り巻く環境、注目されることになった背景、中小企業の現状と課題、健康経営の実践のプロセス、健康経営のための各々の役割、健康経営実践企業の事例、業種で異なる健康状態、職場のメンタルヘルスケア、感染症対策について、外部リソースの活用、健康経営と関連する認定制度等、健康経営アドバイザー制度、社会保険労務士が健康経営にかかわるには、とものすごいヴォリュームのお話しが。

 注目すべきキーワードが3つ。
〇プレゼンティーイズム…何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、業務遂行能力や生産性が低下している状態。
アブセンティーイズム(病気で欠勤・休業している状態)よりも、今、企業が問題にすべきはプレゼンティーズム、欠勤とは違い表面に出にくいため軽視されがち、特定の従業員の問題ではなく、企業全体として取り組むべき問題。
〇ワーク・エンゲイジメント…仕事に誇り(やりがい)を感じ、熱心に取り組み、仕事から活力を得て活き活きしている状態を指す。
活力=仕事で活力を得て活き活きとする、熱意=仕事に誇りとやりがいを感じる、没頭=仕事に夢中になり集中して取り組む。
エンゲイジメントの高い従業員は心身の健康が良好・生産性も高い→組織の活性化・生産性向上
〇ヘルスリテラシー(健康を決める力)…健康や医療に関する情報を探し、理解、活用する力のこと。
健康的な社会生活を送るために、インターネットや本を利用したり、専門家に聞いたり、治療法や薬の種類など健康や医療に関する情報を得て、使いこなせるようになること。
現代社会は、個人の価値観やライフスタイルが多様化し、それに伴い、各々有意義な情報が異なる。その中で自分に最適な情報を探し、吟味する必要が出ている。このような背景によりヘルスリテラシーを向上することが大切となってきている。
情報源→入手→理解→評価→意思決定→行動→健康
ヘルスリテラシーを身につけることにより、病気の予防が行えたり、最適な病院や治療法を選ぶことが可能になる→健康経営の一つである。


 昨夜は社労士仲間達と、いわし料理の店 味楽(東京都品川区大崎1-21-4)にて、「イワシで今度こそ賢くなろう飲み会」、または、「腰痛持ちを偲ぶS1の会」。



 腰痛が酷くて寝転んで仕事をしているというS1ふくふくしまのりさんが急遽欠席となり、自分は美女に囲まれて黒一点となるはずが、ピンチヒッターで行政書士君が参加してくれた。
S1ってこのあたりかな~、みんなで「早く治りますように~」って祈念しつつ、ぼりぼり骨をしゃぶっておきました。
仕上げはいわしの粉末入りの特製うどんで、さらにDHAとカルシウムを補充、きっとみんな腰と頭が強くなって健康経営できるはず~(*^▽^*)

 ちなみに腰痛・肩凝り知らずの頑丈で健康優良児に見える自分の健康状態、定期健康診断の結果の中で異常ありなのは、総コレステロール244mg/dl(基準範囲130~219、昨年241)、中性脂肪263mg/dl(51~150、227)、LDLコレステロール153mg/dl(130以下、140)、γ-GTP170IU/l(79以下、92)、BMI25.0(18.5~24.9、23.6)、肥満度+13.9%(-10.0~10。0、+7.3)、腹囲89.7cm(84.9以下、85.4)、ちなみに体脂肪率は14%台ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月25日(木)のつぶやき

2016-08-26 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月24日(水)のつぶやき

2016-08-25 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール

2016-08-24 | いい本読んでます?

 トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール
いままで女性社員を長期で雇ったことがない、出産・育児で辞めてしまう女性社員が多い、「セクハラ」「マタハラ」対策ができていない、そもそも女性社員の扱い方がわからない…という会社の経営者・人事担当者におすすめの女性社員の「トリセツ」です。ハードルを乗り越えてうまく活用する方法!

 井寄奈美社会保険労務士が、8冊目の著書を発刊、今回は、女性社員の取扱説明書!


第1章 女性社員を雇う際の3大リスク?
 (結婚・出産ですぐに会社を辞める?、すぐに「セクハラ!」と言ってくる? ほか)
第2章 女性社員の出産・育児期間はこう乗り切る!
 (妊娠の報告を受けたらどうする?、妊娠・産休中の社員に会社がやるべきこと ほか)
第3章 マタハラ・セクハラと言わせないために
 (ハラスメント問題は会社の負け筋、「下ネタは会話の潤滑油」ではない ほか)
第4章 女性社員の上手な管理の仕方
 (管理職になりたい女性社員はいる?、「ライフ」より「ワーク」が求められる正社員 ほか)
第5章 女性社員の特権だけを優遇しない会社の仕組み
 (周りの社員に不公平だと感じさせない仕事の仕組み、女性社員が出産・育児の際に無理なく働くには? ほか)

 これまであまり女性社員を雇ったことのない経営者が心配する「女性社員を雇う際の3大リスク」、結婚・出産ですぐに会社を辞める、すぐに「セクハラ!」と言ってくる、「仕事」より「家庭」を重視する、この3大リスクへの対処を事細かに、懇切丁寧に、解説している。
第2章は、妊娠、出産、子育て、介護に関する社会保険や社内手続き、就業規則などの整備に関して。
一方、第1章と、第3章から第5章までは、一貫して、女性社員のトリセツにとどまらず、男性女性共に、ワークライフバランスに優れ、組織力の強い、そして社員のやる気が向上する働きがいのある会社にするための指南となっていて、加えてリスク管理についてもわかりやすく解説している。
労働力の確保が安定経営に重要な課題になっている今、継続的に労働力を確保するためには、男性、女性を問わず、社員がやめない会社にしていく、そのために男女関係なく、その能力を最大限に発揮して貰える職場環境づくりが必要。
この本は、そのための、ほんと分かりやすい指南書になっているので、おすすめです。

 さすが恋する現役女子大生社労士いよりんだ(笑)

 そういえば…。
自分が単組の執行委員で、女性社員の多い本社支部を担当していた頃、当社では、妊娠を機に退職する女性ばっかりで、産前産後休暇から育児休暇を利用し復帰するという前例がなかったので、貴重な戦力である組合員の妊娠を聞くたびに、自分は説得を試みたが、けっきょく一人も引き留めることが出来なかった苦い経験がある、そういう職場風土に出来なかったのだ。
一方、女性ばかりの職場で働く長女は、経営者(女性)の理解もあって、自分は娘からの相談に答え、娘はアドバイスを踏まえ経営者と相談しながら(制度や手続き、会社が得することなど)産前産後休暇から育児休業を経て職場復帰した初めての社員となり、これがその会社の前例となり、その後も貴重な人材の退職を食い止められるようになったし、現在、スタッフ募集の際の優位性となっているという。
もう一つ、新郎新婦共に同じ会社で働く友人の結婚式の際、そこの社長がスピーチで、「新婦は子どもは卵で生んで、新郎は会社を休んで家で卵を温めろ、そして新婦は休まずに仕事を続けてくれ」って言ったので、大爆笑しつつ、しかしこれも経営者の本音なんやなあと感じたこともあったなあ(新郎立つ瀬なし、未だに…ww)。

      
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8月23日(火)のつぶやき

2016-08-24 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度私鉄・バス・ハイヤータクシー関係予算概算要求の拡充に関する要請

2016-08-23 | 書記長社労士 公共交通



 昨日は、台風9号が関東に直撃する、暴風雨の中、私鉄総連「2017年度私鉄・バス・ハイヤータクシー関係予算概算要求の拡充に関する要請」行動。
辻元清美私鉄総連準組織内議員(衆議院議員)の同行で、復興庁、国土交通省、観光庁、総務省、厚生労働省、環境省をまわった。

 復興庁では、橘復興副大臣と内海統括官が対応してくださり、被災した地域の早期復旧・復興に対する積極的な予算措置を要請。
国土交通省、総合政策局では藤田局長、鉄道局では奥田局長、自動車局では藤井局長が対応してくださり、私鉄・バス・ハイヤータクシーの、日々の安全運行の確保と利用者利便の向上を最優先に、公共交通の維持・活性化についての積極的な予算措置が講じられるよう要請した。

 観光庁では田村長官が対応してくださり、観光客の公共交通利用促進に向けた諸施策についての対応を求めた。

 総務省では、池田大臣官房審議官、林崎自治税務局長が、それぞれ対応くださり、地方公共団体に対する生活路線確保対策の財政措置、自動車関連諸税などの負担軽減を要請した。
厚生労働省では、労働基準局からは労働条件確保改善対策室長補佐・労働条件改善係長・中央労働基準監察監督官、職業能力開発局からは企業内人材育成支援室長補佐・中長期的キャリア形成新係長、雇用均等・児童家庭局からは均等業務指導室長補佐などが対応、悪質事業者への監督強化や要員不足対策などについて要請。
最後に、環境省は地球温暖化対策課長・低炭素技術システム社会実験班長が対応、エコレールラインプロジェクト事業についての要請を行った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月22日(月)のつぶやき

2016-08-23 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月20日(土)のつぶやき

2016-08-21 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月18日(木)のつぶやき

2016-08-19 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月17日(水)のつぶやき

2016-08-18 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月16日(火)のつぶやき

2016-08-17 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月15日(月)のつぶやき

2016-08-16 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月14日(日)のつぶやき

2016-08-15 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月13日(土)のつぶやき

2016-08-14 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加