労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

4月22日(土)のつぶやき

2017-04-23 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月21日(金)のつぶやき

2017-04-22 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月20日(木)のつぶやき

2017-04-21 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私鉄総連交通政策フォーラム2017

2017-04-20 | 書記長社労士 公共交通

 火曜から準備のために会場の犬山名鉄ホテル入り。
19日(水)、私鉄総連交通政策フォーラム2017開会に先立って、私鉄総連自治体議員団会議・交通政策委員会合同学習会では岐阜県白川町の交通政策について講演を聴く。
そして、私鉄総連2017公共交通利用促進運動全国行動キックオフ集会からスタート。



 私鉄総連交通政策フォーラム2017では、基調講演、名古屋大学大学院環境学研究科付属持続的共発展教育研究センターの加藤博和教授。
北海道から沖縄まで、261名が参加、夜の宴会はたいへん大盛り上がり。
二日目は、鉄道軌道、バス、ハイヤータクシーのそれぞれ業種別に分かれての分科会、「ハイタクでは交通と安全を考える市民会議~ライドシェア問題を考える~」に事務局をしてもらっている東京共同法律事務所の川上資人弁護士からライドシェアの問題について講演を受けた。
そして私鉄総連交通政策フォーラム2017は無事終了!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月19日(水)のつぶやき

2017-04-20 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月15日(土)のつぶやき

2017-04-16 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅ガイドブックにはあまり載っていない、一般的なツアーではあまり行かない、という沖縄南部の戦跡について案内していただいた

2017-04-14 | 反核平和 Save The Our Earth


 後日、整理してからこのブログで書くと思うが、ある目的を持って、仕事として訪沖。
9回目の沖縄ながら、仕事として訪れるのは初めてだ(8回目の訪沖は「平和行進」に参加し、青年女性協議会の皆さんと交流もしたが、これは個人的自費で参加したので、公務ではない、とりあえず沖縄での一食目は、ソーキそば)。
さて、本日は、ベテランのバスガイドさんが、レンタカーを使って、我々に沖縄を案内してくれるのだ…。

 最初に案内していただいたのは、ガイドさんむらたん曰く、「映画でも知られ、多くの人々が足を運び花を手向ける 沖縄県立第一高等女学校及び師範学校女子部の乙女らを祀る『ひめゆりの塔』に対して、あまり知られていないのが、糸満市国吉にひっそりと建立される、県立第二高等女学校の乙女らを祀る『白梅の塔』があります。」
「ここに奉られている白梅学徒隊とは沖縄戦で従軍看護婦として活躍して犠牲になった女子学徒隊のうち、沖縄県立第二高等女学校の四年生たちによって編成された部隊です。」


 「沖縄戦で従軍看護婦として、ひめゆりの乙女達と同様に看護勤務にあたったのですが、彼女たちは当時4年生だったということもあり、繰り上げて卒業をしたのち、教員の引率はなく、最後まで軍と運命をともにしました。」
その後、彼女たちが潜みつつ活動しそして自決もしたというガマに入壕させてもらったが、最初の広いところよりその先までは、暗闇に足がすくんでしまってそれ以上進めなかった。


 続いて「魂魄の塔」に案内してもらった、いつもこのそばに車を止めてスーサイドと呼ばれる海岸で波乗りしていたのに、ここをお参りするのは初めてだ。
「この地は今次大戦でも一番の激戦地であり、日本軍も住民も追いつめられて逃げ場を失い、陸、海、空からの攻撃を受けて、敵弾にあたって倒れた屍が最も多い激戦地の跡でした。戦後の昭和21年2月、真和志村民が収容移住を許された所で村民及び地域住民の協力によって、道路、畑の中、周辺いたる所に散乱していた遺骨を集めて祀ったのがこの『魂魄の塔』です。祭神三万五千余柱という、沖縄で一番多く祀った無名戦士の塔でありましたが、その後、昭和54年3月、摩文仁の丘に国立沖縄戦没者墓苑が完成し、遺骨は同墓苑に分骨して安置されました」
 
 和魂(にぎたま)と なりてしづもる おくつきの み床の上を 渡る潮風



 「魂魄の塔」のそばにある広島の碑にある黒い3つの石柱は「非核三原則」を表しているそうだ。
「沖縄戦終焉の地・平和祈念公園は、平和の礎や各都道府県の慰霊塔がおなじみですが、最近は訪れる人がめっきり減ってしまった摩文仁の丘の南断崖、海岸近くに建立されている、健児隊を祀る健児の塔です。」
「先日、美空ひばりさんの生誕80周年記念歌番組でも、ひばりさんが沖縄公演の際に健児の塔を訪れ、祈りをささげたシーンが紹介されておりました。そういえばここ10年ほど、お客様を案内したことがないなぁとその時ふと思いました。慰霊塔の近くには、当時健児隊が使用していた防空壕も残されており、天井部分は米軍の火炎放射器による攻撃を受け、焼かれた後や弾痕も残っています。」

 最後に「ここから綺麗な海が見れますよ」と、具志頭城跡公園に案内していただいた。
ここに「土佐の塔」という、沖縄や南方地域で戦没した高知県出身の方々の慰霊碑があった、自分は父方は「三河→紀州→大阪」の血で、母方は純血の土佐っぽ、どういう導きだったのだろう…。

 ガイドさんに「せっかくですからお参りしていただけませんか」とそれぞれの慰霊碑で促される。
いや、言われるまでもなく、頭を垂れ黙祷し合掌する、「今の安倍晋三総理率いる安倍自民党や公明党などが『再びあの時代』に、日本国民を導こうとしていますが、『繰り返しません、過ちは』の約束を守るために、自分は微力ながら出来うる限りの運動をします。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月13日(木)のつぶやき

2017-04-14 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月12日(水)のつぶやき

2017-04-13 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月11日(火)のつぶやき

2017-04-12 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月10日(月)のつぶやき

2017-04-11 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月に読んだ本

2017-04-10 | いい本読んでます?
2017年3月の読書メーター 読んだ本の数:14 読んだページ数:5174
「光圀伝 (下)」あくまでもフィクションだが光圀の思いが成就していたら歴史は大きく変わったのだろうな~と思いをはせる、「米中開戦」2013年より以前に書かれた作品だけど現状考えるとノンフィクションかと勘違いしてしまいそうにリアル、しかし翻訳の文章が(特に会話が)変すぎて読みづらいったらありゃしない、「紙の月」映画の方がすっきりとまとまってたかも、「地球から来た男」星新一のショートショートがふと読みたくてなって読んだが、今読んでも新鮮なのはさすがだ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズもとうとう完結、でもこう終わるのか~ってちょびっと残念、「あるキング」伊坂幸太郎らしくないがそのらしくなさが新鮮で一気に読んだ。

光圀伝 (下) (角川文庫)光圀伝 (下) (角川文庫)読了日:03月01日 著者:冲方 丁
 「我が大義、必ずや成就せん」老齢の光圀が書き綴る人生は、“あの男”を殺めた日へと近づく。義をともに歩める伴侶・奏姫と結ばれ、心穏やかな幸せを掴む光圀。盟友や心の拠り所との死別を経て、やがて水戸藩主となった若き“虎”は、大日本史編纂という空前絶後の大事業に乗り出す。光圀のもとには同志が集い、その栄誉は絶頂を迎えるが―。☆☆☆
米中開戦1 (新潮文庫)米中開戦1 (新潮文庫)読了日:03月03日 著者:トム クランシー,マーク グリーニー
 中国が南シナ海で軍備増強――情報を得たジャック・ライアン大統領は、だが、身動きできずにいた。対テロ民間極秘組織〈ザ・キャンパス〉の存在を何者かに把握され、監視されていることが判明したのだ。迫る中国の脅威。陸、海、空はもとより、宇宙やサイバー空間までが戦場になるのか? 緻密な国際政治情報の分析を元に、世界の危機をシミュレートする国際インテリジェンス巨篇!☆★★
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)読了日:03月08日 著者:角田 光代
 ただ好きで、ただ会いたいだけだった―――わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった・・・・・・。あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。☆☆★
米中開戦2 (新潮文庫)米中開戦2 (新潮文庫)読了日:03月11日 著者:トム クランシー,マーク グリーニー
 謎の敵に封じ込められた“ザ・キャンパス”―調査から浮かび上がるのは“センター”と呼ばれる人物、あるいは組織。しかも最高度のサイバー諜報技術とサイバー戦遂行能力を有している…。一方、中国はついに軍を動かす。台湾空域を侵犯し、フィリピン・スカボロー礁に戦闘部隊を上陸させたのだ。その目的は何か。迫りつつある米中全面戦争という最悪のシナリオは避けられるのか。☆☆★
地球から来た男 (角川文庫)地球から来た男 (角川文庫)読了日:03月12日 著者:星 新一
 おれは産業スパイとして、ある研究所にもぐりこんだ。だが内部の警戒は厳重で、たちまちパトロールの守衛につかまってしまった。保安部門の責任者は秘密を守るために独断で処罰するという。それは、開発途上で放置されたテレポーテーション装置を使った、地球外への追放だった。気づくと、おれは野原に横たわっていた―。奇妙な運命に翻弄される男達を描いた傑作ショートショート集。☆☆★
闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)読了日:03月13日 著者:堂場 瞬一
 娘・綾奈と悲劇の再会からふたたび酒浸りの生活に戻り、無断欠勤を続けていた高城。失踪した七歳の少女の捜索に引きずり出されるが、少女は絞殺体で見つかり、事件の担当は失踪課から捜査一課に移ってしまう。娘を失った両親に自身を重ねた高城は犯人を捜し出すことを誓い、わずかな証言を元に執念の捜査を続けるが…。☆☆★
献心 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)献心 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)読了日:03月16日 著者:堂場 瞬一
 綾奈の死の真相を知る―決意した高城に長野が目撃者情報を持ち込む。十数年を経て得られた新しい証言。しかし会社員だというその男は一転証言を曖昧にした上で、弁護士を通じて抗議をしてくる強硬さだった。不可解な態度を不審に思いつつ、地道に当時の状況を洗い直す高城は、綾奈の同級生母子を追って一路東北へ向かう。☆☆★
あるキング (徳間文庫)あるキング (徳間文庫)読了日:03月17日 著者:伊坂 幸太郎
 山田王求。プロ野球チーム「仙醍キングス」を愛してやまない両親に育てられた彼は、超人的才能を生かし野球選手となる。本当の「天才」が現れたとき、人は“それ”をどう受け取るのか――。群像劇の手法で王を描いた雑誌版。シェイクスピアを軸に寓話的色彩を強めた単行本版。伊坂ユーモアたっぷりの文庫版。☆☆★
米中開戦3 (新潮文庫)米中開戦3 (新潮文庫)読了日:03月23日 著者:トム クランシー,マーク グリーニー
 サイバー空間で強大な力を誇る〈センター〉とは何なのか。組織なのか。人なのか。〈ザ・キャンパス〉は、香港の14Kという犯罪組織を疑うが、恐喝、麻薬、売春などが彼らの資金源でハイテク技術を有しているとは思えない。そんな中、中国は一方的に南シナ海を封鎖。インドの航空母艦が海域に侵入したとたん、対艦ミサイル四発を発射した――。ジャック・ライアン大統領の決断とは……。☆☆★
毒笑小説 (集英社文庫)毒笑小説 (集英社文庫)読了日:03月24日 著者:東野 圭吾
 塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”を思いつく…。前代未聞の誘拐事件を扱った「誘拐天国」をはじめ、毒のある可笑しさに満ちた傑作が1ダース!名作『怪笑小説』に引き続いて、ブラックなお笑いを極めた、会心の短篇集。☆☆★
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)読了日:03月25日 著者:古川智映子
 豪商三井家から17歳で大坂の両替商・加島屋に嫁いだ浅子は、家運が傾くと持ち前の商才を発揮、「九転十起」の精神で難局を切り開き、大坂随一の実業家として大成する。晩年は女子教育にも力を注ぎ、日本初の女子大学開設に奔走。歴史に埋もれてきた不世出の女性実業家の生涯を、初めて世に紹介した名作が、待望の文庫化。☆★★
愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)読了日:03月28日 著者:堂場 瞬一
 参事官の後山の指令で、完全黙秘を続ける連続窃盗犯の取り調べを行うことになった刑事総務課の大友鉄。その沈黙に手こずる中、めったに現場には来ないはずの後山と、事件担当の検事まで所轄に姿を現す。背後にはいったい何が?異色のシングルファーザー刑事の活躍を描き人気を博す「アナザーフェイス」シリーズ長編第七弾。☆☆★
米中開戦4 (新潮文庫)米中開戦4 (新潮文庫)読了日:03月29日 著者:トム クランシー,マーク グリーニー
 “センター”から米本土へのサイバー攻撃は苛烈を極めていた。都市インフラを始め、金融システム、原子力発電所、軍事偵察衛星に到るまで、次々と加えられる彼らの侵攻を防ぐすべはないのか。麻痺寸前のアメリカを覆う不安とパニック―。香港のCIA工作員と共に敵の正体を追いかけていた“ザ・キャンパス”は、ついに尻尾をつかまえるが…。著者の遺言ともいえる国際軍事巨編! ☆☆★
残留思念捜査(サイコメトリー) オレ様先生と女子高生・莉音の事件ファイル (宝島社文庫)残留思念捜査(サイコメトリー) オレ様先生と女子高生・莉音の事件ファイル (宝島社文庫)読了日:03月31日 著者:あいま 祐樹
 大学での講義のかたわら、付属女子高の非常勤講師を任された渋谷一樹は、以前、暴漢から助けた生徒・二ノ宮莉音と思わぬ場所―誘拐事件の関連現場で再会する。旧知の間柄である警視庁捜査一課の今尻によれば、莉音は催眠状態で“空間に残された思念”を読み取る能力をもつという。心理学者として催眠導入もできる渋谷は、莉音とコンビを組み、世間を震撼させる連続誘拐事件の謎に迫るが…。★★★
読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月9日(日)のつぶやき

2017-04-10 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月8日(土)のつぶやき

2017-04-09 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月7日(金)のつぶやき

2017-04-08 | 取り急ぎ携帯&twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加