労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

レ・ミゼラブル 文句なしっ!

2013-01-22 | いい映画観てますか?

=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。
ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸術劇場にて鑑賞、産まれて初めての(子供の頃の児童向けミュージカル以外で)ミュージカル鑑賞だった。
しかし早いストーリー展開についていくのに苦労したのと、ラストが「こんなんやったっけ?」というハテナマークで、ちょっと腑に落ちてなかった。
過去にもこの「レ・ミゼラブル」は何度か映画されているけど、どれかわからんがどれかを一度だけ観た記憶がある。

 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、彼は市長にまでなっていた。バルジャンはファンテーヌという娼婦と知りあい、彼女の娘・コゼットを里親から取り戻すと約束をする。しかしある刑事の出現をきっかけに、彼の過去が暴かれることとなり、彼は自分の正体を告白し、コゼットを連れて逃亡する…。

 とにかくキャストがすごい、予告編で、ヒュー・ジャックマン(Jean Valjean)、ラッセル・クロウ(Javert) 、アン・ハサウェイ(Fantine)、アマンダ・サイフリッド(Cosette)、ヘレナ・ボナム=カーター(Madame Thenardier)・・・これを知っただけで絶対に観なけりゃとなる。
その上、予告編の切り取り方がとんでもなく巧みで、思いっ切り心を持って行かれた、観るしか無いでしょ!


 ミュージカル映画史上最高の出来映えと言っていいだろう。
台詞はほとんど全て歌、徹底的に歌、ミュージカル以上に台詞のほとんどが歌、これまで観たミュージカル映画とは比較にならないくらい徹底的に台詞は歌。
これが受け入れることが出来る人と、どうしても受け入れることが出来ない人で、この映画の感想は、はっきりと分かれるだろう。
しかしただ台詞のほとんどを歌にして徹底的にミュージカルにこだわったのだ、という短絡的なことではなくて、この映画では、その台詞に変わる歌を、アフレコ使わず、演技の時の生の声でレコーディングされたということ。
これがほんとに今までのミュージカル映画とは一線を画すところ。
結果、取って付けたような歌台詞にならずに、普通の映画の台詞以上にレ・ミゼラブルらしく台詞が生きていた。

 キャストが豪華なだけということは無く、セットやロケーションや衣装も素晴らしく、話しのテンポもあくまでもミュージカル版を題材にしているがエピソードの割り振りも見事で(コゼットの預けられているテナルディエの安宿の場面がちょっとめんどくさかったが)、2時間38分の尺は、長くもなく短くもなくきちっと収まっており、退屈することもなく長尺でありながら集中力が切れることはない。(そういう意味ではテナルディエの安宿の場面はちょうどいい休憩だったのかなww)

 「レ・ミゼラブル」(Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に書いた、ロマン主義フランス文学の大河小説、日本では「噫無情」(ああむじょう)と呼ばれていた。
愛と真理と友情と信仰と民主主義と善悪、そんなテーマを、1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を通じて描く名作だ。
ミュージカルにしても映画にしても、原作をずいぶんシェイプアップしているが、しかしそれはそれでいいのだ、自分的には別物。
梅田芸術劇場で観たミュージカルよりも、この映画の方が、しっかりと最後の最後のエピソードまで丁寧に描いてくれていたので、自分的にはこっちの映画の方がお腹の中に落ちるのだけど。


 アン・ハサウェイがほんまにありえないくらいに素晴らしい。
ヒュー・ジャックマン(Jean Valjean)とラッセル・クロウ(Javert)の壮絶な役柄と演技はもちろん凄いのだけど、彼ら二人を引き立てているのは、間違いなくアン・ハサウェイ(Fantine)によるものなのだ。

 この映画は、いうまでも無く、大きなスクリーンで、そして映画館の素晴らしい音響で味わって欲しい!(と、言いつつ、絶対的に評価は分かれるよ、あの歌台詞を受け入れるかどうかやから)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q... | トップ | ブラック企業と就活・働く権利 (... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-01-23 12:02:44
TBさせていただきました。
またよろしくです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レ・ミゼラブル (本と映画、ときどき日常)
監督 トム・フーバー 出演 ヒュー・ジャックマン     ラッセル・クロウ     アン・ハサウェイ いや~、泣けました! 2回泣いちゃいました(涙、涙 もう最初から最後まで理不尽で悲しい出来事の連続(涙 パンを盗んで19年間刑に服したジャンバル・ジャ...
レ・ミゼラブル (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしかった!!
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ~~(ノω≦。)…ジーン… (よくばりアンテナ)
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
レ・ミゼラブル (to Heart)
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・....
レ・ミゼラブル(2012)◇◆LES MISERABLES (銅版画制作の日々)
 愛とは、生きる力。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。昨年最後ということでこの作品を選んだ。どちらかというとミュージカルはあまり得意ではない。そんな私はセリフも少しはあるのかと密かに期待していたのだが、何と全編歌なのでびっくり!! こ....
『レ・ミゼラブル』 2012年12月21日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レ・ミゼラブル』 を鑑賞してきました。 今年の見納めでも良いと思っていた映画でしたが... 【ストーリー】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。...
レ・ミゼラブル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
芝居をしながら歌を収録して、伴奏はあとからアレンジしているみたいだ。ジャン・バルジャンとシャベール警部の確執が解決する段階になると、涙がボロボロ出てくる。血が繋がっていない娘のために命をかけるジャン・バルジャンがファンテーヌと天国に召されるシーンが、切...
レ・ミゼラブル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
レ・ミゼラブル (あーうぃ だにぇっと)
レ・ミゼラブル@TOHOシネマズ日劇
劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」 (日々“是”精進! ver.F)
どんな時にも、希望は残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/ レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
『レ・ミゼラブル』 (こねたみっくす)
はためくトリコロールがより美しく見える映画。 原作を基に物語を追うビレ・アウグスト版とは違い、舞台版を基に感情を追う作品となったこのトム・フーパー版。なので比較してし ...
レ・ミゼラブル(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド ...
レ・ミゼラブル (心のままに映画の風景)
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
レ・ミゼラブル (2012)/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
もうね、あのファンテーヌの唄が聴こえてくるだけで条件反射的に感動の記憶が呼び起こされてしまいます。日本での舞台を1度観ただけなので偉そうなことは言える私ではありませんが ...
レ・ミゼラブル/LES MISERABLES (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルって、好き嫌いあるけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。 彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。 8年後、....
【レ・ミゼラブル】天に昇る歌声 (映画@見取り八段)
レ・ミゼラブル~ LES MISERABLES ~   監督: トム・フーパー    出演: ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、イザベル・アレン、エディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター、サマ...
レ・ミゼラブル (花ごよみ)
レ・ミゼラブルやっと見てきました。 原作はヴィクトル・ユゴーの小説。 この小説を基にした、 大ヒットミュージカルを映画化。 主人公ジャン・ヴァルジャンの、 波瀾に満ちた一生を描く 監督はトム・フーパー。 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、 アン・ハサ...
映画:レ・ミゼラブル  普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...
レ・ミゼラブル (キノ2)
★ネタバレ注意★  トム・フーパー監督のイギリス映画です。  言わずと知れた超有名ミュージカルの映画化作品。  キャストは、主人公ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン、執拗にバルジャンにつきまとうジャベール警部にラッセル・クロウ、娼婦に身を落と...
~『レ・ミゼラブル』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:イギリス映画、トム・フーパー監督、ヴィクトル・ユーゴー原作、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン、アーロン・トゥヴェイト、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム=カーター、 サシャ・....
・・・ふーん。『レ・ミゼラブル』 (水曜日のシネマ日記)
ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化した作品です。
歓びの歌~『レ・ミゼラブル』 (真紅のthinkingdays)
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
レ・ミゼラブル (rambling rose)
19世紀フランス。一切れのパンを盗んだ罪で19年の監獄生活をおくったジャン・バルジャン。しかし仮出獄した際、再び盗みを働いてしまう。
レ・ミゼラブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
映画「レ・ミゼラブル」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
No.333 レ・ミゼラブル (気ままな映画生活)
パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。やがて運命的な出会いを果たした女 ...
「レ・ミゼラブル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Les Misérables」 2012 UK ミュージカルなので突然歌い出す。最近突然歌い出すミュージカルって観ないので、久方ぶりにとても新鮮な感動を覚えた。 ジャン・バルジャンに「ファウンテン 永遠に続く愛/2006」「タロット・カード殺人事件/2006」「彼が二度愛し...
『レ・ミゼラブル』 (時間の無駄と言わないで)
タイトルは知ってた。 「ジャン・バルジャン」って人が出てくるのと、銀食器を盗んじゃうエピソードも知ってた。 というか、恥ずかしながらその程度の知識しか持ち合わせていなか ...
『レ・ミゼラブル』 (beatitude)
格差と貧困にあえぐ民衆が自由を求めて立ちあがろうとしていた19世紀のフランス。ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、パンを盗んだ罪で19年間投獄され、仮釈放されたものの生活に行き詰まり、再び盗みを働く。しかし、その罪を見逃し赦してくれた司教の慈悲に触...
レ・ミゼラブル (538ねん。)
ツレが見たかった映画でした 帝国劇場とかでブロードウエイ翻訳ミュージカルを見てて ミュージカル映画なので見たいと思っていたとか 私がアマンダ・セイフライドにはまりこんでるのを知ってるので 一緒に行こうと調整して今日の鑑賞の運びとなりました ってかミュージカ...
『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ (映画のブログ)
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
レ・ミゼラブル (こんな映画見ました~)
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ....
ミュージカルで締める! (笑う社会人の生活)
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...
「レ・ミゼラブル」 (ゆっくり歩こ。)
ミュージカルの最高傑作と言われている意味がわかったような レ・ミゼラブルは歌が良いんですね 同じメロディにのせて何人かで歌うところとか良かったです~ よくできてるなっ と思いました 今までにないミュージカル映画ってことで 感情が歌に乗って表れてます....
レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...
レ・ミゼラブル (とりあえず、コメントです)
ヴィクトル・ユーゴーの原作を舞台化した有名なミュージカルを映画化した作品です。 日本語版のミュージカルは帝国劇場で何度か観ていて、その度に胸いっぱいの感動を貰っていました。 そして、そのミュージカルの映画版も期待に違わず、素晴らしい歌声と感動を伝えてくれ...
「レ・ミゼラブル」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル 配給 東宝東和 原題:Les Miserables 監督:トム・フーパー原作:ビクトル・ユーゴー作:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・
レ・ミゼラブル / Les Miserables (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、 言わずと知れた大ヒットミュージカルを 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化 舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキン....
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、....
レ・ミゼラブル  Les Misérables (映画の話でコーヒーブレイク)
ここ数日、年末の片付けや掃除、新年を迎える準備などに追われ、なんとなく気忙しく 落ち着かない毎日を送っています。 あぁ~ごみを出し忘れたーーー 年越しゴミ もう肩は凝るし、腕は筋肉痛ですわ  そんな合間を縫って、見てきました「レ・ミゼラブル」。 子供の頃に...
レ・ミゼラブル (ダイターンクラッシュ!!)
2012年12月22日(土) 15:50~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引料金) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内容を...
映画『レ・ミゼラブル』 (健康への長い道)
 学校行事以外ではほとんど観劇経験のない僕でも存在は知っているロングラン・ミュージカル『レ・ミセラブル』。その映画化と聞かされても特に関心は無かったのですが・・・。  ミュージカル映画というと子どもの頃に観た『サウンド・オブ・ミュージック』とか『雨に唄...
レ・ミゼラブル (Memoirs_of_dai)
ミュージカルとトム・フーパーのマイナス点 【Story】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されるが、その後の生活で、銀食器を盗むという行為をして...
「レ・ミゼラブル」 (Con Gas, Sin Hielo)
愛の力、音楽の力。 恥づかしながら、ミュージカルを観てなければ、原作を読んだこともない。でも題名だけは子供の頃から知っている「ああ無情」。 初めて触れたのがこの映画版ということになるのだが、まずもっての印象としては、相当端折ってるなと。 映画としては....
レ・ミゼラブル (B-scale fan's log)
公開中 トム・フーパー監督     出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、     アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、     エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、     サシャ・バロン・コーエン 他 新評価 3.0 世間で大...
『レ・ミゼラブル(2012)』('12初鑑賞96・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:55の回を鑑賞。
映画『レ・ミゼラブル』 (健康への長い道)
 学校行事以外ではほとんど観劇経験のない僕でも存在は知っているロングラン・ミュージカル『レ・ミセラブル』。その映画化と聞かされても特に関心は無かったのですが・・・。  ミュージカル映画というと子どもの頃に観た『サウンド・オブ・ミュージック』とか『雨に唄...
【映画】レ・ミゼラブル (走ることにはまってしまった私)
いつの間にか、もう3月。 映画でも行こうかなーと思ってチェックしてると、去年の年末に見たかったレ・ミゼラブルがまだ公開されてるじゃない~。 よし、行ってみよう! ミュージカル仕立てということで、「マンマミーア」のように、要所要所に歌と踊りが挿入される....
映画『レ・ミゼラブル』を観て~アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
レ・ミゼラブル (いやいやえん)
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手...
レ・ミゼラブル (RISING STEEL)
ご無沙汰してました!今年初めの映画レビューは大ヒットしたこの作品! レ・ミゼラブル / LES MISERABLES 2012年 イギリス映画  ワーキング・タイトル・フィルムズ ユニヴァーサル製作 監督:トム・フーパー 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェル...