労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。

2011-07-10 | いい映画観てますか?
 我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。
そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。
扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢できないかも知れないけど、妻は別にへっちゃらだそうだ、省エネな我が家。


=41 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート15本目、最近スペイン映画好きだ、脳天気なイメージのスペインなのに映画はやけに暗く重い。

 スペインのバルセロナに暮らす男・ウスバルは、妻・マランブラと別れ、男手一つで二人の子どもを育てていた。彼はアフリカ系や中国系の不法移民たちへの仕事の口利きや、警察への仲介などで収入を得ている。ある日、彼は病院で自分が末期ガンで、余命二ヶ月の宣告を受ける。しかし、そのことは誰にも告げず、子どもたちに少しでも金を残そうとしていた。マランブラとも再び同居を始め、彼は死の準備を整えようとするのだが…。


 やはり重い重い映画だった、子どもたちのために非合法な仕事にまで手を染めつつ懸命に生きる父親の姿が痛ましい。
しかし世間はそうは甘くない、厳しい現実と日々対峙して生きている父親にさらに追い打ちを掛けるように、余命二ヶ月の宣告、死の恐怖と闘いながら、この世に悔いを残さないで死んで行くにはどうしたらいいのかの辛く苦しい模索が描かれる。
彼が「この世に悔いを残さない」で死んでいくために、切ないくらいにいろんなことをするのだけど、それが哀しいくらいに裏目に出てさらに彼を打ちのめす。
観ている方もどんどん打ちひしがれていってしまうねん・・・(´Д`|||) ドヨーン


 主人公のウスバルは、恐山のイタコさんみたいに霊的な力を持っているようで、死者の口寄せが出来るようだ。(この世に悔いを残した死者のその悔いを聞いてあげて、成仏させてやるという能力のようだ。)
その彼の能力のせいで、この映画の辛さ悲しさやるせなさを何倍にも増してしまう。

 しかし素敵なエンディングのおかげで自分は救われた、いや、救われた以上に、自分もあんなふうに死んでいけたらいいな、なんてことまで考えてしまった。
生きるってことは、結局は「終わりよければすべてよし」なのだ、自分にとっても家族にとっても、だとやはり思った。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイライン −征服− えっ!そ... | トップ | 今回の波乗りもなぜか川遊び・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-07-12 11:49:25
TB ありがとうございます。

重い 力強い作品でした
たしかに、最後の終わりは素晴らしかったですね
  力強い作品でしたね (  リバーさんへ)
2011-07-13 00:54:16
  スペイン映画が最近お気に入りです。
  心にどーんと来る映画、最近ではどうもスペイン映画です。
  そもそも自分のイメージにあるスペインとは真逆ですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BIUTIFUL ビューティフル/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がハビエル・バルデムを主演に迎え、闇社会に生きる男が自身の余命を知ったことから愛する子どもたちのために懸命に生き ...
BIUTIFUL ビューティフル (佐藤秀の徒然幻視録)
この世に居場所のない男の帰る場所 公式サイト。原題:BIUTIFUL。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナ ...
生きる男 (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に...
『ビューティフル』 見えないバルセロナ (Days of Books, Films )
Biutiful(film review) 『ビューティフル(原題:Biutif
BIUTIFUL ビューティフル/あぜ道のダンディ (あーうぃ だにぇっと)
おやじが主人公の映画2本まとめて。 まず、結論から
「BIUTIFUL ビューティフル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。 マランブラにマリセル・アルバレス。 アナにハナ・ボウチャ...
BIUTIFUL ビューティフル (LOVE Cinemas 調布)
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。...
BIUTIFUL ビューティフル(2010) (銅版画制作の日々)
      “絶望”の中にも必ず“光”は存在する。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作です。今回は群像映画ではなく、一人の男の生きざまに焦点を当てた...
BIUTIFUL ビューティフル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月30日(木) 16:00〜 TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『BIUTIFUL ビューティフル』公式サイト 「21グラム」、「バベル」の監督の人の新作。赤の他人が、どこかで関わりあっていく話が得意な...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (セレンディピティ ダイアリー)
ハビエル・バルデム主演の映画、「BIUTIFUL ビューティフル」を見ました。ス
『BIUTIFUL ビューティフル』、記憶の迸り (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
冒頭、ウスバル(ハビエル・バルデム)と娘のアナ(ハナ・ボウチャイブ)の手が、中空で指輪について語り合っている。 そこからウスバルの話は風へと移り、画面はウスバルと若い男が林の中で風について語るシーンへとつながっていくんですね。 このふたつのシーンからな...
BIUTIFUL ビューティフル (こんな映画見ました〜)
『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ 「21グラム」「バベル」....
『BIUTIFUL ビューティフル』 (向島のつむじ風)
とてつもなく優しい「父」であり「漢(おとこ)」の物語。 そして、とてつもなく重い映画ですが、主人公と同年代の自分にとって、心の琴線に触れる、深く深く染み渡る名作となった。
BIUTIFUL ビューティフル (食はすべての源なり。)
BIUTIFUL ビューティフル ★★★☆☆(★3つ) 数々のブロガーさんの鑑賞レビューを見ると評価が高かったので、楽しみにしていました! が、途中おちちゃった。。。2時間半もある長い作品。寝てて友達に起こされた でも上映後に立たないお客さんも多数で、やっぱり...
死にゆく者への祈り〜『BIUTIFUL/ビューティフル』 (真紅のthinkingdays)
 BIUTIFUL  サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人 の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期 癌に侵され、余命2ヶ月...
『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...
『BIUTIFUL ビューティフル』 (2010) / スペイン・メキシコ (Nice One!! @goo)
原題: BIUTIFUL 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス 、ディアリァトゥ・ダフ 、チェン・ツァイシェン 公式サイトはこちら。 こういう感じの作品って予告からす...
ビューティフル BIUTIFUL (映画の話でコーヒーブレイク)
第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたので見ることに。 の数・・・いくつだったか、忘れました   ...
映画「BIUTIFUL ビューティフル」、死にゆく男のあがき、それは生への憧れか? (ひろの映画日誌)
題名のBIUTIFULはスペル間違いではない。主人公が子供にスペルを教えたその言葉だ。 あの「ノーカントリー」のハミエル・バルデムが主人公を演じるスペイン映画。 あの大聖堂がバックに映し出される、バルセロナが舞台。 ここも移民の街だ、セネガル人や中国人...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Biutiful)暗い映画だが、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作の中では一番気に入った。人生の終わりが近いことを知らされたら、いったい何を残せるのか。そして、残せないものは何なのか。アプローチはまるっきり異なるが、黒澤明監督の傑作「生き....
BIUTIFUL ビューティフル (キノ2)
★ネタバレ注意★  久々に、「凄い映画を観た」と思いました。  今年にはいってからも、よくできた映画、感動的な映画、わくわくする映画、すばらしい映画、などはいくつも観てきたと思いますが、「凄い映画を観た」と思ったのは、この映画が今年初めてです。 ...
■『BIUTIFUL ビューティフル』■ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:スペイン+メキシコ合作映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン出演。
■映画『BIUTIFUL ビューティフル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。 この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした作品。 『ノーカントリー』でアカデミー賞助演...
ビューティフル (映画的・絵画的・音楽的)
 『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)映画の主人公ウスバル(ハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくらい、たくさんの問題を次から次へと抱え込みながら、それらをなんとか解...
BIUTIFUL ビューティフル (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
“絶望”の中にも必ず“光”は存在する。 愛する家族を守るため、 男がすべてをかけて生きた最期の2ヶ月 これは、父が生きた証
BIUTIFUL/ビューティフル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
バルセロナの闇社会で生きる男が余命2ヶ月と知らされ、子供たちのために奮起する姿を描く感動の人間ドラマ。監督は、「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。出演は ...
映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□脚本:アルマンド・...
BIUTIFUL ビューティフル (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア ...
BIUTIFUL ビューティフル (A Day In The Life)
DVDにて早くもリリース、早速レンタル観賞 解説 バルセロナを舞台に、闇社会に生きる男が末期がんで余命 いくばくもないことを知り、愛する子どもたちのために精 いっぱい尽くそうと奮起する感動作。 『バベル』の名匠アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ ...