労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

2012-03-19 | いい映画観てますか?

=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。
で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。
しかしサッチャーという人に関してはそもそも批判的な立場、この映画は伝記映画だと思っていたので、サッチャーという政治家をより知りたいという興味もあって観たいと思ったということでもあった。

 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘は、オックスフォード大学に進学し、政治家を目指す。初めての下院議員選に落選し落ち込んでいた時に、プロポーズしてくれたのがデニス・サッチャーだった。専業主婦にはならないと宣言して男女の双子をもうけた後、ついに当選して国会議事堂に乗り込むのだった。

 取って付けたような邦題と、予告編の仕掛けとは、随分違う映画であって、自分としてはいい意味で裏切られた。
サッチャー元首相が今は認知症であることとか、彼女がどのような経過で英国首相になったのかを知らなかったお陰で、映画としての物語を楽しめた。


 the Iron Lady、イギリス史上初の女性保守党党首であり英国首相、新保守主義・新自由主義の非常に強硬な政治方針と信念を持った政治家、強烈な右派であり保守的であり独善的な政治家であり・・・そんなイメージを持っていた、文字通り血も涙もない鉄の女だと思っていた。
この映画も、そういったイメージを、肯定的にか、批判的にか、そのどちらかで描く映画だと思っていたのだ。
しかしそういったステレオタイプの描き方をするのではなく、あなたは彼女という女性をどう思いますか、という、また、女性という性は何なのでしょうか、という、問いかけがテーマの映画であったと思った。
メリルストリープは、まさにそのように演じていたと思った。


 「料理や育児や掃除だけじゃなく、人生にはもっと大切なことがある。私は食器を洗って一生を送りたくない」、アレクサンドラ・ローチが演じる理想に溢れる若い頃のサッチャーと、そして認知症が進み、常に彼女を支えてきた夫デニスが死亡したことも忘れるほど記憶力が減退している晩年のサッチャー、コンビニエンスストアで若者に翻弄されながら牛乳を買い求める弱者の象徴のようなサッチャー、そして「食器を洗って一生を終えるつもりはない」と野心を語っていた彼女が老いて食器を洗っている。

 「最近の人は、どう感じるかを重視しすぎて残念。私は考えたい。考えが言葉になり、言葉は行動に、行動は習慣に、習慣が人格になり、 人格は運命を形作る」という劇中の彼女の言葉にあるような受動的ではなく、常に能動的な生き方をする鉄の女がいる。
しかし彼女は女性であること、母であること、妻であることをけっして忘れてはいない、媚びているわけではないが自分が女性であることの強みを最大限に生かしている。
そこもぜったいにぶれていない、彼女はやはり鉄のように凛として女なのだ。

 彼女は彼女自身が推し進めてきた社会を、どのように思っているのだろう。
彼女のしばらく後、保守党から政権を奪取した労働党のトニー・ブレア政権はサッチャリズムの弊害除去が国の重要な政策となった(いわゆる第三の道、必ずしも上手くはいかなかったが)。
日本では痛みを伴う小泉改革によって痛みまくってしまった国民生活と、自民党をぶっ潰すと公言したとおり小泉さんによってぶっ潰された自民党をどう回復するか、今、民主党政権と小泉息子は苦労をしている・・・のか?(笑)
と、ついでにこんな事を書いたが、そんな政治的な思想的な映画ではなかったな、冒頭でも書いたとおり、いい意味で裏切られた映画だった。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20分に1人が自殺している日本で... | トップ | 20分に1人が自殺している日本で... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Viva,ストリーブ (ojirowashi)
2012-03-21 11:49:24
書記長さん、こんにちは。
TBありがとうございます。
この映画のレビューをいくつか読みましたが、
書記長さんのこのレビューが一番私の見方と
フィットしていました。

ロイド監督もストリーブも、強いサッチャーの政治信条や伝記物語を描こうとしたのではないと思います。
それを期待してみた人は、裏切られた感じがするのでは。この作品は、サッチャリズムの是非を問題にするのではなく、あくまでもサッチャーという一人の女性を通して、人間の持つ老いの不可避さを見る者に問いかけているのだと。

その意味で、壮と老の落差の大きさをここまで見事に演じたストリーブにVIVAです。
また、おじゃまします。
TBありがとうございます (別冊編集人)
2012-03-21 18:55:14
話題になってますね〜♪
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-03-21 19:45:23
TBありがとうございます。

伝記ものでなく、彼女の女性としての生生しい人間味もあったかな〜と思います。
  ありがとうございます。 (  ojirowashiさんへ)
2012-03-22 21:58:07
  オープニングが驚愕でした。
  あのオープニングで、この映画はどうもすごいぞ、と思いました。

  メリル・ストリープの生き方も、この映画でのマーガレット・サッチャーに重なるところがあるようです。
  なにかで読みました。
  なるほど、です。
  はい (  別冊編集人さんへ)
2012-03-22 22:01:19
  いい映画でしたね〜!
  まさかこういう映画だとは思いませんでした (  yutake☆イヴさんへ)
2012-03-22 22:05:58
  生き生きとして、そして生々しい映画でした。
  得した、この映画を観て。
Unknown (光太)
2012-03-28 12:29:30
メリル・ストリープの演技が
素晴らしかったですね。
うーん (sakurai)
2012-03-28 18:09:25
なるほどねえ。
そう言う見方もあるわけですねえ。
やはり社会科教師としては、見たかったのは政治劇で、女性としてどう生きたかは、言わなくても女性としては、分かってるつもり(あくまでも・・ですが)。
いかにあの男性社会と闘い抜いたのか・・あたりを見たかったです。
なにはともあれ、メリルは素晴らしかったですね。
  はい (  光太さんへ)
2012-03-29 10:44:59
  さすがですよね。
  自分で読み返して (  sakuraiさんへ)
2012-03-29 10:49:36
  支離滅裂な部分があったので少し修正しました。
  鉄の女の鉄は、自分が思っていた鉄とは違ったなあと思い
  この映画は、そういう面をクローズアップしたのだと理解しました。
  サッチャー自身は男性社会と闘ったと思っているのでしょうか、とも感じました。
  はい、ほんとメリルは素晴らしかったです!
  ディカプリオの妖怪みたいなじいさんメイク&取って付けたじいさん振る舞いとは、格が違いました。
今頃ですが、一言。 (鉄おん(まるなか))
2012-06-30 13:19:03
これは、TB貼るべきちゃうんかっ?
  どこにTBするのだ! (  鉄おん(まるなか)さんへ)
2012-07-02 10:27:49
  突然の今さらのTB強要、理不尽だ!
  まるなかさんのブログに鉄の女鑑賞記事ないやん!
  今度会ったら、まるなかさん自身にTB貼ってあげる!(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (Akira's VOICE)
切なさしか残らない!  
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Iron Lady。フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、アレクサンドラ・ローチ、ハリー・ロイド、アンソニー・ヘッド、リチャード・E ...
メリル・ストリープ主演『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(The Iron Lady) 行動は性格である。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。英国史上初の女性首相の生涯(ある一面)を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』監督はフィリダ・ロイド。出演は本作によってアカデミー主演女優賞を受賞したメリル・スト
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 2012年2月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 を試写会で観ました。 主演女優賞は伊達じゃありません 【ストーリー】  1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だめ男のだめブログ)
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー) ジム・ブロードベント(デニス・サッチャー) オリヴィア・コールマン(キャロル・サッチャー) ロジャー・アラム(ゴ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (あーうぃ だにぇっと)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@よみうりホール
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/ THE IRON LADY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 主演のメリル・ストリープが英国女首相、マーガレット・サッチャーをそっくりに演じ アカデミー賞主演女優で3度目のオスカーをとった事でも話題。  おめでとー 監督は、ミュージカル映画「マンマ・ミー....
劇場鑑賞「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (日々“是”精進! ver.A)
マーガレット・サッチャーの、人生の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203160004/ マーガレット・サッチャー―鉄の女の涙 (リンダブックス) 白石 まみ 泰文堂 2012-03 売り上げランキング...
現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (水曜日のシネマ日記)
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady (LOVE Cinemas 調布)
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。イギリス初の女性首相として“鉄の女”と呼ばれるほどの強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの首相時代と晩年の姿を交互に描き出す伝記ドラマだ。共演に『家族の庭...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IRON LADY】 2012/03/16公開 イギリス 105分監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン、リチャード・E・....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/メリル・ストリープ (カノンな日々)
今の若い人だとあまりよく知らないのかもしれませんが近代史では歴史のみならす人々の記憶にその名を刻んだ著名な政治家マーガレット・サッチャー。イギリス初の女性首相として強 ...
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』★サッチャーという記念碑〜雑感です (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/158027/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。   予告編で聞いた、メリルの声が サッチャーさんの声にそっくりで ビックリした。 (サッチ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ、アカデミー賞主演女優賞受賞) (ラムの大通り)
(英題:The Iron Lady) ----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。 「うん。 どこから話そうか。 この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。 マーガレット・サッチャーという いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が まずよく分からなくて…。 それ以前...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
政治家になった1959年(34歳)からほぼ現在までをメリル・ストリープが演じている。政治家だった現役時代は本人そっくりだし、老けメイキャップをしてからの演技はまさに気迫が溢れている。鉄の女としての戦いを主題にすれば、もっとダイナミックな映画になっていた。
映画・マガレット・サッチャー 鉄の女の涙  (読書と映画とガーデニング)
原題 The Iron Lady2011年 イギリス 1979年から1990年まで11年という長期に渡り英国を率いたヨーロッパで最初の女性首相「鉄の女」としてあまりにも有名なマーガレット・サッチャーの人生を描いた映画です 認知症を患い、夫が他界したことも忘れるようになった晩年...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ (映画のブログ)
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 / The Iron Lady (勝手に映画評)
『鉄の女』の異名をとった、第71代英国首相マーガレット・サッチャーを映画いた作品。本作品では、2012年アカデミー賞においてメリル・ストリープが主演女優賞を受賞した他、メイクアップ賞も受賞しています。 サッチャーの半生を描いているのは間違いないんですが、過去...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (千の天使がバスケットボールする)
背中がまがり、スカーフを巻いた老女がよろよろとおぼつかない足取りで牛乳を買いにいく。細かく皺のよった首、たるんだ肉体、小さくしぼんだ目。老いたマーガレット・サッチャー、そして現在、認知症を発症している彼女が回想する政治家として”鉄の女”というご本人お気...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (こねたみっくす)
メリル・ストリープ、アカデミー賞ノミネート17回を誇る女優の演技。 英国史上初の女性首相となったマーガレット・サッチャーの伝記映画としては全く深みも面白味もありませんが、 ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (A Day In The Life)
劇場にての観賞 解説 イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮した マーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』 『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。 1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (A Day In The Life)
劇場にての観賞 解説 イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮した マーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』 『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。 1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (A Day In The Life)
劇場にての観賞 解説 イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮した マーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』 『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。 1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」みた。 (たいむのひとりごと)
3つ目のオスカー像を手にしたメリル・ストリープ。マーガレット・サッチャーの孤独の闘いを見事に演じており、納得の受賞と感じる。かなり強引なところもあるけれど、優柔不断な今の日本に欲しいと感じるリーダーの
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
この作品で3回目のアカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。 なんとその彼女が緊急来日、 maru♪ちゃん のお誘いで舞台挨拶つきの試写会へ行ってきた! 会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ★ 登場はフィリダ・ロイド監督も一緒に。 監督は女性だったの...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:メリルの芝居を見る映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、とにかくメリル・ストリープを見る
映画レビュー「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Iron Ladyクチコミを見る◆プチレビュー◆英国初の女性首相の鋼鉄の意思とその裏側の苦悩を描く「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。ストリープのなりきりぶりは必見だ。 【7 ...
試写会 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (2012.3.16公開) (理性と感情の狭間で)
3月16日(金)公開、メリル・ストリープが米アカデミー賞で 主演女優賞を受賞した「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」の試写会に行ってきました。 あらすじ マーガレット・サッチャー、81歳。現在のロンドンで亡き夫・デニスの死を理解できず、時折不可解な行動に...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会) (・*・ etoile ・*・)
12.03.07 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ yaplogで当選! いつもありがとうございますヽ(・∀・)ノ 先月、アカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ舞台挨拶つき。tomocoさんと行...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY (いい加減社長の映画日記)
メリル・ストリープが、「鉄の女」を、どう表現するのかに、興味があって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。 勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とりあえず、コメントです)
主演のメリル・ストリープがアカデミー賞を受賞して話題の人間ドラマです。 予告編を観て、メリル・ストリープなのにサッチャーに見える!とびっくりしていました。 難しい時代の中、信念を持って自分を貫いていった一人の女性の人生を、 圧巻の演技力でじっくりと描いて...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しておりま...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (悠雅的生活)
今は昔。真珠の首飾り。Shall we dance?
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』: 何を考えて制作したのだろう? (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org Chris Marsden 2012年1月10日 監督:フィリダ・ロイド、脚本:アビ・モーガン 元イギリス首相マーガレット・サッチャーの栄枯盛衰のフィクション物語『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、少なくとも興味深かったはずで、重要な作品でさえありえたろう。...
映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
11年もの間(1979〜1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存....
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (みんなシネマいいのに!)
 英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの伝記映画。 初の女性首相ということで
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 FeelingではなくThinking (はらやんの映画徒然草)
アイアン・レディ(鉄の女)と呼ばれ、チャーチルに並んでイギリスの名宰相と言われる
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】サッチャーさんの首相になるまでの道の
*『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』* ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:イギリス映画、フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、 リチャード・E・グラント出演。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (心のままに映画の風景)
英国初の女性首相となったマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、80歳を過ぎ静かに晩年を送っていた。 夫デニス(ジム・ブロードベント)は既に他界したが、今もまだマーガレットの幻想の中...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙   評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
その強い信念により強力なリーダーシップを発揮した英国史上初の女性首相“鉄の女”マーガレット・サッチャーの姿を描く「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド監督作。出演は「恋するベーカリー」のメリル・ストリープ、「家族の庭」のジム・ブロードベント。 あらすじ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だらだら無気力ブログ!)
メリル・ストリープの演技が全て。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 プレミア試写会 (メルブロ)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(原題: THE IRON LADY) 395本目 2012-07 上映時間 1時間45分 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)  ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (こんな映画見ました〜)
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』---THE IRON LADY---2011年(イギリス)監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ 、ジム・ブロードベント 、オリヴィア・コールマン 、イアン・グレン、リチャード・E・グラント、アンソニー・ヘッド 、ハリー....
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 ('12初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:00の回を鑑賞。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
イギリス初の女性の首相となり、保守的で強硬な政治姿勢から"鉄の女"と呼ばれたマーガレット・サッチャー。 雑貨商の娘、マーガレットは、オックスフォード大学を卒業。その後、政治家をめざしますが、初めての下院議員選挙で落選してしまいます。そんな時期...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (我が頭に巣くう映画達)
64点 2012年のイギリス映画で、 監督はフィリダ・ロイド、 主演は「マディソン郡の橋」、「プラダを着た悪魔 」などのメリル・ストリープです。 2011年度のアカデミー賞で、主演女優賞、メイクアップ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (迷宮映画館)
メリル・ストリープはさすがにすごいし、うまいが、なんか違う・・。
壮烈かつ無常な人生〜『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (真紅のthinkingdays)
 THE IRON LADY  ロンドン。雑貨店でミルクを買い求める一人の老女がいた。彼女の名はマーガ レット・サッチャー(メリル・ストリープ)。帰宅した彼女が朝食の席で話しかける のは、亡...
『マーガレットサッチャー 鉄の女の涙』の理由(わけ) (Healing )
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ★★★★4.2 単なる伝記映画じゃない。 普遍的な“老い”を描いた物語 現在86歳、認知症が公表されている元英国首相マーガレット・サッチャーを、 アメリカを代表する名女優メリル・ストリープが演じた人間ドラマです。 彼女は、ご...
マーガレット・サッチャー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙☆Shall we Dance? (☆お気楽♪電影生活☆)
   世界を変えたのは、    妻であり、母であり、    ひとりの女性だった。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (キノ2)
★ネタバレ注意★  メリル・ストリープに2011年のアカデミー賞主演女優賞をもたらした映画です。  正直、はぁ、またストリープかぁ、ほかにも凄い仕事したひとはいるだろうにねぇ、と思ってしまったのですが、こうして作品を観てしまえば、こりゃしょうがないねぇ...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (ゆっくり歩こ。)
最初の年老いたメリル・ストリープの演技を観て 一発で引き込まれました 上手い 上手すぎる。。  主演女優賞、当たり前ですね〜 こりゃ大したもんだわ・・・ スマステの映画コーナーで ゴロちゃんが「ストーリーは面白くないです」と言ってましたが  合ってます、...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  The Iron Lady (映画の話でコーヒーブレイク)
何度も予告編を見て、見たかった本作。 公開から1週間を経て、平日なら空いているだろうとネット予約もせず行ったのですが、 中高年を中心に80%ほどの入りでした。 春休みで映画館は混雑しており、子供が走り回っておりました。   **************....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (そーれりぽーと)
祝、メリル・ストリープ主演女優賞受賞! 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観てきました。 ★★★★★ 激動の80年代を支えた女性首相マーガレット・サッチャー。 男性しか居なかった政界で孤独と戦いながら、確固たる目標に向かい首相にまで上り詰め、初めての...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (しづのをだまき)
2011 英
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (いやいやえん)
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首...