ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

津波対策、震災前の画像と標識

2011年03月24日 22時15分32秒 | 東日本大震災
大船渡市内

以前紹介しましたが総務省消防庁の防災学習ビデオに写真を提供しています。

下記にリンクしましたのでご覧下さい。
「ブロードバンド」をクリックすると動画が始まります。
画面が小さいので全画面にして見るといいと思います(ちょっとボヤけますが)

津波から生き延びるために

このビデオではビルの3階に以上に非難・・・となっていましたが、今回の東北関東大震災では、その予想を超えてしまいました。
4階以上に非難して下さいね。

この写真の為に、取材に行ったのは昨年の11月のこと でした。

メインに行ったのは大船渡で途中、南三陸町(志津川)・気仙沼・陸前高田を数枚撮影撮しました。

基本的に撮影したのは、非難の為の標識なので、あまり街の様子は写っておりません。
写真の様に これほどまでに努力しても自然の力には、敵わなかった・・・ということですね。

今回の津波で被害に街です。
その悲参の映像は、どなたもご覧いただいていると思います。
それぞれの街では、このように準備をしていました。


まず、国道45号線は海沿いを走っています。
過去津波を経験した街は、このように標識を上げています。

津波ここから・・・



津波ここまで・・・



南三陸町(志津川)









気仙沼

港を周りましたが、あまり看板がありませんでした。





陸前高田

45線沿いにはここだけだったような・・・
平地が広くすぐに高台には難しい地形です。



陸中海岸



大船渡

市内には、かなりの数の標識がありました。
あれだけあれば、旅行者でもわかります。
問題は、個人個人が危機意識をいかに持つかですね。











この旅館はどうなったんだろう?




なんと暗くなったら灯りが点いたのです。






田老町











この街は破壊されたのですね・・・・

悲しくなります。


ブロ友の皆様へ

訪問出来ずに失礼しております。
いましばらくお待ち下さい。


『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリアージと災害医療そして... | トップ | 津波・・・動画/宮城県名取市... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひーさんへ (大崎市古川の住人)
2011-03-25 00:10:40
まだ、水が出ませんか。
重労働お疲れ様です。
お母上も入院なさって大変ですね。
こちらもガソリン不足で車が使えまん。
JRの陸羽東線が古川駅の手前で車両が高架橋に止まったままです。JRが復旧すれば、陸羽東線、東北本線でそちらにお手伝いにいけるのですが、
今、大崎市(旧古川市内)で災害ボランティアの活動をしています。お手伝いすることは苦になりませんから。
陸中海岸の写真美しいですね。あの風景が再び見ることができることを夢見て。

それから、ひーさん慌てずに!文面がちょっと変ですよ。私も同じですが。
大きな余震が続き、予断を許さない状況ですが。
あまり張切りらず休み休みいきましようよ。お互い身体が資本ですから。ひーさん自身がまた入院することになるよ。余計なお世話か?
ひーさんに元気になってもらうようにすこしふざけた文章になりましたが、悪気はありませんので。
思い出の地が‥ (みみぃ~ずママ)
2011-03-25 09:29:19
旧田老町 宮古の浄土ケ浜 山田湾の養殖棚 大船渡の穴通し磯 陸前高田の高田松原‥とても思い出深いところです。
ひーさんの写真をみて 思い出したのが 明治29年、昭和8年に大津波で 旧田老町は やはり壊滅状態で生き残りが 数名であったとか…なのに何故 人が集まり 街となったか?
以前、田老の人に 「鉱山があったから人が移り住んだ」とききました。(聞いただけで 調べては おりませんが…)
今回の震災で 各街は どうなってしまうのか…なつかしいあの場所々は、考えれば涙が出ます
昨日は 仙台港近くへ行きました。やはり悲惨な状態でした。私は 会社の物資が流され 仕事が出来ず 海外からの入り待ちです。
病み上がりのひーさん!御自愛下さい!
ごめんなさい (おゆん)
2011-03-25 10:13:35
ひーさんが、身体に鞭を打ちながらご家族の為に気を張ってらっしゃる姿を想像すると申し訳ない気持ちで一杯です。

神奈川に住むこちらでも公民館などを被災者の方々の避難所として開放し始めました。救援物資の提供を呼びかけていて私でも協力できる事が見つかりました。

しかし、車に乗らずに買物へ出たり、節電や物資の買い占めをしないという本当に僅かな事しか出来ていないのが現実で。
精神的、肉体的にも既に限界でしょうにそれでも被災者の方々は乗り越えようと必死に頑張っていて。
前は偉そうなコメントをして本当にすみませんでした。


被災者の方々の笑顔が少しでも増えていきますように。

記憶の風景 (酔漢です )
2011-03-25 12:18:17
旅しておりました。自転車です。(いつもの事なのですが)この標識、あちこちで見ました。
岩手県田老。
防潮堤が高くて、眼前の海をみることができませんでした。少し高台に上がって、その全容をみたとき、「これは城壁に囲まれた城そのものだ」と感じたことを覚えております。
先だって、「この安心感が避難を遅らせた」とする見方がある事を知りました。
ですが、これには無理があろうかと。

どう考え、どう整理をつけたらよいのか。
自分でもわかりません。二週間が経った今日でもです。
「くだまき」は毎日更新してまいりました。
今日の更新で一区切り着けようかと思いました。
自身を取り戻すまで、今回ばかりは時間が掛かりそうです。
自分の気持ちがこうなるとは、半世紀近く生きて来て初めての事です。
生意気な口を聞きました。
ごめんなさい。
ここまで (維真尽)
2011-03-25 12:59:23
対策されてたんですね
自然の猛威は
ひどすぎますね

とにかく 御自愛ください
なんとも言えませんね・・・ (たろー)
2011-03-25 13:13:13
はじめまして、たろーと申します。
香川県の小豆島に住んでます。
ぱるえさんに「ひーさんの散歩道」を教えていただきました。

写真、いっぱい見ましたよ。
すごい惨状で・・・言葉になりませんね。

実は、七ヶ浜に私の後輩がいるのですが、つい最近安否確認できました。
それは嬉しかったのですが、なぜ七ヶ浜がなかなかテレビに映らないのか、腹が立ちました。

テレビに映るのは、ほんのごく一部。
もしよかったら、私のブログで「ひーさんの散歩道」を紹介させて下さい。
大崎市古川の住人さんへ (ひー )
2011-03-25 14:14:53
ボランティアをなさって ましたか。
ご立派ですね。なかなか出来ることではありません。

文章・・・確かに、何せ続けて書かないでちょこちょこ 書いていましたので、繋がりが変でしたね。
ちょっとだけ手を加えておきました。

いつになったら行けるかわかりませんが、 また陸中の街を訪れたいと思います。

みみ~ずママさんへ (ひー )
2011-03-25 14:47:07
陸中の観光名所は私もいろいろ歩きました。
どのように変わってしまったのか気掛かりです。
仙台港は地獄のようですね。
明日にでも、国道45号線の写真をUPしようかと思います。
おゆんさんへ (ひー )
2011-03-25 15:04:35
とんでもないです。
横浜もビルの破片が落下していましたね。
東北だけの問題ではありませんね。
ご協力ありがとうございます。

原発の問題で益々不安になっている国民です。
あれは一部人災でしょう。
今年は波瀾万丈ですね。
維真尽さんへ (ひー )
2011-03-25 16:17:14
そうですね。
仕方が無いの一言じゃすまないのですがね。

なんとも心苦しいです。
たろー さんへ (ひー )
2011-03-25 16:45:36
初めまして、コメントありがとうございます。

そうなのです、地元のテレビ局さえ流しません 。
確かに入り込めない事情があったのかも知れませんが、ヘリの 画像もないのです。
私の親戚も家が流されてしまい、しばらく安否確認ができませんでした。

是非ともたろーさんのブログでご紹介いただければと思います。
小豆島といえばオリーブでしたかね?
阿波に行くときに通過だけしました。
東北の地にると暖かいお国が恋しくなります。
夜は寒くて避難所の人は寒いだろうと思っています。

春が待ち遠しいです。
酔漢さんへさんへ (ひー )
2011-03-25 23:33:07
失礼しました。返信 遅くなりました。
確かに万里の長城のようにあの壁に覆われていると、安心感があると 思います。

狼少年のように、何度も津波の高さが20センチとかの報告を聞いていれば 、今回もそんなものだろうと安心するものです。
特に宮城南部の港や海辺の人は 、危機感が足りなかったかも知れないと思います。
今回は意外と言うしかありませんね。
この教訓は絶対いかされなければなりません。
多くの犠牲者をだ出したのですから。

酔漢さんへさんへ (ひー )
2011-03-25 23:34:03
失礼しました。返信 遅くなりました。
確かに万里の長城のようにあの壁に覆われていると、安心感があると 思います。

狼少年のように、何度も津波の高さが20センチとかの報告を聞いていれば 、今回もそんなものだろうと安心するものです。
特に宮城南部の港や海辺の人は 、危機感が足りなかったかも知れないと思います。
今回は意外と言うしかありませんね。
この教訓は絶対いかされなければなりません。
多くの犠牲者をだ出したのですから。

お晩です (あーさん)
2011-03-26 00:07:15
注意の喚起   結構されてたんですね
しかし 大きな犠牲。
改めて自然の脅威、痛感します。

ご不自由な暮らしに耐えていらっしゃることと拝察。   何かできることがあれば、お申しつけくださいネ
あーさんへ (ひー)
2011-03-27 07:52:02
昨日は一輪車(ネコ)で水を3往復しましたよ。
近くの地下水です。

JRが動かない今、ガソリンは移動手段としてやはり大事ですね。
今朝は日曜だったので特に並んでいましたよ。
先着200名の枠も5時半に行っても終了していました。話になりません。
時間が必要なようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。