ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

トリアージと災害医療そして多賀城市

2011年03月21日 16時47分39秒 | 東日本大震災
実は母が3日前から熱発を起こし、抗生剤で様子を見てましたが、熱は下がらず飲まず食わずの状態が続いており、これ以上は引き伸ばせないので、救急病院へ・・・・

ここは、今回の災害でテレビにもよく出ている病院です。
次々と救急搬送されて来る患者をトリアージしていました。

トリアージとは、災害医療の現場で傷病者の重症度にあわせて優先順位をつけるものですね。

(Black Tag) カテゴリー 0 (死亡群)
   死亡、もしくは生命にかかわる重篤な状態であっても救命に現況以上の救命資機材・人員を必要とするため、該当する時点での救命が不可能なもの。

(Red Tag) カテゴリー I (最優先治療群)
   生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置が必要で救命の可能性があるもの。

(Yellow Tag) カテゴリー II (待機的治療群)
   今すぐに生命に関わる重篤な状態ではないが、早期に処置が必要なもの。

(Green Tag) カテゴリー III (保留群)
   軽度の病症および救急での搬送の必要がないもの。

母は、黄色でした。血液検査の数値は普通ならすぐ入院のレベルです。
Dr.も普通なら入院して治療すべきですが、ベットが無いため、点滴の後経口投与で様子を見て下さい。
とのことでした。
それは、しかたが無いことです。
今回の震災がなければ、ベットが無ければ他の病院を探すのですが、今の現状では、この地区においてこの病院は最後の砦なのです。
医師や看護師は、全国から応援にきています。
名札を見ると東京・新潟・香川・長野・熊本・etc ありがたいと思いました。
それも優しく接してくれます。
この現場を見たら、駄々を捏ねるわけにはいきませんね。

こんな光景がありました。

お母さんと2~3歳の子供が入ってきました。
患者はお母さんの方でした。
看護師さんが点滴をしようとお母さんの腕をゴムで縛った時でした。
あんな小さい子なのに、身体を張って、お母さんに注射をさせまいとお母さんにしがみついたのです。
看護師さんが悪い人に見えたのでしょうね。
男の子でしたが、お母さんを守ろうとした行為に感銘しました。
小さくてもわかるのですね。 少し嬉しかったです。


今朝、このブログを見て驚いたのが、なんと1,555,420ブログ中2位になってました。

昨日一日のアクセス数が4万7千件です。 訪れた人は37,262IP・・・・
実はこの記事は以前に書いた田老町の記事でした。
励ましのコメントを多数いただき、ありがたいとここでも思いました。

多賀城の震災の写真は、市のHPに掲載してあります。


海から離れている市川付近の砂押川には、このようにボートが破壊され流れてきていました。







近くのスーパーでは、このように行列です。
店頭販売ですが、3時間並んでもお菓子くらいしか買えません。




こんな風景も・・・・JRでは復旧に必死です。

砂利を積んだトラックが線路の上を走っています。







レールの上には車輪が・・・・




『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北石油コンビナート炎上と... | トップ | 津波対策、震災前の画像と標識 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひーさんへ (ほでなすいっく)
2011-03-21 18:46:04
生きでたよ~。

地震の数日後に東松島の大曲浜地区に行ってきましたが、本当に悲惨な状態でした。
自分の目で見た光景なのに、信じられなくて
全てが夢であればいいのにと思いました。

それでもワタシは家族・親戚も無事だったし、
家も無事だったしすっごくラッキーです。
あ、でも職場は1mくらい?浸水してしまいました。
今は自宅待機ですが、再開できそうです。


不安でどうしようもない気持ちになってましたが、ひーさんのコメントで救われました。
ありがとうございました。

前向きでいればいい事がやってくる。
がんばっぺしね。
いっくさんへ (ひー)
2011-03-21 19:29:41
よく助かったね。

駄目かとほんの少し考えました。

いがったいがった・・・

がんばっちゃね。
お晩です (あーさん)
2011-03-21 20:19:51
弱り目に祟り目。

ひーさん、めげずに頑張ってくださいね

F市から応援しています。

子供の話  泣けました・・・
Unknown (ぱるえ)
2011-03-21 20:39:00
ご無事でなによりでした!
何度か携帯からコメを送っていたのですが、全然届いてなかったようで・・・
塩釜の実家でネットが通じたのでPCで拝見しています。
わが家は一時期陸の孤島になりました。怖かった・・・
すべてが想定外の規模だったのでしょうが、
津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。

頑張るしかないですね!!!
病院の (維真尽(^^))
2011-03-21 21:35:35
現状
何とか回復することを願ってます

状況を伝えるブログ
貴重ですから
無理しないで伝えてください

Unknown (michelle)
2011-03-22 05:26:12
おはようございます

私の身近な知り合いも震災地域の病院へ医療活動へ出ています。
何もできない私に代わって遠くで頑張って下さっている自衛隊や医療関係者の方 誇りに思います。
お母様快方に向かわれますよう 祈っております。
Unknown (桃源児)
2011-03-22 12:51:43
トリアージ、こういう事態では仕方がないことかもしれませんが、本当に大変なことですね。
岡に上がったボート、恐ろしくなってくる光景です。
今NHKで (酔漢です )
2011-03-22 13:52:41
松ケ浜小学校避難所の中継をしております。
避難所生活の厳しさ。相当疲労がたまっていることと思います。疲れだけではなく、身体、生命にかかわってくる人も多かろうと。
救急救命とはいえ、野戦病院さながらの光景。
想像できずにおります。

驚きました。松ケ浜の中継中、テレビメッセージで遠縁が映っておりました。(たった今)
元気な様子が解りました。
偶然でした。
友人からの地獄の光景を見て (大崎市古川の住人)
2011-03-22 22:33:48
「友人からの地獄の光景」涙が止まりません。ひーさんのブログはいつも興味深く楽しく見ておりました。大崎市古川は被災地の中ではわりかし被害が多大ではなくライフラインは、ほぼ復旧し復興に向かっています。お母上の容態はどうですか?回復を大崎市古川の地からお祈りいたします。
本当に大変です。 (ハム姉さん)
2011-03-23 13:19:32
お母様大丈夫ですか?
大事にしてあげてください。

そしてひーさん無理しないでくださいね。
ご自分のお身体をいたわってください。
Unknown (ビタースイート)
2011-03-24 03:07:10
お母さまやお嬢さん
ひーさん
お体の具合が落ち着かれていますように。
あーさんへ (ひー )
2011-03-24 13:36:23
逆に考えると あの子供には、お母さんの愛情が通じていたのですね。

夜に再度悪化し、お袋が入院してしまいました。
ぱるえさんへ (ひー )
2011-03-24 14:08:11
自分もぐずら君ちはヤバイかな?と思い。
住所を確認したらますますヤバイぞと思いましたよ。

ギリギリセーフでしたね。
良かったです。

維真尽さんへ (ひー )
2011-03-24 14:28:32
このあと、深夜に母を連れてゆき、そのまま入院になりました。
昨日から病院は通常通りになりつつあります。
でも、県外の応援スタッフは物資を持ってきていますよ。
鳥取ナンバーの車も来ています。

michelleさんへ (ひー )
2011-03-24 14:46:57
コメントありがとうございます。
実は地震当日私はこの病院に入院していました。
停電になり自家発電に切り替わりましたが、電気は節約の為に食事をする時や点滴を時位しか点けませんでした 。食事は冷たいご飯で我慢をしていましたがエレベーターが使えない状態でしたので9階までも人力で運んできてくれたのです 。
おかずなどは、応援に駆けつけた医療スタッフの人たちが 持ってきたものでまかなっていたと思います。
有難いことです。日本全国の医療スタッフが手伝ってくれています。
桃源児さんへ (ひー )
2011-03-24 15:08:27
お邪魔出来ずに失礼しております。
まだ不便な生活で夜になると疲れてしまい 訪問できずにいました。
こんな情報だけは、リアルタイムの方がいいと思いましてね。
また、故郷のことが心配な人のためにアップしていました。
酔漢さんへ (ひー )
2011-03-24 16:25:24
それは良かったですね。
全国ネットでは放送されていませんが、ミヤギTVや東日本放送では地元向けに各避難所からの メッセージが流されていました 。
メッセージの本人じゃなくても後ろに写り込んでいて安否がわかった人もいたようです 。
早めに避難した人は助かった人も多くいるはずです。
個人的なな情報を得るにはもう少し時間がかかりそうですね。
大崎市古川の住民さんへ (ひー )
2011-03-24 16:42:29
コメントあちがとうございます。
そして いつもご覧いただきましてありがとうございます。
テンション下がって ましたが、力が湧いてきます。
母は、再度深夜に訪れてそのまま入院となりました。

まだ、水が出なく重労働が続いています。
なんとか乗り越えないと・・・
ガソリンがあればなんでもできるのですが困ったものですね。
お互い身体に注意して乗り越えましょう。
ハム姉さん様へ (ひー)
2011-03-24 21:18:16
今がどん底ですね。
2ヶ月間で家族四人が入院し、この震災に遭うとは・・・
後は良くなって行くばかりだと信じたいです。
身体に注意して頑張りマウス。
ビタースイートさんへ (ひー)
2011-03-24 21:29:11
退院の日から忙しい日が続き、自分でもぶり返してしまうのではないかと心配しました。
水汲みが大変で、筋肉痛ですよ。

仕事にも復帰しているのですが、交通手段が自家用車の為ガソリンが心配です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。