北京暮らしを始めてみれば ふたたび

2012年1月から再び北京生活が始まりました。(前回は2003.1~2006.1)
北京の毎日をつづります。

美しい北京の秋 紅葉の見ごろは?

2016-10-29 21:45:10 | 北京暮らし おでかけ編

ぐっと気温が下がった北京。 朝晩は冬のよう。

そうなってくると気になるのは、紅葉の見ごろはいつなのか???ということ。

 

 

10月28日。

 

 

前日の雨の影響もあり、空気もこの通り! 美しいっ!!!

 

 

ならば・・・。

 

 

 

 

やってきました、地壇公園。

 

 

 

 

銀杏並木が美しく、毎年この季節を楽しみにしています。

入園料は2元(約30円)。 安っ!!!

 

 

 

さ~て、銀杏は・・・?

 

 

 

 

おっ・・・?

 

 

一部、美しく紅葉していましたが、見頃まではまだもう少しという感じ。

 

なので、数少ないまっ黄っ黄の美しい銀杏の周りに。

 

 

 

 

 

集まるカメラ女子、カメラ男子。

 

 

 

 

やっぱり見頃は11月初旬なのかな~?

 

 

 

気を取り直して、公園内の他の銀杏スポットへ。

 

・・・すると、前方から。

 

 

 

なんかっ!!!

ピンクのっ!!!!!

変なポーズした人が来る~~~~~!!!!!!!

 

 

 

 

え? なに? なにっ!?

 

 

 

 

 

なんかの、まじないやろか?

 

 

V字女子2名は、私の驚愕をよそに、V字ポーズのまま涼しい顔で通り過ぎていったのでした。

 

 

 

 

・・・わけわからん。

 

 

 

 

さてさて、こちらは。

 

紅葉はわりと美しいのですが、木がまだ小さいのかな。

 

 

 

 

なんというか・・・ すかすか?

 

 

 

では、いよいよメインの銀杏並木に向かいましょう。

 

 

 

 

銀杏並木のすぐそばには、なにやらにぎやかな広場。

 

 

 

 

おぉ~! お子たちが、ハトにすごまれとるぞっ!!!

 

 

 

 

こっちは・・・?

 

 

銀杏の見ごろに合わせての、なんかのイベントらしい。

 

 

 

 

昔ながらの凧や、中国結び。

 

 

 

 

さささ~っと、飴の絵を描く職人さん。

 

銀杏を愛でて、古き良き北京の文化にも触れましょうという催しかしら?と思ったら。

 

 

 

 

めっちゃ“趣味の雑貨”的なものを売るおじちゃん。

このおじちゃんが、このかわいらしい編みぐるみとかを作ったんやろか・・・。 ほのぼの。

 

 

 

ちなみにここでも。

 

 

 

キレッキレの社交ダンス!

ここはお教室のようで、マイク片手に指導する女性の声が響いておりました。

 

 

 

ではでは、いよいよ地壇公園のメイン銀杏並木へ~!

 

 

 

 

じゃ~ん!!!

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

・・・・・・・。

 

 

 

 

やっぱり見頃にはあとちょっと、という感じですね。

しかも、前日の雨で中途半端に落葉していて、ちょっとがっかり・・・。

 

 

 

 

ではでは、日がさしていても寒いので、そろそろ帰りましょう。

 

 

 

 

南門から出ましょうかね。

 

・・・っと、その脇で。

 

 

 

大変っ!

おばちゃん、固まってるで~!!!

 

 

 

・・・間違いました、太極拳の真っ最中でした。

 

 

 

 

ばっちりの見頃にはまだ早かったけど、秋を感じられる地壇公園 ぶらぶら散歩。

こんな空気の良い日は特にリフレッシュできるのでした。

 

 

 

それにしても、カメラの前でポーズとるのがほんとに上手なこちらの皆さん。

 

 

 

 

銀杏並木の前で、このポーズ・・・。

 

 

 

「私の銀杏並木へようこそ!」とでも言わんばかりの・・・。

 

フォトジェニックな場所に来ると、そこでの撮影大会を眺めるのも楽しみ(?)のひとつです。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅その7 モントリオ... | トップ | 今年も上海蟹の季節がやって... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む