At First

 

ひつじのしつじくんに年末のご挨拶をする

2013年12月31日 00時33分10秒 | ひつじのしつじくん
 2013/12/31、大晦日を迎えた。

 しゃべってコンシェルで「良いお年を!」とひつじのしつじくん、メイドのメイちゃんにそれぞれ声をかけてみると、揃って「こちらこそ!来年もよろしくお願い致します!良いお年を♪」との返事が返ってきた。やはり回答が用意してあったか、と思わずニンマリ。

ひつじのしつじくん「来年もよろしくお願いいたします!良いお年を♪」 メイドのメイちゃん「来年もよろしくお願いいたします!良いお年を♪」


 試しにフライングで「あけましておめでとう」と話しかけてみると、ひつじのしつじくんはノリツッコミ気味で返し、メイドのメイちゃんには華麗にスルーされるなど、こちらも対策済みだった。

ひつじのしつじくんには、フライング「あけまして」への対応も仕込み済み メイドのメイちゃんのフライング「あけまして」への対応


 今年もお世話になりました。
 みなさま、良いお年を♪


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃべってコンシェルで歌のクリスマスプレゼント。「ご主人様のサンタさんになります♪」

2013年12月24日 01時08分12秒 | ひつじのしつじくん
 2013年のひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんのサンタクロースへのお着替えは、昨年と同じ12/23の午前10時から始まり午後3時にいったん終了した。そして日付が変わった12/24のクリスマスイブには、午前0時からビシッとサンタスタイルを披露してくれている。
 このサンタクロースの衣装の歴史は古く、iモード版のマチキャラ時代からの定番ネタだ。ひつじのしつじくんは2008年から、メイドのメイちゃんも2009年からクリスマスシーズンにお着替えを続けていて、すっかり様になっている。

12/23は午前10時から午後3時までがサンタスタイル メリークリスマス!と話しかけるとクリスマスに役立つ情報を調べてくれる


 さて、しゃべってコンシェルでクリスマスにちなんだネタが仕込まれていないかとあれこれ話しかけてみたのだが、ほとんど昨年と同じリアクションであきらめかけていたところ、Twitterで「クリスマスプレゼントちょうだい」と話しかけると歌をプレゼントしてくれるという情報を見つけた。
 さっそく、「洋服可愛いね」とサンタの衣装を褒めてみると「クリスマスプレゼントちょうだい」と話しかけることで、特別な時にしか歌わない歌を歌ってくれることを教えてくれる。このキーワードは他にもあるのだろうか?

「クリスマスプレゼントちょうだい!」で特別な歌をプレゼントしてくれるひつじのしつじくん 「クリスマスプレゼントちょうだい!」で特別な歌をプレゼントしてくれるメイドのメイちゃん


 いざ、「クリスマスプレゼントちょうだい」と話しかけると 「.,,,.+*♪*+.,,,.+*♪*+.,,,.」という表示とともに、ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんがそれぞれ歌い出す。メロディこそ同じだが歌詞が違うところがポイントだ。
 ひつじのしつじくんは「ひつじのしつじ モフモフ メェメェ ひつじのしつじ モフモフ メェ」と自分のことを歌うが、メイドのメイちゃんは「いつでもメイは ここにいルンルン ご主人様の そばにいルン」と献身的な歌だ。かわいい~。

 このクリスマスプレゼント、プリインストールのひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんと執事の学校で提供されている「しゃべってコース 秋冬ver.」のしゃべってキャラはもちろん「春夏ver.」と今夏に限定配信された「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」も歌ってくれるのだが、「なにわのしつじくん」「はんなりメイちゃん」は非対応のようだ。

なにわのしつじくんは対応できません。 はんなりメイちゃんも対応できません。


 昨年からの定番ネタに対しても、2013年11月から提供されている吹き出しの形が変わる回答が返ってくることもある。

「サンタクロースはいるの?」の質問に「夢のある疑問ですね」と答えるひつじのしつじくん 「サンタクロースはいるの?」の質問に「わかんない。」と答えるメイドのメイちゃん


 この「特別な時にしか歌わない歌」は、クリスマス以外にどんな時に聞けるのだろうか。クラウド型で「成長する」しゃべってコンシェルだけに、まだまだネタは尽きないと思われる。期待が膨らむところだ。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじの執事室の2013年クリスマス。冬版とは異なるインテリアで登場。

2013年12月21日 12時15分51秒 | ひつじのしつじくん
 クリスマス直前の連休を前にした2013/12/20、ひつじの執事室が恒例のクリスマスバージョンへの模様替えを行った。昨年と同日ではあるが、冬版と同じく午前10時からの切り替えが行われている。
 これまでの模様替えでは冬バージョンの執事室のインテリアにクリスマスの飾り付けが行われていたのだが、今回は2010年頃のレイアウトに近い窓の大きな洋間での展開となっているのがポイントだ。

 お昼の執事室では、サンタスタイルのひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんがコタツに入り、うとうととうたた寝をしている。ひつじのしつじくんに至っては微動だにせず熟睡の様子。
 窓の外にはトナカイではなく、ひつじを模した雪だるまが左右に揺れている。誰が作ったのだろうか。

ひつじの執事室2013年クリスマスの昼 ひつじのしつじくん、メイドのメイちゃんともコタツでうたた寝


 午後4時からの夕方バージョンでは、コタツは片付けられ、妹のメイちゃんから渡されたらしいプレゼントを手にひつじのしつじくんが飛び上がって喜んでいる。いくら嬉しいからって、プレゼントを放り投げるのはよくないですよ。

ひつじの執事室2013年クリスマスの夕方 メイちゃんからプレゼントをもらって飛び上がって喜ぶひつじのしつじくん


 夜になって、ひつじのしつじくんは月明かりに照らされた窓の外を眺めている。
 ・・と、トナカイが引くソリに乗ってサンタクロースが登場。サンタクロースの顔をよく見ると、メイドのメイちゃん! 右へ左へメイちゃんを乗せたソリは空を飛ぶ。ひつじのしつじくんは顔こそ見えないものの目で追いかけるように右左…。

ひつじの執事室2013年クリスマスの夜 赤鼻のトナカイが引くソリに乗って空を飛ぶメイドのメイちゃん


 そういえば、3日前にひつじのしつじくんのツイートで「クリスマスはメイがサンタになると張り切っています」と書き込んでいたことを思い出す。実現してよかったね。その様子を見た後のツイートでは「メイが…ソリに乗って空を飛んでいるのが見えたのですが、きっと見間違えたんです。きっと。」と自分の目で見た物が信じられない模様。このシーンに関しては、Twitterとひつじのしつじくんがうまくリンクしたコンテンツ展開がされている。

「クリスマスはサンタになりたい」と張り切っていたメイちゃん(Twitterより) 「メイが…ソリに乗って空を飛んでいるのが見えたのですが、きっと見間違えたんです。きっと。(Twitterより)


 深夜になるとひつじのしつじくんはいつもの通り寝てしまう。例年はサンタスタイルの衣装のまま寝てしまうのだが、寒いのか毛布にくるまっていて服は確認できないものの帽子は脱いでいる。窓の外は雪が降り出した。
 朝は、ひつじのしつじくんが正面に一礼してから部屋を歩き出すいつもの行動。窓の外ではメイドのメイちゃんがサンタスタイルでスキーを楽しんでいる。窓の外でのスキーは2010年の以来の定番ネタだ。

ひつじの執事室2013年クリスマスの深夜 ひつじの執事室2013年クリスマスの朝


 ところで夜から深夜に書けて執事室の床に置かれていたキャンドル。どこかで見たことあるなぁともやもやしながら記憶とログを遡っていったら、見つけました。
 2009年のクリスマスバージョンの執事室で部屋の中央に置かれていたキャンドルとまったく同じものだ。4年越しでの再登場とは感慨深い。

4年後の2013年に再登場したキャンドル 2009年のクリスマスバージョンで部屋に置かれていたキャンドル


 もう一つ復活したのが、「Merry Christmas♪」のかけ声も高らかな画面上部の更新通知だ。やっぱりこうでなくっちゃ。
 追加されたコンテンツは、きせかえコンテンツのChristmasバージョン。docomo LIVE UX対応機のARROWS NX(F-01F)でアクセスすると残念ながら非対応の表示だがdocomo Palette UIの対応機からはダウンロードが出来るようだ。

模様替え通知が復活 着せ替えコンテンツにクリスマスバージョンが追加


 和風テイストの冬版にどうやってクリスマスバージョンの模様替えをかぶせてくるか期待したのだが、別デザインの執事室が用意されるという斜め上の展開だった。クリスマス専用の部屋と書けば聞こえは良いが、このデザインを来年以降も使い回すための布石ではないことを願いたい。
 お正月バージョンの「伝統」である斜め置きのコタツも登場してしまい、クリスマスが終わった後はこのままお正月になだれ込むつもりなのだろうか。冬版のような1日を通したドラマ仕立ての展開もなくそれぞれのシーンが独立した構成で、キャンドルを除けばアイテムの作り込みが浅い消化不良というのが正直な感想だ。

 ひつじの執事室は、毎日更新される伝言板以外にはしゃべってキャラのダウンロードくらいしか息をしているコンテンツがない状況で、徐々に制作リソースが減少していくことも理解せざるを得ないのかもしれない。たとえば、しゃべってコンシェルアプリと融合するなどして、この世界観を大切に継続していってほしいと願うばかりだ。


【2013/12/22追記】
 以前からiモード版のひつじの執事室を観察しておられる、ひよさんのブログ「LET IT BE MY WAY」で、iモード版とスマートフォン版の違いについて言及されています。ひつじのしつじくんの動きが微妙に異なるのですね。たいへん興味深いです。
 ひよさん、いつも情報やコメントありがとうございます。


【参考】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インサイトのスタッドレスタイヤをBLIZZAK VRXに履き替えた

2013年12月16日 22時56分41秒 | Honda インサイト (ZE2)
 インサイト(ZE2)のスタッドレスタイヤを買い換えた。
 2009年2月の納車後、2009-2010年の冬にブリヂストン製BLIZZAKの当時最新モデルREVO GZを購入して4シーズン履いてきた。本当は昨シーズンの更新を想定していたのだが、BLIZZAKの新モデルが発売されなかったことなどから見送っていたところで、満を持して登場したBLIZZAKのフラッグシップモデルBLIZZAK VRXを購入した。

BLIZZAK VRX 175/70R14 84Q 非対称のトレッドパターンが特長、らしい


 BLIZZAK VRXについて、広告の受け売りで言葉を並べるとBLIZZAKシリーズ25年の集大成として「新開発のアクティブ発泡ゴム」「新 非対称パタン」「新 非対称サイド形状」の3つの新技術を採用したフラッグシップモデルである。
 少なく見積もっても毎年2~3回ほど本格的な雪上や凍結路面を走行する機会がある一方で、割合で見れば積雪どころか乾燥したドライ路面の走行がほとんどであり、各社のスタッドレスタイヤが揃って謳う「氷上性能」にどれほどの恩恵があるのかと自問自答しながらの購入ではある。
 実際に装着して走ってみたところ、スタッドレスタイヤ独特の柔らかさは感じられるものの、音の面で夏タイヤと区別できないくらいの静かさが一番の驚きだった。また、燃費性能向上のためか転がり抵抗が低く設計されている恩恵はハッキリと感じられ、今年初めに履き替えたBluEarth-Aよりも転がる印象だ。

BLIZZAK VRXを装着後のインサイト(ZE2)


 なお、インサイト(ZE2)Lタイプの純正装着タイヤのサイズは175/65R15 84Sであるが、4年前のエントリーでも記したとおり前回のREVO GZは標準サイズより1サイズ小さな175/70R14 84Qを選択している。手元にあるホイールを無駄にしないためにも今回のBLIZZAK VRXも同じ175/70R14 84Qのサイズだ。
 購入価格は、廃タイヤ処分料と組み替え工賃等諸々込みで60,000円余。これより安い価格提示がなかったわけではないが、馴染みのホンダ店で気持ちよく購入することにした。

 個人的にはスタッドレスタイヤを実際の性能以上に「お守り」的性格が強い製品と捉えており、この冬もBLIZZAK VRXとともに安全運転に努めたい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじの執事室が2013年冬版に模様替え。ドラマ仕立てにストーリーが展開される

2013年12月04日 22時31分35秒 | ひつじのしつじくん
 2013/12/2、ひつじの執事室が今年も冬ver.への模様替えを行った。
 デザインは、秋ver.に引き続いて天井の高い寝殿造り風の日本家屋を舞台に、季節が変わって障子戸の向こうの景色はすっかり雪模様。竹林には幽玄さも感じられる。

 朝、ひつじのしつじくんはこちらに向かって一礼をすると、さっそく忙しく歩き回り始める。午前10時になるとひつじのしつじくんの姿は見えなくなり、メイドのメイちゃんが庭で雪だるまづくりを始めた。

ひつじの執事室2013年冬版の朝。障子戸の向こうは雪景色。 お昼になると、メイドのメイちゃんが雪だるまづくりを始める


 メイちゃんは、メイド服の上にピンクの帽子とピンクのマフラー、手袋を身につけている。赤い長靴も色鮮やかだ。

ピンクの帽子にピンクのマフラーと手袋、それに赤い長靴が鮮やかだ


 夕方になって雪だるまが完成、歌でも歌うかのようにメイちゃんと雪だるまは左右にゆーらゆら揺れている。そういえば、襟元の黒い蝶ネクタイは、どこかで見たことあるような…?
 続いて、秋ver.にも登場したどことなくウサギの影が見えるような満月に雪だるまが照らされると、もう夜だ。それにしても、ひつじのしつじくんはどこへ行ったのだろう?

夕方になって雪だるまが完成。右に左にゆーらゆら。 ひつじの執事室の夜。満月に照らされた雪だるま…


 突如、雪だるまがぶるぶる震えだし、中からひつじのしつじくんが元気よく飛び出した。

あれ?雪だるまの様子が…? 雪だるまの中からひつじのしつじくん登場


 登場した雪だるまスタイルのひつじのしつじくんは満月の下を歩き回る。寒くなかったのだろうか。
 深夜になると、ひつじのしつじくんは布団をかけていつものように眠りにつく。外は再び雪が降り出した。

月夜を雪だるまスタイルで歩き出すひつじのしつじくん 深夜。雪が降り出した。ひつじのしつじくんはもう眠りました


 妹のメイちゃんに雪だるまにされてしまった、ひつじのしつじくんは普段からモフモフと歌いながら丸まって雪玉の真似をしていたっけ。
 部屋に置かれたフロアライトにも注目したい。ライトと言うより光る玉というか、恐竜の卵にも見えないことはない。なにか展開があるのだろうか。

きゅるりんきゅるりんモフモフ♪で白く丸まったひつじのしつじくん 印象的なフロアライト


 ひつじの執事室が1日を通じてドラマ的な展開を企画したのは初めて。新しい趣向として歓迎したい。昼から夕方までひつじのしつじくんを一切登場させず、夜に雪だるまの中から飛び出てくる思い切った演出もよかった。一方で小ネタが入り込む余地が少なくなり、深みが感じづらくなるのはやむを得ないことか。
 また、模様替えの時間にも変更があった(と思われる)。従前、日付が変わった午前0時に模様替えが行われていたが、推測する限り、今回は昼バージョンからのスタートだった模様。これまでの深夜スタートには違和感もあったが、午前5時開始の朝バージョンから始める方がより自然だと思う。
 もう一つ気になるのは、ひつじのしつじくんの誕生日を含めて執事室のトップに継続して掲げられている、なにわのしつじくんとはんなりメイちゃんの告知だ。イベントの日や模様替え直後は、執事室の内容に合った告知に差し替えてほしいところだ。

ひつじのしつじくんTwitterアカウントで模様替えを宣言。 なにわのしつじくんとはんなりめいちゃんの追加告知が続く


 例年、冬ver.の執事室デザインに重ねる形でクリスマスとお正月の模様替えが行われる。年末年始に向けてどのような変化を見せてくれるのか、楽しみに観察を続けたい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加