はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  横浜(433) 市外篇  横須賀京浜急行の旅

2016-07-26 08:44:08 | 日記



毎年この時期、
そう暑い夏の季節になってくると
必ずブログに書いている楽しい電車の
旅がある。

しかも毎回毎回
同じような写真を載せて、
同じような感じで書いていると思う




京浜急行で横須賀方面への小旅である

横須賀にはちょくちょく行っているのであるが、
夏のこの時期は特別な感じがする




特に、追浜あたりから景色がガラリと変わって、
学生時代の頃から見慣れた風景が
鈍行電車からゆるゆると通り過ぎていく
海からの風が潮の香りをはこんできたり
緑色の木々が眩しいくらいに
車窓から飛び込んでくる




鈍行でなくては味わう事が出来ない
のんびりとした時間がたまらない




そんなこんなで、
とにかく夏の京浜急行は大好きである





汐入あたりを過ぎると駅のホームが高台にあるので
余計に開放感が増してくる



トンネルをぬけるとまたすぐトンネルだ

これもいいんだよなぁ




汐入駅に到着~~




今日は横須賀の音楽仲間との飲み会であるが、
その前に前から気になっていた昭和の銭湯に行くのである
まずは涼しいどころでコーヒーでも
飲むとするか

汐入のガード下にある「平林コーヒー店」は
のんびりとした昭和の喫茶店であり
いつも懐かしいジャズが流れている



前にも書いたが昭和の時代から
たま〜に入っている喫茶店である




ママさんと若い女性従業員さんがいつもいるが、
もしかしたら従業員さんは娘さんかもしれない
今日は御主人の顔も見られる



店の御主人がフジフイルムのコンデジX30を見て
「これ、ライカですか~」なんて聞いてきた
「違いますよ、富士フイルムのデジタルカメラですよ」



テナ事で話が盛り上がり
御主人が戦前のライカ(たぶん)を持ってきて
写真談義をした




はげまるが、その昔あったEMクラブで
バンドをやっていた話をしたら
御主人が
「後ろにEMクラブの模型がありますよ」

ひゃ~~~~~~~~~

実は写真には写してないが
いつも地元の常連さんぽい人達が座っている
席がある、
カウンターに一番近いテーブル席である

そこに座っている人がEMクラブの
模型を作ったと教えてもらった

びっくりしたなぁ〜もぅ




御主人が一冊のアルバムを持ってきてくれた
昔懐かしいEMクラブの外観写真とか
壊される前に御主人が市の許可をもらって
撮った写真やらを沢山見せてくれた




その中の一枚



平林コーヒー店で飼っているわんちゃんが
床のタイルが涼しいのか、
ご機嫌な顔をしているのがかわいいなぁ



御主人に、
「あの〜 このあと、ここの裏手方目にある
銭湯に行きたいのですが〜」
と聞いてみたら
親切に教えてくれた
最後に、
「煙突が見えるからすぐ分かりますよ〜」



テナ事で平林コーヒー店を後にして
裏手方目に向かっ歩き始めた

おお  渋い昭和の家



はげまる好みのトタン家風の建物





おー
酒屋さんもあるぞ〜

あー
銭湯の煙突が見えてきたぞー




ひゃ〜 あったあった 昭和の銭湯さんが




わずか一時間ほどで味わえる
京浜急行横須賀の旅、
さてと、中に入って汗を流す事にするか

続く。





この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(290) ごきげんだ~写真(2)

2016-07-23 07:36:09 | 日記



少し前から気になっていた食べ物がある
はげまるが生まれてから食べた事が無いモノ、
ナスのフライである
(ガク)
埼玉屋のナスフライ
これがびっくりするぐらい美味かった



埼玉屋のナスふりゃ〜、
牡蠣ふりゃ〜みたいな食感でゃ~
どえりゃ〜うまいがゃ
(名古屋弁風)

おまけで、
名古屋あたりで、昭和している煙草屋のおばさんに
「ハイライト、ください」
と頼むと
歯茎が見えるぐらい口を広げて
「ひゃ~らいとか?」
と聞くそうである(ほんとの話)





野毛の桐の屋水産
野毛の飲み仲間
ブルーノさん、しんさん、宮◯さん

まあ皆さん、
はげまる同様元気に酒場を徘徊しております。






先週、にぎわい座で行われた
横浜では著名なジャズ評論家の柴田浩一氏が
中心になって行われた
モカンボセッションの座談会に毎度の
小◯さんのお誘いで行ってきた

モカンボセッションとはいったい何なんだー
と、ほとんどの人は思うはずである、
はげまるだって名前ぐらいは聞いた事あるが
よく知らないのである

昭和29年7月27日火曜日の深夜、
(げほ、
 はげまるがまだ5歳の頃ではないか、)

伊勢佐木町2丁目のクラブ「モカンボ」で
ジャムセッションがおこなわれ、
これが後に日本ジャズ史における重要なセッションに
なったそうである。
(詳しく知りたい人は好き勝手に、
おのおのカクカク調べてくださいね)

左から、柴田浩一氏、五十嵐明要氏、岡村融氏、瀬川昌久氏、
五十嵐さん(アルトサックス)はモカンボセッションで演奏している
岡村さんは元ポリドールレコードの人で
モカンボセッションを録音した人
瀬川さんは日本で一番と言われる音楽評論家であり
若い頃渡米して、
チャーリ.パーカ、バド.パウエル、ビリー.ホリディ他を
生で動いている姿を見てきたすっげーお方なのである

う〜〜ん
生はなんでも凄いのだ

座談会の中でいろいろな話が沢山出てきた、
びっくらこいだのは、
後にクレージーキャッツで一世を風靡した、
ハナ肇さんが司会、
植木等さんが会計係り、
植木等さんだけ酒を飲まなかったので
会計係りなったそうである



モカンボセッション座談会で
PAの仕事をしていたけんちゃんは、
飲み屋で偶然会ったり
はげまるのライブに来てくれたり、
ザイムカフェのバーベキューライブでは
肉を焼いてくれたり、
とにかくどこに出向いても会ってしまう
ナイスガイである




モカンボセッションの座談会の帰り道
小◯さんが、
「またこの前行った「だるま寿司」でも行きますか〜」

テナ事で元気よくふたりで「だるま寿司」





店に入ったらこの前も会った
餃子の老舗「萬里」の社長が又飲んでいた、

どうやらここでアナゴの蒸し焼きで一杯が
日課みたいである




テナ事で、はげまるは定番のタコ、イカ、なんぞで
う~ん  酒が進むのぅ~~ 




締めでかんぴょう巻きなんぞいただいて、
さて、
次はどこに行きますか〜

なんて恒例のジジィふたりのヘロヘレ徘徊に
向かって外に出た





翌日もヘロヘレのプロ、
どうにもとまらない山本リンダの小〇さんと一緒で
エディ藩さんとの飲み会

なんだかんだ徘徊して、
締めで恒例の山下町の「ラッキーズプレイス」へ
エディさんの隣は写真家の森ヒデミさん

フジフイルムのコンデジX30は無線ラン付きであり
Iphoneからアプリを使い
リモートコントロールで写真が撮れるのが凄い

あ~  生きててよかったなぁ




ここからの写真は横須賀散策の予告編みたいなもんで、
まずは汐入駅のガード下にある「平林コーヒ店」

店の店主がフジフイルムのコンデジX30を見て
「これ、ライカですか~」なんて聞いてきた
「違いますよ、デジタルカメラですよ」

テナ事で話が盛り上がり
店主さんが戦前のライカ(たぶん)を持ってきて
写真談義をした




はげまるが、その昔あったEMクラブでバンドをやっていた話をしたら
「後ろにEMクラブの模型がありますよ」

ひゃ~~~~~~~~~





「平林コーヒ店」の裏の方にある昭和銭湯「亀の湯」





横須賀の音楽仲間といつも飲み会をやる
ドブ板の老舗食堂「一福」のレジスター

そんな楽しい写真ざんした。











この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(289)   猫ちゃんカフェ  本牧

2016-07-20 11:38:12 | 日記



本牧のベイタウンに猫カフェが出来たと言う情報か入った
はげまるは異常なくらいの猫好きであり
場所も家から近いし
こりゃ〜 ひとつ行ってみる事にするか〜




なんたって、
「おめ〜女と猫のどちらか取れよ」
なんて言われたら
即座に
「そりゃあ〜猫を取るよ
それから女取るよ」
なんてなってしまう





10分200円、ソフトドリンクが350円

受付の若い女性から軽く説明があり
まず
ネコちゃんを追いかけたり、無理やりの抱っこ、
等はダメ、

う~ん  なんかおね~さんがいる店みたいだなぁ

更に
中を走り回ったり、大きな声は出す事はダメ、
等の説明をうけて
入る前に手の消毒を済ませる、

そう、
猫にハゲのバイ菌が付いてはまずいもんな





それでは中に入ってみるか~

猫ちゃんはすべてかわいい~ので
「かわいい~」しか書けない、
テナ事でこここらはコメントはほとんど書きません


























































はげまるの足の臭いが気になるネコちゃん








う~ん
はげまる家で飼っているネコ、
メグちゃんの匂いが気になるか、
はたまたはげまるの足が臭いのか































あ~  ネコ好きの子供やらおじさんおばさんに
追っかけられて疲れてしまったににゃぁ



少しほっといてくれないかにゃぁ




もう、眠いにゃぁ








あ、 さっきのネコちゃんだ
きっと疲れてここに避難しているんだなぁ








20分ほどネコちゃんの写真を撮れて大満足で
ネコちゃんカフェを後にした





このビルの4階フロアーはネコちゃん、ワンちゃんの販売、
ネコちゃん、ワンちゃんの病院、食べ物屋、
ワンちゃんの床屋さんとかあり
わんさかわんさか人がいたので驚いてしまう




動物の寝顔を見ているだけで癒されてしまうなぁ














   大満足の日でしたよ。


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(288)   真夏の食生活

2016-07-17 08:18:35 | 日記
暑さも本番にさしかかってくると
ジジィおっさん世代にはかなり辛くなってくる
若い頃だったら
わ〜 真夏だ、真夏の太陽だ〜
真夏の小麦色に焼けたおね〜ちゃんの肌だ〜
海へ山へ川へ〜
えいえいおーー
なんてなっていた

50の坂を下り60の坂を転げ落ち
目の前に迫って来ている
70の坂までまっ逆さま〜
て、感じのはげまる
近頃は、じぇんじぇんそんな気にならない

仕事をしているとそうはいかないが
真夏は糞暑い外なんか出ないで
クーラーが効いた部屋で
鼻毛なんか抜きながら
ごろごろしたり昼寝したり
ぼ〜としているのが一番いいなんてなってくる
危険な兆候であるなぁ


暴飲暴食は体に一番良くない事は
周知の事実であるが
幸いな事に近頃は酒は弱くなるは、
食は細くなるは、
ナニは元気がなくなってくるは、
(ナニ=足の裏)

もうたいへんなんですから〜
からだ大事にしてください〜
パンダ何食べてるんだろう
パンだ

(林家三平師匠)

テナ事で、
真夏はジジィ世代は特に
ジジ枯れしないように
食は大切になってくるもんである

鰻は美味いし栄養価も高いし
真夏にぴったしかんかんであるが
そういうたぐいのお大尽様の食べ物は
さて置き、
はげまるの得意分野である
下流ジジィの食生活を考えてみる事にする



最近よく通っている埼玉屋さんの
ミニステーキ350円
肉はもちろんだがニンニク片が沢山入ってる
絶品である




すき家のニンニクの芽牛丼490円
夏こそニンニク
元気の無いジジィは黙ってニンニク
だから居酒屋に入ったら
とりあえずビール〜 なんて言わない
とりあえずニンニク〜
これが肝である





びおシティの地下街「ゴールデンもつ」の
豚の生姜焼き
生姜やタマネギが沢山入っていて
これもいい

とにかくニンニク、生姜、ネギ科の食べ物は
血がきれいになるそうである
血がきれいになると
頭にもきれいな血が行き渡り
頭脳明晰ボケ防止にもなり
下半身方面にもきれいな血が行き渡り
足の裏あたりも元気になるんじゃねぇかな




 
中華街「中華飯店」のネギラーメン
値段は忘れたが、最高に美味い


下流ジジィの食生活のお話でありました
次回は下流ジジィの性生活の話でも書いてみるか。
(あほ)


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(432)   昭和の喫茶店「モデル」  石川町駅

2016-07-14 13:18:43 | 日記
はげまるの音楽ファン友達から
石川町駅横のビルの一階に
凄い昭和している喫茶店があり
そこのレジスターが凄く渋くていい

なんて情報があったので
毎度の黄色いハゲチャリに乗っかって
行ってみる事にした




このビルの一階にその喫茶店がある




純喫茶「モデル」
へ〜 こんな所に昭和の喫茶店があったなんて
灯台下暗しだなぁ

純喫茶の名前が懐かしさをそそるなぁ
思い出してみてみると、
昔は純喫茶はもちろん
音楽喫茶とか同伴喫茶、
変わったどころじゃ、
行った事ないからよく知らないが
ノーパン喫茶なんて楽しい名前の喫茶店が
あったもんである
(行っときゃ~よかったなぁ)



はい
はげまるの黄色いハゲチャリと
モデルの黄色の庇が
ぴったり絵になっているな









とにもかくにも、最近は昭和の喫茶店が
とんと見られなくなってきたからなぁ〜

さて、中に入ってみる事にするか



るんるん気分で中に入ってみる
はげまると同じ時代を生き抜いてきた感じの女性が
「いらっしゃい.ー」

はげまるはそのレジスターに1番近い席に
座る事にした




昭和の喫茶店の空間が
たまらなく心を落ち着かせてくれる



コーヒーを頼んだ

携帯電話が存在しない頃みたいに
店に置いてある新聞やら雑誌なんぞに
目を落としながら
ぼ〜っとした時間を過ごして見るのも
たまにはいいものである





店中に時間の渋さが染み付いているみたいだ





コーヒーをのんびりと味わいながら
煙草に火をつけり
ふ〜っとふかしてみる

喫茶の喫は煙草の喫煙なんだから
デカイ顔して煙草が吸えるのがいいなぁ



のんびりとした時間を満喫したはげまる

さーてーと、
これからが今日のメイン行事である
レジスターの撮影である

レシートを片手にレジに行ってみた
レジに来たのは先ほど店に入った時
「いらっしゃい.ー」と言ったはげまると
同年代ぽい女性である

コーヒー代400円を払いながら、
「あの〜 ここのレジスターが凄くいいと人に聞いて来たのですが
このレジスターの写真を撮ってもいいでしょうか?」




優しい笑顔で
「ど~ぞ ど~ぞ
このレジスターはね、
この店が出来た43年前から使っているんですよ~」

はげまる
「わぁ~  すごいなぁ~
僕もその昔根岸線が走る前、
まだ桜木町までしか電車が走って無い頃
15円の市電に乗ってこの辺に来た事ありますよ
このあたりドブ見たいな真っ黒な川沿いを
市電に乗ってとろとろ走ったのを思い出しますよ~
中華街なんてベトナム戦争時代だったから
外人さんがわんさかわんさかいたもんねぇ~」

なんて会話をした

レジで昔話をえんえんとしてもまずいので
お礼を言って
それでは一枚
本日のメインイベント


<参考資料>

昭和39年 5月 根岸線桜木町・磯子間開通






    はい  レジスター。




この記事をはてなブックマークに追加