はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  横浜(452)  市外篇  新宿飲み会 「金太郎」他

2016-12-07 19:17:54 | 日記
久しぶりにカメラ仲間の石◯さん
新宿での飲み会兼忘年会を楽しんできました

石◯さんと言えば、
はげまるブログの東京地区特派員でもあり
渋い昭和の店の情報やら写真を
送ってくれるありがたい仲間である



新宿の繁華街から少し離れた場所にある金太郎さん
一年ほど前に石◯さんと入って
えらく感動した店である




何が感動したかと言うと
値段が統一されていてほとんどが380円、
お通しだって気の利いた三点盛りが
どーんとテーブルの上に出てくる

石◯さんはホッピー、はげまるは芋焼酎の水割り




イカ刺しと、サンマ刺し
もちりんこ各380円である




イカ刺しは柔らかくシンがある歯応え
噛むとイカの甘さがとろりんこと弾きでる
もうたまりまへんへんあたまへん
(久しぶりにでました)

酒がうみゃーうみゃー



サンマ刺しは驚くほどの甘さが口の中に広がる
これが380円か〜〜



金太郎さんは一品380円であるが二人前を頼むと640円になる
このあたりの細かい値段設定もいい



前回もびっくりしたが魚関係から肉関係まで
メニューが豊富である





テーブルの上あたりにはお通し用の
稲荷やら、ゆで卵なんかが見える



はい、
牛タンの刺身
生肉は苦手なはげまるであるが
とにかくうまい



だし巻き卵



一次会からかなり盛り上がり
サテ、次はどこさ行きますか~
なんて事になり

ゴールデン街方面に向かう事になった




石〇さんのお勧めで
花園神社の少し手前あたりにある
ツマミが100円からある
こ24時間営業のお店に
ちらりと寄ってみた





この店は定食関係も充実していて
酒のツマミも安くて豊富であるそうだ



それにしてもメニューの多さに
びっくりしてしまう







はげまるも石〇さんも一次会の金太郎さんで
腹は満杯状態であるが100円のツマミで
軽く飲む事にした

100円の卵



100円のカレーのルーだけ
ちょい辛ちょい甘ですごく酒に合う



100円 名前は知らない
(かなりへろへろ)



二次会も盛り上がりご機嫌である

そろそろゴールデン街に行きますか〜
なんてなった



花園神社の裏側あたりにトタンが目に入った



錆びがほとんど無いので新しいみたいであるが
トタンフェチのはげまるである
おね~さんだったら色々と好みはあるが
トタンだったらなんでもいい 



とにかく
古くても新しくてもなんでもいい
トタンを見ていれば幸せになれる
とにかくおね~さんと違い
金がかからないもんなぁ

あはははは



ほろ酔いでゴールデン街方面に歩いて行く



こんなのあったの知らなかったぞ

うぃ~~っ





はい ゴールデン街



石〇さん



ゴールデン街の夜の景色は、
昭和の時代に時間が戻った感じに
なってしまうので
毎回毎回感動してしまう



毎度のクラクラさんに
元気よく入ったら満員状態った
わいわいがやがや

芋焼酎のボトルなんぞ入れて
そのわいわいがやがやの中に紛れ込む



今日はアルバイトの女性がお休みしていて
ママさんが大忙しで
ひとり店を切り盛りしていた



隣の席に座っていた人が撮ってくれた写真

テナ事でふたりして楽しい早めの忘年会を
満喫してきました

今回は石◯さんが一次会と三次会をご馳走してくれて
はげまるの手銭(自腹)は二次会の
100円のツマミの店だけで
ぬぁんと、ぬぁんと、ぬぁんと、
1000円ちょい

下流じじぃの
理想的な飲み会でありました
石◯さん
おありがとうございます



ヘロヘレで新宿三丁目の駅に
鼻歌混じりで歩いて行く

右や左の旦那様〜
どうか一文お恵みを〜




デカイネオンが目に入った
あとで調べてみたら
ビックカメラとユニクロが
一緒にやっているみたいである

ビツクロか〜〜
びっくらしたなぁ〜もぅ。


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(259) 浅見酒店 南区

2016-12-04 10:07:04 | 日記


いつも書いているが、
ここ最近は南区で飲む事が多い、

浅見酒店さんは
何度となくはげまるブログでも書いている
100年ぐらいの歴史がある酒屋さんある

外観はもちろん天井の造りなんぞは
たまらないくらい凄いので
「丸花」さん同様よく通っている次第である




今日は珍しく立ち飲みコーナーに客は少ない
メインのカウンターには三人
壁側のカウンターには誰もいなく
はげまるひとりである








麦焼酎のお湯割り300円
小さなプラスチック容器に入っているツマミは
全て50円であり、ダブルでたのんだから
今日のツマミ代は200円である




アンデスの力、男の活力、なんて書いてある
マカと言えばナニが元気になるなぁんて
宣伝をよく見たりする
(ナニ=足の裏)
ストロングが一杯260円、アルコール分29度
かなり強い酒である
メーカーも銭形印なんて
かなりいい味出しているぞ〜

う〜〜〜〜ん
今度小◯さんとストロングを三本ほど飲んで
ヘロヘレになって
元気出しておね〜さん関係の店でも
行ってみるかぁ


ここからが今日の本題であります

どんどんどどどん
(太鼓の音)

皆さんご存知、
このはげまるブログは普通一般のブログと異なり
かなり変わった内容を中心に書いている
特殊ブログである
特殊浴場ではないぞ
(アホ)

麦焼酎なんぞ飲んでいて
はっ! と頭が光り閃いた



何度も通っていたのに撮り忘れたトイレ





最後にトイレ写真で特殊ブログ終わります、
ほんじゃ またね。

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(258)   久しぶりの野毛ぶらりんこ

2016-12-01 17:32:29 | 日記

光陰矢のごとし
またまた、あっ、という間に12月がきてしまった
光陰の速さは年齢に正比例して速くなるみたいである
特にじじぃになってくると
物忘れやボケがからんでくるから
その速さは並みの速さではない

まぁ
その並みの速さではない時間を
感じられているうちが花である
そのうち時間なんか超越してしまう時がくるのであるから
気楽に酒飲みながら

え~~ もう12月? うぃ~っ
なんでぃ じゃぁ年の瀬がすぐくるじゃ~ね~かぁ
お~ぃ  金貸してくれぃ~  うぃ~っ

なんて過ごすのがじじぃの12月
年の瀬の最良な過ごし方である




先日宮◯さんのお誘いがあり
たまには野毛に出向いてみるか〜
なんて気分になり
一カ月ぶりに出向いてみた

なにしろここ最近
南区の立ち飲みやら埼玉屋さん詣で
野毛にはほとんど行かなくってしまったしなぁ



小◯さんとつい最近
二度ほど入った「だるま寿司」




がっぴ~~~ん

すっかり跡形もなく更地化しておりました



その先にある万里さん




万里さんの横の姿が凄かった



森直実さんの個展の葉書写真にもなっている
この景色も



がっぴ~~~ん

もう見れなくなりそうである




テナ事で
はげまるより20歳以上若い宮◯さんと
立ち飲みの桐乃屋水産で待ち合わせ

宮◯さんは若いからまだまだ
光陰矢のごとしではないみたいである
光陰矢でも鉄砲でもおね~さんでも
どんどん持ってこぃ~
て感じであるな



のんびりしていた昭和の頃には
桐乃屋水産があった場所には
伝説のヘロヘレ、おでん屋ケンゾーの店
「ケンゾー」があったり
その前あたりには生きた魚が水槽を泳いでいた
「みつる」さんがあったりしたっけな〜

なぁんて感じてしまう





昔の写真



桐乃屋水産の次は
ひと月ぐらい前に宮◯さんの誕生日会をやった
イタ飯の「ブリオ」さん

店に入ったら偶然にも
横浜から離れて那須の方に移住していた
同年代の遊び仲間に偶然あった

なんと久しぶりに横浜に出てきたそうである
それも夕方、少し前に横浜に着いたのであるから
偶然とはすごいものであるな

なんだかんだ懐かしい昔話なんぞしていたら
突然、エディさんから連絡が来た
12月のライブスケジュール他の確認をしたいそうである

テナ事でエディさんが「ブリオ」に入って来て
はげまると宮〇さんの飲み会に参加して
飲めや唄えや踊るはの大騒ぎ
(これはウソ)

静かに三人で飲みました




相変らずの宮〇さんが
沈着冷静に飲み物やら食い物やらを注文して
料理を皿に小分けしたり、
店のユリちゃんブルーノさん
なんかにも一杯のませたり
いろいろやってくれて
全部のお金を払い

「つぎ  どこいきますか」

このきめの細かさは凄い

男にしておくのがもったいないなぁ
なぁんて思ってしまう
(笑い)





お次は宮〇さんが大のお気に入りの
「パパジョン」

この日は1時間ぐらい飲んでいたが
客は我々三人でけであった
貸し切り状態である


なんたってエディさんとはげまるは
「パパジョン」のお父さんが
48年位前に元町の「アストロ」で店長を
やっていた頃からの知り合いである

エディさん
「よくお父さんにジャズのギターを聴きなさい
なぁんて言われたりしたっけなぁ~」

はげまる
「ぼくなんか、
久野君!  イモのオルガン弾いてたらだめだよ!!
とりあえずリーモーガンのサイドワインダーでも
聴いてごらん」

聴いてみたがさっぱり解らなかったっけなぁ

そんな昔話に花が咲いた楽しい野毛の一日でした。 




この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(257)  寒い日の湯豆腐 埼玉屋

2016-11-28 09:17:07 | 日記



冬の定番と言えば湯豆腐である、
四畳半の真ん中にコタツがあり〜の
綺麗なおね〜さんに日本酒熱燗なんぞを
お酌してもらお〜の
熱い湯豆腐をハフハフ言いながら
どさくさまぎれに
おね〜さんの手なんぞ触り〜の
なあんて場面でいただくのが一番である



今回はそんな場面とは大違い
満員の埼玉屋さんでいただく湯豆腐
おまけに目の前に座するは
毎度の小◯さんである
(ガク)

予定では小◯さんと
食専(酒は飲まず食べる専門)の
吉◯さんと三人で江ノ島に行く予定であった、

計画通りには行かないのがこの世の常であるな、
小◯さんとはげまるは二日酔い
はげまるに至ってはオマケに足がつってしまい
江ノ島どころでは無かった

テナ事で毎度の埼玉屋さん集合
もちろん食専の吉◯さんも参加である




ここんとこ埼玉屋さんでの記事が多いねぇ〜、
なんて仲間やらブログファンから言われ事が多い
そんな時必ずはげまるが言うフレーズがある

だって 好きなんだもーん

思いだしてみると
5年ぐらい前のブログに書いた
寿町の「さなぎの食堂」の300円の定食メニューを
ほとんど毎日通い完全制覇
ならびに撮影した事は未だに
仲間たちの語り草になっている

お前は変人と言うか、おかしいと言うか、
頭のネジが反対に回っているとか
いろいろ言われたが
その時も、

だって 好きなんだもーん

と答えていた記憶がある



あっあっの湯豆腐に唐辛子をパラパラとかける
いっただきま〜〜す

はふはふはふはふ



酒がすすむのおーー




小◯さんもはげまる同様に
埼玉屋さんのいろいろなメニューが好きみたいであり
毎回違うメニューを注文してくれる

そうめん炒め 600円



揚げワンタン 350円

隣のおじさんが焼飯を食べていた
なんと目玉焼きが乗っかっているぞー

今度は焼飯食べます乞うご期待。

この記事をはてなブックマークに追加

12月のライブ情報です

2016-11-26 07:36:20 | 日記

今年もなんだかんだ
ちんたらちんたら元気に音楽出来て
やれやれ
て、感じです

はげまるの12月のライブ情報です




野毛のドルフィ





毎年12月にやっている野毛のミラクル商会

こちら早く来ないと席には座れない可能性大です
(6時店がオープンです)




こちらはカウントダウンライブ終了後
駅までのバスの送りがあります
詳しくは主催者側に問い合わせしてくださいね


この記事をはてなブックマークに追加