はげまるのぶら〜り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  横浜(425)    伊勢佐木町裏通り 親不孝通り

2016-05-26 10:20:04 | 日記
国道16号と並行して走っている
通称親不孝通りあたり
近頃では昔からあった渋い店が
無くなったり、店の形が変わったり
いろいろ様変わりしてきている

先日久しぶりに歩いてみて
かなり前から気になっていた店が
まだあったので
その事を書いてみる





はいこのお店
スナック「ルミ」さん





前に写真を撮ったときはそれほど
気にならなかったが
まざまざとギリシャ彫刻みたいな
絵柄を眺めていたら
ぴかりんことハゲ頭がひらめいたのである

この建物の近く16号の右あたりに
昭和30年代後半から
まるっきり変わってない凄いバー
アポロがある

そのアポロのマスターのチャンさんの
話を思い出したのである

昭和30年代から40年代はね、
このあたりギリシャの船員さんだらけ
だったのよ〜

だからギリシャ料理専門の店が
沢山あったり
当然ギリシャの船員さん相手の
バーなんかも沢山あってね〜
今思い出すとそりゃあー
嘘みたいに賑やかだったよ〜
ひゃーひゃー
(チャンさん独特の笑い声である)





この店のドア横下あたりの
ギリシャ風彫刻風の絵柄が
その当時の面影を残しているのである

間違いない、なによりの証拠

バンバンバババン
(毎度のパソコンの机を叩いている音)






二階の窓の形やら様子が
なんか怪しいぞ〜
またまたはげまる得意の
いい加減んで無責任な盲想が始まってきた


血気盛んなギリシャの船員さん達が
生まれ育ったお国のギリシャ料理をいただき
ウマイ酒をいただき
さーてと船に帰っておとなしく寝るとするか〜
なんては絶対ならないはずである
なんたって長い航海の禁欲あへあへ生活を
何ヶ月も海の上で過ごしてきたのである

まして16号線を挟んだ曙町や真金町あたりは
遊郭というか青線をカフェと名前を変えていた
お◯◯◯場所がわんさかあった時代である

ウマイもん食べてウマイ酒を飲んだら
当然、
おね〜さんとお◯◯◯するしか
ないではないかいなぁ

お◯◯◯=おすもう(相撲)







う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん





横須賀の先の安浦遊郭跡を散策した時には
こんなのがゴロゴロ目についたもんである
この丸みを帯びたタイルの柱といい色合いといい
こりぁ〜〜 間違いないぞ〜
(興奮してつばを飛ばしている)

  お相撲場所だ


その当時はこのあたりを徘徊している犬でさえも
ギリシャ語で反応したそうである
(アホ)





この店舗もその当時からあったみたいであるな






テナ事で親不孝通りをどんどん歩いて行く










黄金町駅方面を写す

この左側のマンションは凄く古く
なんたってはげまるが10代の後半あたり
友達が住んでいたから入った事がある






その当時ではびっくりするくらいの
高層マンションで
すげ〜なぁ〜
なんて思った記憶がある





大通りを渡って歩いて行った

ここも完璧な昭和の豆腐屋さんだなぁ





次回は昭和の喫茶店「TAKEY」
の事でも書いてみる事にするか。


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(278) チロルパン

2016-05-23 00:40:51 | 日記
4ケ月前ぐらいに野毛の無頼船に飲みに行った時
マスターのジローさんが
戦前から使われいて終戦後もしばらくは
薬局で買えた 覚醒剤ヒロポンの話しを書いた

先日小◯さんのお慶◯大学時代仲間である
岡山県在住の岡◯さんが
はげまるのライブにわざわざ
出てきてくれた
岡◯さんに言わせると岡山県の奴は
みんな変わりモンばかりで
まったく毎日がつまらないんだー
なんて言っている

そのあたり、
はげまるや小◯さんも変わりモンである

その変わりモン達の顔を
わざわざ岡山から毎回見に来る岡◯さんも
変わりモンである事は
まぎれもない事実なのであるが
ど〜も岡◯さんは
まだ己れが変わりモンだと言う事が
よく把握できてないみたいである


先日ライブが終わって
打ち上げでガンガン飲んでいて
話が無頼船のジローさんのヒロポンの話題になってきた時
岡◯さんがドングリまなこの目をキリッと開いて

あのね、岡山にいた小学生の頃にね〜
ヒロポンが薬局で販売出来なくなって
その代用で、ちくろぱんて名前の覚醒剤が
一時流行っていたんだよ〜

その他いろいろ面白い話しを聞いたのであるが
ヘロヘレだったもんでよく覚えて無い


それ以来我々は岡◯さんを
「チクロパン岡◯」
と尊敬の念を持って呼んでいるのである。





<参考資料>

チクロパンは商品名で一般名はヘキソバルビタールという。

昭和26年(1951)6月に、ヒロポンが覚醒剤取締法の適用を受けてから、
それに代わって新しく登場したのが麻酔剤チクロパンである。

チクロパンは無色の結晶性粉末で
普通一回に0.5グラムを5ccの蒸留水に溶かして
静脈に注射する。
するとモルヒネの吸飲と同じように
心身が柔らかいベールで包まれるような気分になり、
無上の楽しみが味わえるという。
しかし、中毒患者は一種の幻覚を生じ、
ヒロポン患者が恐怖観念に襲われるのに反して、
大変な凶暴性を発揮する危険がある。


テナ事であるそうだが
チクロパン岡◯さんは学生時代は
かなり凶暴であったそうである(笑い)。

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(424)  市外篇  魚が御機嫌な「健心流」 新宿歌舞伎町

2016-05-20 09:20:24 | 日記
前回の続編であります

前回歌舞伎町の昭和感溢れるショットバー
ワールドワイドの事を書いた

そのワールドワイドに行く前の
石◯さんとの楽しい飲み会の事を書いてみる

新宿の飲み会の綿密な計画は
いつも石◯さんが立ててくれるのである

なにしろはげまるの散策の基本は無計画、
その日の気分でどうにでもなれー
テナ感じであるので
岡山の☆☆☆さん同様
綿密な計画を立ててくれる人は
ありがたいなぁ〜
といつも思っている

はげまるは金魚の糞みたいに石◯さんの後を
ちょろちょろと付いていき
とあるビルに入った

目指す店は二階にあるそうである





ビルの階段がすっげ〜昭和している

こりゃー出だしからいいなぁ





はいコノお店であります





二階には大きいボーイズバーの店の
ブルーノ看板なんかが見える





「健心流」は純和風調の店であり
こりゃ〜いいぞいいぞ〜

6時を少し回った時間でありお客さんはまだ一組だけであった
店内は細長いカウンターがあり奥には個室が見える






石○さんが予約をしてくれていたので奥の個室に案内された

(この写真は帰り際に撮ったモノ)








魚料理が中心のお店みたいであるな








1時間飲み放題が1000円
2時間飲み放題が1200円

石○さん
「まぁ 2時間コースにしますか〜」

はげまる
「いいねぇ、個室でふたりっきりで
2時間ヤリ放題じゃねぇ 飲み放題!!」

ここは24時間営業だそうである
流石の新宿歌舞伎町だ








西京漬けの魚が上品なお味で
ビックリ

うみゃ〜〜





刺し盛 
なんと1700円は安いなぁ〜







全て新鮮で美味かったざんすよ





谷中生姜





かたちが整ったこれぞ谷中生姜である





石○さんが卵焼きはそのまま口にいれるのが好きです、
なんて言っていたので
はげまるもそのまま口の中にいれたら
凄く上品なお味であった

いつも甘味が多めの卵焼きに
毎度の醤油どばどばかけで食べているはげまるは
目からウロコが落ちてしまい
あわてててウロコを拾って目に戻した




帰り際、気がついたら
お店は満席状態になっていた
2時間の間で(正確には1時間40分)
石◯さんもはげまる三杯づつ飲んで
お会計をしたら7200円
わー 安上がりの大満足だ




これから前回ブログで書いた
ショットバー ワールドワイドに行くのである





帰り際、階段から上の方を見てみると
完璧な昭和の螺旋階段が
酔いが覚めるくらいにはげまるの脳細胞を
刺激する





外に出てビルを撮ってみた、
あんなすげー階段が中にあるなんて
外観からは想像出来ないくらいである

ホント新宿歌舞伎町はdeepな街なんだなぁ
なんて思いながら
ワールドワイドに向かって歩いて行った。



この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(423)  市外篇  「ワールド・ワイド」 新宿歌舞伎町

2016-05-17 10:54:40 | 日記



がお〜〜 がお〜〜

おら〜ゴジラだぞ〜





歌舞伎町方面に向かっていて撮った写真
先日カメラ仲間の石◯さんと
久しぶりの新宿での飲み会をやった

思い出してみると、
子供の頃白黒映画のゴジラ第1作目を見た時は
本当、びっくりしたっけなぁ

石◯さんとは
はげまるが銀塩カメラから
デジタルカメラに変え始めた頃知り合った
数少ないカメラ仲間である

「まず美味いツマミで軽く飲んでから
この店で飲みましょう」
と案内 してくれたバーがある






ほー 渋い店構えだなぁ
名前は ワールドワイド









入り口のトタンの庇がたまらないぞ〜
こりゃ〜後が楽しみだぞ






テナ事でご機嫌な魚で酒を飲んで
いい気分で
さてとワールドワイドで美味い洋酒飲むか〜

写真に石◯さんが写り込んでいる





店内は細長いカウンターがあり
はげまるなんかが座った目の前には
スウィングが偶然にも置かれていた

ひゃー
スウィングと言えばジョニ黒の上のランクである
ちきしょ〜 たまらねえなぁ
まるではげまるの来るのが分かっていたみたいだぞ

スウィングが
あなた、お待ちしておりました
風呂にしますか?
それとも床にはいりますか?
あなた好みの私になりますわ〜
なんて感じだなぁ

あははは

テナ事でスウィングのロックをたのんだ
舌触りと香りが独特のジョニーウォーカーの
お代官様御用達モノは
流石の流石であるな





カウンターの壁一面に世界のウイスキーが
ずら〜〜りと並んでいる




ウイスキーには値段と原産国の国旗が貼られている
ちなみにスウィングはワンショット1000円である









後ろの壁あたりも完璧な昭和をしていて、




たまらないなぁ
スウィングをお代わりした




カウンターの隅にはワールドワイドの
オーナーらしきお洒落な女性が見える

白のシャツ、ハットとネクタイがいい味を出している
今度いろいろ話しをしてみたいものであるな






カウンターで相手をしてくれた可愛い女性

なんと、なんと、彼女は歌を歌っていて
少し昔、本牧あたりに住んでいて
ゴールデンカップでもライブをしたそうである

はげまるがカップでよくライブをやっている事を
話したら驚いていた





かなり気分がよくなってきたはげまる達は
るんるん気分でゴールデン街の
クラクラさんに向かって歩いて行った。




この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(277)   トタン紀行(9)  埼玉屋近辺 南区

2016-05-13 19:37:41 | 日記

久しぶりのトタン紀行である
なんだ〜〜そりゃあ〜

と思う人も多々いると思うが
はげまるは自他とも認めるトタン大好き人間であり、
その他、昭和銭湯の銭湯絵、匂いが凄い公衆便所、
ベニヤ、猫ちゃんの足球、
なんかがが大好きがである

それにトタン撮っていて金はかからねしなぁ
沢山歩くからジジィの足腰にもいいし
途中で立ち飲み屋に入ったり銭湯なんかに
入ったとしても安上がりの楽しい一日が満喫できる


ところでトタン紀行なんてアホな題名で
書き始めたのは
いつ頃だったか調べてみた

トタン天国 2011年11月30日
がトタン関係の最初の記事で
トタン紀行が始まったのは
2011年12月21日
となっている

トタン紀行の最後がナンバー(8)であるから
今回はトタン紀行(9)と相成った次第であります




南区で一番好きな立ち飲み
丸花さんで軽くのんで、
さーて 埼玉屋で玉丼でも食べようか〜
なんて裏通あたりを歩いていたら

おー
渋い建物がみえるぞ




木造建築である
完璧昭和の香りを漂わせているぞ




ペンキがハゲているのがたまらない



ハゲ具合がとにかくたまらない





左手を見てびっくり




ぬぁんと、ぬぁんと、ぬぁんと、
トタンの砦みたいな御殿があるではないか





特にこのあたりの形は完璧なお姿である





ひゃー
表に回ってみるしかないぞ

るんるん気分だ





表に回るために少し歩いて行くと
これまた渋いトタン家があるぞ





これもいいなぁ




ハゲたペンキもたまらなくいいなぁ





テナ事でトタン御殿の表側に回ってみた

商店の形をしているが、
かなり昔から閉まっている感じである





横から一枚撮る

人は住んでいるのかな
建物の中はどんな感じなのかな
なんて想像しているだけで楽しくなる





立ち飲みの丸花方面を撮る





左手の真ん中あたりに
トタン御殿がある店の庇が見える





三吉演芸場方面に向かい、
右折して少し歩くと埼玉屋さんだ





さーて
埼玉屋さんで玉丼食べるぞ〜。










この記事をはてなブックマークに追加