はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  横浜(430) 市外篇  ズキーーンと感じた   大森駅(2) 

2016-06-27 06:23:47 | 日記

前回の続編であります

せっかく大森に来たのだから、
大森駅周辺をうろちょろ歩いてみる事にした




歩きながら、渋い昭和の建物の写真を撮ったり
昭和の居酒屋さんとか立ち飲み屋を見つけたら
中に入って軽く一杯、
なんても出来るし

まあ、今日の行動は毎度の
風まかせ足まかせ
て、感じであるな






おー
渋そうな居酒屋「萬作」さん

よ〜し、
散策がひと段落した頃に又来て
ここで一杯飲むことにするかまだ開店前みたいである




路地を見てみると
古そうな店が軒をつらねているぞ




なんて思いながら散策を続けてみる

数十歩ほど歩るいてみると
おーーー





なんとなんと
凄そうな昭和の建物が目に飛び込んできた






クリーニングの文字がたまらない
ブルーのタイルがたまらないなぁ






こりゃ〜 前回ズキーーンと感じた建物に
負けず劣らずのズキーーン感満点
バンザーイ




今はクリーニングのお店は廃業した感じである

完璧でお見事な昭和のカタチに
ただただ感動に浸り狂うはげまるの姿を
皆さんにお見せ出来ないのが
残念である
(アホに見えるかもな)






昭和の建物やトタン、ベニヤ散策はとにかくいい
なんたって金が一切かからないで感動できる、
これが、おね〜さん関係の散策になると
そうはいかないもんなぁ

幸い金もねぇし、あちら関係も元気ねぇし
世の中うまく出来ているもんであるな
(ヤケクソで喜んでいる)




完璧なズキーーンを後にして
前回にチラリと見えたアーケードがある
商店街付近を歩いてみる

アーケード入り口付近にある立ち食いソバ屋さん





チラリと古い商店があるぞ





アーケードが出来る前からあったみたいなお店である







お~~  赤い提灯がたまらなくいいなぁ




大衆酒場、二階と三階がお座敷と書いてある
これまたいいなぁ




アーケードの中の商店は写真に撮りたい建物が無く
横に曲がって歩いてみる

お茶屋さん




裏の形がいい













そんなこんなで
30分ほどぐるぐると散策してみて
時間をみたら5時少し前である




さ~てと そろそろ酒でも飲むとするか
なぁんて先ほど居酒屋「萬作」さん
方面にのんびりと歩いて行った






「萬作」さんは開いていなかった
どうやら日曜休みみたいである

テナ事で先ほどの大衆酒場「富士川」さんに
入る事にした
なんたって 赤ちょうちんに加え
大衆、酒場、富士川、と言う
昭和の香りを代表をする文字が並んでいるので
その吸引力はすさまじいのではないかいなぁ





店の中に入って驚いた

赤ちょうちんが天井に
ずら~~~~~~~~~~~~りんこ


こりゃ~~いいぞ~


これでBGMで
「お客様は神様です」のフレーズの三波 春夫さんの
「ちゃんちきおけさ」でも流れていたら完璧だなぁ



店員さんがお通しが持ってきた

「いらっしゃぃ、何飲まれますか~」




テナ事でウィスキーの水割り
1時間半ぐらいは歩いたもんで
最初のウィスキーの水割りがたまらなくウマイ




お通しの、はりはり漬がウマイなぁ





マグロ刺し





イカ刺し







マグロもイカも凄く美味い








酒がどんどん進むぞ~


4杯目のウィスキーの水割りを注文した頃になると
カゥンター席はほぼ満席状態であり
二階のお座敷席の方にも人がどんどん上がって行く

この「富士川」さん、
地元ではかなり有名な大衆酒場さんみたいである

トイレは二階にあるそうでなので
二階へと上がって行きトイレに入ったら
男女同じトイレであり

ここで今回の散策の締めとなるぐらいの
感動を覚えた





ば~~~~~~~~~~~~ん

ほれほれ昭和の形の小便器である

喜び勇んでオシッコをしていたら
トイレ横の個室から水の流れる音がしてきた

う~ん  誰かトイレに入っているんだなぁ

なんて思うやいなや
急にトイレのドアが開いて
中から中年の女性が急に出た来たので
びっくりしたが

まあ、今更どうあがいてもいたしかたない
車とオシッコを急には止まらないのである
だらだらと用を終えて





平然と階段を下り、
また少し飲んでお会計を済ませ、
いい気分で外に出た





なんでい
まだ昼間の明るさじゃねぇか~。


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(429)市外篇 ズキーーンと感じた   大森駅(1) 

2016-06-23 09:42:43 | 日記

かれこれ6〜7年前から気になっていた場所がある
年に1〜2度その場所を瞬間的に通るだけであるが
脳味噌の奥に
毎回ズキーンと感じるのである

おね〜さんの太ももではないぞ

いきなり脱線話になるが
おね〜さんの場合は脳味噌では無く
下半身方面に直接、脳を経由しないで
ズキーンと感じるそうで
ジジィ世代になってくると
脳を経由しても
じぇんじぇん下半身方面は音沙汰なし
我関せずって感になり
困ったもんになるそうである

(なんか己の事を書いている気がしないでも無いなぁ)



今日はわざわざその太ももじゃ〜ねぇ
そのズキーンと感じる物を
直にまざまざと見にいくのである

はげまるは意気揚々と、JR京浜東北線に乗って
大森駅に降り立った





昔の大森駅は子供の頃に何度か降りた事があるが
駅ビルになってからは初めてである
駅ビルの東口改札を出たとたん
昭和のビルが目の前にばーんと見えた

お〜〜 渋い昭和のビルだ
こりゃ~出足からいいぞ〜






テナ事で駅前の古い昭和のビルあたりを撮りながら
今日のメインである
ズキーンと脳に感じた場所方面へと歩いて行く事にする




お見事な昭和のビルだなぁ

ばっきゃ〜ろぅ
おれは昭和のビルなんでぃ
なんか文句あるか〜
(はげまるの先輩柴◯さん風)
の声が聞こえてきそうである



ばっきゃ〜ろぅビルさんの隣のビルも
お見事なばっきゃ〜ろぅさんビルがあり
ばっきゃ〜ろぅビルが隣同士で助け合い
せこせことした平成の時代を
開き直って生き抜いているみたいである





線路沿いには昔からある感じの小さい店舗が
ずらりんこと軒を連ねている





先ほどのばっきゃ〜ろぅビルさん同様
大森駅前周辺は偉い
なんか昭和の建物が団結している姿が
ひしひしと感じられる





大森駅前ばっきゃ〜ろぅ共同組合でもあるのかなぁ




線路沿いの小さい店舗が途切れると
JRの線路があり




その反対側にはアーケードがあり
沢山の商店が見える



とにかく線路に沿ってズキーンとくる場所方面に向かって
ニタリ顔で歩いて行く事にする





線路沿いに二階建てのビルが軒を連ねているが
まとめて「大森飲食街ビル」
て感じであるな




その「大森飲食街ビル」が途切れた横に公園があり
JRの線路から公園の先に
ズキーーンと感じたモノがある






はい
これが電車からチラリと見えた
ズキーーンと感じた昭和のビルである





「なんでぃ~ 普通の昭和の建物じゃねぇか」

なんて言わないでちょうだいな
(おねがい)






だって電車から見えた二階の窓の紫色が
脳味噌にズキーーンと来たんだもん





まぁ人間、ズキーーンと来なくなったらおしまいである

ズキーーンはおね~さん同様目的を果たせば
すぐ収まるもんである





冷静さを取り戻したはげまるは
ズキーーンのビルの二軒隣の角にある
喫茶店に入る事にした




この喫茶店もかなりの年代モノで
うれしくなってしまう




さて、
これから大森駅周辺を散策してから
渋い昭和の香りがする店で
のんびり酒でも飲む事にするか~




なぁんて思いながら
珈琲をいただきました

   続く。

この記事をはてなブックマークに追加

横浜グラフティ舞台  俳優座

2016-06-22 12:19:54 | 日記




キャシー中島さんが中心になって俳優座で公演される
舞台「横浜グラフティ」
横浜でも二日間公演されますが
エディ藩さんが舞台の音楽指導で参加してます

はげまるもプロモーションビデオ(PV)の音楽で参加してます


横浜グラフティ

プロモーションビデオ(PV)を見たい人は
横浜グラフティをクリック

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(283) 牛鍋  埼玉屋

2016-06-21 01:34:04 | 日記
野毛あたり、
近頃ではやたらと昔からの
景色が失われて来ている
歩いている輩も若者たちが増えてきて
ジジィ世代にはかなり窮屈な野毛に
なってきている感じである

とにかく若者達が溢れている町
野毛である

あ〜〜 おもしろくねぇなぁ

おらさジジィ達はどこさ行けばいいんだっぺ

テナ事で
近頃は昭和で時間が止まっているような
南区に出向く事が多くなってきた




ハゲチャリで中村川のいつもの裏通りを走っていたら
猫ちゃんがのんびりしていたから
写真を撮る









南区の猫ちゃんはのんびりとしている
はげまるが近づいても、
我関せずの態度がいいなあ



この辺りの裏通り、
トタンと猫ちゃん大好きのはげまるにとっては
たまらない場所である

















ここんとこ、このあたりで最初に行く店は、
はげまるが横浜で一番と思っている立ち飲み屋
丸花さんである

丸花に上がっていく坂の手前に
トタンが眩しいフライの池田屋さんがある
今日は休みみたいである



この木の配置なんかは、
そのまま写真に収めてもアートであるな




丸花さんで、白角の缶の水割を二缶
梅干し2つをツマミで
無音の街並みを
ぼんやりと眺めている時間

贅沢ここに極めたり
て、感じである

さてと南京玉すだれ〜

次はどこに行くとするか〜
まあ足に任せてみるか〜




テナ事で足の向くまま
ハゲチャリに乗って1分
たどり着いたのは
毎度の埼玉屋さんであった



足のヤロ〜 毎度のパターンが好きみたいだな
と、己の足にニンマリする

すいとん、スパゲティなんてメニューも気になるなぁ




メニューを見ているだけでも
楽しいなぁ




今日は前から気になっていた牛鍋でも食べて
お大尽様気分を味わってみる事するか〜

下のあたりにフライのメニューが見えるが
なすフライは、はげまるは生まれてこのかた
食べた事は無いぞ
とにかく食べた事ないヤツを優先的に食べる、

これが老い先短いジジィの、
正しいか正しくないかよく分からないが
生き方ではないのではないかいなー


スリッパとか下駄のフライなんかは
メニューに書いてあってもけして食べないがね
(そんなのある訳ねぇ)





前にも何度か書いたが絶品の
ぬか漬けお新香








前回食べたミニステーキ(350円)をまた食べる

今日は子供の頃では絶対口に出来なかった
牛ステーキと牛鍋を食らう

(庶民値段の埼玉屋さんだから出来る)



はい牛鍋さん





この牛鍋さん
汁に味が染み込んでいて
たまらない美味さであるぞえ




はげまるの牛鍋定食の牛鍋を横から
すくっている手が写り込んでいる

実は埼玉屋に着いて酒を飲んでいて
ふと思い出して連絡した友達がいる

「玉丼ご馳走するから来ない〜」
とね

なんたってここ埼玉屋の玉丼が食べたい
食べたいと食べたい懇願していた
はげまるの音楽とブログファンの吉◯さん
連絡して30分ほどでバイクで到着したのには
ビックリしたなぁ〜もぅ
食べたい一心と言うか執念と言うか
食意地がはっていると言うか(笑い)






さてと、
はげまるも牛鍋で御飯と味噌汁を

いただきま〜す





ひゃ〜〜





大騒ぎの埼玉屋さんでありました。



この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(282)   市外篇 代々木会館

2016-06-17 00:32:40 | 日記
はげまるには特別なカメラ散策仲間がいる
岡山の☆☆☆岡山地区担当特派員と
はげまると毎度新宿あたりの渋い昭和を散策している
石◯東京地区担当特派員がいる

そう、
はげまるが勝手に決めて遊んでいるのである

その石◯東京地区担当特派員から
素晴らしい写真が送られてきた




前にも写真が送られてきてた
代々木会館ビルである




一度はビルの姿を外から眺めてみたい
一度はビルの中に入ってみたい
なんて思っていた





代々木会館の後ろには
JR山手線の高架線が見える
それにしても、
周りに近代的な高層ビルが立ち並んでいる中で
今だもって昭和感をかもし出しているのが
御立派である






今回は石◯さんが、代々木会館の隣りのビルに
許可を取って入れてもらい
外観をかなり詳しく撮影してくれた
(流石であるな)




いい味だしてるね〜










たまらないぞ〜

はげまるが実際に写真を撮影した訳で無いので
ここからは全てはげまる得意のいい加減な
創作で話を進めて行く

さてと、ビルの中に入ってみる事にする か~





ビルの中にジジィの加齢匂同様
昭和独特の匂いが染み付いているのが
はっきりと鼻につく



この昭和の階段とビルの加齢匂が重なり合い
たまらないくらいの恍惚感が
はげまるを襲ってくる





あああ~
お願い、もう許して
(アホ)





3階にある東豊書店(中国関係図書輸入販売)





中国のマンガみたいである

なんか 懐かしい香りがぷんぷんと匂ってくるぞ




















二階の店舗は鍵が閉められている
この代々木会館で営業しているのは
三階の本屋さんだけみたいである




携帯電話がまだ無い昭和の
のんびりした時代の飲食店の看板が
たまらないなぁ










そんな昭和のビル代々木会館のお話でした

石◯さんに感謝。


この記事をはてなブックマークに追加