goo

字をしっかり書く



子どもたちの答案を見ていると、実にしっかりした字を書いていると感心するものもあれば、これはちょっと・・・と思える字もあります。

模擬試験で、正解ではあるものの、字がしっかりしていない、というので×になった答案もありました。子どもたちは試験中、どうしても急ぐ。

急ぐと字が流れることはよくあるのです。筆算を見ていても、0か6かわからないものが多い。

結果として自分の字を見間違えて、計算を間違えるということは良くあるもの。

最早1点が大事なこの時期。

とにかく字をしっかり書く、誰が見てもこの字は何だ、と思われる字を書くようにならないといけません。

なかなかなおりませんが・・・。


今日の田中貴.com
読み飛ばす判断

6年生の教室から
不安な分野を詰める

慶應進学特別から
合格させた経験







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« どんな問題が... 仕上がってきた »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。