goo

あと何点?

過去問をやっていると、当然合格ラインとの比較が気になるでしょう。

子どもたちが持ってくる過去問の結果リストを見ていると、まあ、超えたり、超えなかったり。

しかし、大幅に足りない、ということもあるかもしれません。

だからといって、この時期、第一志望を変更するのは大変な話。学校を変えれば、やるべき問題も変わるから、またやり直さないといけない。

なので、併願校は調整するとしても、第一志望については変えずに、あと何をやればいいのか、具体的に絞っていくことです。

一番効果があるのは、やはり算数でしょう。

科目の性質上、どうしても1問1問の配点が大きくなる傾向にあるので、細かい知識を覚えるよりも、まず算数の点数を上げるのが一番、と言えます。

しかし、だからといって他の科目が大きく足を引っ張る状況であれば、それも改善しないといけない。

国語の漢字、社会や理科の生物、地学などは知識を覚えれば、それなりに得点ができるので、比較的手を打ちやすい。

「全然足りないじゃない」

などとは言わず、あと具体的にどこで点数を取っていけば良いのか、具体的なイメージをしっかり持って勉強を進めてください。


今日の田中貴.com
数字は落ち着いて書く

5年生の教室から
強制力

今日の慶應義塾進学情報
慶應は特別だから・・・







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 過去問が終わ... 下線は大事な... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。