goo

カリキュラムテストと総合テスト

6年生の夏休みまでのテストと言えば、カリキュラムテストと総合テストの2種類があります。

カリキュラムテストというのは、月例テストのように出題されるものが決まっていて、その内容を勉強して成果を問われるテストであるのに対して、総合テストというのは特に範囲が決まっているわけではない。

今まで習ったところが全部範囲になるテストなので、入試に近いテストです。

で、カリキュラムテストはできて、総合テストができない、という子がいて、その逆の子がいます。

本当はカリキュラムテストも総合テストも両方できるのがいいのだけれど、なぜか片方の点数が良くない。

しかし、これにはあるカラクリがあるのです。

総合テストができる子、というのはまあ、いろいろな問題に対応する力がある。つまり、問題そのものを本質的にとらえられるところがある。ではカリキュラムテストができないのはなぜか、といえばそれは偏差値上できない。言い換えればカリキュラムをしっかり勉強してきて、そこはできる、という子には勝てない、というだけなのです。

で、逆にしっかりとカリキュラムに対応できる子は、ある意味パターンをしっかり覚えこんでいるところはあるわけだから、月例テストの点数はいいわけですが、総合テストとなるとそこまでパターンが通用しないから偏差値がカリキュラムテストの時ほど上がらない、ということになります。

どちらがいいかはもう明白でしょう。

当然総合テストができる方が良い。カリキュラムテストの成績が良くても、それはパターン対応しているから、ということだと実はあまり力がついていないこともあり得るので、そろそろ始まる模擬試験を上手に使いながら「本当のところ」をしっかり把握してください。

=============================================================
今日の田中貴.com

第141回 うまくいかないことをどう乗り越えるか
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

いろいろなことをやらせる学校
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と図形」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中学受験をし... 子どもたちの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。