銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

沈黙の帝王

2016年10月26日 17時26分17秒 | 洋画アクション
THE PERFECT WEAPON
2016年
アメリカ
87分
アクション
劇場未公開



監督:
ティトゥス・パール
出演:
スティーヴン・セガール
リチャード・タイソン
ジョニー・メスナー
ヴァーノン・ウェルズ
サーシャ・ジャクソン
キンバリー・バティスタ
ランス・E・ニコルズ




<ストーリー>
秘密組織の指導者により命のあらゆる局面が管理されていた近未来。優秀な工作員であるコードネーム・コンドルは、ある任務の失敗により組織から追われる立場になり絶体絶命の危機に巻き込まれる。

-感想-

ここ最近やたらとオヤジの新作出まくってないか?
確か来月は3本もレンタル開始されるような事を見た気がする。
この波に乗り損ねちゃいけねぇと、取り合えずこれを借りたのだがオヤジ殆ど出てこないやんけ。

主役はビン・ディーゼルを出来損ないの顔にしたみたいなハゲ。
ヒロインは常に下唇が出ている美女とは言えない女。
この2人を中心にして話を回していくのだが、逃亡中にセックスしようと思うその性欲。
そりゃ見つかって捕まるわいな。
近未来の監視国家なのだから。
素っ裸で「放せ!」と叫ぶ姿が情けない。
こいつ本当に凄腕のヒットマンなのかよ。

淡々と話が進むので猛烈に眠たくなってくるのだが、一応終盤にハゲが本当の「真実」を知って驚愕する、そんな捻った展開にはなる。
が、自分を陥れたその人物をチャチャッと始末。
そして再びオヤジの元へと向かい、いきなりナイフで腹をぶっ刺す!!

オヤジでも油断する時があるんかいっ!?
ちょっとビックリしていたら、やっぱりオヤジは無敵だった(笑)。
ていうよりも策士だったと書くべきか。
そんな簡単にやられるオヤジではねぇわな。
ビックリした自分が馬鹿らしいやw

ハゲがオヤジの所にあった日本刀を持って玄関で遭遇した兵士と向き合っていたら、反乱軍が雪崩れ込んで来て一緒に戦うラスト。
その反乱軍も何でか全員武器が日本刀。
武士道リスペクトなのか。
いや、単に絵になると思っただけだろうな。
私からしたら逆にカッコ悪い演出だと思ったけど。

それにしてもオヤジちょっとハゲを相手に戦っただけで、大した演技してねぇの。
しかも出番少ない癖に主役扱いという好待遇だろ?
楽な仕事だよ。
来月出る作品もこういう感じの内容ばかりなのかなぁ。

そうそう、腹蹴りされただけで死亡、壁から落下しただけで死亡する人間なんて始めて観たかもだわ。
オヤジの蹴りにはスーパーサイヤ人並の威力があるらしい。

評価:★★
16/10/26DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-08-03
メーカー:AMGエンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィジョン/暗闇の来訪者 | トップ | 切り株画像(映画『キャビン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
沈黙の帝王 (5385 (ごみばこ))
セガールオヤジの「沈黙シリーズ」なんと60作目だそうです そんなに稼いでいるんかいなってのもあるけども、何でもかんでも邦題に「沈黙の~」ってのも芸が無いだろうし ここん......
沈黙の帝王 (だらだら無気力ブログ!)
これはセガール詐欺!