銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

リディック:ギャラクシー・バトル

2014年08月22日 16時03分58秒 | 洋画アクション
RIDDICK
2013年
アメリカ
119分
SF/アクション/アドベンチャー
R15+
劇場公開(2014/03/08)



監督:
デヴィッド・トゥーヒー
『パーフェクト・ゲッタウェイ』
製作:
ヴィン・ディーゼル
脚本:
デヴィッド・トゥーヒー
出演:
ヴィン・ディーゼルリディック
カール・アーバンヴァーコ
ジョルディ・モリャサンタナ
マット・ネイブルボス・ジョンズ
ケイティー・サッコフダール
デイヴ・バウティスタディアス
ボキーム・ウッドバインモス
ノーラン・ジェラード・ファンクルナ



<ストーリー>
重臣たちの反乱により銀河の彼方に置き去りにされてしまったリディックが、24時間というタイムリミットの中で生き残りを賭けて戦う。

-感想-

最新型バイク・ジェットホグでリディック達が荒野を疾走するシーンのCG合成がまぁ雑いこと。
なんであそこだけレトロな感じになっちゃったんだろ。
モンスターとのバトルシーンは何ら違和感無かったのに。
「え!?」てなるけど、ま、気にするまい。
いや、気になるなぁ。
CG技術スタッフが新人なのかな?

1作目公開から14年の月日を経ての3作目。
前作、前々作なんて、全く覚えてませんって。
観ている内に、大まかな設定(リディックの目とか)は思い出したけれども。
あ、でも完全な続きものじゃないので本作から観ても問題無いと思います。

リディックによる前半のサバイバルと、中盤の忍者の如く存在を消して相手を翻弄しまくる知的な行動っぷり、終盤のサソリ型モンスター群に対しての無敵な暴れ具合が見所でしょう。
流石キャラクター名が冠タイトルになっているだけあって、リディックによるリディックの為の作品になっております。

男勝りな女戦士ダールに対して「最後には自分の方から「お願い」と俺の上に馬乗りしてくるだろう」と予言したらその通りになっちゃう程に、女性はおろか男性までもがその半端無い強さに慄き、惚れ込んでしまうリディックという宇宙一屈強な賞金首の勇姿に視聴者までもが虜にさせられる事、間違いなしかも。
兎に角、見てくれも含めてリディック、いやディーゼル兄貴がひたすらカッコ好く描写されている作品でした。
麻酔弾4発撃ち込まれても倒れないんだもんなぁ。
自ら毒耐性を身に付けるってのもすげぇや。

ただの悪党ではなく、生き残る為の術も心得ていて、相手が誰であろうとも、先ずは取引を持ちかけ、その上で約束した事は必ずきちんと守るってのも、ダークヒーローでありながら敵ですら一目置くのだから、寄り好感が持てる方に近いダークヒーロー像ではありますね。

リディック以外に11人の人間が登場しますが、モンスターに襲われた者は潔く死んでいくてのも気持ち良かった。
戦いは爽快に豪快に残虐にテンポ良くやってくれた方が私はテンション上がりますからね。
中盤にリディック護送の為に用済みになった女賞金首があっさり殺されちゃう程やもん。
普通なら、この女性と後々に手を組むとかになるんだろうけど、ほんま、何しに出てきたん?て感じで、ここまで脇役の扱いが酷い作品もそうはあるまいて(良い意味で)。

評価:★★★☆
14/08/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-08-08
メーカー:松竹

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『ピッチブラック(2000)』(第1作)※個人的評価:★★☆
『リディック・アニメーテッド(2004)』(OVA)
『リディック(2004)』(第2作)※個人的評価:★★☆
『リディック:ギャラクシー・バトル(2013)』(第3作)

切り株こちら
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切り株画像(映画『リディッ... | トップ | ゾンビ・ナイト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヴィン・ディーゼルまだまだいけますね (momorex)
2014-08-28 11:27:01
恐竜もどきから毒を抜き取り、血清として打つところ。台詞も説明も何も無いところが新鮮に思えました。ちゃんとあのワンコ型にも打ってやっていた(というか実験した?)点にもリディックの愛を感じましたねー。
麻酔薬を馬4頭分でしたっけ。打たれても倒れず、最後まで相棒を助けに行こうとしていたリディックに泣かされました。

バイク。そこまで酷いことに全く気付かず..
カッコよくて、動きにばかり目が行ってました^^
>momorexさんへ (ヒロ之)
2014-08-29 03:33:18
こちらにもコメントありがとうございます。

あの地帯から抜け出す為に血清を作ったんでしょうね。
一歩間違えたら死ぬかもしれないのに、それを考えず、先の事だけ考えて準備を進めるリディックの行動の良さが序盤は光っていましたね。
あのワンちゃんはリディックにとっては最高の相棒だったので、ヤラレタ時は相当に悔しかったんじゃないでしょうか。

バイクそのものはカッコ良かったです。
ただ背景との合成がチープで私はそこばかり気になってしまいました^^;

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リディック:ギャラクシー・バトル (試写会) (風に吹かれて)
無敵の最凶犯 公式サイト http://www.riddick-movie.jp3月8日公開 「ピッチブラック」「リディック」に続く第3弾監督は前2作と同じ、デヴィッド・トゥーヒー ネクロモンガー族の
リディック:ギャラクシー・バトル (だらだら無気力ブログ!)
前半、眠たかったけど、それなりに面白かった。
リディック ギャラクシー・バトル (そーれりぽーと)
前作は酷過ぎて内容を殆ど覚えていない『リディック ギャラクシー・バトル』を観てきました。 ★ ヴィン・ディーゼルを世に出した一作目の『ピッチブラック』がなかなか面白かったのに、二作目の『リディック』が面白くなさ過ぎてコケたせいか、そのままヴィン・ディーゼ...
『リディック:ギャラクシー・バトル』('14初鑑賞23・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 3月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:10の回を鑑賞。
リディック:ギャラクシー・バトル★★★★ (パピとママ映画のblog)
ヴィン・ディーゼル主演によるSFアクションの第3弾。圧倒的戦闘能力を誇る極悪人リディックが、凶暴なモンスターがひしめく惑星から脱出を図る姿を賞金稼ぎたちとの戦いを交えて活写する。監督と脚本は前2作も手掛けた、『パーフェクト・ゲッタウェイ』などのデヴィッド・...
リディック:ギャラクシー・バトル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月13日(木) 16:50~ 109シネマズ川崎4 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 原点回帰 『リディック:ギャラクシー・バトル』公式サイト 思わぬ拾い物だったB級SF「ピッチ・ブラック」。 スマッシュヒットしたためか、ヴ...
リディック:ギャラクシー・バトル (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「リディック:ギャラクシー・バトル」監督:デヴィッド・トゥーヒー(『リディック』)出演:ヴィン・ディーゼル(『ワイルド・スピード EURO MISSION』『ワイルド・スピード MEGA MAX』 ...
リディック:ギャラクシー・バトル (Sato's Collection)
見ました。 リディック(ヴィン・ディーゼル)は、全宇宙の支配を目論む戦闘軍団ネクロモンガーの王となったが、重臣たちの反乱により銀河の彼方に置き去りにされてしまう。 生き残るため野生を取り戻したリディックは惑星を脱出するためにあえてリスクを犯す。 灼熱の惑...
リディック:ギャラクシー・バトル (Riddick) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・トゥーヒー 主演 ヴィン・ディーゼル 2013年 アメリカ/イギリス映画 119分 SF 採点★★★ ハリウッド映画が続編やリメイクに埋め尽くされてるってのは今に始まったことではないんですが、最近はそこにリブートやらリ・イマジネーションとやら...
リディック:ギャラクシー・バトル (いやいやえん)
【概略】 重臣たちの反乱により銀河の彼方に置き去りにされたリディックが、24時間というタイムリミットの中で生き残りを賭けて戦う。 SFアクション マッチョの形態が変わった。身軽マッチョから軽マッチョになってる気がする。それだけ、年をとったということか...