銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

くもりときどきミートボール

2017年08月10日 12時21分06秒 | アニメ
CLOUDY WITH A CHANCE OF MEATBALLS
2009年
アメリカ
90分
コメディ/ファンタジー/ファミリー
劇場公開(2009/09/19)



監督:
フィル・ロード
クリストファー・ミラー

『LEGO(R)ムービー』
脚本:
フィル・ロード
クリストファー・ミラー

声の出演:
ビル・ヘイダーフリント・ロックウッド
アンナ・ファリスサム・スパークス
ブルース・キャンベル市長
ミスター・Tミスター・T
ジェームズ・カーンティム・ロックウッド
アンディ・サムバーグブレント・マクヘイル
ニール・パトリック・ハリスステーブ
ボビー・J・トンプソンカル
ベンジャミン・ブラットマニー



<ストーリー>
偉大な発明家を目指す青年・フリントはある日水を食べ物に変えるマシーンを開発。しかしひょんなことからマシーンが空に舞い上がってしまい、雨の代わりに街に食べ物が降り始める。

おなかがすいてもだいじょうぶ
食べたいものは、みーんな空からふってくる。


-感想-


ぎゃーーーーーーーーーーー!
wwwwwww
失明するわっw

これ、アニメだから良いものの、実際に起きたら超汚い町になるんじゃね?
しかもとんでもなく悪臭を放つ町に。
そう考えると、なんか・・・ちょっと・・・気分悪くなってきた・・・。
地面に落ちた食べ物は全てごみ置き場に回収されて山盛りになってますが、あんなの絶対腐るやろ。
食べ物ごちゃ混ぜの腐敗臭、想像しただけで吐きそう。

意外な一面を持っているのがTVカメラマンの男。

無愛想な面しているくせに、やたらに適正能力有り過ぎ。
医者になったり、華麗な運転技術発揮したり、何者だよこいつ(笑)。
しかも当たり前のように活躍するからキャラとして1番に惚れちまったじゃねぇか。

機械音痴のおやっさんにメール転送頼むも、違うものを送られてきて、という流れは面白かったけれど、終盤の4人+1匹が団結して暴走マシーンを止めようとするアドベンチャー部分は凄く楽しかったなあ。

主人公のマシーン発明前の失敗作、スプレーシューズ

それとネズミ鳥

が成功作に変わるてのも良い。
命を落としてしまったと町人皆が思い込み落ち込んでいる所に主人公が戻ってきて、歓喜の輪に包まれて、恥ずかしそうにおやっさんと抱擁し合い、愛の告白をし合ったお天気お姉さんとキスを交わす。
いやはや、なんともホッコリとする素敵なエンディングでありました。

ただ少し主人公の自惚れ過ぎなところは鼻につくが、結果的にはその性格を反省し、自分の手で解決に導いたのだから、そこは目を瞑ってあげてもよかろうかね。

アイスの雪合戦は愉しそうだけど、食べ物を粗末にしちゃいけまへん。
なんてな、アニメにそういうツッコミは野暮ってものでしょ。

評価:★★★☆
17/08/10DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-03-19
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『くもりときどきミートボール(2009)』(第1作)
『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密(2013)』(第2作)

コメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィジャ ビギニング ~呪い... | トップ | くもりときどきミートボール... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL