銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ホビット 決戦のゆくえ

2015年04月23日 10時21分30秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
2014年
アメリカ/ニュージーランド
144分
ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ
劇場公開(2014/12/13)




監督:
ピーター・ジャクソン
製作:
ピーター・ジャクソン
原作:
J・R・R・トールキン
脚本:
ピーター・ジャクソン
ギレルモ・デル・トロ

出演:
イアン・マッケランガンダルフ
マーティン・フリーマンビルボ・バギンズ
リチャード・アーミティッジトーリン・オーケンシールド
エヴァンジェリン・リリータウリエル
リー・ペイススランドゥイル
ルーク・エヴァンスバルド
ベネディクト・カンバーバッチスマウグ
ケン・ストットバーリン
ジェームズ・ネスビットボフール
ビリー・コノリーくろがね山のダイン
エイダン・ターナーキーリ
ディーン・オゴーマンフィーリ
グレアム・マクタヴィッシュドワーリン
スティーヴン・フライ湖の町の統領
ライアン・ゲイジアルフリド
シルヴェスター・マッコイ茶のラダガスト
ピーター・ハンブルトングローイン
ジョン・カレンオイン
マーク・ハドロウドーリ
ジェド・ブロフィーノーリ
ウィリアム・キルシャービフール
スティーヴン・ハンターボンブール
アダム・ブラウンオーリ
ジョン・ベルバイン
マヌー・ベネットアゾグ
ジョン・チュイボルグ
ケイト・ブランシェットガラドリエル
イアン・ホルム老いたビルボ
クリストファー・リーサルマン
ヒューゴ・ウィーヴィングエルロンド卿
オーランド・ブルームレゴラス

<ストーリー>
冒険の旅に出たホビット族のビルボ。スマウグとの戦い、仲間たちの対立を経て、遂に世界を二分する決戦の火ぶたが切って落とされる。



-感想-

勇敢な戦士が命を落としていくのは悲しくなるよなぁ。
んまぁ、あれだけの大戦になっちゃった訳だから誰も死なないで終わるってのも変だし、致し方ないのかもしれないが、でもやっぱり一緒にこれまで長く旅してきた仲間が「愛」と「友情」をそれぞれに口にしながらゆっくりと息を引き取っていく姿には涙が出てきそうになるのも当然でして。

このまま財宝の呪いに取り付かれたままで終わるのか、それともその呪縛から逃れ再び戦場に戻るのか。
その辺の心の中の葛藤描写も丁寧に描かれていて良かった。

エルフ族、ドワーフ族、オーク族、人間、魔法使い、そしてゴブリンやらトロールまでもが出現し、一斉に剣を交える後半は本当に最終作に相応しい見せ場になっていて面白かった。
敵大将がまた強いのなんのって。
あれ位強敵じゃないと、1対1に盛り上がりが生まれないですよ。

それぞれの種族は統率が取れていて、乱れのない陣形、防御態勢には目を輝かせて観てしまったし、物凄い数の兵が乱れ戦っているのに一つ一つの描写が丁寧でどういったバトルを繰り広げているのかをじっくり味わう事が出来たお蔭で、そちらにも目が釘付けになってしまった。
巨体なトロールが1体いるだけでも派手さに磨きがかかるのに、あの何人いるか分からない壮大な数が画面狭しと暴れるものだから、「圧倒」とは正にこれだ!と興奮を隠せなかったよ。
欲を言えばミミズの化け物とも対峙して欲しかったが、流石にあれを相手にしちゃうと命が幾つあっても足りないか(笑)

第1部、第2部はまだ話の途中だったので★4つの評価をしていたが、全てが終わった本作を観て、心に揺ぎ無く堂々と★5つ満点評価。
何故か死んだ事になっているビルボが「俺の家を荒らすな!」と言いつつも長旅からようやく我が家へと戻れた事でホッとする姿を観て私も心が落ち着いたが、正直もうこれでホビットの冒険が見れなくなるのかと思ったら寂しい気持ちも大きく出てきちゃった。

楽しいアドベンチャーをありがとう、ピージャク。
次回作はもう一度(お得意の)グログロなホラーを豪快に爽快に撮ってくれないかな(笑)。

評価:★★★★★
15/04/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-04-22
メーカー:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『ホビット 思いがけない冒険(2012)』(第1部)
『ホビット 竜に奪われた王国(2013)』(第2部)
『ホビット 決戦のゆくえ(2014)』(第3部)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デスペラード | トップ | ブラック・ハッカー »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2015-04-23 15:26:47
ファイナルにふさわしい盛り上がりでしたね。
「戦う事」にそれぞれちゃんと理由があるのも良かったです。

ビルボ君、ちゃんと帰れてほっ(^^)。
こんばんわ~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2015-04-24 00:05:17
指輪のファンなんで、かなり偏った事しか書けない私で、とにかくこの世界にまた来れただけで十分幸せ♪同じキャストでNZロケでね。
PJ監督も、LOTRに繋がるように作ってるから、もう文句もモンクでないし(笑)あの児童文学を他の本(シリマリルとか追補編など)を踏まえて大人に向けてこんなにつくれるんだなーでした。
あの勇敢な戦士3人のことも、原作を少し改変してえらい盛り上がるものにしちゃって(フラグは一緒です)、ウルーっとさすがになりました。
敵ボスもサウロンに比べたら、小物と言えばそうなんだけど、強かったねぇ。殺戮マシンレゴラスも苦戦してた。(矢の回収出来てなかったしなぁ)
私はまだ長尺バージョンEE版の楽しみがあるのですが、それでも寂しいなっていうのはあります。
レゴラスとアラゴルンが繋がる事や、ビルボからフロドへの指輪の旅、サウロンのこれからや判っているだけにちょっとビターな気持ち。ほんで、ドワーフたちの中でもモリアに行く者(バーリン、オイン、オーリ)がいるから、あぁ~なんですよ。(T.T)あの亡骸は~なのよ。
大ミミズはさ、私もなんかやらかすかなって思ったの。明るいところは苦手なのかな?アレでおしまいだったね。戦闘シーンはさすがのクオリティで満足です。ホント次は、ホラーを観たいね。
映画館では、記憶が無くなりかけたエンドロールも今回きっちり観ました。あの唄はピピンが唄ってるのも、PJらしくていいなぁって思ったわん。
語り出したら、マジでキリがない私なんで、この辺で止めとこう。
>みぃみさんへ (ヒロ之)
2015-04-24 02:44:42
こんばんは!
コメントありがとうございます。

ホビット最後の作品という事もあり、思い切り見せ場を大量に用意した集大成になっていました。
キャラクターそれぞれが抱く想いもきちんと描かれていてとても良かったです。
帰ったら家が大変な事になってましたね(笑)
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2015-04-24 03:05:40
こんばんは!
コメントありがとうございます!

ホント、指輪ファンとしては同じキャラクターで同じ場所でロケ、そして同じように壮大な冒険になっていたのには嬉しさが込みあがってきますよね~。
これ、同じピージャクが監督しているってのが大きいですよね。
彼にしか分かり得ない演出がありますから、全部ピージャクが撮ってくれたってのは有難いです。
きちんと話も繋がっていますしね~。
「ロードオブザリング」に出てきた人物の俳優が変わらずこの「ホビット」にも出てきてくれたってのはそれだけ皆がピージャクを信用している証拠でしょうし、シリーズを愛している証拠でもあるでしょうね。
「ナルニア」のように子供向けではなく(あちらも好きですけど)、あくまでも大人に向けての「ホビット」だったていうのも、幼稚臭いものにならなかったお陰か大人目線ですこぶる堪能出来たってのもこのシリーズの魅力かなと。
ちゃぴさん位に指輪ファンの頂点を極めちゃうと、私なんかよりも全然観方が違うんですから、原作も愛しているちゃぴさんにとっては忘れる事の出来ない作品になりましたね^^
ちゃぴさんのブログレヴューじっくり読ませて貰いましたけれども、もう文章からもその湧き出る指輪愛がひしひしと伝わってきてとても読み応えがありましたよ。
長尺の映画って自分、すごく途中でダレる場合が多いんですけど、このシリーズだけはそれが無かったんですよねぇ。
それほど、この内容に満足していたんだろうし、充実した時間が送れたと思ってますよ。
唄はピピンが歌っているんですか!
そこまで把握できちゃうのが本当にすごいですよね。
私は普通に余韻に浸りながらホケェと聞いてました(笑)
もっとあそこの戦いを長く見たかったとか、あのキャラクターの出番を増やしてほしかったとか、まぁ少しは欲もあるんですが、でも私はこれはこれで十分です。
ちゃぴさんはEE版という楽しみがまだありますよね!
繰り返し繰り返しに今後も何度か見られるのだと思いますが、観れば観るほど新たな発見とかもあるでしょうし、そういうのも一つの楽しみになるのでしょう。
一度、シリーズ通して一気に観てみようかしら。
ピージャクの今後の作品にも注目ですが、「ブレインデッド」みたいなのをまた撮ってくんないかなぁと思っているのは私だけじゃないみたいですね^^
こんにちは (maki)
2015-04-24 16:48:02
シルマリルが残ってますが、あれも映画化するのかなー?
そこまでは、正直どうでもいいわいと思ってしまうにわかファンです。
指輪が映画化なったときの歓喜、忘れちゃいません
そして一作目を見たときの感動も。
昔小学生の頃、本で読んだとおりの情景!素晴らしい!と11回も映画館にみにいっちゃいましたよぉ~
このときはお金と精神にゆとりがあったのね。

戦闘中の画面転換時のぶつ切り編集が少々気になりました。EE版ではどうなっているのかが気になります
チョッピリ (iina)
2015-04-25 09:46:35
「ロードオブザリング」の前章「ホビット」が終わって一段落したら、チョッピリ寂しくなる気持ちもわかる気がします。

あるいは、「スターウォーズ」のように、次は「ロード」の先を扱う物語が創られるかも知れませんが、・・・ 果たして・・・?

>makiさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 01:45:09
こんばんは!
まぁ私もちゃぴさんのようにどっぷり指輪の世界にハマッている訳ではないのですが、イチ映画ファンとしてはこの3部作もかなり良かったと思いましたよ。
普段ハリウッド映画は余り見ない父も、このシリーズだけは面白い、良く出来ているとベタ褒めですからねぇ。

11回もですか!
それは素直に凄いと思いましたよ。
同じ映画を何度も観に映画館へ足を運んだ事はこの人生の中で一度もないです。
入れ替え制がなかった頃は続けて同じ作品を観た事はありますが、それでも2回ですからね。
あ、でも地上波で流れているとつい観てしまう映画ってのは一杯あるかも。
EE版ではmakiさんの不満部分も解消されているやもしれませんね。
>iinaさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 02:29:17
こんばんは!
コメントありがとうございます。
どちらも壮大な冒険映画でしたからねぇ。
映画の世界にどっぷりとハマッていただけに、妙に終わりを見届けた時は寂しい気持ちになりました。
なるほど。
原作にはない、そういう先のお話ももしかしたら作られるかもしれませんね。
有難うPJ (メビウス)
2015-04-27 19:42:58
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

3部作のような作品は最後がやはり一番盛り上がるものですが、このシリーズの盛り上がりは圧倒的ですね。個人的にはLOTRの王の帰還にも似た興奮と感動はありました。
あと一貫して監督がピージャクだったのも凄くよかったですし、この壮大さもやはり彼にしか構築できない気がします。十年以上も素晴らしいファンタジーを見せてくれて本当に感謝ですね^^追随するファンタジーは当分出ないかな?
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 23:56:47
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

最終作に相応しい盛り上がりでしたよね~。
全編が見所になっていて大変楽しかったです。
そうなんですよね。
ピージャクが全部監督しているというのが作品の質を安定させていますよ。
全てを理解している監督だからこその、指輪にしろホビットにしろ、ファンを唸らせる素晴らしい仕上がりになったんじゃないでしょうか。
これ以上の冒険ファンタジー作品は出てきますかねぇ。
それを作るのはやはりピージャク自身かもしれませんね。
Unknown (シグルド)
2015-09-30 16:03:27
スマウグあっけなーwww(いや、原作でもそうだから仕方ないんですけども)
LORと違って原作の分量に比して映画が長いもんですから結果的に削られたエピも目立たず良い仕上がりになっていたと思いますw
(なんせホビット文庫版は上下巻、LORの原作指輪物語は文庫版で9冊にもなります)

ピージャクさんにはこの際ですからシルリマルも撮って頂きたいw
頂きたいのですが・・・・あれメチャメチャ難解な上に出版はトールキン逝去した為、息子が死後編纂してからという実にめんどくさい逸話がついておりますので(´・ω・`)
ホームズ、クトゥルフに並んで「狂」なファンの付いてる作品なことですから、上手く作れるかどうか・・・。
むしろモロ児童文学な農夫ジャイルズの冒険を映画化して欲しいなww
>シグルドさんへ (ヒロ之)
2015-10-01 19:55:00
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。
普段全く原作は読まないのですが、9冊もあるんですか!
映画を観た後に小説を読んだのは「ハンニバル」これ1冊のみですw
最近漫画も読まなくなったし、もう完全に本を読む行為自体から遠ざかってますよ。

意外とピージャクは起用に実写化してくれるので、シグさんの願いも、もし実現したら上手く映像として再現してくれるのではないでしょうか。
私個人としてはそろそろピージャクには原点に帰って、スプラッターな映画を撮って欲しいんですよねぇ。
久々に「ブレインデッド」が観たくなりましたw

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ホビット 決戦のゆくえ/イアン・マッケラン (カノンな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホ ...
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』 (水曜日のシネマ日記)
『ホビット』3部作の最終章です。
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」 (日々“是”精進! ver.F)
旅が、終わる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412130000/ 送料無料!!【予約要確認】【CD】映画 ホビット 決戦のゆくえ オリジナル・サウンドトラック/サ...価格:3,240円(税込、送料込)
ホビット 決戦のゆくえ  2D字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
竜スマウグから故郷を取り戻した一行が、黄金を狙う者達の襲撃を受けて戦いを繰り広げる。黄金の魔力に取り付かれた王が攻める敵を前にして目覚める葛藤がしっかりと描かれていたので、その後の戦いのシーンを引き立てていた。見終わったあとの充実感は格別だった。
ホビット 決戦のゆくえ (Akira's VOICE)
戦うしかないのであります!  
ホビット 決戦のゆくえ (佐藤秀の徒然幻視録)
必死剣鳥刺し 公式サイト。原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ ...
映画:「ホビット 決戦のゆくえ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年12月25日(木)。 映画:「ホビット 決戦のゆくえ」。 監  督:ピーター・ジャクソン 原  作:J・R・R・トールキン 音 楽:ハワード・ショア キャスト: ビルボ:バギンズ マーティン・フリーマン ガンダルフ:イアン・マッケラン レゴラ...
ホビット 決戦のゆくえ:映画(備忘録) (昼寝の時間)
2014年 アメリカ 145分 原題「The Hobbit: The Battl
ホビット 決戦のゆくえ (試写会) (風に吹かれて)
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れませ...
『ホビット 決戦のゆくえ』 (beatitude)
はなれ山にあるドワーフの故郷エレボール奪還を果たしたビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)たちだったが、一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜スマウグ(声:ベネディクト・カンバーバッチ)を世に解き放ってしまう。怒り狂ったスマウグは、湖の町の無防備な...
ホビット 決戦のゆくえ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。竜が飛び立ってこれからって時に終わった2作目の続きです。てっきり竜との戦いに大部分が費やされるのかなと思ってたんですが、以外にあっさり竜が倒されちゃって。その演出と迫力は満点だったんですけどね。これなら2作目のどっかをカットしてやり...
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。指輪が象徴するものって、葉っぱ系?(笑)原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志です...
ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた....
ホビット 決戦のゆくえ (シリモンコンとナコントン)
『ホビット 決戦のゆくえ』 "THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES" (2014・アメリカ=ニュージーランド・2h24) 製作・監督・脚本 : ピーター・ジャクソン 出演 : マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、イアン・マッケラン、ルーク・エヴ...
ホビット 決戦のゆくえ(2014) THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 144分 (極私的映画論+α)
 どれがお好きですか?(笑)
ホビット 決戦のゆくえ (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー
『ホビット -決戦のゆくえ-』 2014年12月3日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホビット -決戦のゆくえ-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 マスコミ向けも込みの試写会だったのでプレスもらえると思ったが甘かった。 最後くらいは振舞って欲しいものだ(笑) 【ストーリー】  ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・...
映画「ホビット 決戦のゆくえ」 (FREE TIME)
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。
映画「ホビット:決戦のゆくえ」IMAX/3D (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/30、109シネマズ木場、スクリーン2(シアター2) IMAX3D版。 良い席はいっぱいで、やや前かなと思いつつも空いてなかったのでI列を選択。 **      リチャード・アーミテージ、ルーク・エバンス、オーランド・ブルーム、 マーチン・フ....
ホビット 決戦のゆくえ (だらだら無気力ブログ!)
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。
ホビット 決戦のゆくえ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは
ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 【ストーリー】 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリン...
ホビット 決戦のゆくえ (3D/吹替) (晴れたらいいね~)
あ~、この日がきたって感じでした。公開日に行くつもりだったんですが、得意のひきこもりをしてしまった。やはり、行動は早くだなー、日曜日の正月映画が始まりかけたこの時期は ...
「ホビット 決戦のゆくえ」 (或る日の出来事)
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。
ホビット 決戦のゆくえ (いやいやえん)
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦い...
ホビット決戦のゆくえ (Break Time)
今日は、冷え込みましたが・・・
ホビット 決戦のゆくえ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
時の輪が、遂に閉じる。 2001年の「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」以来、J・R・R・トールキンが創造した“中つ国”を舞台に、13年に渡って繰り広げられた壮大な冒険譚がいよいよ完結。 本来、「ホビットの冒険」「指輪物語」の順に書かれた原作は、映画化にあた...
「ホビット 決戦のゆくえ」 竜の病 (はらやんの映画徒然草)
ピーター・ジャクソンの「ホビット」3部作の完結編です。 前作ではビルボやドワーフ
『ホビット 決戦のゆくえ』 (こねたみっくす)
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...
『ホビット 決戦のゆくえ』('14初鑑賞83・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 12月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:25の回を鑑賞。
ホビット 決戦のゆくえ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第366回「今までの襲いかかった睡魔は何だったのか?」 「ロード・オブ・ザ・リング」から続くこのシリーズ。1本につき約3時間の長丁場。とても好きなジャンルだし、わくわくして劇場へ足を運ぶのですが、どういうわけなのか途中で猛烈な睡魔が毎回襲いかかります。....
ホビット 決戦のゆくえ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ピーター・ジャクソン 【出演】イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミテージ/エバンジェリン・リリー/リー・ペイス/ルーク・エバンス/ベネディクト・カンバーバッチ/ケイト・ブランシェット/クリストファー・リー/ヒューゴ・ウィー...
ホビット 決戦のゆくえ 3D (そーれりぽーと)
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 怒りに震えるドラゴンがエスガロスの街を急襲する前作のラストシーンに直接繋がって始まる本作は、最初から...
ホビット 決戦のゆくえ (迷宮映画館)
ここはきちんと決まりをつける。大納得。
ホビット 決戦のゆくえ [見た目ドワーフ監督は技巧より男気で泣かす] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
78点(100点満点) 2014年1月4日、丸の内ピカデリーにて鑑賞 思ったより感動してしまったホビットの完結編。第一部と第二部はちょい盛り上がりに欠けていた感じが否めないのだけど、最後まで付き合ってよかったと思った。 というよりそこそこ次が気になるように作ってき...