銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。3000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

こどもつかい

2017年12月19日 15時52分03秒 | 邦画ホラー
2016年
日本
111分
ホラー
劇場公開(2017/06/17)



監督:
清水崇
『7500』
脚本:
清水崇
出演:
滝沢秀明こどもつかい
有岡大貴江崎駿也
門脇麦原田尚美
尾上寛之近藤創
中野遥斗笠原蓮
西田尚美小松洋子



<ストーリー>
新人記者・駿也は街の人々の間で広がる“こどもの呪い”の噂を掴む。取材にのめり込む駿也だったが、恋人・尚美がひょんなことから子どもに恨まれてしまい…。

悪いオトナに
「死」を届ける、
簡単なおつかい


―感想―

子供と黒猫出すのやめぇやw
馬鹿の一つ覚えじゃあるめぇし。

シリアスな中にもギャグ擬き有り。
滝沢秀明が出てくる度に空気が一変する。
そう悪い意味で。
これホラーだろ?
失笑させてどうする。

サーカス団員のトミーさんも一緒。

THE変態!

ぶっちゃけ滝沢秀明演じるこどもつかいとかいうへんてこりんなキャラは雰囲気をぶち壊すのでいらん。
もっと恐怖を象徴させるような怪人を創造出来んかったのかいな。
こいつだけがすっげぇ不満対象だった。

根本的な話の流れそのものは普通に良かったと思う。
それと、子供達の演技。
これがもう、立派!
殆どの子が謎の歌をぶつぶつ言っているだけなのだが、意識が何処かにイッちゃっている表情が秀逸過ぎて体が震えたよ。
日本の子役もやるな!とそこは強く感心したねぇ。

最終的には怪事件を作るこどもつかいを葬り去る事で呪われた門脇麦ちゃんは救われ解決に導かれるのだが、現実社会でも問題視されている児童虐待。
最近も急速に増え始めて、ニュースでも良く取り上げられている程の深刻さ。
子供好きの私からしたら、なんで自分の子に暴力振るうのか全く理解出来ないし、そういう悲惨なニュースを観る度に怒りが込み上げてくるので、陽気なキャラは又別としても、こどもつかいが親に与える制裁は必要かもしれないという気持ちは生まれたから、実際にも居てくれたら良いのになぁと、存在自体には自分好意的です。

評価:★★☆
17/12/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-13
メーカー:キノフィルムズ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静かなる叫び | トップ | トランスフォーマー/最後の... »
最近の画像もっと見る

邦画ホラー」カテゴリの最新記事