銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

女体銃 GUN WOMAN

2017年03月19日 14時46分42秒 | 邦画アクション
GUN WOMAN
2013年
日本
86分
アクション/エロティック
R18+
劇場公開(2014/07/19)




監督:
光武蔵人
『KARATE KILL/カラテ・キル』
脚本:
光武蔵人
出演:
亜紗美
成田浬
鎌田規昭
マシュー・ミラー
ディーン・シモーン




<ストーリー>
大財閥の息子・浜崎に妻を殺された「マスターマインド」は、復讐のために金で買ったマユミを暗殺者に育て上げる。射撃と格闘術を身に付けた彼女は、浜崎のいる陸の孤島に潜入し…。

血の海へ、墜ちて行け。

-感想-

光武蔵人監督作で唯一未鑑賞だった本作を早速観てみた。

ネクロフィリアの変態おじさん浜崎。
このキャラがずば抜けて良い。
何が良いのかって?
容姿からして最強にキモいからさw

妻殺しの変態に復讐を誓った一人の男。
何故に自分の手で復讐を果たさないのかは負傷した足の具合を見れば納得。
あれでは流石に近付くのは無理。
となると代わりの人間が必要となる。
それがヤク中になっているマユミ。
彼女の体からヤクを綺麗に抜き取り、体術と射撃術、そして銃の分解&組み立てを徹底的に叩き込んで行く。

金で買われ、鍛え上げられ、利用される女マユミ。
拒否しようと思えば幾らでも出来た筈。
実際に銃を向け反抗意識を見せるシーンもあった。
しかし、彼女は男の言うがままに暗殺者の道を選ぶ。
それは多分、マユミ自身が必要とされている事を悟り、男の悲しき想いを理解し、廃人状態になっていた体を再起させてくれた恩情が自然に生まれたからかもしれない。

男とのファック中にイメージ風な映像が飛び出るが、これが中々に芸術的。

エロさとグロさが相重なって素直に美しい画だなと感じた。

厳重に警備体制を敷いている施設にどう入り込むか。
この難問に辿り着いた答えが、一時的に死体となり体内に解体した銃を埋め込んでおくという荒業。
時が来たら自ら銃を体から取り出し、出血で死に至る20分間までにターゲットを撃ち抜き抹殺する。
よくまあこんなアイデア思い付いたなと感心したよ。
体に銃を埋め込みそれを使って復讐を果たすのよ?
発想力豊かじゃないとこんなの頭に浮かばないって。

自血で全身真っ赤に染まり意識朦朧とする中でも、気力を振り絞って敵を倒し、そして遂に復讐の対象者と対面する。

全裸おっさんVS全裸ねえちゃん

シュール過ぎる光景の中に、全弾撃ち尽くしたマユミに勝算はあるのか!?という緊張感が走るも、その手が残ってたかという驚きを知り、そして見事に成し遂げられる男から託された怨念を一撃で見舞う作戦の成功という構図、これら色んな要素がひしめき合い、見所溢れるクライマックスと化してました。

取り合えず後半はずっと全裸で且つ頭の先から足の指の先まで血塗れという体当たり演技で魅了してくれた亜紗美姐さんの根性演技にはお疲れ様でしたと拍手を送りたい。

それを言っちゃうと浜崎のおっさんも初めから真っ裸やったやんけ、てなるけれど、こいつは只のキチガイだから、同じ裸でも意味合いが全然違うんだよ(笑)。

最初に出てきた語りのヒットマンの正体、彼が冒頭で殺した女は誰だったのか、そしてその後マユミはどうなったのか、これらの疑問もラストで綺麗に明かされる。
物語構成に抜かりはなく、一般的に言うならばB級映画ではあるが、画力で押し切り見せる映画、魅せる映画としてきちんと成立させている辺りに、光武蔵人監督は本作で演出力を大きく磨き、それを活かしての次作『KARATE KILL/カラテ・キル』にて手腕を見事に開花させ、本物の素人路線から抜け出せた“監督”として成長していった証が私の目には見えてきた。

確かな発想性と演出性はこの2本で証明されたでしょう。
ファンの期待はもう5作目の行方に目が向けられている。
試される次なる完成品。
プレッシャー半端無いかもだが、監督さんには是非とも才能を惜しみなく使って新作の製作を頑張って頂きたい。

評価:★★★
17/03/19DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-12-05
メーカー:マクザム

オフィシャル・サイト

切り株画像はこちら
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切り株画像(映画『女体銃 GU... | トップ | グッド・ネイバー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
女体銃ガンウーマン/Gun woman (5385 (ごみばこ))
昨年の夕張映画祭で賞を取った映画日本のマグザムがお金出してアメリカで映画作ってる 光武蔵人が脚本監督AV出身で井口昇監督作品でその存在感を示している亜紗美を主人公にとんで......