銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

スノーホワイト/氷の王国

2016年10月08日 15時23分56秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE HUNTSMAN WINTER'S WAR
2016年
アメリカ
114分
アクション/ファンタジー/アドベンチャー
劇場公開(2016/05/27)



監督:
セドリック・ニコラス=トロイアン
出演:
クリス・ヘムズワースハンター・エリック
シャーリーズ・セロンラヴェンナ
エミリー・ブラントフレイヤ
ニック・フロストニオン
サム・クラフリンウィリアム
ロブ・ブライドングリフ
ジェシカ・チャステインサラ



<ストーリー>
白雪姫の継母である邪悪な女王・ラヴェンナが白雪姫とハンター・エリックによって滅ぼされ、世界に平和が訪れる。しかし、ラヴェンナには恐ろしい氷の魔法を操る妹・フレイヤがいた。

「白雪姫(スノーホワイト)」の背後に隠された
壮大な物語が明かされる。


-感想-

エルサやん。
エルサの実写版やん。

こんな悲しい気持ちになるのなら愛などいらぬ!
子を焼き殺され自暴自棄になったフレイヤは氷の城を築き、村から浚って来た子達を鍛え上げ強力な軍隊へと仕上げていく。
そんな中、兵士の男女2人が恋仲となり駆け落ちを計画。
しかしフレイヤはそれを許さず2人を無理矢理に引き離すと男を川へと捨て、女は密偵へと仕立て上げる。

その頃、姉のラヴェンナは相変わらず鏡の力に頼りっきりで、権力と美を独占しようと民に猛威を振るっていたが、平和の為に立ち上がった白雪姫により倒されてしまうのであった。

姉が亡くなったのであれば鏡は私の物よ!と新たな欲に走るフレイヤ。
それを阻止しようとするのが一度は川へと捨てられるも命は助かり、白雪姫と共に戦ったエリック。

前作の前日譚と後日譚で構成された続編というよりはスピンオフに近い作品。
大人の事情でアゴ雪姫の出番は一切なし。
代わりにエリックが中心となり物語を淡々と進めていく。

正直な所、パッとしない内容。
シャーリーズ・セロンなんて中盤では全く出てこないし、その中間はエリックと仲間のドワーフ達が地味な冒険をそつなくこなしているだけで大きな見所もなし。

ラストでは蘇った邪悪さだけが取り柄なラヴェンナと、少しだけ良心が残っていたフレイヤとの、これまた見せ場の薄い姉妹喧嘩を感動もへったくれもないまま映し出し、両者共倒れで終幕。

あれだけ愛なんて!愛なんて!!と言っていたフレイヤだったけど、結局は彼女の意思に反して「信じることさ、最後に愛は勝つ」てね、人間様に刃向かうなんて100年早いのよとフレイヤとしては、もう誰も何も信じられない、やってられんわ!て気持ちだった事だろうね笑。
因みにフレイヤの子を殺したのがラヴェンナ。
鏡に貴方より美しくなると言われ「そんな存在許されないわ!」と憤怒した為。
この真実を知った事が喧嘩になった原因。

期待はしてなかったけれど、それなりに面白くは観れるのかなと思ったのに余り面白くなかった。
NG集の方がよっぽど本編より面白かった。
飛行機頻繁に飛びすぎだろw

まあ強いて観てくれを挙げるとすれば、煌びやかな女王の衣装と、イケメン過ぎるクリス・ヘムズワース位じゃないですかね。

評価:★★☆
16/10/08DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-10-05
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『スノーホワイト(2012)』(第1作)
『スノーホワイト/氷の王国(2016)』(第2作)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 暗殺教室~卒業編~ | トップ | 切り株画像(映画『デッドプ... »
最近の画像もっと見る

洋画アドベンチャー/ファンタジー」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『スノーホワイト 氷の王国』 2016年5月28日 ユナイテッドシネマ豊洲 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『スノーホワイト 氷の王国』 を鑑賞しました。 前作は全然覚えてない! スノーホワイトということが出ていたが、何のことだかw というか、この映画は失敗作でしょ (つまらな......
劇場鑑賞「スノーホワイト 氷の王国」 (日々“是”精進! ver.F)
愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605270000/ スノーホワイト 氷の王国 [ はのまきみ ]価格:756円(税込、送料無料) スノーホワイト【Blu-......
『スノーホワイト/氷の王国』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
魔法の鏡を手に入れた女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)は、周囲の王国を次々と乗っ取っていった。ラヴェンナの妹フレイヤ(エミリー・ブラント)は姉と対照的な性格ながら......
スノーホワイト/氷の王国 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 大胆にアレンジされた本作は『ホビット』テイスト満載。
スノーホワイト/氷の王国 (♪HAVE A NICE DAY♪)
前のスノーホワイト観てたので観てきた。 スノー・ホワイト・・・・。 今回は白雪姫の物語じゃなくて 鏡よ鏡~の魔女と魔女の妹のお話 氷の王国を作る妹は ちょっとアナ雪のエル......
スノーホワイト/氷の王国 (映画好きパパの鑑賞日記)
 豪華キャストをそろえたヒット作の続編で、名監督にも依頼して、なぜこうなったと制作側は思っているかも。アメリカで大コケしたのも分かる、今イチのできでした。  作品情報......
「スノーホワイト 氷の王国」@ユナイテッドシネマ豊洲 (新・辛口映画館)
 公開2日目の昼。「ブラモ!」さんの特別上映会に招かれた。会場のシアター1の客入りは6割位。
『スノーホワイト/氷の王国』 (beatitude)
スノーホワイトと、ハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)の剣によってラヴェンナ女王(シャーリーズ・セロン)が滅ぼされた。姉ラヴェンナの死を知ったフレイヤ女王(エミリー・......
スノーホワイト/氷の王国 (だらだら無気力ブログ!)
続編って言うよりかはスピンオフ。
「スノーホワイト 氷の王国」 (ここなつ映画レビュー)
前作「スノーホワイト」を観た訳でもないのに、何故この作品を観ようと思ったのか…?私って実はクリス・ヘムズワース好きだったんだなぁ…いや、そんなはずは…、などとかなり自......
スノーホワイト/氷の王国 (風に吹かれて)
愛は勝つ 公式サイト http://snow-movie.jp 白雪姫の物語よりもずっと昔。ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)の妹フレイヤ(エミリー・ブラント)は、あまりに深い悲しみと引き換えに、強大
スノーホワイト/氷の王国 ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
“白雪姫”の物語を大胆にアレンジしたファンタジー・アクション「スノーホワイト」の続編。前作でスノーホワイトを助けた“ハンター”エリックと、邪悪な女王ラヴェンナとその妹......
『スノーホワイト/氷の王国』('16初鑑賞53・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月28日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 11:30の回を鑑賞。2D・字幕版。
「スノーホワイト/氷の王国」 (或る日の出来事)
シャーリーズとエミリーの姉妹の話かと思ってたよ。
スノーホワイト 氷の王国 (そーれりぽーと)
白雪姫よりも“悪い魔女”の印象しか残っていない『スノーホワイト』の続編、『スノーホワイト 氷の王国』を観てきました。 ★★★★ 原題が『Snow White & the Huntsman』から『The Hunts......
スノーホワイト/氷の王国 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE HUNTSMAN WINTER'S WAR】 2016/05/27公開 アメリカ 114分監督:セドリック・ニコラス=トロイアン出演:クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、エミリー・ブラント、ニック・......
スノーホワイト/氷の王国 (5385 (ごみばこ))
確か私の記憶だと4、5年前、 まだというか、私自身が映画館に赴いて映画が見られた時代に「スノーホワイト」って クリステン・スチュワート主演で闘う白雪姫の映画がありましたが......
「スノーホワイト 氷の王国」、白雪姫の背景に隠された壮大な物語! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆ 白雪姫好き ☆☆☆ 白雪姫は、出てきません。 悪女の姉妹の物語です。 ファンタジーですので、自由自在な物語の展開。 そのVFXの美しさは、素晴らしいものが......