銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

マリアンヌ

2017年06月29日 20時50分49秒 | 洋画ロマンス
ALLIED
2016年
アメリカ
124分
ロマンス/サスペンス/ミステリー
PG12
劇場公開(2017/02/10)



監督:
ロバート・ゼメキス
『ザ・ウォーク』
製作:
ロバート・ゼメキス
出演:
ブラッド・ピットマックス
マリオン・コティヤールマリアンヌ
ジャレッド・ハリスフランク
リジー・キャプランブリジット



<ストーリー>
1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌは、ある作戦を通して運命の出会いを果たすが…。

何度涙を流せば、
愛する妻を守れるのか。


-感想-

うーん私の記憶だと1度しか流してなかったような。

新作にアンジー監督でブラピと共演した作品もあったけれど、男前のブラピと別れるアンジーに今猛烈な嫌悪感を抱いているのでそっちはスルーして、こちらはロバート・ゼメキス監督て事でそれなりに観れる内容なのかなと期待を持って借りてきた。

予想してたよりもサスペンス色は若干薄くて、ロマンスを主にした物語で、スパイ容疑を掛けられた妻の潔白を信じる夫の一途な想いが堪らなく辛い。
最後は悲劇として夫婦の関係が崩れ去るも、残された一人の娘と仲良く暮らしている後姿を映し出したエンディングカットに心が幾分晴れやかになったのは救い。
娘がどういう容姿で成長したのか見てみたかったな(写真のみてのが残念)。

それにしてもブラピはカッコいいや。
軍服とかスーツ姿とか、もう似合いすぎて男の私でも惚れ惚れとしちゃう。

チラッとセックスシーンでブラピのケツが映りますが、綺麗なケツしてるなあと。

あ、俺、モーホーじゃないっすよ!笑。
只単に昔(『セブン』)からのブラピファンてだけですから。

ブラピの妻として相手するのが、マリオン・コティヤールという女優さんなのですが、ブラピとの食事中に服のボタンを外して誘惑するシーンが自分的にはドストライクでして、こんなん目の前で見せ付けられたら、性欲抑え切れない、俺ならテーブル飛び越えて襲っちゃうぞ!!


空軍基地内で夫と娘を愛しているが故の迷惑を掛けたくない一心で妻が自決し、一部始終を目の当たりにしてしまったブラピがこの世の終わりみたいな表情を浮かべるのですが、その悲痛な泣き姿が嘘っぽくない自然的な演技でブラピファンとしては胸にグッとくるものがありました。
『セブン』で箱を開けたら妻の首!の時の怒りと悲しみがゴッチャになった泣き顔をふと思い出したのは私だけだろうかねぇ。

老いてもイケメン、ああ大好きブラッド・ピッくん。

評価:★★★☆
17/06/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-06-21
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

コメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少女は悪魔を待ちわびて | トップ | Zネーション<サード・シーズ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マリアンヌ / Allied (勝手に映画評)
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・? 昔の映画では“異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない”と言われましたが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないよ......
「マリアンヌ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Allied」 2016 UK/USA1942年、モロッコのカサブランカ。マックスはイギリスの特殊作戦執行部に所属するカナダの諜報員で、ナイトクラブで偽装妻と落ち合う極秘任務を受けていた。偽装......
マリアンヌ (映画好きパパの鑑賞日記)
 ベテランのロバート・ゼメキス監督にブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの二大スター共演ということで、一定のレベルには達していて飽きませんでしたけど、ちょっとあり......
マリアンヌ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。
マリアンヌ (セレンディピティ ダイアリー)
ブラッド・ピット&マリオン・コティヤール主演の第2次世界大戦時を舞台にしたラブストーリー、「マリアンヌ」(Allied)を見ました。ロバート・ゼメキスが監督し、「イースタン・......
『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。  主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。  原題は「Allied」。こ......
『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極......
劇場鑑賞「マリアンヌ」 (日々“是”精進! ver.F)
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】
【映画】マリアンヌ (アリスのさすらい映画館)
 マリアンヌ(2016)アメリカ 原題:Allied 監督:ロバート・ゼメキス 脚本:スティーヴン・ナイト 出演:ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サ...
「マリアンヌ」、ブラピとコティヤール扮するスパイの悲しいラブストーリー! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞) 恋愛映画好き ☆☆☆☆ 名匠ロバート・ゼメキス監督の凝りに凝ったラブロマンス。 それも、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの美......
マリアンヌ ★★★・8 (パピとママ映画のblog)
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極......
マリアンヌ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャ......
マリアンヌ(2016)**ALLIED (銅版画制作の日々)
 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ポイントが貯まったのでポイント鑑賞。どちらかといえば、恋愛ものはどうも苦手なのですが、観たい作品が......
「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne
『マリアンヌ』 (beatitude)
1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)はこの地で出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス。決して交わることのない......
マリアンヌ (to Heart)
上映時間 124分 監督 ロバート・ゼメキス 脚本 スティーヴン・ナイト 出演 ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス /サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラ......
マリアンヌ (映画と本の『たんぽぽ館』)
久々に端正なブラピ * * * * * * * * * * 1942年、モロッコのカサブランカ。 そう、あの「カサブランカ」と同じ舞台、ほぼ同時代、 というところから本作は始......
マリアンヌ (風に吹かれて)
ブラピを愛でる 公式サイト http://marianne-movie.jp 監督: ロバート・ゼメキス  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ 「フライト」 「ザ・ウォーク」 1942年、イギ
『マリアンヌ』('17初鑑賞65・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月15日(木) パルシネマしんこうえん(名画座)にて 15:00の回を鑑賞。字幕版。
「マリアンヌ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/パラマウント・ピクチャーズ 配給:東和ピクチャーズ 原題:Allied 監督:ロバート・ゼメキス脚本:スティーヴン・ナイト音楽:アラン・シルベストリ製作:グレア......
マリアンヌ(Allied) (田舎に住んでる映画ヲタク)
「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名匠ロバート・ゼメキス監督のもと、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが豪華共演を果たし、......