清泉寮だより

清里高原にある宿泊研修施設「清泉寮」のスタッフによるスタッフブログです。現地から生の情報をお届けします。

清泉寮ご宿泊者様向けの体験プログラム

清泉寮でのご滞在を楽しんでいただけるよう、ご宿泊のお客様向けにさまざまなプログラムをご用意しています。
旅の思い出の一ページにいかがですか?

人気定番プログラム
◆夜のおはなし会(ご予約制:各回定員20名様) 参加費無料(ご宿泊者限定)
 清泉寮のストーリーテラーが絵本の読み聞かせを行います。
◆秋を楽しむ森歩き(ご予約制:各回定員15名様) 小学生以上一人500円~
 レンジャーと一緒に四季の森を歩きましょう。
 ※天候等によって内容を変更する場合があります。予めご了承ください。

「森の時間」は不定期開催です。
開催日程はこちらから開催カレンダーをご確認ください。


予約不要のクラフト系セルフプログラム
◆ぽんぽんクラフトシリーズ 8:00~20:00の間、毎日
◆オリジナルガーゼハンカチ作り 8:00~20:00の間、毎日
※クラフト系プログラムは材料の在庫によって一時的に中止となる場合があります。予めご了承ください。

体験プログラムのお申込み・お問い合わせは、お電話(0551-48-2111)またはE-mail(seisen-f@keep.or.jp)にて承っております。
みなさまのお申し込みをお待ちいたしております。

初夏の風物詩

2017-06-23 15:00:00 | 日記

 

清泉寮ブログをご覧のみなさま

こんにちは。やすたろうです。

 

 

清里も今年は雨が少なく、日中はとても過ごしやすい陽気ですが、

昼と夜とで気温差が大きく、春と夏とを繰り返しているような

お天気が続いています。

 

 

明日も昼は20℃ 超え、夜は10℃ 以下まで下がる予報。

 

そんななか、気温以外でも一足早く夏を思わせてくれる昆虫が

いまピークを迎えています。

 

 

『エゾハルゼミ』

 

涼しい気候を好む小型のセミで、清里だと5月頃から7月頃にかけて

森のなかでよく見られます。

 

 ほかのセミより小さいですが、力いっぱい鳴いてます。


とても特徴的な鳴き声で、カエルの鳴き声のようにも聞こえます。

よく晴れた日には、朝から森のなかで大合唱していることも珍しくありません。

 

まだまだ涼しい日の続く清里で、夏の気分を先取りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

やすたろうでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清泉寮へようこそ!

2017-06-16 10:10:06 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆さま、

こんにちは、おみやさんです。

 

そろそろ梅雨?という時期が近づいて来ましたが、

今のところ清里は、木々の間を静かに涼風が通り抜ける穏やかな天候が

続いております。小鳥のさえずりだけでなく、虫やセミの合唱が聞こえ始め、

いよいよ夏を感じさせる季節となってまいりました。

 

夏のシーズンには普段以上に大勢のお客様が清泉寮周辺へお越しいただきますが、

その際の大きな目印、ゲートサインがポールラッシュ通りの入口に設置されました。

「ここから清泉寮です!ようこそお越し下さいました!」…とご挨拶しているかのようですね。

まっすぐな坂を上ると、聖アンデレ教会、自然学校、農場、ファームショップ、パン工房と施設が続き、

いよいよ清泉寮本館の赤い三角屋根と牧草地奥に新館宿泊棟が見えてきます。

多くの方にこのゲートサインを目印にしていただき、是非、清泉寮エリアへお越し頂きたいと思います。

 

一年でこの時期が一番心地良いなぁ…と感じるおみやさんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月12日ポール・ラッシュ博士生誕120周年記念コンサート

2017-06-10 11:23:48 | 日記

皆様こんにちは、ハッターです。

清里は今、芽吹きの季節。
木々の新緑も日に日に色を濃くし、変化を楽しめる季節です。

そして、清泉寮の創設者ポール・ラッシュが好きだったと伝え聞く
マーガレットも見頃になりました。


そのポール・ラッシュ、今年で生誕120周年を迎えます。
それを記念して、11月12日に高根町「八ヶ岳やまびこホール」でコンサートを開催します。

先日はそのホールの下見に行ってまいりました。

音の響きの良いホールです。高根町はラッシュにとって大切な地域。
ここで、「清里開拓の父 ポール・ラッシュ博士生誕120周年記念コンサート
~最善を尽くせ、そして一流であれ~」が開催できることを博士も喜んでくれるでしょう。

指揮に矢崎 彦太郎氏、ヴァイオリン独奏は和波 孝禧氏をお迎えし、
フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団の管弦楽に、八ヶ岳音楽祭合唱団の合唱と、
「音楽の秋」に豪華な顔ぶれのコンサートとなります。

コンサートの詳細は、こちらの特設サイトからご覧ください。
清里開拓の父 ポール・ラッシュ博士生誕120周年記念コンサート」特設サイト

コンサートの前後に、清泉寮で晩秋の清里をお楽しみください。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

ハッターでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなと出会えてうれしいです。

2017-05-27 18:41:34 | 日記

みなさんこんにちは、カンプリです。

 

清里はもうすぐ6月、日中は暑く感じる日も多くなってきました。

清里の周りは、暖かくなり、新緑が美しい季節になりました。

カラマツが芽吹きはじめ、春の花は緑に変わり、たくさんの面白い形をした葉っぱの姿を見ることができます。

早くも、清里はエゾハルゼミが鳴きはじめ、高原の夏を感じる季節となってきました。

 

 

これからいろいろな、生き物に出会えるのは、清里にいる中で一番うれしいことです。

出会った後に、どのように関わってゆくのかも、楽しいことなのですが、

無事に一年過ごせて、また出会える奇跡がとっても貴重だなと思っています。

 

どんどん環境が変わる中、本当に一期一会の事が多くなってきました。

今年も、周りの自然やお客さまにも、真剣に向き合って関わっていきたいと思います。

 

今年も姿を見せてくれてありがとう。

皆様には、清泉寮に来ていただいてありがとう。みなさまとお会いできてうれしいですとお伝えしたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「当たり前」‥? いえ 「いつも有難うございます」!

2017-05-19 06:44:59 | 日記

清泉寮だよりをご覧の皆さま

はじめまして、そめのすけ です。レストランで働いています。

若手スタッフに交じって、今回初めて投稿させて頂きます。

 

大型連休も過ぎて、新緑が目に眩しい季節となりました。

恵みの雨が降ると、さらに一層 木々の緑が成長を早めます。

 

いつも、当ブログをご愛読頂きまして、まことにありがとうございます。

さて、突然ですが、皆さま「ありがとう」の反対の言葉って何だかご存知ですか?

ありがとう(感謝の言葉)の反対だから、ごめんなさい(謝意の言葉)でしょうか???

 

気になって調べてみたところ、「ありがとう」の対義語は「当たり前」だという説が有りました。

ありがたいとは「有難い」、つまり「有る事が難しい」「まれである」「めったに無い事である」

だからこそ、感謝の念につながるのだと有ります。

 

その反対の意味の言葉は「当たり前」なのだそうです。

そこに有って当たり前、してもらって当たり前、出来て当たり前、ご飯を食べられる事も当たり前、

生きてて当たり前‥

 

感謝とは程遠い感じです。

 

以前、清泉寮を長くご利用頂いている「常連」のお客さまから、こんな言葉を戴いた事が有ります。

「あなた達は、当たり前のようにお部屋やお食事を整えて、私達の事を迎えて下さるけど

 実はそれが当り前では無くて、大変な努力によって支えられている事を良く知っていますよ。

 だから いつも あなた達に会うたびに、『有難う!』とお顔を見て伝えているんです。」

 

改めて、その時のお客さまのお顔を思い浮かべたら、グッと来ました。

 

このブログや、清泉寮、清里の事を愛して下さっている たくさんの皆さまへ

心よりの感謝を申し上げます。

 

いつも有難うございます。

 

高原の風薫る爽やかな季節、清里にぜひ足をお運び頂きたいと願っている そめのすけ でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の団体様

2017-05-13 07:42:54 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆さん、なっしーです。

昨日の清里は最高気温も20度を超え、外を歩いていると汗ばむ位の陽気でした。

4月上旬にはまだ雪化粧だった八ヶ岳もこの通り。

もう少したったら雪も無くなりそうですね。

 

牧草地の近くも緑が濃くなってきましたね〜。

遠くには移動教室の小学校団体様が見えます。

ソフトクリームを食べた後に遊んでいた様子でした。

これから10月位まではこの様な団体様も増えてきます。

 

先日のレストランです。この日は学校団体様の貸切利用でした。

4月〜5月は新入生のオリエンテーション合宿等でたくさんの学校団体様が

いらっしゃいます。なかには57回目になる学校様も!ありがたいことです。

 

GW明けも忙しいですがスタッフ一同頑張ります!

なっしーでした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立夏のサクラ

2017-05-05 15:00:00 | 日記

清泉寮ブログをご覧のみなさま

 

こんにちは。やすたろうです。

 

ゴールデンウィークもいよいよ後半。

清里も多くのお客様で賑わっております。

 

本日はこどもの日。そして暦の上では立夏でもあります。

とはいえ、標高の高い清里では春の訪れがとてもゆっくりで、

朝晩は肌寒い日が続いております。

 

ですが、そのぶん春の楽しみもゆっくりやってきます。

 

 

緑に混じって見えるのは・・・?



そう、桜です。

清里周辺では自生の桜が見頃を迎えています。

 

 

街なかや学校でよく見られるソメイヨシノと比べると、

花と葉っぱが一緒に出てくるのが特徴的です。

 

新緑と淡いピンクのコラボレーション

 

清里へお越しの際には、山からの心地よい薫風に吹かれながら

ひと足遅めのお花見を楽しまれてはいかがでしょうか。

 

富士と桜と牧場通り 

 

まだまだ雪が残る八ヶ岳

 

ちなみに、清泉寮付近ではようやく咲き始めといったところ。

 

 

まだまだ春は続きそうです。

 

花より団子なやすたろうでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お散歩日和

2017-04-28 17:57:10 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆様

こんにちは、おみやさんです。

 

いよいよGWの期間が近づいて参りました。

例年、多くのお客様が清泉寮へお越しいただく季節です。

お過ごしの仕方は、清泉寮ホームページにもたくさんご紹介させていただいておりますが、

おみやさんのおススメは「お散歩」です。

この時期、気温は穏やかになりましたが、木々の芽吹きはこれからといった感じです。

グリーンシーズンにはまだ少し早いのですが、

晴れた日にゆっくりと「キープ自然歩道」を散策、そして大きく深呼吸…。

きっと、穏やかな気分をお感じいただけると思います。

今回は、整備された自然歩道の一つ「渓谷とサワグルミの小径」を歩いてみました。

各所にトレイルマップが設置されており、道に迷うことなくお歩きいただけます。

渓谷までの高低差が約100mあり、ロープを頼りに昇り降りする少しハードなルート

でもあります。動きやすい服装、靴が装備として必要になります。

少し頑張って歩いた先には、涼しげな川俣渓谷の風景が広がっており、水の音と鳥のさえずりに包まれます。

 

清泉寮周辺の自然歩道は趣きの異なる9つのルート整備がされております。

http://www.seisenryo.jp/trail_00.html

お時間や脚力に合わせてお選びいただき、是非清里の自然を満喫してみて下さい。

 

おみやさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと春が来ました。

2017-04-22 14:46:06 | 日記

みなさんこんにちは、

カンプリです。

 

清里は、やっと温かく春を感じる季節になりました。

まだ、春というには寒いのですけど、周りの植物や鳥たちは、いち早く春を感じ行動を始めています。

 

今日は、普段聞かない鳥の鳴き声を3種類聞きました。でも名前が判らないのが残念です。ぜひ詳しい方がいらっしゃったら一緒に歩きましょうね。

ぜひ、今度みなさまも清里に遊びにいらして、耳をすましてみてください。

場所によっては、いろいろな鳥の鳴き声が聞こえてきます。特にキツツキの仲間の声と木をつつくドラミングの音が聞こえてとっても素敵ですよ。

そんなおすすめの場所が、清泉寮の近くにもあります。

 

そんな中、今日は、清里の春のおすすめ、アブラチャンの花を撮ってきました。

アブラチャンは、秋になるとキャンディのような実ができ、とってもいい香りがする物です。花は、今の時期に咲いていて、春の花ダンコウバイと間違えやすいですが、ちょっと小ぶりなきれいな花が咲いています。

ぜひ、見比べてみてください。

最初の2つは、アブラチャンになります。

 

次の2つがダンコウバイになります。

 

 

また、カラマツが早いところでは芽吹き始めました。

いよいよ新緑の季節がまもなくやってきます。

 

カンプリは、とっても楽しみになってきました。

ぜひ、皆さまも清里の自然を楽しみに、いらしてください。

お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水墨画の「さくら」

2017-04-14 20:18:47 | 日記

清泉寮だよりをご覧の皆様、こんばんは。

ポール・ラッシュ記念館のハッターです。
4月も半ばとなり、各地では桜の見頃を迎えていらっしゃると思います。
清里のある北杜市のお隣、韮崎市でも満開となっています。

現在、記念館では長谷川祥子「水墨画のさくら」展を開催中です。

墨一色で描かれているのに、桜色を感じるのが不思議なのですが、
それが水墨画の魅力でもあります。

水墨画は、紙に墨が吸われていく、また墨をのせた時の様々な条件で
滲み方も一様ではなく、製作の間は一瞬一瞬が勝負です。

今回は長谷川祥子さんの「さくら」の作品だけを集めて展示しました。

5月7日まで、記念館では、満開の「水墨画のさくら」が皆様をお迎えします。

この機会に水墨画でお花見を楽しんでいただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。

ハッターでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リニューアルオープンしました!

2017-04-07 16:37:03 | 日記

清泉寮ブログをご覧のみなさま

こんにちは、ポンポンです。

 

各地で桜の便りがある中、

まだまだひんやりとした空気の清里です。

今回は4月に耐震改修工事を終えた本館のお部屋を一部ではありますが、

ご案内致します。

 

まずは洋室ツインルーム【バス・トイレ付き】です。

お部屋内のライトは同じものが引き継がれています。

以前よりシックな印象です。

 

次は本館スイートルームです。

テレビが壁についてスッキリ、広く感じます。

同じスペースに水場のご用意もあります。

 

館内を探検すると、たくさんの変化が見えてきます。

これからもお客様と共に新たに長い歴史を築いていきたいと考えています。

生まれ変わった清泉寮本館をよろしくお願い致します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の新メニューのご案内

2017-03-31 16:34:02 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆様こんにちは。

レストランキッチンスタッフのとなりのマツタケごはんです!

さて、明日から4月です!

 

新生活が始まる人もいれば、花見を楽しむ人もいますね。

清里は現在雪が降っています…暖かい日が待ち遠しいです。

さて、今回は春にちなんだ本館レストランのランチメニューの一部をご紹介します。

「菜の花と春キャベツ、ズワイガニのあっさり、クリームパスタ」

こちらは手打ちパスタ麺を使用しており、白ワイン、アサリの出汁で爽やかな香りを出し、

仕上げに生クリームを加えあっさりに仕上げ、アクセントにカラスミをふりかけております。

窓の外は雪景色ですが、口の中は春いっぱいになります♪

 

まだ、雪が残っているので、ご来店の際はどうぞお気をつけてご来館ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三寒四温

2017-03-23 14:24:18 | 日記

はじめまして、今回初めて投稿になります、レストランスタッフの青さんです。

どうぞよろしくお願いします。

 

厳しかった冬の寒さもようやく落ち着き、春の訪れを感じるようになってきました。

 

ですが!!最近、雪が降り、季節が冬に逆戻りしてしまいました!!

 

 

次の日、スタッフに聞いたところ、10㎝ぐらいの雪が積もったと聞き、大変ビックリしましたー!!

 

 もう少しで4月なのに、こんなに雪が降るなんて予想外でした・・・・。まだまだ寒さが続きそうですね・・・。

春の訪れが待ち遠しい、青さんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のきざし

2017-03-17 10:00:00 | 季節の楽しみ

 

清泉寮ブログをご覧のみなさま。

 

こんにちは、やすたろうです。

 

いつもの冬より雪の少なかった今年の清里。

夜にちょっと雪が降っても、日が昇れば綺麗さっぱり!

 

 清泉寮本館前の牧草地。銀世界はしばらく見納め

 

      ↑ 日陰にちょっと残る程度です

 

陽気もだいぶ春めいてきて、動物の姿や鳥の声も

感じられるようになってきました。

 

 

 牧草地にゾロゾロと… ズームしてみると

 

 

 シカさんの大家族!ウシさんのごはんをつまみ食い

 

 

清里の自然の移り変わりをいちばん感じられるこの時季、

 緑はまだまだ少ないですが、芽吹きはもうじき訪れそうです。

 

 

 

山菜の芽吹きが楽しみなやすたろうでした。

 

※朝晩は気温が氷点下となる場合がございます。日陰などは

 凍結していることもございますので。お車でお越しの際には

 スタッドレスタイヤやチェーンのご用意をお願いいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の水

2017-03-11 00:25:14 | 日記

清泉寮ブログを見て頂いている皆さま、こんにちは。
うっしーです。
ここ数日だいぶ清里も春めいてきました。
といっても今日も氷点下3度くらいまで気温も下がっており、まだまだ凍っている小川も多いですが、上の写真のように少しずつ雪解けが始まっています。

春を迎える前のこの時期は少し時間もありますので、先日はスタッフ数名と勝沼醸造さんのワイナリーツアーにお世話になってきました。
日本を代表するワインの産地である山梨県ですが、勝沼には約80社のワイナリーがあります。(すごい!)
清泉寮レストランでは数あるワイナリーの中から勝沼醸造さんの「アルガブランカ・クラレーザ」もご提供させていただいております。
お好きな方もいらっしゃると思いますが、私も大好きな白ワインです。
甲州ぶどうを原料にシュール・リー製法で作られる、すっきりとしつつも余韻の残る味わいがたまりません。
ツアーでは甲州ぶどうについてもしっかり教えて頂き、1400年も前から栽培されている記録があること、140年前からは日本で初めてのワインづくりに使われていること、ヴィティス・ヴィニフィラ種というヨーロッパ原産の正真正銘のワイン用のぶどうの一種だという事(もう1種はヴィティス・ラブルスカという巨峰やデラウエアなどの食用ぶどうとの事)など、聞けば聞くほどなるほど~という内容に目と耳が離せませんでした。
3月6日にはソムリエの田崎真也さんによるアッサンブラージュ(ブレンド)も行われて、6月10日には発売されるとのことです。
今回はまだ葉っぱもない時期のぶどうの枝しか見られませんでしたが、機会を見つけてまた畑を見に行きたいと思っていますので、その時はまた報告させていただければと思います。
間近にぶどうや畑を見せて頂き、今年のぶどうが来年のレストランに並ぶワインになることを改めて感じることができた素晴らしい機会でした。 
そのあとの試飲会では、甲州ぶどうにかける思い、畑での挑戦などいろいろ聞いたおかげで、ますますおいしく感じ、改めてワイナリーの方へ感謝してワインを頂きました。

枝の切り口からはすくいとれるくらいうっすらと水がしたたっていました。

この時期のぶどうは剪定が終わった後で、葉っぱは全くありませんが、地中では根が伸び水を吸い上げる準備をしているとの事です。 

長くなってしましましたが、最後に
6年前の春を思ってご冥福をお祈りいたします。 

変化の季節、皆様の場所によい春が訪れますように。

うっしーでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の清里プロモーションビデオ