清泉寮だより

清里高原にある宿泊研修施設「清泉寮」のスタッフによるスタッフブログです。現地から生の情報をお届けします。

東日本大震災に被災された皆様へ

2011年3月11日に発生しました東日本大震災から丸五年が経ちました。
未だに復興の兆しが見られない被災地および被災された方々に想いを馳せるとともに、
震災が風化しないよう引き続き清泉寮としてできることを少しずつ取り組んでいきたいと思います。
2016年3月11日 清泉寮スタッフ一同

清泉寮ご宿泊者様向けの体験プログラム

清泉寮でのご滞在を楽しんでいただけるよう、ご宿泊のお客様向けにさまざまなプログラムをご用意しています。
旅の思い出の一ページにいかがですか?

人気定番プログラム
◆夜のおはなし会(ご予約制:各回定員20名様) 参加費無料(ご宿泊者限定)
 清泉寮のストーリーテラーが絵本の読み聞かせを行います。
◆秋を楽しむ森歩き(ご予約制:各回定員15名様) 小学生以上一人500円~
 レンジャーと一緒に夏の森を歩きましょう。
 ※天候等によって内容を変更する場合があります。予めご了承ください。

「森の時間」は不定期開催です。
開催日程はこちらから開催カレンダーをご確認ください。


予約不要のクラフト系セルフプログラム
◆ぽんぽんクラフトシリーズ 8:00~20:00の間、毎日
◆オリジナルガーゼハンカチ作り 8:00~20:00の間、毎日
※クラフト系プログラムは材料の在庫によって一時的に中止となる場合があります。予めご了承ください。

体験プログラムのお申込み・お問い合わせは、お電話(0551-48-2111)またはE-mail(seisen-f@keep.or.jp)にて承っております。
みなさまのお申し込みをお待ちいたしております。

雨でおもうこと

2016-09-23 13:56:49 | 日記

みなさん こんにちは、カンプリです。

 

9月は実り(みのり)の季節 雨が多い季節ですね。

 

雨といえば、しとしと降る印象が強いのですが、このところの雨はにぎやかな音がします。

 

雨は、もとは霧から氷、雨と変わる中で、どんな色に染まるのでしょう?

絵具が水にとけるように、森や町の色を取り込んで、それぞれの色を付けていることでしょう。

それが、私たちの所に雨として降っているのですね。

 

その日その日の雨が、ちがっているのです。

この前、やっと気づきました。

 

今は、ちょっとだけ時間を作りながら、車の中や、お庭で雨をながめています。

 

あと、ちょっと考えることがありました。

私たちのところに、降った雨は、これからどんな色に染まっていくのでしょう?

川の青色?

土の茶色?

粘土のおうど色?葉っぱのうすみどり?それとも木の実の赤でしょうか?

 

いろいろな色を含んでいくのでしょうね。

 

そんな色に気づきながら、毎日が過ごせたら素敵だなとおもっています。

だからこそ、森はきれいにしておかないといけないですね・・・

 

清里は、これから秋を迎えようとしています。

この雨が終わったら、木の実が一気に実り、葉っぱが秋の支度をはじめることでしょう。

日差しは、温かくやさしくなり、風はちょっとひんやりとしてくるでしょう。

 

 

皆様のところは、どうでしょうか?

 

もし、良ければ、紅葉まえの清里を楽しみにいらしてください。

晴れる日が多くなり、夜は星が楽しめる季節でもあります。

 

ぜひ、お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の散策

2016-09-18 13:35:47 | 日記

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
ポール・ラッシュ記念館のハッターです。

清泉寮のある清里高原は、秋分の日が近づくにつれ、
秋の気配がぐっと深まってまいりました。

清泉寮のまわりは空を広く見渡せる場所が多く、
この時期は、雲が様々な模様で青空に浮かびます。

今日9月18日はあいにくの雨模様ですが、今日は
皆様に秋の朝の散策をおすすめいたします。

清泉寮の本館の前から牧草地を眺めながら坂をおりて行きますと、
しばらくして右手に清泉寮パン工房が見えてきます。

パン工房の南側にある白いダブルサイロの牛舎、これはキープ協会の
農場の建物の中では、歴史的なもののひとつです。
青空に建物の「白」が映え、秋の澄んだ空気とあいまって、目を楽しませてくれます。


時々、その手前の牧草地にジャージー牛が放牧されています。
朝のやわらかな陽射しをたっぷりと浴びている牛たち。のんびりと過ごしています。
キープ協会の農場は生産牧場なので、いつも牛たちに出会えるとは限りませんが、
朝は比較的見かける確立が高い時間帯です。


さらに、坂をくだって、大きなカーブをぬけると保育園と教会への入り口が見えてきます。
その入り口から坂を上っていくと、見えてくるのが「清里聖アンデレ教会」です。
主日(日曜日)は朝6時の聖餐式、10時30分からの聖餐式、夕方6時に夕の礼拝が、
平日(月曜をのぞく)は朝6時の聖餐式、夕方6時に夕の礼拝が行われています。
清泉寮を作ったラッシュ博士が戦後民主的に農村開拓をしていこうと考えた時に、
地域の方々の精神的な支えとなるようにと考えて建てた教会です。
こちらもキープ協会にとって、歴史的な建物のひとつになっています。

この後、教会から十字架の道行をたどって、自然学校の前に
出るコースもおすすめいたします。
※散策には「清泉寮まるごとマップ」というご案内がキープ協会の
各施設に設置されておりますので、ご利用ください。

森の中のトレイル散策はもちろんですが、建物を見ながらの
散策も発見があります。
清泉寮から教会までの往復は、約1時間ほどになります。

散策をされる時は、ぜひ歴史的な建物にも注目をしてみてください。
(清泉寮に歴史に関するご質問は、ポール・ラッシュ記念館までお寄せください)

朝夕はカーディガンが手放せなくなっております。
清里にお出かけの際は、一枚羽織れるお召物をお持ちください。
皆さまのお越しをお待ち申し上げます。

ハッターでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のご予定に。

2016-09-09 15:03:32 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆様

こんにちは、ポンポンです。

9月に入りすっかり秋となった清里です。

これからの清里の魅力と言えば、美しく色づき始める山々はもちろん、

清泉寮前の牧草地で開催する「ポール・ラッシュ祭~八ヶ岳カンティフェア2016~」は忘れてはならない存在です。

 

 

たくさんの美味しいものが集まり、クラフト市では素敵なものがあふれています…

お祭り気分を盛り上げるステージも見逃せません!!

このお祭りを満喫して頂くため、

10月15日・16日のご宿泊のご予約開始日が決定いたしました!

詳しくはこちら→ポール・ラッシュ祭当日の宿泊予約について 

1日中お祭りを満喫して夜は温泉でゆっくりといったプランも素敵です。

もちろん日帰りでも充分お楽しみ頂けますので、

ご予定に入れて頂けると幸いです。

今からこの日が待ち遠しいポンポンでした。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の足音

2016-09-02 15:00:00 | 日記

 

清泉寮ブログをご覧のみなさま

 

こんにちは。やすたろうです。

 

雨の多かった8月が過ぎ、

吹き抜ける風がいよいよ秋めいてまいりました。

 

雨後の“キノコ” 

 

清里のそこかしこで、

『小さい秋』が見つけられます。

 

いち早く紅を届ける“秋茜” 


森のなか。道の途中。建物のすぐそば。

歩いた分だけたくさん見つかります。

 

流行に敏感なようです

 

毎日、毎日、変化があって、

私たちを楽しませてくれます。

 

“ススキ”もグングン成長中

 

食欲の秋とごいっしょに、

行楽の秋をぜひ清里でご堪能ください。

 

 

それでもやっぱり食欲の秋が好きなやすたろうでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の気配です。

2016-08-29 08:37:53 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆さま

こんにちは、のぐのぐです。

強い台風が近づいていますが、

清泉寮の朝は、

もう秋の気配の空とひんやりした空気が漂っています。

 

 

こんなさわやかな初秋の朝は、

お泊りではないお客様からも、清泉寮のご朝食のお問合せを多くいただいています。

こちらはまだ準備中の様子ですが、

今の季節はこの清里周辺で作ってもらった無農薬をお野菜を中心に、

黒冨士農場さんの卵を使った、スクランブルエッグや、厚焼き玉子、

もちろん、キープ農場のジャージー牛乳や、自家製のヨーグルトもご用意して

お楽しみいただいております。

 

ご宿泊のお客様がもちろん優先ではあるのですが、

お席に余裕のある日には、お立ち寄りのお客様にもご利用いただくことができるんですよ!

見たこともないようなお野菜が、食べられるかも知れませんよ。

是非、遊びにいらしてくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の季節

2016-08-19 15:33:18 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆様、こんにちは、

おみやさんです。

季節は夏真っ只中!…ですが、ここ清里清泉寮は

標高1,400mらしく、涼風を感じる心地よい環境です。

さて、皆様は清泉寮本館宿泊棟のお部屋の名称をご存知ですか?

「キンプ」や「メシモリ」、「カヤ」・「ゴンゲン」などなど…。

そうなんです!清泉寮から望むことの出来る周辺の山々の名前なんですねぇ~。

そこで、おみやさんとしては、お部屋の名称にある山々を制覇すべく、

この夏より、山歩きに励んでおります。

今回はその一部をご紹介させていただきます。

「キンプ」金峰山です。山頂から五丈岩を眺めます、なんとも雄大。

途中、こんな景色にも出会えます。

こちらは、我らが八ヶ岳連峰、左側が「ゴンゲン」権現岳、右側に主峰赤岳。

そういえば…「アカダケ」というお部屋はないんですね。

山道で、種類はわかりませんがこんな鮮やかな(不思議な?)キノコが自生してました。

 

周辺の山々へは、清泉寮からでも車で約30分から1時間程度で登山口へアクセス

出来ますので、登った山の名称のお部屋に泊まってみるというのも、

良い思い出になるかもしれませんね。

 

…というわけで、熊との遭遇に怯えるおみやさんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROCK全焼に寄せて

2016-08-12 23:16:03 | 日記

清泉寮ブログをいつも見ていただいている皆様
こんにちは、うっしーです。

今日は清泉寮の話ではないのですが、
とてもショックな出来事があったので皆さまにも共有させてください。

清里に来ていただいている皆様もきっと一度は訪れていただいた事がある、
萌木の村のレストランROCKが8月8日に全焼してしまいました。 
聞いた瞬間は耳を疑いましたが、残念ながら本当の出来事でした。
翌日に燃えてしまったレストランを実際に見たときは、声が出ませんでした。
http://www.moeginomura.co.jp/blog/2985/ (ROCKのHPより)

 

萌木の村のスタッフは舩木社長を始め私達もいつも元気をもらっているとても素敵な方々なんです。
私達もこんな状況で何か出来ないかとかけつけたのですが、
逆に元気をもらうくらいいつもの(いつも以上の)
サービス精神でもてなされてしまいました。本当に頭が下がります。

お店の再開まではまだなんともですが、清泉寮レストランでもお世話になっている地ビール「タッチダウン」
は少し助かったとの話もありました。
ただし、ラベルがないかもしれないし、ロットもまちまちかもしれないし、、との事でしたが、
私達も提供できる限り、皆さまにご案内させていただきますね。

 

清泉寮も1955年11月11日に一度全焼した歴史を聞いています。
清里の人は今回の火事にどうしても重なってしまいます。
だからこそ、再建を応援する気持ちも重なりますし、きっとまた名物のカレーを食べにたくさんの人が集ってにぎやかな様子も想像がつくんです。
すぐに社長がHPにメッセージを出された様子や数日後には冷蔵庫に救出されたカレーを無料で振舞ったり、応援者の方が義援金の募集を開始したりと
清里の人のタフさに心から関心するとともに、きっとこういうところにポール・ラッシュの思いが生きているんだろうな、と間近に感じた機会でした。

私達に出来ることは限られますが、気持ちだけでもいつもそばにいられればと思っています。
そしてまた、おいしいカレーと地ビールを囲んで集まる場所として再建する日を心から応援しています。

うっしーでした。 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黄色と黒のコントラスト

2016-07-30 15:42:53 | 日記

みなさま こんにちは、

お久しぶりです。カンプリです。

 

今回は、近くにある渓谷に遊びに行ったときに、とっても素敵な花を見つけたので紹介をしたいと思います。

キープ協会の近くには、川俣渓谷という、とっても素敵な場所があります。

水の色は、うす緑色に透き通っていて、ひんやりとする涼しさがある場所です。

川の水はとっても冷たくて、長くさわってはいられないのですが、そんな冷たさが暑さを忘れさせてくれます。

 

そこに行く途中に、ちょっと変わった黄色い花が咲いていました。

ランの仲間だと思うのですが、詳しくはわかってはいません。

たぶん、タマガワホトトギスなのではないでしょうか?

調べてみるのも、ちょっとした出会いがあって楽しそうで、ワクワクしています。

 

形が特徴的で、黄色と茶色い模様のあざやかさに心をひかれます。

なにげなくあるものの中に、こんな素晴らしい模様があることに気づきました。

周りの岩々や、土の模様、植物の色なども、見てみると素晴らしい模様でいっぱいです。

今まで気づかなかったのが、もったいなかったけど、これからが始まりです。

たくさん見つけて楽しもうと思います。

ぜひ、皆さまも、模様探しにいらしてください。

お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トントントンと軽快な音がするワークショップ

2016-07-30 11:26:51 | 日記

清泉寮だよりをご覧の皆さま
こんにちは、ハッターです。

山梨県も梅雨明けをしまして、青空に浮かぶ白い雲と
森の木々の緑を存分に楽しめる「夏!」がやって来ました。


夏休みの期間、ポール・ラッシュ記念館では3回限定の真鍮のワークショップ
「金属であぞぼ!」と、2回限定の水彩画のワークショップ「水であそぼ!」が
開催されます。

7月29日は「金属であそぼ!」の初回開催日でした。
トントントンと軽快な音が記念館の周りに響くのがこのイベントの特徴です。
落書きした絵をスプーンにしたり、チャームにしたりすることが出来るほか、
ブレスレットを作った方もいらっしゃいました。

制作風景をご紹介しますね。
なかなかご自身のサイズにあった市販のブレスレットがないそうで、
ちょうどよいサイズに真鍮を切り出してもらうところからスタートしました。
いよいよ、刻印です。すでにアイデアは決まっていらしたようで、
「清里・清泉寮の思い出に」と、清泉寮の位置(経度緯度)の数字を打つのだそうです。




そして、出来上がりも素敵で、お似合いでした!



ワークショップの詳細はこちらからどうぞ。
「金属であそぼ!」@ポール・ラッシュ記念館


この季節は、清泉寮から記念館までの道のりには、様々な草花が咲いておりますので、
そちらもぜひお楽しみください。

今年の夏も、清里をご堪能ください。
ハッターでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出作り。

2016-07-22 13:35:42 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆様

こんにちは、ポンポンです。

梅雨明けの知らせが届く中、

清泉寮にも夏の日差しが降り注ぐ日が増え夏本番の気配がします。

 

今回は夏直前と言うことで、清泉寮のセルフクラフト「ガーゼハンカチ作り」の新作をご紹介します!

「清泉寮の夏」をテーマに昆虫や植物、動物を彫りました。

ハンカチに押すとこのような仕上がりに…。

アイロンで15秒熱を加えるとお洗濯しても安心です。

新館フロントにて1枚500円で体験頂けます。

夏の思い出作りに1枚いかがでしょうか。

 

そうそう、夏と言えば清泉寮に彼らも登場していますよ!

今年はカブトムシやクワガタの数種類がコンシェルジュデスクで皆様をお迎えします。

水分補給を十分にして、

清里にぜひお出掛け下さい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み、到来!

2016-07-15 15:00:00 | 自然情報

 

夏休み、到来!

 

清泉寮ブログをご覧の皆さま。

こんにちは、やすたろうです。

 

いよいよ明日から3連休!夏休みシーズンの到来です。

標高1,400mの清泉寮周辺も、いよいよ夏らしくなってまいりました。

 

緑がいっぱいの森の中では楽しみがたくさん待っていますが、

楽しいばかりではありません。そのぶん、注意が必要です!

 

①    ハチ

 

スズメバチ。羽音が聞こえたら要注意!

 

ハチの巣に気付かずそのまま近づいてしまうと、攻撃されてしまうことがあります。

大きな羽音が近づいてきたら、刺激せず、ゆっくりその場から離れましょう。

また、森の中に入るときは、なるべく黒い服装を避けるようにしましょう。

 

②    ヘビ

 

ヤマカガシ。パッと見ただけでは気がつかないかも。

 

足元にも注意が必要です。

こちらも出会ってしまったら、ゆっくりその場から離れましょう。

 

③    ツタウルシ

清泉寮周辺の散策路に、ほかの樹木に巻きつくように自生していて、

葉っぱに触れるとかぶれてしまうことがあります。

 

小さい葉っぱは、先端がギザギザになっていて、

 

木の幹の中央あたり。小さくてもウルシの仲間。

 

大きい葉っぱは、赤っぽい根元が特徴です。

 

大きくなると葉っぱのかたちが変わります。根元から3つに分かれているのも特徴です。

 

足元はサンダルなどを避け、植物はなるべく素肌で触らないように気をつけましょう。

 

④    天気

注意しなければいけないのは生き物だけではありません。

ちょっと前まで晴れていても、突然、大雨や雷になることもあります。

大きな雲が出てきたときや、ゴロゴロと音がし始めたときは近くの建物に入りましょう。

夕方になると急に冷え込むこともありますので、レインコートを持っていると便利です。

 

清泉寮周辺の自然に関する情報は、八ヶ岳自然ふれあいセンターにて

詳しく知ることが出来ますので、散策へ出られる前に、一度お寄りになられることを

オススメいたします。

 

ケガや事故に気をつけて楽しい夏休みを過ごしましょう!

やすたろうでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清泉寮キッチンをのぞいてみました。

2016-07-08 14:13:17 | 日記

清泉寮ブログをご覧のみなさま

こんにちは!

お久しぶりです。のぐのぐです。

 

いよいよ7月にはいりましたね。

まだ梅雨明けしていませんが、清里でも最高気温が30℃を越える日も出てきました!

山梨県内では38℃になったらしいですが・・・

 

清泉寮レストランも来週末からは夏休みに向けて、

夏のディナービュッフェが始まります。

毎年人気のビュッフェスタイルで、グループやご家族でお好きなものをお好きなだけ、

お楽しみいただいています。

 

 

ディナー前のキッチンをのぞいてみました。

着々と仕込みが進んでいます。

 

こちらは、朝食で人気の厚焼き玉子です。

長年使い込んだ玉子焼き器が先日こわれてしまい、

しばらくお休みをいただいておりましたが、ようやく復活です。

日替わりで、目葱が入ったり、鶏ひき肉が入ったり、

ご提供している私たちも、毎日気になっています!

 

朝食、夕食とも席に余裕がある時なら、宿泊しなくてもご利用いただけます。

気になった方は、電話でお問合せくださいね。

のぐのぐでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

趣のある本館にて

2016-07-01 15:53:12 | 日記

ブログをご覧の皆様こんにちは、おみやさんです。

梅雨真っ只中の清里です。なかなかすっきりした八ヶ岳が見えない

今日この頃です。

そんな中、改めて清泉寮館内を見渡してみますと・・・

雨の降る中、薄暗い日中に何とも趣のある本館の風景を感じてみました。

お馴染みの清泉寮本館の正面玄関前。いつ見ても山岳基地らしい佇まい。

本館ライブラリーの雰囲気…、赤い絨毯が鮮やかですが、なぜか落ち着くスペース。

洋室の様子。バルコニーまでついてます。

新館方面から本館へと続く廊下。階段もあったりしますが、なんとなくノスタルジックです。

2016年の本館棟は11月下旬より3月下旬まで改修工事のため、長期休館となる予定です。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、また足腰を鍛え直した本館を是非ご期待頂きたいと

思います。勿論、夏休み期間中はご宿泊含め、ご利用可能ですので、清泉寮本館に

是非お越し下さいませ。

梅雨明けが待ち遠しい、おみやさんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霧とキャンプファイヤー

2016-06-23 19:46:51 | 日記

清泉寮ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

なっしーです。

こちらは最近の清里でよく見られる光景…。

そう、霧です。

道路で車を走らせていると非常に厄介だったりしますが、清里の自然の中で出会うと何か幻

想的な気持ちになるのは私だけでしょうか?

空気が澄み、遥か遠くの富士山まで見渡せるのも勿論気持ち良いですが、

うっそうと霧が立ち込めて視界が10~20メートルしかないのも、

いつもと違う感覚が研ぎ澄まされ不思議な気持ちになることができます。

こちらは霧の中に佇んでいる清泉寮。撮影したのは昼間ですが、これもまた絵になります。

 

話題は変わりますが、先日ある学校様でキャンプファイヤーがありました。

冬場はほとんどありませんが、これくらいの時期になると登場する機会が増えます。

やぐらに点火するまでの儀式も気分が高揚しますが、

やはりみんなでキャンプファイヤーを囲むと不思議と心が1つになりますよね。

私はスタッフとして見ていただけですが、

何か生徒さんと心が1つになった感覚。思わず年がいも無く輪に入りたくなってしまいました。

 

季節はもう夏。たくさんの方が今年の夏もここ清泉寮にいらっしゃるといいなあ。

いや、是非来てください!

なっしーでした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色はいろいろ

2016-06-15 20:35:33 | 日記

清泉寮ブログをご覧になっている皆様

 

みなさん初めまして。

初ブログをかかせていただきます。カンプリです。

私は、いろいろな色が好きです。

でも、よくわからないのでいろいろ勉強中ですが、

この前森を歩いていたらとっても好きな淡い色を見つけたので紹介します。

 白いような、目立つ色が森の中にありました。

霧が広がる森の中、すっと冷えた空気の中に、それは静かにたたずんでいました。

 目線をすこしだけ上にあげると、樹木からぶら下がっているそれは、

クマシデという木の果穂(カホ)というものらしいです。

 

緑が薄い木の葉っぱの下、薄白い霧の中に目立つ白い果穂 実際にとってみると白ではなく、黄緑でした。

やっぱり、気づいたものは、実際に手に取って、近くで見てみるのがとっても面白い。

そして、はっとわかった瞬間がとっても楽しくて素敵な時間です。

 

クマシデちゃんも、ふかい緑色、しろがかった緑色、果穂のうすきみどりが見れました。

ぜひ、みなさんも色と風景を楽しみに清里に遊びに来てみませんか?

 

これからの時期、一生懸命に成長中のクマシデちゃんを見ることができますよ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の清里プロモーションビデオ