ねこと一緒に☆星に願いを   

千葉 増え続ける不幸な命をたすけて(旧タイトル)

ジェントルにゃんが やってきた!!

2018年02月04日 | 日記

少しでも できることを・・・

 

 と、 久々に保護部屋にむかえたのは・・・

 

 

 

 

   ジェントルにゃんが やってきた!!


 

 

         

 

 

 

    我が家に来てから1週間ほどして、

    左手の先が みるみる腫れてきてしまいました

 

    ケガから 化膿したのかも・・・、と 獣医さんから 抗生剤の注射とお薬をもらって帰りましたよ

 

 

 

 

        

  

    ちょっと とぼけた感じのジェントルにゃん。

    「  ここは どこかにゃ???  」

 

 

 

 

         

      「 あ~、きもちいい 」                   「 そこそこ、・・・おばちゃん 」

 

 

 

    

      「 悪くないかも・・・ 」

 

   

 

     早く傷を治そうね、ジェントルにゃん  💗

 

   

 

 

 

       猫の預かりをして下さる方を探しています  

 

       公園給餌のお手伝いをしてくださる方を探しています 


         ご質問は「お昼寝大好き~肉球家族」さんまで お問い合わせください



 

                            

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご寄付のお礼と ご寄付で助けていただいた猫たちのお知らせです

2018年01月12日 | 日記

 

 

   すっかりお礼とご報告がおそくなりました

 

 ご寄付をお振り込みくださった皆様、 どうもありがとうございます

 

  10月 4日   K.M 様   たくさんのご寄付をありがとうございました。暖かいコメント、ありがとうございました。

     24日     I.T 様    いつも応援ありがとうございます

  

      11月 6日   S.M 様    マーチとちび太、末永くよろしくお願いいたします

          N.A 様   いつもいつも暖かいコメントもありがとうございます

  12月 8日   T.F 様   いつも応援をありがとうございます

     21日  N.A  様   大切に使わせていただきます

 

    皆様からお預かりした大切なご寄付は、 やはり公園とその周辺の猫たちに

    まず優先的に使わせていただくことにいたしました

 

    私が体調を壊して動けず、 肉球家族さんと 魔法使いさんが頑張ってくださっています。

 

 

    公園、 皆様のご寄付で手術もすませて フードも頂きながら今も頑張っている子たち・・・、

    そんな子を 傷つけ、殺し、それを楽しみに思う 心の貧しい 心の病んだ、不幸な塊の人がいます

 

 

 

 

    保護にのりだした  麦わらの娘っこ です

 

     

 

     鋭利な刃物のような傷がお腹にありました

     足も断脚になるかもしれません

 

 

    

 

     この子の医療費に、

 

     そして いつも一緒に出てくるむぎわら母猫を

     

             (※ 肉球家族さん 撮影)

 

       保護し 初期医療をいたしました

 

    ありがとうございます

 

 

 

     それから、

     公園の周辺の猫たちのTNRと保護・・・

 

 

     

 

          

                ※ 肉球家族さん撮影

 

 

    

                ※ 「あずかりねこのへや」さんから拝借

 

      この子たちの捕獲後の初期医療と、治療費につかわせていただきました



 

    リリースとなりました猫もいますが、 この子たちは保護されています

 

 

 

    それから

    公園周辺の倉庫にてTNRとなりました たまご姫のお母さんと思われるミケ

    

     初期医療に使わせていただきました

 

 

    そして

    私が個人で進めていました I病院の周辺の猫たち・・・

        

      

            ⇩

 

    

 

    

    

 

       この子と

 

    

    

 

      この子たちの初期医療につかわせていただきました



    本当に 今までたくさんの応援をありがとうございました。

    私は いま TNRの活動ができずにおります

    公園の給餌も、他のボランティアさんにお任せしています


    公園の給餌は一日がかりの時間も体力も使う重労働です

   またTNRは 捕獲、病院への送り迎え、手術費、治療費、保護場所、そして心労も伴う数日間にわたる活動になります

 

    ともに見守ってきたボランティアさんたちにおおきな負担がかかっています

 

    公園の給餌ボランティアさんも募集しています

    フードのご支援も助かっています   

      ご質問などありましたら

     「お昼寝大好き~肉球家族」さんまで お問い合わせください

 

    

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新年 素敵なおしらせです

2018年01月04日 | 日記

  2018年  本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

  最初にお知らせしたいことは やっぱり 嬉しいお知らせでないと・・・!

 

 

   我が家の最後の保護っこの  たまご姫 と わらび君

 

 

             ・

             ・

             ・

 

 

   2匹一緒に 正式に家族として迎えていただきましたっ!!

 

    嬉しくて、嬉しくて、 うれしい~~っ!!



 

   

     わらび君は

 

 

        

 

      バロン君に・・・・!

 

 

 

 

 

     そして いつかお姫様になることを夢見た

 

    

      たまご姫は・・・



 

 

    

      シータ  という素敵な名前の

 

      おひめさまになりました!

 

 

 

     I 様、 どうか末永く よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

        

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

目標のメスはでてきません・・・・・I病院の2匹

2017年12月12日 | F駅周辺と繁華街の猫たち

I 病院 のTNR・・・

 

  

 

    この子と・・・

 

 

 

  

 

      この子

 

 

  どちらもオスでした

  1匹には シラミ(なんとかシラミって言われたけど わすれてしまいました)がいて

  スプレーの投薬したんですが  多分1回では効かないだろう・・・ということでしたが、

  しかたありません・・・

 

  抜歯もしたので うち(玄関)で  ご飯が食べられるのを確認してからもどしました

 

 

 

  

 

     もう1匹は 写真撮れず・・・

 

 

 

  それから  このあたりを広くえさやりをしているかたの依頼で

  貼り紙用の散らしをつくりました

 

   

 

    何枚かこの付近に貼ってくださるそうです

 

 

 

 

 

            

 

 

   私事ではありますが

   このTNRをおえてまもなく 体調をくずし、

   グログの方も長くお休みしておりました。

   今も全快とはいえず  しばらく活動が出来なくなってしまいますが・・・

   幸せなお知らせや、 ご寄付をくださった方へのお礼もございますので

   いましばらくは ご報告を続けてまいります。

 

   どうぞ よろしくお願いいたします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

てんてん・てまり 幸せに 💗  (にっち・れん君、ココアちゃん、婦長さん・はちばんちゃん も登場!)

2017年11月09日 | H寺(周辺)の猫たち

 

H寺のおばあさんがご飯をあげていた子猫たち・・・・・

 

チャトラ兄弟は S様のもとで 「ニッチ」「レン」君となって幸せをつかみました。

          ⇩

 

   

     (今頃はきっとライオンみたいになってますぅ~)

 

 

 

 

 その2匹に続いて保護となった3匹

 

 てんてん、

    

 

 

   てまり、

    

 

 

 

 わらび君、

    

 

 

 

 

    その、 てんてんとてまりが2匹一緒にトライアルとなり

 

 

         一足先に

 

 

 

             

         てまりはオリーブちゃんに

 

 

 

            

    てんてんは ここちゃんに         (お嬢さんの足もとゲット!)

 

 

 

       

         

                   2匹は 本当にご家族に愛されて・・・ 

       シンデレラみたいに幸せになりました

 

          Aさま、 2匹一緒に 迎えて下さってありがとうございます

         残ったわらび君も 頑張っています

 

 

 

 

       こんなすてきな出来事が どの子にも、どの子にも起こればいいのにね・・・・

        

 

 

 

     

                        

 

 

      F駅の近くの軒先でご飯をもらっていた 子猫のなるなるは・・・・

 

      

 

 

                       

      ココアちゃんとなって先住のミルクさんにかわいがってもらっていますよ

 

      幸せに なるなる ・・・の願いを込めた名前  だよ

       Mさま、 なるなるの願いを叶えて下さってありがとうございます

 

 

 

 

                       

 

      白玉とみつ豆は S駅のおじいさんが外でご飯をあげていました。

      連れて行かれるのは寂しい・・・とおっしゃるのを説得して保護しました。

      もう おじいさんは そこのお家にはいません

      あのとき保護しなかったら

      この2匹は生きているかどうかもわからなかったです・・・・・

 

     

              手前 白玉 は婦長さん  みつ豆は はちばんちゃん

 

 

       

                 Hさま、 2匹の幸せをありがとうございます

 

 

 

 

 

 

     まだまだ 幸せな写真をたくさん頂いていますので 少しずつ載せたいです

 

 

     こんな報告ばっかり載せられたらいいのに・・・

     私のもとから幸せをつかめた子猫たちは  ほんの一握りなんです・・・・・

     

     亡くなった子猫もいます。

     でも 悲しいけれど けして不幸なんかじゃなくて  最高の猫生をもらえた、と思います

     生まれ変わったら、きっと 真っ先に 里親さんの元へ走って行くでしょう・・・。

     ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

         子猫の預かりをして下さる方を探しています  

 


 

                            

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

 

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒ちゃんのTNRと その黒ちゃんを嫌ってるおばさんとの話

2017年11月01日 | F駅周辺と繁華街の猫たち

さて、 相変わらず何の代わり映えもしない 私のTNRですが・・・(そもそもTNRは代わり映えはしない)

 

 この週少しだけ違ったのは

 「猫好き旦那」の嫁様こと Hさんより 「足の悪いこがいるので心配だから、出来ればその子を捕獲したい」

 とのことで   二人で出かけていきました・・・・。

 そこは、 私が(ムキになってやっている)I 病院から ほんの少しだけ歩いたところで

 以前はそこのラーメン屋のオジサンがかわいがっていたノラたちのTNRを引き受けた 懐かしいところでもあります

 そこから すずちゃんという すんだ瞳のきれいなミケと ブンちゃんという ぼんやりと寝ぼけ顔をしたオスの兄妹を

 里子に出すことが出来た思い出もあります。

 あと、きれいなキジの男の子と ちょっと恐がりの(すずちゃん、ブンちゃんの兄妹)ミケの子猫も、

 今では「チビ太」と「マーチ」の名前をもらって大変幸せに暮らしています

 

 

 二人してせっかく行ったのですが、足の悪い子の姿はありませんでした

 ご飯をあげている女性に 抗生剤と消炎剤だけ渡して あきらめて引き上げようとしたとき

 私たちの目の中に入った黒猫・・・

 二人同時に「あ!!」

 

 ・・・・・と声が出たくらい  妊婦っぽかったので、

 大急ぎで ほかく。

 

 

 

      (術後の写真)

   

 

         この写真で 鋭い方はもうおわかりですよね・・・・・

 

 

 

 

            ・

            ・

            ・

 

          オスでした・・・(右耳カット)

 

 

 

  後は いつもの床屋さんの1匹

   

 

 

 

           こちらは誰がみてもおっちゃん  ですね。

 

 

 

 

     黒猫を捕獲した後 I病院の周辺を歩いてみましたが、

 

           

    手術をおえたオスとメスに 会うことができました。

    でも、後はオスばかり・・・

 

    どうしても手術をすませたいメスが ここにはまだいるのです。

 

 

 

 

    

          これは ニンプではなかったオスの黒ちゃんを放したときの写真で、わかりにくいけど

    鉄の門扉に ちょっとしっぽと肉球がみえます

 

    このとき 隣の猫嫌いのおばさんが ゴミだしに出てきて

    ツカツカと私と黒ちゃんに近づいてきました

    「何してるの?」

    というから

    カクカクシカジカ・・・・・・と説明すると、

    「みんな猫には困ってんのよねぇ~~」

 

    そして 秘密を打ち明けるみたいに

    「私、 猫、きらいなのよ・・・・・」

    といいました。  (言わなくても顔に書いてあるが・・・)

 

     だから私も言いました

     「 私、猫、好きなんです」

 

     ちょっとおばさんは固まった感じでした。

     私が猫が嫌いで手術したとおもってんのか??

 

     「猫が嫌いな人も、好きな人も 増えてほしくない気持ちは同じなんです。

      嫌いな人は嫌いだから、

      好きな人は猫がかわいそうだから・・・

 

     だから こうやってみんなで手術していかないと・・・・」

 

     お決まりのお金の話に行き着くと

     やっぱり出ました。

     町内会!

 

     はい、はい、

     町内会で お金出してやってくださいね~~~~

 

 

            ・

            ・

            ・

 

 

    この人と話せて 良かった、と思いました。

    きっとこの人は 前ほどは目くじら立てないんじゃないか・・・・、

    自費で手術したひとがいるんだ、とわかれば  文句ばかり言うのは控えようと

 

 

 

 

    ・・・・・・・・・・・思わないか・・・やっぱり

 

 

                 

 

                   (※ 足の悪い猫さんは お薬が効いてすっかり元気になった、ということでした)

 

 

 

 


 

         子猫の預かりをして下さる方を探しています  

 


 

                            

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミケのTNRとミケ(ほふく)の話・・・

2017年10月24日 | F駅周辺と繁華街の猫たち

さて、・・・

Oさんの家の前にやってくる ミケ猫・・・

 

前回捕獲できず、結局2匹の子猫が育っていました。

 

子猫も もう半年近くになりますから、 「今が潮時」   

とばかり、  

 

 

  はい・・・!

  

 

 

        お母さん(ミケ)

   何度も足から出血して びっこになっている・・・ということで

   足を病院で診てもらいました

   爪の間にイボが出来ていたのを レーザーで切除してもらいました

   これでもう大丈夫だと思います

 

 

 

 

   でもって、

   

 

          こちらが子猫(ミケ)です

   もう1匹の子猫は オスだそうなので  もう  後回しです💦

 

 

  Oさん宅の周辺や、 すぐ近くの駅の繁華街には 猫がたくさんいます

  でも これでやっと Oさんのお家に食べに来るメスは みんな手術は終わったと思います

 

  

 

             ・

             ・

             ・

 

 

   

 

            帰って行く ミケ母 (写真の下)

 

 

 

 

   

 

          帰って行く ミケ子   

 

   

   やれやれ・・・年内に終わって良かったね

 

 

 

                

 

 

    ミケと言えば

   我が家の「ふてニャンミケ」の ほふくさん。

 

   保護猫部屋の室長の職務を放棄して

   最近は リビングで優雅に過ごしています・・・

 

     

 

 

       この室長「ふくちゃん」 は  相変わらず

 

    さわれません!

 

 

   触れない

    ⇩

   ブラシ出来ない

   

 

 

 

   ブラシをしているときに逃げられて もしもブラシがくっついたまま逃げられたら

   ふくちゃんは 一生 「ブラシがくっついた猫」

   になってしまう・・・

 

 

 

   ブラシ出来ない

      ⇩

    毛が固まる

   

    

 

    とうとう 背中に一つ 大きな毛の固まりが出来てしまいました。

    でもどうすることも出来ず・・・

 

    いつだったか前に

           「長毛種は ブラシをしないと全身の毛が絡まってしまい、 麻酔をかけて

     ハサミで毛を切らないといけなくなる」

 

    というような事をなにかで読んだ記憶があって

    毎日  どうしよう・・・どうしよう・・・とただ見守るだけの日々でした

 

 

    ところが あるとき 背中の塊が なんだかずれてきました・・・

 

     

              こんな風に・・・・・・

 

     元々は 背中に沿って 縦にちょんまげのように固まっていたの・・・

 

    

 

 

     ただただ見守る 私たち・・・

 

     何日か過ぎた ある朝・・・

     リビングの ソファーの上に・・・・・

 

 

 

 

 

     

 

      

 

       ふくちゃんの ちょんまげが・・・

 

 

 

          ・

          ・

          ・

 

       「脱皮・・・?」

       「小さな ふくちゃん・・・?」

 

 

          ・

          ・

          ・

 

 

      冗談でなく 良かった良かった・・・・

 

      自然にとれたんだぁ~~~

 

      お外に何年もいたのだから

      多分こういう風に とれていたのかな・・・

 

 

 

 

     


 

         子猫の預かりをして下さる方を探しています  

 


 

                            

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

 

  

 

      

      

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マスターのミケさん

2017年10月17日 | F駅周辺と繁華街の猫たち

 

 

       ジャ~~ンッ!!


 

  

 

 

   なんだか見てくれてる人には 代わり映えのしない写真ではありますが・・・・

 

   毎回違う子よ!  ・・・(当たり前だ)

 

 

 

 

   私が今ムキになって?取りかかってる I 病院  

 

      

             まだ半年になってないくらいの♀

 

 

                 ・

                 ・

                 ・

 

 

          そして、

 

      お約束の マスターのミケちゃん捕まりました!!

 

    

 

    

   

     このミケのいる路地には・・・・

 

 

 

      

        「 何だ、何だ・・・・・? 」

  

 

 

                

        「メシだ、 メシだ・・・・・! 」

 

 

      といった具合に とうぜん たくさんの猫がおります(手前の2匹はオスかなぁ~~)

 

                (これで、I 病院のTNRは この日でメス6匹、オス2匹 となりました)

       

      

 

 

       この2匹と 床屋さんの♀

      

 

 

               以上が この日の3匹でした

 

 

 

 

 

 


 

         子猫の預かりをして下さる方を探しています  

 


 

                            

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

 

  

 

      

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月・9月にいただきましたご寄付です  ありがとうございます(猫たちより)

2017年10月15日 | 収支報告

 

8月、9月に頂きましたご寄付です

  ありがとうございます!

 

 

    8/22  N.A  さま    ¥3000

     25  T.F  さま    ¥3000

 

    9/26  N.A  さま    ¥2500

 

    

       これまでに頂きましたご寄付で

    

    「公園と周辺」の子たち

  ひー、ふー、みー 3匹の預かり場所をお借りすることが出来ました

 

       1ヶ月と10日の3匹のお家賃・・・ ¥40000 (肉球家族さんが手配してくださいました)

 

          

      ひーちゃん            ふーちゃん                 みーちゃん

 

   「お外に戻らなくても良くなったニョ・・・  本当に 皆様、ありがとう」 (ひー、ふー、みー)

 

 

 

 

    また、

   「公園周辺のねこ」 倉庫区域の ミケ母(たまご姫のお母さん)の

       避妊手術、駆虫、ワクチンをさせていただきました!

           避妊手術・ワクチン・レボリューション・・・¥14364

 

 

    

              「 ありがとうございますニャ」

 

 

 

    ご寄付の残高は ¥38,154  です

    大切に使わせていただきます

 

    10月にご寄付いただいた方へのお礼は 改めて来月にご報告とともにさせていただきます

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I病院・・・次々とメスが💦

2017年10月08日 | F駅周辺と繁華街の猫たち

I 病院のTNRは続いています。

 

   

 

       ジャ~~ン!


    今週も3匹・・・

    なぜ3匹かというと  ・・・


  

   それっきゃ玄関に入らないから・・・(かわいそうだけど保護部屋に入れることが出来ないので)







      

        床屋さんの ♂と



              ・

              ・

              ・




                


        I 病院の ♀ と・・・・




            ・     

            ・

            ・




              



        同じくI 病院の ♀・・・  💗



  順調に メスが入ってくれています

  っていうか、 これだけのメス・・・・・・!!

  ほおっておいたら どうなっているんでしょうか!?


  地元の人ってなんとも思わないんでしょうか!? (怒り)



  先日 「猫好きだんな」の嫁さんこと Hさんと この近くをまわってみました。

  明らかに 名前までつけてご飯をあげてる奥さんに、


  「手術しないとだめですよね・・・」

  と話したら


  「そうなんですよ~~~」


  というから 安く手術してもらえる病院を知っているので 手術代のご協力をおねがいできませんか??


  と持ちかけたとたん

  「 ああ~、そういうのって・・・・・町会さんがやるんじゃないのかなぁ~・・・」


   と言い残してお家の中にささっと入ってしまいました


   そのすぐ裏で やはり 庭で8匹にご飯あげてる奥さんに

   同じこと言ったら

  「家の犬が心臓悪くて何十万もかかってね~~~。

   でも、猫もかわいそうだから ご飯くらいはあげてるんだけどね・・・」


   とのお返事・・・



   みんな 人が(ボランティアが)ただでやってくれると思ってる!

   もしくは なんで私が手術しなくてはいけないのか?  と思ってる!!


   子猫が生まれて その子たちがいつの間にか姿を消しても きっとなんとも思わない・・・

   そうやって何年もごはんだけあげてきたんだ

   この人たちがどんどん産ませては やがて消えていく子猫たち・・・





   でも、 そうじゃない方たちもいることを知りました

   少し前にTNRの依頼のあったOさんや、 Tさん、 そして床屋さん

   みんな 手術のお金は惜しまず出してくださいました


   そして、このI病院のそばのスナックのマスターが お店の路地に来ているミケ母の手術代を払う、といってくれました!


   次回は マスターのミケ猫ですっ!


   (I病院のTNRは この日でメス4匹、オス2匹 となりました)

   








 

         子猫の預かりをして下さる方を探しています  

 

   

 

 

 


 

                            

 

 

 

 

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

 

  

 

      


     

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加