動物たちのマイホームを探して・・・

飼い主のいない猫のTNR活動・茨城センターから殺処分寸前の子たちの
引き出しをしています

お便り、そしてご無沙汰しております。(長文です~)

2016-05-16 | お便り
今頃更新ですかー、な感じでごめんなさい・・・

転勤前に最後3月下旬にお届けした、一番なついていないセンターから引き出しの2匹を
お引き受け下さった栃木県のUさん。

先住さんもいましたし、猫さんの扱いも慣れていらっしゃる方でしたので
安心してお任せしました~

案の定~
少しずつ、距離が縮まっているようで
とても幸せな表情に、助けることができて
本当に良かったと思っています。


こちらジニちゃんは、横に寄ってきて
いいこいいこしてって甘えてくるそうです




ジルちゃんはまだ逃げるそうですが
ゴロゴロもしているそうです。

なつかせ上手な里親さんなので
きっと慣れる日も近いかな~と思っています






引っ越し前に最後のご挨拶をと思いながらも
あわただしく更新もままならず、これまた今更な
ご挨拶、ごめんなさい。


ネットを通じて、多くの方に茨城のセンターの子たちを
助けていただきましたこと、心より感謝しています。


そしてGWには、犬猫救済の輪の里親会スタッフのMさんが
有給を取り、茨城センターまで引き出しに行ってくれました。

負傷猫含め仔猫合わせて約20匹ほどを引き出してくれました

Mさんとはいつも里親会で一緒に活動を共にしてきた
頼りになる存在です。
福島のこと、熊本のこと、いつもいつも多忙であるにもかかわらず
代表の結さんは今なお、茨城の子たちをいつも気にかけて
くれています。

代表はじめ、獣医さん、里親会スタッフ、病院ボランティアさん
みんなの連携プレーに心より感謝いたします。

本当にみなさま、ありがとうございました。



そしてそして・・・
4月初めにこちらへ来て1か月半たち
ようやく家の中も気持ちも落ち着いてきたところです。

今回の引っ越しは、前回よりもほんとに大変でした。
車も自分たちで運ぶことができなかったので
猫たちの移動も、引っ越し当日にいつもいつもお世話になっている
搬送ボラのFさんにお願いし、水戸まで迎えに来てもらい
一旦東京の知り合いのシッターさんに預け
搬入が終わった翌日に静岡までまたFさんに
猫たちを連れて来てもらい、なんとか無事に
猫ともども無事に新居へ。

Fさん、本当にありがとうございました!
感謝の一言に尽きます!

やれやれと一息つきたいところでしたが
次の日、うちの猫さん膀胱炎になり
動物病院も調べておらずで近所の病院へ。
大事には至らずで一安心でしたが
また再発して病院通い(泣)



もう当分引っ越しはしたくありません(泣)
その都度いろいろ買い替えないといけないし
新しいおうちはIHだから、お鍋買い替えて~
エアコンも1台買って~
カーテンもサイズ合わないよ~買い替えて~(泣)
猫たち、運動会するから階下に響かないようにって


ゲロゲロしたら取って洗えるように
これ、40センチ四方のタイルカーペット100枚敷き詰めるの、ほんと大変だったっす(汗)
  ↓



おいらもお引越しはもう当分したくないよ~
今日もゲロゲロしちゃって、まだおうちに
慣れないのかな~



東京から茨城へ転勤して、あまりの現状にショックを受けて
仕事もせずに、愛護活動一色の日々でした。
茨城では1匹でも助けたい、なんとかTNRを広めたいと
このブログをはじめました。

知らない土地で、知り合いも1人もいない私でしたが
県内でも必死でがんばっている仲間もたくさんできました。
だから、私もがんばってこれました。

東京は16年もいたので、今回も転勤なんてまだまだでしょ~
なんて思っていましたが、いつ転勤があるかもわからない生活環境。

愛知県だって決して処分数は少なくはありませんが
茨城でのような活動の仕方を続けていくことは
今後は難かしいと感じています。

まずは、仕事をして
私にできることがあればお手伝いはしていこうと
思っています。


一度も文句も言わず、やりたいようにやらせてくれた夫には
感謝感謝です。


このブログはこの更新を持ちまして
一旦休止とさせていただきます。

今後、またみなさまのお力をお借りすることが
あったら、よろしくお願いいたします。

地元川崎の子たちだけでなく、福島の子たち、茨城の子たち
多くの子たちを分け隔てなく代表はじめ、ボランティアさんたち
愛情込めて新しい飼い主探し、お世話を日々してくれています。

みなさま、今後とも犬猫救済の輪を
どうぞよろしくお願いいたします。


ありがとうございました。


































この記事をはてなブックマークに追加

ショコッチおめでとう!!

2016-03-26 | お便り
1年前にトライアルには行きましたが先住さんと合わなくて
3日ほどで戻ってきて、それから
サイトに載せても1件も問い合わせもありませんでした(涙)

我が家のいじわるおばさん猫にショコちゃん追いかけ回されているので
できたら1匹でかわいがって下さる方をとずっつ思っていましたが
募集開始して2年経っていたので、かなり諦めモード
ショコちゃん、もううちの子でもいいかなって。
だって、だってとってもかわいこちゃんですから~

しかーーーし!!

かなり前にキャピンの里親募集のコーナーに
ボランティアのともちゃんに掲載してもらっていて
ショコちゃんの記事はだいぶ埋もれていたのを
ご覧になりお問い合わせをいただきました



しかも里親さんも1匹飼育希望。
1才くらいって掲載してますが、今は2才くらいで
写真より実物はぽっちゃり女子です~
なんて
電話でやり取りをさせていただき
アンケートも問題なく、ぜひトライアルさせてくださ~い!

3月始めにお届けに行ってきました

旦那様は、ショコちゃんを迎えるにあたって
ペンとノート片手にメモを取って
いろいろと質問して下さいました。

今までお届けは100件以上は行っていますが
こんなに熱心な方は初めてで、私もほんとにうれしかったです~
仲のよいSさんご一家です~


ショコちゃん、ど緊張



トライアル1週間後に正式譲渡になりました!


ショコッチと一緒に何とか1週間過ごせました
良かった~~
3日目頃からグンと距離が縮まりました。
ゴハンもウンチも問題なし
子供にも優しく、イジられるのに付き合ってくれてます。
ショコッチもまだまだ警戒心はあるようですが、私たちは仲良くやって行けそうに思えます



娘さんにおうちも作ってもらって


名前はそのままショコッチです~



2年も我が家にいたので、それはそれは寂しくなっちゃくかなって思ったけど
それ以上に、ショコちゃんだけをかわいがってくださる素敵なご家族に
出会えた喜びのほうが断然大きくって
私にとっては転勤前に神様からの最高のプレゼントです。

Sさん、本当にありがとうございます


一緒に保護したオヨヨも諦めないで
愛知県に行ったら里親さん探そうかな~って
思っています。














この記事をはてなブックマークに追加

グレースちゃんはわぐちゃんになりました~

2016-03-26 | お便り
3月始めにお届けして、正式譲渡になりましたグレースちゃん
新しいお名前はわぐちゃんです。


茨城センターから引き出して里親さん募集していた
グレースちゃん。
我が家へ連れてきてしばらくははビビリっぷり発揮して
いましたよ~。
その後はごろにゃん猫になりましたけどね~

里親募集サイトからお問い合わせいただき、ご夫婦で
会いに来てくれまして、見初めていただきました!

奥様のご実家はあら、ご近所さんね茨城町だそう。

1週間報告では臆病は続いていますが距離は縮まっているとの
ことですが、写真見る限りではかなりリラックスしてるんじゃないですかね~






センターにいたとき私は触るのもビクビクなほどで
こんな表情してました



わぐちゃんを愛情たっぷり注いでもらって
幸せになれてほんとに良かったです。

里親様ありがとうございます







この記事をはてなブックマークに追加

3/23茨城センターより成猫2匹引き出し

2016-03-24 | 茨城県動物指導センター
昨日は引き出し予定の成猫2匹をお迎えに行ってきました。

今日も犬舎にはたくさん収容されていました。
もう、私には写真を掲載してみなさんにお願いする
時間はありません。
どうか、引き出し団体さんが来てくれますようにと
他力本願なことしかできません。
ごめんなさい。


子犬の収容も多くなってきています。
昨日の時点で20匹弱収容があるそうです。
到底すべてを助けることはできないわけで
毎日毎日子犬だって収容が続けば今後は
押し出し式で処分はされてゆきます。

仔猫だってそう。
5、6月のセンターは言葉では言い表せません。
段ボールでゴミのように仔猫が集められ
その中からたった数匹を選ぶのです。

こんな光景を目の当たりにすると
殺処分ゼロなんてほど遠いと思ってしまう。

収容の多い時期は
それ以外の子たちはその日に処分になります。
こうやって、文字だけにすると
センターひどい、即日処分なんて非道!
と思うでしょう。

茨城に限らず、処分の多い自治体は
そうなんです。
そうせざるを得ない現実なんです。

だから処分減らすには
犬も猫も
避妊去勢しかないんです!



処分しないで、助けてと言うのは簡単です。
助けるって、ほんとに大変な事。
正直、ここ最近はほんとにヘトヘトになりながら
センター行ったり、お届け行ったり
引っ越しの準備したりな毎日でしたから。
準備は仕方ないか、やらないと引っ越せないし(汗)



おっと、話がだいぶ脱線してしまいました。
大変ありがたいことに、水戸市内のボラさんが
声をかけて下さった2匹です。

収容期間も長くて、でも懐いていないからと
センター職員さんもどうしたものかと困っていたので
みんなで、よかったよかった~と
ホッと胸をなでおろしました~!






Kさん、Iさん助けてくれて
本当にありがとうございました。


この記事をはてなブックマークに追加

茨城センターより猫4匹、子犬2匹、他ご報告です

2016-03-23 | 茨城県動物指導センター
ひとつの記事にギュッとまとめてご報告です!

日曜日、茨城センターからの子たちを川崎へ搬送しました。


9匹放棄の残りの子たちです
疥癬治療して、里親さん探そうね。



この2匹はおかげさまで一緒にお引き受け先が
決まりました!
TNR日本動物福祉病院にて検査一式・避妊手術をしてもらい
木曜日に宇都宮へお届けです~
お届け日まで我が家に連れてきたのですが
センターではひどく怯えていて懐いていませんでしたが
触れるし、懐く兆しありです~!!



こちらもおかげさまで、お引き受け先が
決まっている下半身不随の三毛猫ちゃん。
病院で経過観察してもらっています。


子犬2匹。やっつけ的な写真で
ごめんなさい。
里親会スタッフが撮ってくれたので
代表ブログに掲載をお待ち下さいませ。


http://blog.goo.ne.jp/kurokuro0524/e/d0d9e644acba02aeb009e1023d95b324
先日TNRしたおばあさんちに出産した猫がいて
あー、困ったなぁ・・・
でも産まれたのが2月27日なので、まだお乳のんでるから引き離せないしな。
2匹は状態があまり良くなくて、目やにで目がくっついてました。
とりあえずおばあさんに目薬渡してがんばってもらったけど
状態変わらずで代表に相談し、急きょ親子まとめて川崎へ連れて行きました。
お母さんは時期が来たら手術しおばあさんちへ戻る予定です。



そして代表ブログでもご報告がありましたが
9匹放棄の前に11匹放棄猫の中の1匹の

腎臓末期のぶっちー君は、犬猫救済の輪ボランティアのおうちへ
http://yaplog.jp/fukumasa/archive/368

負傷猫の茶トラ君。
元気そうでした。
足はやっぱり断脚になりそうです。
先生たちにお任せしています。



ほんとに、最後の最後までみんなに支えてもらっている私です。
本当にありがとうございます。









この記事をはてなブックマークに追加