日刊魔胃蹴

2017年、福岡ソフトバンクホークス パリーグ制覇!

ホークスが今季2度目のサヨナラ勝ち!延長10回に今宮が決めた!

2017年05月10日 | HAWKS

福岡ヤフオクドームでオリックスバファローズと対戦中の福岡ソフトバンクホークス。カード初戦の9日は、千賀滉大投手がオリックス打線から13個の三振を奪い、無敗のエース・金子千尋投手との投手戦を制しました。10日の試合はソフトバンク・東浜巨VSオリックス・松葉貴大の先発で始まり、延長戦までもつれました。





両チームのスタメン
  ソフトバンク     オリックス
1(二)明石健志   (左)武田健吾
2(遊)今宮健太   (二)西野真弘
3(中)柳田悠岐   (三)小谷野栄一
4(一)内川聖一   (一)T-岡田
5(指)デスパイネ  (指)中島宏之
6(左)中村晃    (中)川端崇義
7(三)松田宣浩   (右)駿太
8(右)上林誠知   (遊)安達了一
9(捕)甲斐拓也   (捕)若月健矢
 (投)東浜巨    (投)松葉貴大



4連勝を狙うホークス先発の東浜は、初回にオリックス上位打線を3者凡退に抑えると、2回は4番・T-岡田を三振に切って取ると、後続も打ち取り得点を与えません。
先制点が欲しいホークスは、1回に先頭の明石がヒットで出塁するも、今宮と柳田が三振を喫し、さらには明石が1,2塁間で挟まれアウトとなります。2回も内川とデスパイネが倒れて2死となるが、中村がオリックス先発・松葉の初球ストレートを捉え、ライトポール際へ打ち上げた打球は、ポールに直撃してホームラン。中村の今季第1号ソロ本塁打でホークス1点先制。
3回、1死1塁から若月の3塁ゴロ→三塁手・松田が2塁に送球するもセーフ→2塁手・明石が1塁へ悪送球。オールセーフで1,3塁のピンチを作る。ピンチを脱したい東浜だったが、武田にレフト前タイムリーを打たれ、1-1の同点とされてしまう。その裏、ホークスは2死満塁のチャンスを作り、4番・内川がストレートをライト方向へ飛ばしたが、右翼手の正面に阻まれ勝ち越しならず。
5回、東浜が先頭の駿太に2球目を狙われ、ライトスタンドへのソロ本塁打を被弾し、1-2と逆転される。それでもホークスは5回裏、1死から甲斐がレフト線を破る2塁打を放つと、2死2塁で今宮が松葉のチェンジアップを弾き返し、センター前ヒット。2塁から甲斐が全力疾走でホームイン!ホークスがすぐさま試合を振り出しに戻します。
7回、東浜が安達に四球を与えた後、若月にレフト前ヒットを許し、1死1,3塁のピンチを背負う。ここでホークスは東浜を下げ、森唯斗を2番手に送り込む。一打勝ち越しのピンチの場面で登板した森は、武田のバント→捕手フライで2死にすると、西野を内野ゴロに打ち取り、勝ち越し点を与えません。
その後、8回に3番手・岩嵜翔、9回は4番手・サファテが無失点リリーフを見せ、2-2の同点のまま勝負は延長戦へ。
延長10回、5番手の五十嵐亮太がランナー2人を背負ったが、T-岡田を空振り三振に仕留めると、中島にストレートをセンターへ痛打されたが、中堅手・柳田がスライディングキャッチで3アウト!五十嵐がピンチを凌いだその裏、ホークス先頭の上林がライトへ2塁打を放つと、甲斐の敬遠、明石の犠打で1死2,3塁とサヨナラのチャンスを迎える。この場面で今宮がオリックス5番手・吉田一将からセンター前へのサヨナラタイムリーヒット!3-2でホークスがサヨナラ勝ちを収めました!



パリーグ 2017年5月10日
ソフトバンク 対 オリックス 7回戦
<ソフトバンク4勝3敗、ヤフオクドーム、観衆:31,367人>
オ|001 010 000 0 |2
ソ|010 010 000 1x|3
[勝] 五十嵐(3勝)
[負] 海田(1敗)
[本] 駿太(オ/1号)、 中村晃(ソ/1号)


今回の試合は、2回に先制したものの、東浜投手が3回と5回に失点して、一時はリードされましたが、今宮選手が5回裏に同点タイムリー、延長10回にサヨナラタイムリーを放ち、3-2でオリックスに競り勝ちました。ホークスはVSオリックス戦で3連勝を飾り、対戦成績を4勝3敗としました。そして、5カード連続勝ち越しも決定です。5月は8試合を終えて7勝1敗と絶好調!4月の不振が嘘のような快進撃ですね~。
先発の東浜投手は、7回途中(6回1/3)を投げて、被安打6・6奪三振・3四球・2失点。1回と2回は3者凡退と上々の立ち上がりでしたが、3回に味方のミスが響いて1点を失うと、5回は変化球が甘く入ってソロ本塁打を浴びてしまいました。6回も併殺打で2死のあと、ヒットと四球でピンチを招いたけど、得点は与えませんでした。
中継ぎ陣では、2番手の森投手が1死2,3塁のピンチを封じると、岩嵜投手、サファテ投手、五十嵐投手もオリックスに勝ち越し点を与えず。五十嵐投手はこの日の勝ち投手となり、今季3勝目を挙げております。
9安打のホークス打線は、打のヒーロー・今宮選手が2安打2打点。1本目のヒットは松葉投手の変化球を上手くとらえてセンター前に運び、2本目は吉田投手のスライダーを叩いてセンター前タイムリーヒット。打った瞬間にガッツポーズまで見せてました。最初の打席では送りバントを決められず三振に倒れましたが、2本のタイムリーで帳消しにしましたね。
2回にライトポール直撃の先制ホームランを打った中村選手、「打った瞬間ファウルだと思った」とコメントしていましたが、打球が切れませんでした。打率が2割台前半と苦しんでいますが、復調のきっかけとなる一発になるかどうか。
最近ブレイク中の上林&甲斐の「恐怖の8,9番コンビ」は共に2安打。上林選手は延長10回に2塁打を打った後、サヨナラのホームを踏みました。甲斐選手は5回の打席で2塁打、次の打席では3塁打。2打席連続で長打を打つってすごいな。
カード3戦目・11日の予告先発は、ソフトバンク・バンデンハークVSオリックス・ディクソンの外国人対決。バンデンハーク投手は前回、5回3失点と苦しみましたが、味方の援護に恵まれて今季2勝目を挙げました。オリックスを3タテして、週末の楽天との首位攻防戦に弾みをつけてほしい。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千賀滉大がオリックスのエー... | トップ | 終盤突き放してオリックスを... »
最近の画像もっと見る

HAWKS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。