うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに行きたいよね。

気になることを発信!!

まっくろ

2016-10-13 08:02:32 | 日記
真っ黒な煙、鼻突く異臭=10キロ先からもはっきりと-住民ら「噴火みたい」・埼玉

地下から黒煙が上がる火災発生現場=12日午後、埼玉県新座市(住民提供)

 空高く立ち込める黒い煙、鼻を突く異臭。12日午後、埼玉県新座市の東京電力施設で発生し、東京都内の大規模停電の原因になったとみられる火災。煙は約10キロ離れたさいたま市の埼玉県庁からもはっきりと確認できた。「噴火みたいだった」。現場周辺は不安そうな表情で見つめる住民らで騒然となった。

〔写真特集〕東京都内で大規模な停電~東電関連施設で火災~

 現場近くに会社があり、発生直後に火災を見に行った会社員相吉澤靖さん(52)=東京都練馬区=は「いきなり火柱が電柱の高さまで1分間ほど上がり、消防隊や見に来た住民らが一斉に現場から逃げた」と驚いた口調で話した。しばしば破裂音が鳴り響いていたといい、「噴火みたいな煙だった」と語った。
 米川勝美さん(48)=新座市=は「真っ黒い煙が上がり、ゴムの焦げる様な臭いがしていた」と発生直後の様子を語った。「『ポーン。ポーン』と数分おきに2~3回ほど、何かがはじけるような音がした」と話した。
 火元から十数メートルの距離には規制線が張られ、タイヤが焼ける様な臭いが辺りに広がる中、消防士数十人がはしご車や地上から放水した。
 通り掛かった学生や住民ら数百人が様子をうかがい、マスク姿で消火活動を見守る人の姿もあった。上空では複数のヘリコプターが待機し、現場近くの国道は多くの報道陣でごった返した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劣化? | トップ | 悪夢! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL