うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに行きたいよね。

気になることを発信!!

タイムマシン!!

2017-03-22 08:56:36 | 日記

遂にバチカンがタイムマシン「クロノバイザー」の存在を公表か!? CIAとMI6も基幹技術入手、海外紙複数が報じる

 いくつもの著作を持つ作家で法律家でもあるアルフレッド・ウェブル氏によれば、クォンタム・アクセス技術は1960年代にバチカンからCIAへ供与されたという。クォンタム・アクセスは「クロノバイザー」の根幹を成す技術で、これを使用することで時空を越えた“観察”が可能になるといわれている。

 クロノバイザーは1950年代に当時の先鋭的科学者集団によって開発されたといわれ、家具のキャビネットのような外観で、音声を発するスピーカーとブラウン管(CRT)モニターが装備され、各種のボタンやレバーが配置されたチューナーのような機器が組み合わされたデバイスであるという。このチューナーを操作することで特定の時代に“チューニング”し、その時代の出来事をディスプレイ上に映し出して視聴することができるのだ。

hiddentimemachine8.JPG
フランソワ・ブリュヌ神父(右) 画像は「VARBAGE」より

 はじめて「クロノバイザー」の存在を指摘したフランソワ・ブリュヌ神父は著書の中で、このデバイスを使って「キリストの受難」や、共和政ローマ時代の幻の戯曲『ティエステス』の劇場での上演の模様が映し出されたことを関係者の話として伝えている。ではCIAはこの技術をどのように活用しているのか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻の金でヒモ生活! | トップ | 探検ツアー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い!! (kappa)
2017-03-23 05:39:25
初めてコメントします。
カッパ世申します。
つい最近、「バックトゥーザフューチャー」と「バブルへgo」を書いて、3.11前に「フクシマダイイチの非常用電源を確保せよ」と警告に行きたいが、それが万が一可能であってもやっぱり東電は聞く耳を持たないだろう、、というような記事を書いたばかりなのです。
今回のエントリー記事、早速引用させていただきます。
ところで、未来を見ちゃうと現実が変わってしまうという話?なかったでしょうか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事