うさぴょん

思いのままにマイペースに進む

ポジテイブに!!

気になることを発信!<自分で読んでなるほど~!!>

母との別れ

2018-12-11 07:01:51 | 日記

シャンシャン「きょうからひとり」母との別れに列島が涙 上野動物園

仲良し
今年10月の母子のようす(上野動物園)

 上野動物園のシャンシャンは、誕生から1年半を迎える今週から、これまでずっと一緒だった母親シンシンと離れて、それぞれ別のスペースで過ごすことになった。きょう10日は休園日だが、全国のパンダファンは動物園がとらえた9日のライブ映像に映っていた母子の最後の授乳シーンに涙を流した。

 

 あっという間に大きくなってしまった…。2017年6月12日に生まれたメスの赤ちゃんは、1972年にスタートした上野動物園のパンダ飼育の歴史のなかで、自然交配で生まれて、順調に成長した初めてのパンダだ。

 

 国内を見渡せば、和歌山県のアドベンチャーワールドにはたくさんのパンダが生まれ育っているが、上野は旧・農業省、宮内庁を経て、東京都が所管する公立の動物園。それだけに市民にとっては愛着もひとしお。「みんなの動物園、みんなのパンダ」という特別な存在で、親戚の子のようにシャンシャンの成長を見守ってきた。

 

 そのシャンシャンも今月12日で1歳半。先月13日から始まった親離れの準備も最終局面を迎え、きょう10日からはとうとう終日母親と離れてひとりで過ごす。動物園は出生直後からパンダたちのようすを定点観測できるライブ映像を配信してきたが、きょうは母子が最後に一緒に過ごした9日の録画映像を繰り返し放映している。

親離れの準備期間が始まった当初は、母親と一緒にいる間は後をついて回っていたシャンシャンだが、最近ではシンシンの方が積極的に相手をせず、シャンシャンが構ってほしいという素振りを見せても、自分の食事を優先させたり、オッパイを飲みたがってもすぐに受け入れず、途中で切り上げる場面も多かった。しかし9日はなんとなく勘づいているのか、お母さんの胸にしがみつく娘を優しく抱き寄せると、最後の瞬間までシャンシャンに乳を含ませた。

 

 シンシンが前足に持っていた竹が最後にポトリと地面に落ち、やがて母子はそれぞれの飼育スペースへ。屋外運動場を歩いていたシンシンは、追いかけてきたシャンシャンに向き合って「じゃあね、元気でね」というように2回抱きしめると、そのまま離れて行ったという。

  このようすは多くのファンが目撃しており、母子の別れに涙した。きょうからは上野動物園のスタッフのみなさんがシャンシャンの成長を見守っていく。今までありがとう、シンシン!

コメント

エルニーニョ現象

2018-12-11 06:15:53 | 日記

エルニーニョ現象が継続 来春にかけて続く可能性高い

 気象庁は10日、エルニーニョ監視速報を発表した。11月の観測によると、この秋に発生したエルニーニョ現象が続いているとみられ、来年の春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高い見通し。

 11月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+1.1℃で基準値より高く、海洋と大気の状態からエルニーニョ現象が続いているとみられる。海洋表層の暖水は今後東部の海面水温が平年より高い状態を維持するように働くと考えられ、来年の春にかけて、エルニーニョ監視海域の海面水温が基準値より高い値で推移すると予想される。このことから、来年の春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高い。

 なお、エルニーニョ現象発生時の冬(12月~2月)の天候の特徴として、「東日本で平均気温が高い」、「東日本太平洋側で、日照時間が平年並みか少ない傾向」が挙げられる。

エルニーニョ現象とは

 エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のこと。逆に、同じ海域で海面水温が、平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれる

コメント

世界でも異常気象!

2018-12-09 08:50:50 | 日記

日本が暖かかった4日 世界でも異常気象!中東の砂漠やアフリカで雹が降り牛死亡

雹
アフリカ・スワジランドでは、野球ボール大の雹(ひょう)が当たって多数の家畜が死亡した

 今月4日、日本各地で最高気温が12月としては観測史上1位を更新する記録的な暖かさだったが、世界に目を向けると中東の砂漠や真夏の南アフリカなどで雹(ひょう)が降り、家畜が死亡する事件が相次いだ。

 

 このうち、サウジアラビア北部に位置するヨルダンと国境を接するジャウフ州では4日(現地時間)、突風が吹き荒れ、大雨とともに雹が降り、州都サカーカでは小中学校が休校に追い込まれた。SNSに投稿された動画では、砂漠一面に厚く積もった雹で多くの車が身動きできなくなり、傘を指してあきらめ顔のアラブの服を着込んだ男性の姿が登場する。

またこの日は南半球に位置するアフリカ南部のスワジランドでもまれに見る暴風雨が発生。野球のボール大の巨大な雹に当たって、少なくとも牛18頭の死亡が報告されたほか、落雷で山火事が発生。山林や農作物がなぎ倒されるなどの被害が相次いでいる。

スワジ
スワジランドに降った雹は、野球のボールくらいの大きさがあった(Raymond Manos/Severe Weather)
スワジ
スワジランドで目撃された超巨大積乱雲「スーパーセル」(Raymond Manos/Severe Weather)

 

コメント

ヒト膵臓作製!?

2018-12-08 12:12:25 | 日記

ブタ体内でヒト膵臓作製 東大チーム申請へ

 ブタの体内でヒトの膵臓(すいぞう)を作る研究計画を学内の倫理委員会に申請する方針を、東京大医科学研究所の中内啓光(ひろみつ)特任教授が毎日新聞の取材に明らかにした。動物の体内でヒトの臓器を作る研究が、国の指針で来春にも解禁されることを踏まえ、直後に申請するという。東大と国で計画が承認されれば国内初の実施例となる。

 中内氏によると、計画では膵臓ができないよう遺伝子改変したブタの胚(受精卵)に、さまざまな細胞に変化できるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を注入し、「動物性集合胚」を作る。その胚を母ブタの子宮に入れ、妊娠させる。

 成功すれば、本来ブタの膵臓ができる場所にiPS細胞由来のヒトの膵臓ができる。出産前に胎児を取り出し、膵臓の状態やヒトの細胞が他の臓器や組織に広がっていないかを調べる。

 中内氏らは移植医療への応用を目指し、2010年にマウスの体内でラットの膵臓を作製。17年にはラットの体内で作製したマウスの膵臓の一部を糖尿病のマウスに移植し、治療効果を確認したと発表した。11年にはブタの体内で別のブタの膵臓を作製したと報告した。

 国の指針は従来、動物の胚にヒトの細胞を注入した動物性集合胚の培養を最大14日間とし、動物の子宮への移植を禁止したが、研究の進展に伴い見直しを決定。文部科学省が5年間かけて改正指針案をまとめ、今年10月、創薬や基礎研究に限り、動物性集合胚からヒトの臓器を持つ動物を作る研究が認められた。臓器のヒトへの移植は禁じる。現在、実施する際の手続きなどを検討中で、今年度内にも新指針の適用を始める。

 世界でも動物の体内でヒト臓器作製に成功した例はない。中内氏は「最初に国の委員会で説明してから8年待ったが、国内での研究がようやく認められた。まずは胎児の段階で脳や生殖細胞にヒトの細胞が混ざっていないか調べるなど、慎重に進めたい」と話している

コメント

海面変動のおそれ!?

2018-12-06 07:40:24 | 地震

ニューカレドニアM7.6 沿岸地域で津波発生!日本の太平洋側でも海面変動のおそれ

気象庁
提供:気象庁

 5日午後、南太平洋のニューカレドニア沖で発生したマグニチュード7.6の地震の影響で、バヌアツでは高さ72センチの津波が観測されるなど、周辺各国の沿岸で津波が発生している。

 

 地震が発生したのは5日午後1時18分ごろ、ニューカレドニアの200キロあまり東方沖で、M7.6が観測され、その後も余震が続いている。

 

 ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)によると、▽震源に近いバヌアツのタンナ島で72センチ、▽ニューカレドニアのウワンヌで48センチ、▽マレ島で43センチ、▽リフ島で29センチの津波が観測されている。

太平洋側で海面変動が続く

気象庁
提供:気象庁

 

 気象庁は午後4時、北海道から鹿児島にかけての日本の太平洋側と種子島から宮古島・八重山地方では若干の海面変動が予想されると津波予報を発表。

 

 海面変動が予想される沿岸は次のとおり。

 

▽北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、北海道太平洋沿岸西部、

▽青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、

▽茨城県、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島、小笠原諸島、

▽相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、伊勢・三河湾、三重県南部、

▽淡路島南部、和歌山県、徳島県、愛媛県宇和海沿岸、

▽高知県、大分県豊後水道沿岸、宮崎県、鹿児島県東部、種子島・屋久島地方、

▽奄美群島・トカラ列島、沖縄本島地方、大東島地方、宮古島・八重山地方

 これらの沿岸では、早い地方で今夜9時ごろに海面変動が予想され、その後も1日程度は継続する可能性があるが、大きな被害の心配はどうなったのでしょうか

その後どうなったのでしょうか

コメント