混声合唱団 空(くう)

混声合唱団 空(くう)の活動報告ブログ

さらば、2016年!

2016-12-31 22:56:57 | 練習報告
こんばんは★

すっかり年末になり、気付けば2016年も最後の1日に…
皆様、いかがお過ごしでしょうか?(^^)

さて、世間は年最後の3連休とクリスマスにわいている頃、私達も、今年最後の練習を行いました♪

今年は、5月の第8回演奏会に始まり、8月の湯浅譲二合唱作品による個展、11月のAvance、そして録音(何の曲かは、今は秘密です)と、充実した活動が出来たと思います。

来年始めの舞台は、2017年2月3日の「The Chorus Plus Ⅳ」になります。
お馴染みとなりました、栗山先生率いる栗友会の方々とご一緒させて頂きます。
私達は、2曲演奏致します♪

今年も、私達を見守って下さった皆様に、心から感謝致します。ありがとうございます。
来年も、地味に淡々と活動して行きたいと思っています。
見守って頂ければ幸いです。

皆様にとりましても、素敵な1年になりますように。
良いお年をお迎え下さいm(__)m


Kitty♪*゜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月18日の練習報告

2016-12-28 22:12:05 | 練習報告
大分遅い投稿になってしまいました…申し訳ありません(-_-)(-_-)
ブログ担当の伊藤です。
12月18日の練習報告になります。

さて練習では、主に山本裕之さんの「千年のウズラ」を練習しました。
私は風邪で喉を壊してしまい見学だったのですが(ご迷惑おかけしました)、皆の演奏を客観的に聞くことが出来、自分にとって良い経験になりました。
一つのフレーズを何度も歌い、個々にどう聞こえるか、何が足りないのか、どうしたいかを口々に出して行きました。
まず音楽をする上で一番最初に考えなければいけないことは、音楽は時間芸術であるということ。時間の推移の上で音楽は成り立ちます。
だから極端に言えば「今発している音」だけのことを考えて演奏してしまうことも出来るわけです。でもそれではその音が、その曲の中で存在する意味がなくなってしまいます。どうやってそこまで音を紡いでそこに来たかを考えない瞬間があってはいけないんです。当たり前のことのはずですが、つい目先のことにとらわれてしまい、失いがちな、でも本当は決して失ってはいけないこのことのお話でした。

伊藤
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

14e Avance 終了しました!

2016-11-30 01:12:07 | 練習報告
更新が遅れてしまって失礼しました。
この度、14e AVANCEの公演を無事終えました!

自分たちの演奏会をやっているだけでは触れられない、新しい作曲家の方々の作品を演奏できたのは、良い経験になりました。

空が担当した2曲は、それぞれ全く異なる性格を持っていました。
一曲は「生きてるなかで一番テンションあげて!」という指示がとび、
もう一曲は「呼吸の気配も殺して!」という指示がでました(笑)

同じ師匠の弟子となり、同じ時代に生まれても、書く音は作曲家によってこんなにも違うんですね。
書く音が違うということは、その人にとって素敵だと思うもの、面白いと思うものが違うということだと思います。

それらを如何に違うか体感しながら、作曲家ご本人とも交流できるというのも、現代音楽の楽しみのひとつですね。


ことん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会いと成長

2016-11-27 22:58:27 | 練習報告
11/23のAvance演奏会にお越し下さいました皆様、ご来場誠にありがとうございました。混声合唱団空では2作品の初演を担当させて頂きましたが、お楽しみ頂けましたでしょうか。

空が出演する次回演奏会は、来年2/3(金) 日本作編曲家協会主催「The Chorus plus Ⅳ」です。Avanceが終わり、Chorus plusに向けての練習が本格的に始まりました。空では一柳慧「ふるさとの星」から2作品と、塚本一実「Concerto for Alto Saxophone and mixed chorus」を演奏致します。
不思議なもので、活動を続けているとその時その時の私たちに足りないものを求められる作品が舞い込んできたりします。Avanceで演奏した作品も(少なくとも、個人的には)そうでした。演奏家は、新たな作品と出会い、その演奏に取り組んでいく中で成長させてもらっているのですね。もちろん、成長できるのか、何も得ずに終わってしまうのかは自分次第ですが……。目標をたくさん立てて、ひとつひとつ挑んでいきたいと思います!
これまでのChorus Plusで様々な器楽の演奏家の方と一緒に演奏させて頂きましたが、今回はヴィオラとアルトサクソフォン!楽器との合わせも今から楽しみです。演奏会は平日夜ですが、是非お誘い合わせの上お越し下さいませ。

ゆきえ


【日本作編曲家協会 JCAA主催 The Chorus Plus Ⅳ】
日時:2017年2月3日(金)19:00開演
会場:サントリーホールブルーローズ
出演 : 栗山文昭指揮 栗友会合唱団
     西川竜太指揮 混声合唱団 空(くう)、女声合唱団 暁

 西川指揮による演奏曲は、以下4曲です。
◆湯浅譲二(b.1929)/ おやすみなさい (2013 / 16・女声合唱版・初演)  詩:長田弘
◆猿谷紀郎(b.1960)/ 詩に就いて(新作・初演)  詩:谷川俊太郎
                女声合唱団 暁

◆一柳 慧(b.1933)/ 混声合唱とヴィオラのための「ふるさとの星」(2001)より   詩:谷川俊太郎
◆塚本一実(b.1963)/ Concerto for Alto Saxophone and mixed chorus(新作・初演)
                混声合唱団 空(くう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月5日と7日の練習

2016-11-13 14:23:36 | 練習報告
初めてブログを書きます!アルトの依岡です。よろしくお願いします。

5日は「アッシジにて」を作曲した高橋幸代さんがいらっしゃいました。初めて高橋さんにお会いして、その柔らかい雰囲気から曲の温和さに繋がるものを感じました。今まで、自分たちの解釈で歌っていたところに、作曲家本人の意図が伝わることによって、表現の幅が広げられる気がします。特に語りの部分は、今までの練習とはかなり違った表情がつきましたので、本番まで磨きをかけて行きたいと思います。

6日は、新しい曲の練習から始まりました。そこから、正しい音程、正しい拍だけでないものを表現して歌うにはどうすればいいのか、実験のような練習をやったのですが、とても難しかったです。
でんぐり返しをしてみたり、カラオケみたいに歌ってみたり、愛の告白を囁いてみたり、感動のシーンを再現してみたり…。歌に関係あるの?と思われそうなこともありますが、人の声はその人のありのままを表します。なので空の練習では、一人一人ががどのように歌うか、もしくはそこに在るか、ということが重視されています。
ありのままの自分を晒すことへの恐れもありますが、自由に歌うことを阻んでいるのは何なのか、突き止めてそれに向き合い、実際に対処しなければなりません。まず必要になるのが、色々な障害を突き破るくらいの勢いとか、体の中で作り出すエネルギーの強さなのですが、それはもう普段の生活レベルで意識していかないといけないことなのだと、改めて認識しました。

最後に
人前ででんぐり返しをするのは恥ずかしくないのに、踊るのは恥ずかしいのは何故なのでしょうか。
自分ができると思っていても、実際にはできないことが多々あります。やってみないと分からない。やって初めて自分の現状が分かるんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加