混声合唱団 空(くう)

混声合唱団 空(くう)の活動報告ブログ

2月11日・12日の練習報告

2017-02-18 02:04:59 | 練習報告
田村です。

少しづつですがあたたかくなってまいりまして、
早くも花粉が気になりだしました。
寒さは全く気ならない私としては、
冬が待ち遠しい心境の今日この頃ですが、
皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
それでは練習報告をいたします。


2月11日・12日は、5月の定期演奏会で演奏予定の
鈴木治行先生作曲「減数分裂 Meiosis」と
木下正道先生作曲「神田の夜」を練習しました。
練習では、どのようにして音楽を持続させるか等指摘を受けること
がありますが、まだまだ基本的なところで至らないことが
多々あると思い知らされます。改善ができていない要因としては、
自身ではそのつもりがなくても漠然と意識して臨めばできるように
なると考えてしまっているところがあると考えられるので、
実際に出している音について自分で分析し具体的な改善策を講じていく
必要性があると思います。以前同じようなことを練習報告で
書いたような気もしますが、今回の練習で改めて徹底してやる
必要があると思いました。


さて、5月14日の演奏会まであと3か月ほどになりました。
この時期はいつも年度末・年度初めと何かと気忙しくなりますが、
これから飛んでくる花粉に負けずに気を引き締めて本番までの練習に臨みたいと思います。

それでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございました!

2017-02-12 13:10:51 | 練習報告
雪が降りましたね。
子どもの頃はすっごくテンション上がったんですけどね。
今は猫と一緒にこたつで丸くなりたいお年頃です。


どうも、よんじゅんです。

The Chorus PlusⅣに来ていただいた皆様、ありがとうございました!
毎回のことながら、いつも客席がほぼ満員でびっくりします。
普段の演奏会ではなかなかこういう雰囲気の演奏会はないので、とても新鮮です。


さて、お次の演奏会は5月の、9回目の演奏会になります。
もう空ができて10年が経ちます。
早かったような気もしますが、ここまで続いてきたのも、実は結構すごいことかもしれません。

今回の演奏会は、がっつり現代音楽!!っていう演奏会になりそうです。
そしてフルートがあったりピアノがあったり、コーラス・プラスに負けないくらい、「プラス」があります。
あ、私トムトムをぶったたきます。(いや、ぶったくは語弊があるか)

ぜひぜひ、お楽しみに!!





よんじゅん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はいよいよ!

2017-02-02 15:02:17 | 練習報告
こんにちは!
2月に入りまして、いよいよ明日はThe Chorus Plus Ⅳです。2017に入り、すさまじい早さでこの日を迎えることとなりました、、

週末は最後の合わせの機会となりました!
サックスの丹澤さん、ヴィオラの川本さんを練習にお招きし、最終調整をしました。作曲家の塚本さんにもお忙しい中、お付き合いいただきました。


コーラスプラスで初めてお会いする楽器の方々との合わせでは、また違った視点で曲について考えていらっしゃったり、合わせることによって曲の新たな側面が見えたり、新鮮で発見することがたくさんあり、とても刺激になります。

集合写真も撮らせていただきました!





きっとお客様にも新たな発見のある演奏会になると思いますので、ぜひ明日はサントリーホールの方まで足をお運びください。
よろしくお願いします!

 ゆりか



日本作編曲家協会(JCAA)主催
The Chorus Plus Ⅳ
2/3(金)19:00開演 サントリーホール・ブルーローズ
一般3,800円(当日4,000円)、学生2,000円(当日2,200円)
出演:栗山文昭指揮 栗友会合唱団
西川竜太指揮 混声合唱団 空(くう)、女声合唱団 暁
イラナ(馬頭琴、ボーカル)、岩撫智子(ピアノ)、オルリコ(ボーカル)
川本嘉子(ヴィオラ)、丹澤誠二(サックス)、和谷泰扶(ハーモニカ)

西川指揮による演奏曲は、以下4曲です。

一柳 慧(b.1933)/ 混声合唱とヴィオラのための「ふるさとの星」(2001)より 詩:谷川俊太郎  ヴィオラ:川本嘉子
塚本一実(b.1963)/ Concerto for Alto Saxophone and mixed chorus(新作・初演)サックス:丹澤誠二
混声合唱団 空(くう)


湯浅譲二(b.1929)/ おやすみなさい(2013 / 16・女声合唱版・初演)詩:長田弘
猿谷紀郎(b.1960)/ 詩に就いて(新作・初演)詩:谷川俊太郎
ヴィオラ:川本嘉子
女声合唱団 暁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/21、22の練習

2017-01-28 16:51:53 | 練習報告
こんにちは。
2017年になって、あっという間に20日以上が過ぎていることに、改めて驚いているここ最近です。

5/14の空の演奏会の練習と、目前に迫る2/3の「日本作編曲家協会(JCAA)主催
The Chorus Plus Ⅳ」公演に向けての練習を積んでいる日々です。

今日の練習には、コーラスプラスで初演します、「Concerto for Alto Saxophone and mixed chorus」の作曲家、塚本一実さんと、サックスの丹澤誠二さんがいらっしゃいました。

コーラスプラスという演奏会名のもと、サックスとの共演となりますが、初めて実際の音と合わせることで、サックスだからこそ出てくる音の効果が感じられ、とても良かったです。

公演まで練習回数も残りわずか。
栗友会さんとの、共演となりますので、3団体の演奏と、素晴らしい楽器の演奏の聞ける、お得な機会だと思います。
ぜひお越しください!



日本作編曲家協会(JCAA)主催
The Chorus Plus Ⅳ
2/3(金)19:00開演 サントリーホール・ブルーローズ
一般3,800円(当日4,000円)、学生2,000円(当日2,200円)
出演:栗山文昭指揮 栗友会合唱団
西川竜太指揮 混声合唱団 空(くう)、女声合唱団 暁
イラナ(馬頭琴、ボーカル)、岩撫智子(ピアノ)、オルリコ(ボーカル)
川本嘉子(ヴィオラ)、丹澤誠二(サックス)、和谷泰扶(ハーモニカ)

西川指揮による演奏曲は、以下4曲です。

一柳 慧(b.1933)/ 混声合唱とヴィオラのための「ふるさとの星」(2001)より 詩:谷川俊太郎  ヴィオラ:川本嘉子
塚本一実(b.1963)/ Concerto for Alto Saxophone and mixed chorus(新作・初演)サックス:丹澤誠二
混声合唱団 空(くう)


湯浅譲二(b.1929)/ おやすみなさい(2013 / 16・女声合唱版・初演)詩:長田弘
猿谷紀郎(b.1960)/ 詩に就いて(新作・初演)詩:谷川俊太郎
ヴィオラ:川本嘉子
女声合唱団 暁


みきこ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月7日、8日の練習報告

2017-01-10 17:26:12 | 練習報告
こんにちは、小野塚です。
2017年になりました。
今年もよろしくお願い致します。

1月7日、8日の練習報告です。
今回の練習で指摘され、改めて感じたことは、
音楽を前に進めることが何より大切なことであるという点です。
もちろん、音程やリズムといった要素が整うことは大前提ではありますが、
それらが揃ってさえいれば良い音楽が生まれるという訳ではありません。
時間の流れに沿って自由自在な前進感を生み出すことが、良い演奏をするために必要であると感じました。

全ての曲に当てはまることではありますが、今回演奏をする近藤先生の作品
『サッフォーの三つの詩片』での世界感や空間が変わっていく様には特に、前進感が必要不可欠です。
音程やリズムが複雑になれば、つい楽譜を追うことに必死になってしまいがちですが、ただ音を辿る作業になることの無いように、常に感覚を研ぎ澄ませて練習に臨みます。

今年を躍進の年にするためにも、基礎を大切にしていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加