混声合唱団 空(くう)

混声合唱団 空(くう)の活動報告ブログ

演奏会も終わり

2017-06-09 14:48:32 | 練習報告
こんにちは!
演奏会以来、お久しぶりなブログになってしまって申し訳ありません。

今回の演奏会、皆さまにはどのように感じられる演奏になっていたでしょうか?
なかなかバラエティに富んだ内容になっていたと思います(*^^*)
毎回本番が終わる度に、ヘコむことがとても多いのですが、同時に本番でしか掴めないことも沢山あるなと思います。

最近歌っていて思うことは、まだまだ大雑把に考えている部分がとても多いということです。
ちょっとした呼吸だったり、身体の力の入り具合だったり、ニュアンスの取り方などなど…挙げだしたらキリがないのですが、そうした細かな調整に気を使えないなと思います。
ムダに変えすぎて、上手くいきそうなことを壊してしまうことも多々(>_<)
繊細なものも、きちんと見逃さないようになりたいですね。

日常の中でも、ちょっとした変化だったり何かしらの発見をするように、最近は毎日見つけたりしています笑。
昨日は、ちょうど雲の広がり方が白鳥みたいに見えて綺麗でしたー!なんて些細なことですが笑。
探してみると結構楽しいです♪

それではまた!

 ゆりか 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回演奏会、終演致しました

2017-05-15 21:40:28 | 練習報告
こんばんは★
昨夜、第9回演奏会が、無事終演致しました。
ご来場下さいました皆様、真にありがとうございました。

混声合唱団 空(くう)は、創団10年を迎えました。
1つの節目であり、また、新たな出発点でもあると感じます。
より一層精進し、素晴らしい曲達を演奏するに相応しい私達であり続けたいと思っています。

変わらず見守って頂ければ幸いです。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ今週末!!

2017-05-11 19:35:47 | 練習報告
混声合唱団 空(くう)第9回演奏会、今週末です!

寒暖差がかなり激しく、個人的には結構なダメージを受け流しながらのゴールデンウィークは、本番直前ということもあり、連日練習を行っていました(^^)



また、3日には鈴木治行さん、6日は多久さん、篠田さん にお越しいただいての練習でした。



あとは、本番まで細かく調整していき、5/14を迎えられたらと思います。
初演作品の「神田の夜」を始め、再演作品も、名曲ぞろいです!!

ぜひ、会場にてお楽しみいただきたいです!



‥‥
混声合唱団 空(くう) 第9回演奏会
5月14日(日)18:00開演 JTアートホールアフィニス
一般2,000円(当日2,500円)
指揮:西川竜太
ピアノ:篠田昌伸
フルート:多久潤一朗

◇山本裕之(b.1967)
労労亭の歌(2004)詩:李白、読み下し文:松浦友久  
千年のウズラ(2009)詩:高橋睦郎
◇鈴木治行(b.1962)
「減数分裂 Meiosis」for Mixed Chorus(2011委嘱作品・再演)
◇近藤 譲(b.1947)
「サッフォーの三つの詩片」混声合唱とフルート・トムトムのための(2003)
◇木下正道(b.1969)
神田の夜 (委嘱新作・初演)詩:宮澤賢治

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本番迫る!『緊張』してる!

2017-05-06 15:49:29 | 練習報告
こんにちは。改田です。

最近は夜中でも気温が高く、寝ている間に布団から出てしまっていることが多くなりました。
演奏会前に風邪をひかないよう、寝方を考えないといけないですね…!

さて、4月最終週の練習報告を…と思ったら、なんと前のブログで小野塚が報告していました!(笑)
小野塚は3週目の報告のはずだぞっ!しかもタイトルが初期のままだそっ!(笑)

というわけで被らないような内容で書きたいと思います。


最近の練習では、普段よりも本番を想定して練習するようにしているのですが、
今回も勝手知ったるJTホールが会場という事もあり、環境面の想定はバッチリだと思っています。

なので、想定上、一番の敵になってくるのは、やはり自分自身の『緊張』かなと。

『緊張』といっても、多くの本番を経験させてもらっていますので、
ステージに立った際の緊張というわけではありません。

ここでの『緊張』とは、演奏のイメージが出来ていない箇所歌う際の、不安を伴った『緊張』です。

リズム、音程、どんな興趣なのか…。
全ての要素を検証し、それを難なく体現出来ないと、本番では『緊張』してしまいます。

演奏会までの残りの時間、ゼロからやり直す位の気持ちで検証を繰り返していきたいと思います!

5/14(日)18:00〜 JTホールでの本番は、『緊張』せずに演奏出来るでしょうか?

是非会場にお越し頂き、『緊張』感の無い演奏だったかどうかを確かめて下さい(笑)

それでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-05-02 13:39:24 | 練習報告
こんにちは、小野塚です。
ここ最近は日中と夜で寒暖差が激しい印象です。
天気予報では降水確率にばかり目が行く自分ですが、この時期は特に気温もしっかりチェックしなければと感じます。

さて、4月最終週の練習では、改めて音楽の前進感と、先へ突っ込んでいくことの大切さを痛感しました。
前へと進む動きの中で音楽をしないと、結局音程とリズムを処理するだけの範疇から外へは出られません。
難しい音の組み合わせや自信のない部分で少しでも怯んでしまうと、たとえ音程が合っていてもどこか味気ない、平坦なものになってしまいます。
逆に動きの中で音が決まったときは、なんとも例えがたい多幸感があります。
そのことをよくよく肝に銘じて、生きた音楽に対する嗅覚や直感を常に高めながら臨むことが、大切であると思い知らされました。


本番は5/14(日)18:00〜 JTホールにて行います。
是非お越し下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加