三重大学 青木直人の論文捏造、不正

三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科の青木直人准教授による論文捏造、研究不正事件の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK: 三重大准教授が不正論文で解雇

2011-02-14 | メディアによる報道
NHK: 三重大准教授が不正論文で解雇

三重大学は、大学院の准教授が発表した論文で実験のデータのねつ造を繰り返していたとして、この准教授を懲戒解雇しました。
准教授は大学の調査に対し「故意にやったことはない」などと説明しているということです。
懲戒解雇されたのは、三重大学大学院生物資源学研究科の青木直人准教授です。
三重大学によりますと、青木准教授は名古屋大学大学院の助手を経て平成16年から三重大学に在籍していますが、外部から不正の指摘を受け、双方の大学で調査した結果、3年前までの15年間に学術雑誌に発表した11の論文で、69か所のねつ造が確認されたということです。これらはすべて、自分が以前行った実験などの画像データを反転させたりサイズを変えたりして不正に使っていたということです。
大学側の調査に対し青木准教授は「1件は誤って不適切な掲載をしたが、その他は記憶が定かでなく、故意にやったことはない」などと説明しているということです。
調査チームの三重大学大学院の緒方正人教授は「研究者がねつ造をしたことにショックを感じている。今後は法令遵守の意識を高めていきたい」と話していました。
05月11日 09時27分

http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20130511/4480821.html
http://megalodon.jp/2013-0511-1701-42/www3.nhk.or.jp/tokai-news/20130511/4480821.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 14年目にして | トップ | 指摘項目No.66 (研究不正行為) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。