三重大学 青木直人の論文捏造、不正

三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科の青木直人准教授による論文捏造、研究不正事件の追及ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松田幹

2011-02-17 | 松田幹
名古屋大学大学院生命農学研究科分子生体制御学研究分野ホームページでの
スタッフ紹介ページより抜粋


http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~molreg00/matsuda.htm

略歴

1978.03 名古屋大学農学部 食品工業化学科 卒業
1980.03 名古屋大学大学院農学研究科 修士課程 修了
1981.05 名古屋大学大学院農学研究科 博士課程 中途退学
1981.06 名古屋大学 農学部助手
1984.07 農学博士(名古屋大学)
1986.10 コロンビア大学 医学部客員研究員(-1988.08)
1990.02 医学博士(名古屋大学)
1991.01 名古屋大学 農学部 助教授
1995.06 名古屋大学 農学部 教授
1998.04 名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授

電子メールアドレス
tmatsuda@agr.nagoya-u.ac.jp
電話
052-789-4129
FAX
052-789-4128

所属
名古屋大学 大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 応用生命化学講座 分子生体制御学研究分野


研究内容
応用生物科学、応用分子細胞生物学、食品科学
様々な生命現象の中でも、特に機能的・形態的変化の大きな現象に興味があり、そこで働くタンパク質や複合糖質などの構造と機能、さらにそれらの発現制御機構の解析を通して、細胞や器官のレベルでの生体制御機構の理解を目指した研究を行っています。現在は、(1)乳腺(細胞)によるタンパク質、脂質、糖質などの合成と分泌に関する研究、(2)鳥類の卵細胞外マトリクスの形成機構と受精・初期発生における機能に関する研究、(3)消化管からのタンパク質や多糖抗原の取り込みと免疫系による認識と応答に関する研究、(4)乳に含まれる腸管ウイルス感染抑制タンパク質に関する研究、などが中心です。




科学研究費補助金データベースより抜粋
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20144131

松田 幹
マツダ ツカサ Matsuda, Tsukasa
研究者番号:20144131
研究者リゾルバーID:1000020144131


研究課題申請書・報告書記載の所属
2001年~2010年 : 名古屋大学 / 生命農学研究科 / 教授
2007年~2008年 : 名古屋大学 / 大学院・生命農学研究科 / 教授
2006年~2007年 : 名古屋大学 / 農学部 / 教授
2006年 : 名古屋大学 / 大学院生命農学研究科 / 教授
1999年~2005年 : 名古屋大学 / 大学院・生命農学研究科 / 教授

研究課題の研究分野
食品科学・製品科学 応用分子細胞生物学 食品科学 動植物に共通するアロ認証機構の解明
製造化学・食品 構造生物化学 応用生物化学・栄養化学 家政学 応用動物科学 生物資源科学

研究課題のキーワード
受精 糖鎖 卵アルブミン 食品 乳脂肪球皮膜タンパク質 乳脂肪球皮膜 ウイルス Zona Pellucida MFGM糖タンパク質 乳脂肪 ELISA イネ種子 ラクトフェリン 生殖 血中動態


<iframe frameborder=1 width="500px" height="360px" src="http://megalodon.jp/fp2007qi/2498614/500x360">http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:N1GSWOe6PlMJ:www.agr.nagoya-u.ac.jp/~molreg00/report.htm+Aokiの魚拓</iframe>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研究不正に関与する公的研究... | トップ | ”論文番号”と”使用された公的... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。