千代の思いやり弁当

千代は毎週日曜・祝日103歳のお向かいの方へ思いやり弁当をお届けしています。

10月30日 お弁当献立

2011-10-31 15:33:10 | グルメ
彼女のお葬式の日から1ヶ月程かけて拾ったギンナン。
赤いネットに2袋。
あふれるほどあります。
今日はそのギンナンを使いました。

お葬式もなく理事会もなくゆっくりお弁当づくりに専念できました。

10月30日のお品書
1 おしんこ丼
2 里芋と鶏肉の煮物
3 キャベツのロシア風煮込み
4 花椰菜のツナソース
5 ナスのチーズ焼き
6 ギンナンとひじきの煮付け
7 ぎんなん餅



一品づつでき上がりました!
1 おしんこ丼
      すし飯に刻んだたくわん・野沢菜・くるみを混ぜ込みました。           上に野沢菜・奈良漬・しば漬・卵焼き・かまぼこをのせ
                                                      くるみとたくわんを散らします。


     

2 里芋と鶏肉の煮物

      里芋といんげんを煮込みます。                             鶏ももをそぎ切りし網で焼きます。
                                                       片栗をまぶし里芋の煮汁で味付けします。 

     
3 キャベツのロシア風煮込み

   鍋にざく切りしたきゃべつをしきジャガイモ・玉ねぎ・牛肉・トマト・ピザ用チーズ・バターをのせて煮込みます。
   汁がひたひたになった所で牛乳を入れます。


4 花椰菜のツナソース

   ブロッコリーとカリフラワーを小房に分けてゆがきます。
   ツナソースをかけ、カリカリベーコンを散らします。


5 ナスのチーズ焼き

   なすを4枚に切り両面を色よく焼きます。
   上に甘味噌をぬりチーズ・ごま・あおじそをかけます。


6 ギンナンとひじきの煮付け

   ひじきと油げの煮付けにぎんなんをたくさんふりかけます。

7 ぎんなん餅
>

   



お弁当に詰め合わせ
  


P.M.6:10お届けしました。
「今日は丼です。」
「いろいろ沢山ありがとう。」
「いいえ。3日はお弁当用意させていただきますので。」
「はあ?」
「3日。文化の日祝日です。お弁当ご用意いたします。
召しあがってください。」
「ほう。ありがとうございます。」
>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月29日 冬の用意を始めました。Part3

2011-10-29 22:51:34 | 日記
夏の暑い時期ちょうど良かった木陰も
冬は太陽の木漏れ日さえほしくなります。

昨日ガーディニングH様へ連絡すると「明日の午後伺います。」

グッド タイミング!でしたが
朝から雨、昼にはあがるかなと思いましたがづっと雨でした。
その雨の中モッコウバラ・ピンクノウゼンカズラ・トネリコの剪定。
裏のムベ・ソラナムの刈り込み。

おかげですっきりしました。
 
   剪定前                       剪定後

   


   


   


H様は今年の3月から何回かお出でていただきましたが、
いつも雨です。お向かいの方が
「植木屋さんいつも雨やねー。」と驚かれるほどです。
雨が降ろうと仕事は中断せず最後の片付けまできちんとなさって帰られます。
やはりプロだなと感心します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月28日 冬の用意を始めましたPart2.

2011-10-28 20:52:53 | 日記
夏冬の洋服の入れ替えをしました。

夏のよそ行きの服はクリーニング屋さんに出すので大きな紙袋に放り込みました。

普段着や下着・寝巻はタッパの保管箱に入れました。
冬物を洋服ダンスに入れ、夏物は廊下の横にあるクロゼットにしまいました。

  
 


この入れ替えをするときいつも思うのは洋服はもういらない。

昨日ブッティックに寄ったのですがお客様がコートは10着位あるとおっしゃっていました。
私もそれほどではありませんがその半分位ありました。
古い洋服を捨てることができず、だんだんたまっています。

「断捨離入門」の本も購入しました。
姉のように1着増えたら1着捨てる。この主義でいっても元が減らねば効果はあがりません。

今年は5年着なかった洋服は捨てよう!
がんばってみます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月27日 冬の用意を始めました

2011-10-27 23:06:20 | 日記
今日は朝冷え込みました。
でもその分日中は暖かく気持ちよかったですね。

午前中絨毯やほかほかカーペットを出すことができました。
Fcoopの担当者の方が「リサのひとりごと」でご自分の近況を発信されています。
その中でお彼岸過ぎに夏冬の入れ替えをしたことが書かれていました。
まだその頃は暑かったのでぜんぜん気にもなりませんでした。
10月に入って朝晩が肌寒くなってくると入れ替えしなければなーと思っていました。
今日やっと思い立ちました。

夏だったら素足で床を歩くのがとても気持ち良かったのですが、今は絨毯の温かさが心和みます。

私以上に喜んだのが千代です。
早速絨毯の上の陽のあたる場所で寝転んでいました。
「千代はどこにおるの。」 と語気荒く叫ぶとすごすごと起き上がって出て行きます。

これからまた来年の春までこの繰り返しが始まりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月23日 お弁当献立・四十九日

2011-10-23 23:00:30 | グルメ
お寺さまから高級な食材をいただきました。

松茸。
アメリカ産だそうです。
お電話いただいた時「色白の松茸でしょう。」と大笑いしました。


それに丹波の枝豆。
これは多分いただいた時は立派だったのでしょうが、少し色黒で回ってきました。

献立を急きょ変更しました。

10月23日のお弁当お品書

1 まつたけとぎんなんご飯
2 鶏肉と里芋のココナッツミルク煮
3 えび春巻き
4 てんぷらの吹き寄せ煮
5 えのきだけのあえもの
6 たことカリフラワーの和風サラダ
7 アボカドグリエ


一品づつできあがりました!

1 まつたけとぎんなんご飯

   拾ったギンナンをふんだんに使いました。炊きあがったご飯に松茸とギンナンを入れ15分ほど蒸します。


2 鶏肉と里芋のココナッツミルク煮

   鶏肉と里芋は事前に油であげておきます。鶏スープとココナッツミルク・牛乳で煮ます。

  

3 えび春巻き

   えびと枝豆を卵でからめ春巻きの皮で包みます。きつね色に揚げます。>

4 てんぷらの吹き寄せ煮


5 えのきだけのあえもの


6 たことカリフラワーの和風サラダ

   たこ・カリフラワー・トマト・きゅうりをしょうゆドレッシングで混ぜ合わせます。

   

7 アボカドグリエ


   アボカドを縦に切り芯を切り抜きます。らんきょとえびを醤油マヨネーズを和えアボカドに詰めます。
   オーブントースターで妬きます。




お弁当に詰め合わせ

   
残った枝豆も飾りました。

  


P.M.6:00お届けしました
「アメリカ産の松茸をいただきました。松茸ごはんです。」
「はあ?」
「アメリカ産松茸の松茸ごはんです。」
「珍しいものを食べさせていただいて。ありがとうございます。」
「どうぞお召し上がりください。」



今日は友の四十九日でした。

お母様はご葬儀の時よりやつれて見えました。

「娘がどんなことを思っていたかお聞きしたいと思っています。」そうおっしゃいました。

「私はお母様を尊敬している。おっしゃってましたよ。」とお伝えしました。

「8月半ば私に手紙を書いていました。途中までです。

 私を愛してくださってありがとう。」と書いてありました。

「やりたいことはやりました。本当に幸せでした。」とも言ってました。

「七日七日のお参りありがとうございました。」とおっしゃてくださいました。

ご葬儀の時の驚くほどの艶やかさがありませんでした。

これから少しづつ悲しみが深まるのではないか。親より先立つ不孝はないといいますが

私はその点両親が早く亡くなったので良かったかもしれません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加