旅する心-やまぼうし

やまぼうし(ヤマボウシ)→山法師→行雲流水。そんなことからの由無し語りです。

多摩川周辺の治水史ー上河原堰と二ヶ領用水

2021-02-21 13:13:52 | 貞山・北上・東名運河逍遥
2021.02.19(金)二ヶ領用水の上流側に位置する上河原堰~五ヶ村堀緑地を歩いて来た。 折りたたみ自転車に乗ったり引いたりしての移動距離は、22㎞超になった。 <今日のコース> 多摩川左岸を上流側に向かう~多摩水道橋~二ヶ領せせらぎ館~上河原堰~中野島側の草堰~沖川原橋~台和橋~五ヶ村堀緑地~多摩川水道橋~登戸の渡し跡 . . . 本文を読む
コメント

多摩川周辺の治水史ー宿河原堰堤と二ヶ領用水

2021-02-03 22:38:25 | 貞山・北上・東名運河逍遥
これまで眺めてきた宿河原堰堤。 それを対岸の川崎市多摩区宿河原の方から見てみたいと思い、自転車に乗り行ってきた。 この堰には二ヶ領(にかりょう)用水の取入口がある。 とにもかくにも、先人の苦労の歴史に触れ、感慨深い歩きになった。 サクラの開花の季節には、ぜひとも再訪したいものだ。 . . . 本文を読む
コメント

見沼通船堀閘門開閉実演(さいたま市)を見に行く

2019-08-23 10:45:33 | 貞山・北上・東名運河逍遥
2019.08.21(水)5年ぶりに再開されるという見沼通船堀閘門開閉実演を見るため、さいたま市緑区大字大間木まで行ってきた。 主催者あいさつ、通船堀の説明があった後、いよいよ一の関に板が投下された。 一枚一枚、両岸から長い竹竿を使って積み重ねていく。 二の関側からも水が流れ込み、閘室内の水位が上がってきた。 当時の2分の1サイズに復元されたという艜船(ひらたぶね)が、船頭役がさす竿によってゆっくりと動き出した。 . . . 本文を読む
コメント

玉川上水散策:羽村取水堰(投渡堰)~拝島駅

2019-08-12 23:34:11 | 貞山・北上・東名運河逍遥
太宰治、国木田独歩ゆかりの地を訪れてみたいと思い立ち、これまで2回玉川上水に沿って歩いたら、やはりというか上水の起点(取水口)への興味関心が湧いてきた。 そこで、羽村市の『玉川上水散策地図(1)羽村取水堰~拝島駅(約6.0km)』を見ながら歩き回ってきた。 多摩川対岸の羽村市郷土博物館や、上水に沿って行きつ戻りつなどしたことから、結果的には歩行距離は約10㎞になっていた。 . . . 本文を読む
コメント

井の頭公園~玉川上水~国木田独歩碑(三鷹)

2019-08-06 14:27:15 | 貞山・北上・東名運河逍遥
2019.08.04(日)久しぶりに玉川上水、井の頭恩賜公園、三鷹を歩いてきた。 目的は、前回見残した公園の池周りを歩くことと国木田独歩の碑を訪れること。 . . . 本文を読む
コメント

清澄庭園と仙台堀川・仙台藩蔵屋敷跡【東京都】

2019-06-11 22:46:45 | 貞山・北上・東名運河逍遥
前に仙台堀川公園を訪れた際に時間切れで見残したところに、今日行ってきた。清澄庭園ではアヤメ祭り開催中だった。訪問者は、大きな池の上をゆったりと流れる時間を楽しんでいるようだった。 . . . 本文を読む
コメント

玉川上水と太宰治

2019-04-22 18:26:40 | 貞山・北上・東名運河逍遥
2019.04.21(日)玉川上水に沿って歩いて来た。それは前日夜の寝入りばなに、ふと太宰治の終焉の地を見たいという気持ちが湧いてきたことからだった。 . . . 本文を読む
コメント

仙台堀川公園

2019-04-02 23:59:12 | 貞山・北上・東名運河逍遥
江戸時代に仙台藩の蔵屋敷に米を搬入した堀(川)を訪れてきた。今では都内屈指の親水公園になっている。 . . . 本文を読む
コメント

貞山運河(いわぬまひつじ村~新浜水門~閖上水門)

2019-03-27 00:31:56 | 貞山・北上・東名運河逍遥
2019.03.24(日)は、貞山運河の様子を見ようと阿武隈川河口から名取川河口の閖上までドライブ。中世ヨーロッパの騎士が身に着けた鎧を連想させるようなコンクリートで覆われた護岸が伸びている。 . . . 本文を読む
コメント

東廻海運と利根川東遷、そして船

2019-02-05 10:58:26 | 貞山・北上・東名運河逍遥
何気なく全国の運河情報をインターネットで見ていたら、『千葉が誇る日本一』というものに『日本初の西洋式運河 利根運河』(所在:千葉県流山市)があった。 . . . 本文を読む
コメント