ビバのよもやま日記

長い介護生活から解放されて、猫と酒におぼれる毎日を綴る日記です。

へるぷぅ~

2012-03-31 22:46:36 | 自宅介護

昨夜もグッスリ眠ってくれた母ちゃんです。

7時半起床・・・排便・排尿は快調です。

オムツ交換も板についてきたかな~

----------

朝食はソフトクリームパンとハムエッグとコーヒー牛乳。

どれも好きな食べ物なので、介助なしで完食しました。

----------

午前11時、右下腹部に鈍痛あり、頓服薬を服用。

効き目が早くて助かります。

午後0時半までウトウトしながら、シィ君と一緒にまどろみタイム・・・

こんな平和が続いたらいいのに・・・

-----------

午後4時過ぎ、再び鈍痛。

お薬を服用させるも、なかなか効き目が表れません。

おなかはみるみる膨らんでパンパンになってきました。

これは大量のガスの仕業か

嫡便をすればガスが抜けるかと試してみましたが、ガスの層には到達出来ず

おなかはいびつな形に膨らみ続け、妊娠線のような模様が浮かんできてしまいました

お薬が効いて痛みは引いたようですが、おなかの張りが辛いと言い始めました。

おなかをさすってあげるのですが、ガスが出る気配無し。

どうしよう・・・おろおろ

・・・だれか~へるぷぅ~

ってなわけで、初めて訪看さんにヘルプの電話をかけました。

20分ほどでやってきてくれた訪看さん・・・

手際よくバイタルチェックを済ませ、おなかの観察を始めました。

おなかは左方向にピッチビチに膨らんでいます。

オイラがおなかをさすりながら、訪看さんがガスを出す処置をしてくれました。

いつものおなかのサイズに戻った母ちゃんは眉間のしわが消え、穏やかな表情になりました。

普段は看護士さんに悪態つきまくりの母ちゃんですが、今日ばかりは両手を合わせて訪看さんを拝む仕草を見せています。

よっぽど苦しかったんだね・・・

次からはオイラが処置できるように、ちゃんと習ったからね・・・

『どんな些細な事でも、遠慮しないで電話を下さいね』と看護士さんに言ってもらって、肩の荷が少しばかり軽くなった気がしました。

でもねぇ~

来てもらうたびに看護料が発生するわけでぇ~、お財布と相談しながらっていうのがつらいわぁ~

こんなに頼りないオイラで、はたして在宅介護・看護が続けられるだろうか・・・

ちょっくらナーバスなオイラです。

----------

おなかがスッキリした母ちゃんは、夕食を全介助で完食してくれました。

定時の痛み止めのお薬が効いて、今は穏やかに過ごしています。

シィ君は見守り介護の任務中

今日ばかりはとっても頼もしく見えるシィ君なのであります。

コメント (2)

自由時間

2012-03-30 22:40:27 | 自宅介護

昨夜もグッスリと眠ってくれた母ちゃんです。

7時起床。

ベッド上でのオムツ交換にもだいぶ慣れてきました。

就寝前に下剤を服用したものの、まだ出ていませんでした。

寝かせたまま右に左にコロコロ転がして、オムツ交換と着衣を完了。

やれやれ、腰がきついわ

朝食の半分は自力で食べましたが、途中で飽きちゃって味噌汁で遊び始めちゃいました

残り半分を介助して、やっとのこと全量摂取完了~

続く歯磨きでは、うがいした水をなかなか吐き出してくれず、挙句の果てにゴックン

飲んじゃダメだってばぁ~

洗顔代わりの蒸しタオルでお顔を拭き拭き

車いすへ座らせて、あとはディのお迎えを待つばかり。

ここまでで2時間もかかっちまったぁ~

4月からは30分早いお迎えだから、時短の工夫をしなきゃならないなぁ~

『ピンポ~ン』のお迎えと同時に、なにやら『プププ~、プリプリっ』

え゛ー

もしかして『うん〇』かよぉ~

オムツ交換をするから待ってて下さいというと、『向こうに着いたらやってあげるから、ダイジョウブ』って言われ、お言葉に甘えることにしました。

ホントにもう、何から何までお手数おかけします

----------

突然の救急搬送から半月というもの、自由時間というものがありませんでした。

今日はお仕事は無いし、たっぷり6時間の自由時間が出来ました

とは言っても、ますは掃除から

半月分の猫の毛はとんでもない量でした

ついでに掃除機のフィルターも洗浄

キレイになったところで、読書を楽しみます。

と、その前に~、お粥の仕込みをしておかなきゃ

----------

P3300711

シィ君~、甘えっこは良いんだけどさぁ~

新聞が読めないってば~

----------

午後3時、サンポットさんがやってきました。

昨日のうちに掃除のお願いのメールをしていたんです。

燃料庫に大量の結露が発生したので、おそらく煙突が詰まったのでしょう。

1シーズンに2回も来てもらって、本当に申し訳ないです

案の定、煙突の中には灰がぎっしり

この冬は特に寒かったから、過剰に燃焼したせいなのかも。

今シーズンはあと1か月とちょっとのお付き合いのペレットストーブ・・・

週末には煮込み料理でもしましょうかねぇ~

----------

4時、母ちゃん帰宅。

帰宅早々すぐに眠ってしまいました。

久しぶりのディサービスで疲れたのでしょう・・・

夕飯まで寝かせておいてあげようかな~

----------

夕食は7割がたを自力で摂取。

残りは介助で全量摂取しました。

食後の歯磨きも、今朝と同様にうがい水を飲みこんじゃいました。

このクセは入院中からで、なかなか言うことを聞いてくれません。

口を開けるだけでいいのに、なんで飲み込んじゃうんだろう

----------

8時過ぎ、多動が始まりました。

痛みのせいではなく、便意のためです。

すでにオムツの中はスゴイことになっていて、しかも継続中に付き、なかなか交換のタイミングがつかめません。

しかも、少しもジッとしていてくれないので、オムツから漏れ出ないか冷や冷やモノです

10分ほど様子を見てオムツ交換に挑むのですが、新しいオムツをあてがうとすぐに汚してしまい、1度のオムツ交換に3セットのオムツが犠牲になりました

やはり・・・在宅介護はムズカシイです

----------

訪看さんが訪問医さんと打ち合わせをしてきたとの連絡をくれました。

オイラ達の知らないところで動いてくれている人たちがいるっていうのは、とても心強いものです。

はじめての訪問医療は、月曜日の1時から3時の間・・・病院のお昼休みを利用して来てくれるんだそうです。

病院から我が家までは片道15㎞以上

よく引き受けてくれたなぁ~

他の2件の病院は『遠いから』とか『定員オーバーだから』っていう理由で断られたけど、この病院が一番遠いんだよね~

さて、訪問医療というのがどういうものか・・・なんだかワクワクしちゃうわぁ~

----------

結局、読書とオムツ交換で一日が終わっちゃった感じ・・・

やっぱ、お仕事していた方が落ち着くわぁ~

----------

お仕事先から、新規のお仕事のオファーがきました

半月もの間迷惑をかけたっていうのに、ありがたいことです。

お仕事は週明けに資料が届き次第着手することになりました。

母ちゃんのショートスティの間に、ガッチリ稼がせてもらいますわぁ

コメント (2)

思っていたよりも・・・

2012-03-29 22:12:08 | 自宅介護

入院中、昼夜逆転だった母ちゃんですが、昨夜はグッスリと眠ってくれました。

やっぱり自宅のほうが静かで落ち着くんですかねぇ~

オムツのほうはズッシリでしたが、リハパンではなくパンパースだったので、シーツ類はセーフでした。

自分でポータブルトイレに座りたいと言うので介助したのですが、思っていたよりも筋力低下がひどく、足首から崩れ落ちそうになって断念

前方から抱え込みながらリハパンを履かせるのは、とてもじゃないけど重すぎて介助不可能と判断しました。

リハビリにて筋力が回復するかは不明ですが、つかまり立ちが出来るようになるまでは、ベッドでのオムツ交換になりそうです。

----------

朝食は全量摂取。

30分ほどかけて自力で半分食べた後、介助で全量食べてくれました。

8時、オキシコンチン5㎎1錠を服用。

入院中は見向きもしなかった高校野球を見て楽しんでおります。

11時頃、右足付け根に疼痛あり

とんぷくのオキノーム散2.5㎎一包を服用。

昼食まで、うつらうつらしていました

----------

昼食も全量摂取。

ロールパンにかぼちゃのグラタン風・・・介助なしで食べてくれました。

4時頃、少々多動傾向・・・

こんな時は疼痛を疑って、眉間のしわなどを観察したり、手でさすっている個所を確認します。

下腹部の場合は便意と疼痛の区別がつかないので、お医者さんの勧め通りオキノーム散を服用させます。

今回の場合、右手で左側胸部をさすっているので、迷わず服用させました。

----------

夕食には好物のかぼちゃの煮物を作りました。

が、食べながら眠ってしまうので、なかなか食事が進みません。

自力での食事は諦めて、全介助で食べさせましたが半分で断念。

お薬を飲ませるのも一苦労でした。

----------

オムツ交換で困っていることは、ベッドパット型のタオルシーツがよれて、オムツをお尻の下に滑り込ませるのが難しいということです。

病院のようなフラットシーツかボックスシーツに変えたほうが良さそうです。

ベッドパット型は交換が楽なんだけどなぁ~

あとは慣れるしかないですねぇ~

----------

ディサービスの職員さんが、母ちゃんの様子を見に来てくれました。

なじみの職員さんの顔を見た途端、母ちゃんってばはしゃいじゃってカワイイのなんの

『明日迎えに来るからね~』って言われて、とっても嬉しそうな母ちゃんです。

でもね・・・ディサービスを利用するのはあと3回だけなんだよね・・・

5月からは別の施設に変わっちゃうのよ・・・

ゴメンね・・・母ちゃん

----------

P3290704

春らしい日差しを浴びて、無防備なミィちゃんです。

でも外はまだまだ雪だらけ

本当の春はまだまだ先だわねぇ~

コメント (2)

始まり・・・

2012-03-28 22:02:23 | 自宅介護

今日は朝から行ったり来たり・・・

母ちゃんの退院に向けて、自宅に戻り雪かきです。

3月も終わりだというのに、『なごり雪』はいつまで続くんだかねぇ~

大きな荷物(付添い用布団、オムツ類)を持ち帰りました。

ストーブを適温に設定して、再び病院へとってかえします。

退院は昼食後と決めていたのに、母ちゃんってば寝間着を脱いでアブナイ格好になっていました

ベッドの柵から両足を出してブラブラ~

まるで子供のようなはしゃぎっぷりに、看護士さんも苦笑い

待ちきれないようなので、洋服を着せてからお昼を食べさせることにしました。

着替えは看護士さんがやってくれました。

自宅から持ってきた車いすに座らせると、昨日までのフニャフニャ『軟体動物』が一転、シャキーンと背筋良く座って、まるで別人です。

ただ、食事だけは別で、全介助での食事となりました。

食事を摂っている間に事務の方がお会計票を持ってやってきました。

後期高齢者までわずか8日前なので、ちょっくらお高めの会計です

母ちゃんをナースステーションに預けて、オイラはお会計に・・・

カード払いでポイント稼がなきゃ

会計を終えて病室に戻ると、退院用のお薬の説明を受けることになりました。

なんたらいっぱいのお薬だんべ~

毎食ごとに違う種類のお薬と2種類の麻薬・・・

お薬の紙袋が12袋だよぉ~

はぁ~、めんどくさぁ~

----------

病室の皆様にご挨拶をして(母ちゃんは上の空だったけど)、ナースステーションにもご挨拶。

最期に相談室に顔を出したら、ケースワーカーさんと看護師長さんが見送りに付き添ってくれました。

最後の最後まで、本当にありがとうございました

----------

帰宅後、すぐさまベッドでグースカの母ちゃん

やっぱ、お家のベッドのほうが心地よいのかなぁ~

猫達は母ちゃんのベッドの周りをウロチョロしたり、匂いを嗅いだりと忙しそうです

----------

4時、初めての訪問看護です。

オイラと同じ名前で同い年の看護士さんがやってきました。

なんだか雰囲気も似てるかも

初顔合わせということで、まずはバイタルチェックから・・・

なんと、来客時には絶対に出て来ない猫達が、看護士さんに寄って行くではありませんか

看護士さんが振り向いたら、『あれぇ~、ちがうかもぉ~』ってな具合で逃げちゃったけど、もしかしてオイラと間違えちゃったのかな

母ちゃんは、白衣を着ていない看護士さんを不審に思ったらしく、悪態つきまくって看護士さんを困らせています。

看護時間と重要事項説明等で1時間半もかかっちゃったけど、初日ということで30分の看護料金でした。

-----------

夕食は、お粥と『すき焼きもどき』、卵豆腐、キノコのお味噌汁にしました。

介助が必要かと思ったら、自分でスプーンを持って食べ始めたので、オイラは見守ることにしました。

案の定、おかずばかり食べるので、お粥とおかずのお皿を入れ替えたら、今度はお粥ばかりを食べています。

バランス良く『三角食い』をしてくれたら良いのですが、ま、食欲があるだけでも良しとしましょう。

そこにケアマネさんがやってきて、母ちゃんの状態を確認。

4月分の予定表を頂きました。

予定表を見ながら、訪問医療の日と訪問看護の日を確認。

ってなわけで、新たな在宅介護が始まったわけで~、当面はてんでバラバラなスケジュールに慣れるところから始めなければなりません

5月になればスケジュールも安定するので、それまでの辛抱です。

----------

さてと、どうやら母ちゃんはオネムのようだし、オムツ交換して就寝の準備をしようかなぁ~

今夜は~、ガッツリ飲むぞぉぉぉ

----------

120321_1049001

お留守番3日目のシィ君とミィちゃんの写メです。

ケータイの待ち受け画面にして、しょっちゅう母ちゃんに見せていました。

『ほーら、ニャンコ達待ってるから、早く退院しようね~』なんて言いながら・・・

コメント (2)

突然ですが・・・

2012-03-27 16:06:58 | 自宅介護

突然ですが、明日母ちゃん退院します

訪問医療の病院に行ったところ、とんとん拍子に訪問予定日が決まったんです。

基本的な訪問日は隔週の月曜日ということで、必然的に施設利用日(ショートスティ・ディサービス)は火曜日から土曜日の5日間ということになります。

さっそく今週の金曜日のディサービスも決まり、初めての訪問介護は来週の月曜日ということになりました。

----------

ってなわけで、明日の退院準備をしながら、最終夜の付き添いに行ってきます

コメント (4)