ギタリスト福島克彦の七転八起ブログ

HeavyRockギタリスト福島克彦のブログ

応援ありがとうございました

2015-09-20 00:51:56 | 音楽
昨日のDraiNライブ@恵比寿エイム、
忙しい中ご来場くださった皆さん、本当にどうもありがとうございました!

おかげさまで大きなトラブルもなく、
史上最高に盛り上がったと思いますが(笑)
気持ち良くなってもらえたでしょうか!?

ただ、既にいつも以上に多くの方から反響をいただいているので、
ありがたい限りです。

個人的にも、いつも以上に様々な想いを抱いて臨みました。
だからといって急には変われないし、
一時は原点に戻ってしまった感もありましたが(苦笑)
何かが伝わったならば、さらに嬉しいです。

さらにギターの音も、自分のアンプヘッドなどを持ちこみ、
いつにも増してサイコーだったと思えます。
機材と、それらを提供してくれた方々にも感謝しています。

・・・このように、様々な人々の協力と応援があってこそ成り立ったライブ。
関わってくださった全ての皆さんに、心から御礼申し上げます。

そして、また思わぬところで繋がった人脈が多く、不思議な縁を感じました。

それでも、もう自分は人前に立つ機会がなくなるかも知れないけど、
もしあったら絶対に観に来て欲しいです。

とりあえず、今までいろいろとありがとうございました!m(__)m
しかし、今後もよろしくお願いします☆

P.S.
Facebookでいただいたコメント、
徐々に返信させてもらっていますので、よろしくお願いします。
今は体が痛んで両腕の腱鞘炎も再発気味ですが(汗笑)
当面、演奏する機会はないので大丈夫だと思います。

審判の日

2015-09-18 05:29:14 | 音楽
うん、ついにこの日がきたね。
言いたいことが全くなくなったわけじゃないし、(でも不満ばかりじゃないよ)
様々な感情が去来するけど、
天候はどうあれ、おかげさまで今はスッキリ晴れやかな気分。

体調も両腕だけは良好。今日までやってきたことに悔いはないし、
最後までどうなっても、ベストを尽くすだけ。

皆さんも気をつけてお越しくださいね☆
では会場で会いましょう!そしてお楽しみに~♪

P.S.
何のことかわからない人は(いないと思うけど)
前の記事でも読んでください。m(__)m
終わってから後悔するの無しよ!

最後のお願い(選挙かよ)

2015-09-16 22:36:11 | 音楽
ここ連日のブログ記事で、
予想以上の人々に心配かけてしまったようで申し訳ない!

けど・・・

実は昔から、毎回のライブどころかほぼ毎日、
あんなことばかり考えて生きてきて、
今さらその一部を明かしただけに過ぎない。

ただ、普段から悪い感情をいちいち態度に出しちゃマズイと思っているので、
これでもかなり押さえているし、昔よりだいぶマシになったと思う。
(旧友の皆さんには特に申し訳ない!)

しかし、思想の根底には博愛の気持ちが溢れていると思うんだが・・・

裏表ある奴でごめんなさいね。

でも、今はそんなありのままの自分が好きだったりする(苦笑)


で、たびたびになるけど、今回で最後の告知、失礼します!


9月18日(金) 東京 恵比寿 club aim

山田屋コロシアムPresents
DraiNワンマンライブ『Chapter 2.99』

開場19:00/開演/19:30
前売り¥3,500/当日¥4,000円(共にドリンク代別途)

ヴォーカリスト440デビュー20周年&
ギタリスト福島克彦バースデー記念として、新曲は勿論のこと、
メンバーが過去に在籍したバンドの代表曲なども遂に解禁!

そして、会場にてDraiNグッズを1,000円以上お買い上げいただいた方に、
新曲「LEGACY」を収録した音源をプレゼントいたします!!


出演: DraiN
スペシャルゲスト: 竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)
ゲスト: GON(ex-バギートランプ、ex-音風) / HIDEKI(ex-音風)
オープニングアクト: Re-DRIVE


この日、440のデビュー作となった
『BOGEY TRUMP'』(バギー・トランプ)から20年の封印を解くために、
かつてのメンバーであるベーシストGONと、
ex-音風のドラマーHIDEKIが友情出演!
最初で最後の「バギー・トランプ」復活です。

また、福島克彦がかつて在籍した「夜叉」の曲も織り交ぜ、
DraiN2人の集大成となるワンマンライブ。

さらに、スペシャルゲストには440の実兄でもある、
竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)の参戦が決定!
久々に兄弟共演でJOE-ERKの曲が披露される。

オープニングアクトには、DraiNの1stシングルでベースを弾いた
ギタリストRYUTARO(ex-TAIJI with HEAVEN'S、ex-巨乳まんだら王国)が
結成した新バンド「Re-DRIVE」が華を添える。


※友人知人の方々や、来場希望の方は直接ご連絡ください。

9月18日(金)DraiNワンマンライブ@恵比寿エイム

2015-09-13 02:59:54 | 音楽
もう今年最後の一大イベントまで、一週間をきりました。
ここで改めて全貌をお知らせします。

9月18日(金) 東京 恵比寿 club aim

山田屋コロシアムPresents
DraiNワンマンライブ『Chapter 2.99』

開場19:00/開演/19:30
前売り¥3,500/当日¥4,000円(共にドリンク代別途)


ヴォーカリスト440デビュー20周年&
ギタリスト福島克彦バースデー記念として、新曲は勿論のこと、
メンバーが過去に在籍したバンドの代表曲なども遂に解禁!!

そして、会場にてDraiNグッズを1,000円以上お買い上げいただいた方に、
新曲「LEGACY」を収録した音源をプレゼントいたします!!!


出演: DraiN
スペシャルゲスト: 竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)
ゲスト: GON(ex-バギートランプ、ex-音風) / HIDEKI(ex-音風)
オープニングアクト: Re-DRIVE


この日、ヴォーカリスト440のデビュー作となった
『BOGEY TRUMP'』(バギー・トランプ)から20年の封印を解くために、
かつてのメンバーであるベーシストGONと、
ex-音風のドラマーHIDEKIが友情出演!!
最初で最後の「バギー・トランプ」復活です。

また、ギタリスト福島克彦がかつて在籍した「夜叉」の曲も織り交ぜ、
DraiN2人の集大成となるワンマンライブ。

さらに、スペシャルゲストには440の実兄でもある、
竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)の参戦が決定!!
久々に兄弟共演でJOE-ERKの曲が披露される。

オープニングアクトには、DraiNの1stシングルでベースを弾いた
ギタリストRYUTARO(ex-TAIJI with HEAVEN'S、ex-巨乳まんだら王国)が
結成した新バンド「Re-DRIVE」が華を添える。


イープラス一般発売: 6月27日(土)10:00~9月17日(木)18:00
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002161578P0050001P006001P0030001
お問い合わせ: 03-5422-6657(club aim)


※友人知人の方々や、来場ご希望の方は私に直接ご連絡ください。

不思議だ

2015-09-12 15:09:11 | 音楽
何だか、ただの偶然というには
あまりにも不思議な出来事が続出している。。。

ところで、近日のブログ記事の件で、
これ以上いらぬ誤解を生まないよう、
もっと直接的な言葉で深層の真相(←上手い?)を
ネタバラシした記事を書くべきかとも思ったけど、
とっくに察していたり、そこまでしなくてもすぐわかってくれる人もいれば、
どう説明してもわからない人がいるかも知れない。

そして、このままもっと核心に突っ込んでいくと、
さらに多くの人を巻き込んでしまうだろうし、(もう遅い!と言わないで~)
空回りするのも本意じゃない。

たとえそうでなくても、だいぶ労力を使うことなので、今は止めておく。

もし要望などが増えれば考えるけど、どうだろう。。。

プライベートで繋がりがある人には、じっくり語れる機会があったとしても、
公的には明かさないままになるかどうか・・・?

P.S.
詳しく知りたい人には、
18日(金)DraiNワンマン@恵比寿エイムの打ち上げで話します!
しかし打ち上げのみの参加希望は
受け付けていませんので悪しからず~m(__)m
(↑真に受けないように/笑)

☆DraiNワンマンライブ追加情報☆

2015-09-12 02:40:18 | 音楽
いよいよあと1週間に迫ってまいりましたが、ここで緊急速報です!

会場にてDraiNグッズを1,000円以上お買い上げいただいた方に、
新曲「LEGACY」を収録した音源をプレゼントいたします!!

どうぞお楽しみに!!!

9月18日(金) 東京 恵比寿 club aim

山田屋コロシアムPresents
DraiNワンマンライブ『Chapter 2.99』

開場19:00/開演/19:30
前売り¥3,500/当日¥4,000円(共にドリンク代別途)

出演: DraiN
スペシャルゲスト: 竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)
ゲスト: GON(ex-バギートランプ、ex-音風) / HIDEKI(ex-音風)
オープニングアクト: Re-DRIVE

イープラス一般発売: 6月27日(土)10:00~9月17日(木)18:00
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002161578P0050001P006001P0030001

※DraiNメンバーもチケットのご予約を承ります。

お問い合わせ: 03-5422-6657(club aim)


この日、DraiNのヴォーカリスト440のデビュー作となった
『BOGEY TRUMP'』(バギー・トランプ)から20年の封印を解くために、
かつてのメンバーであるベーシストGONと、
ex-音風のドラマーHIDEKIが友情出演!!
最初で最後の「バギー・トランプ」復活です。

また、DraiNのギタリスト福島克彦がかつて在籍した「夜叉」の曲も織り交ぜ、
DraiN2人の集大成となるワンマンライブ。

さらに、スペシャルゲストには440の実兄でもある、
竹内光雄(ex-DTR、ex-JOE-ERK)の参戦が決定!!
久々に兄弟共演でJOE-ERKの曲が披露される。

オープニングアクトには、DraiNの1stシングルでベースを弾いた
ギタリストRYUTARO(ex-TAIJI with HEAVEN'S、ex-巨乳まんだら王国)が
結成した新バンド「Re-DRIVE」が華を添える。

反省

2015-09-12 02:31:40 | 音楽
ここ数日の記事は、相当な覚悟で表現しているが、
先の記事について、今まで自分を応援してくれていた人の、
貴重でありがたいご意見を目にした。

そこでは、やはり誤解を生んでしまったというか(自業自得なのだろうが)
自分の意図と違う解釈をされていたので、
まずご本人に謝り、やり取りさせてもらった後、記事の一部を訂正しました。

いろいろ考えているつもりでも、
自分が尊敬する“思慮深い人”に限って誤解させてしまうことが多い。

元々の原因は自分にあるだろうし、
許してもらえなくても仕方ないけど、ごめんなさい。

そして回想

2015-09-10 23:05:51 | 音楽
たしか初めてのイップス発症は10年以上前、後に腱鞘炎にもなり、
特に最悪だったのは2007~2008年ごろか。

2007年は、認知症になったばかりの母親(片親)と
俺(一人っ子)の二人暮らし中で、
夜叉とLOUDNESS二井原実氏のソロツアー活動が並行した。

特に後者は一世一代の重責と感じて臨んだが、
母親の件と周囲から様々なプレッシャーがあり、
心身がおかしくなってしまった。
(もともと病的な精神だけどね!/←ここ笑うところ)

あの時は自分以外のことでも板挟みになり、
ここじゃ決して明かせないが(一部の知人には話している)
墓場まで持っていくべきなのか。。。

・・・それがいったん落ち着いたと思った2008年は、
夜叉の3rdアルバム『REBORN』のレコーディングがあり、
ほぼ不眠不休で(同業者は皆そんなもん)全ディレクションも担当。

全責任を負う気で、進退どころか人生をかけた。

そんな極限までの追い込み地獄にメンバーやスタッフまで巻き込みつつ、
ギター録り予定のある朝、両腕が痛んでピックも箸も持てず、
ドアノブも回せない(大パニック)

当然、自分の砦と思っていた得意パターンの速いリフなんぞ弾けず、
残された時間もなく、なぜこんな時に・・・(呆然)
これはレコーディングどころか、もう引退せざるを得ないと思った。

しかし周囲のご厚意で、
症状がマシになってから録音させてもらい、ようやく完成。

あれは当時の自分が全てを叩きつけることができたし、
未だにベストな作品なので感謝しているが、
(理想的なサウンドで、ギターリフをはじめ、音が怒りまくっている)
一般の評価はあまり得られず、恩返しできないまま。

さらに母親の認知症も進行し、
これまでお互い死に目に会えない覚悟で生きてきたが、
ずっとしっかりしていた母親が急に豹変してしまい、
なかなか現実を受け入れられず、いろいろ行き詰まって心中も考えた。

・・・そんなプライドの高いダメ人間は、
短所やコンプレックスを完全克服できず、
生きててごめんなさいって気分だったけど、
臆病で自殺もできず、それで良かったのかも。

そして、誰より幸せだと思えることもあるからこそ、
現状に満足せず、使命ある立場を自らに課し、
高すぎる理想に苦しみつつ、諦めずもがき続け、今。

それでもなお試練は続く。
皆そうなんだろうね。

初告白?

2015-09-10 22:50:55 | 音楽
まだまだ打ち明けたいネタはある!

公表するのは初めてかも知れないこと。

さて、前記事のような心構えで常にやっていたが、
これまで何度も“イップス”になった。(本末転倒と言われても仕方ない)

思ったように両腕が動かなくなり、
「この奇妙な感覚は何だ!?」という感じで、(腱鞘炎のような症状ではない)
脳の病気になってしまったかと焦り、調べたら完全一致。

やはり音楽でもあり得るのかなと。

当初は原因不明だったので恐ろしかったし、
原因がわかってからも試行錯誤してきたけど、
完全にコントロールできる自信はなく、
常に一抹の不安を抱え、悪夢もよく見る。

べつに言い訳ではなく、ありのままで、特に結論もない。

ただ、これを読んで、
原因不明で悩んでいる人のいいきっかけになれば嬉しいし、
皆さんも気を付けてくださいね。

しつこくてゴメンね

2015-09-09 23:22:34 | 音楽
またこのタイミングで、
以前から何度も触れていたことをまとめにかかる!(謝)

つまり、このままじゃ我慢できなかった(苦笑)

いつ死んじゃうかわからないので、
表現したいことはなるべく生きているうちに・・・
というのは一貫している。

さて、今回も前記事に関連するが、
「今までずっと間違った考えだったかも?」と思ったこと。

自分は、元々の性格や人生経験も影響していると思うけど、
特に音楽(ロックに限らず)に取り組む際は、
かなりの覚悟をしてやってきたつもりで、
業界にいた家族や親戚、
そして尊敬する人々にお世話になったことなどを思えば尚更。

当然、ライブなどにも全精力を注ぎ込み、
それ以外のことができなくなってしまう時もしょっちゅうで、
何度トライしても、同時にいくつかのことを完璧にこなすのが難しく、
多くの人から批判された。

でも、だからこそまず音楽に集中し、
ダメなら(何をもってダメかは置いておく)玉となって砕け散るか、
中途半端なら切腹する覚悟でやってきたが、
(問題ある表現だとしても今は他に適切なのを思いつかない)
理解も共感も得られず、命がいくつあっても足りなくなってしまったけど(泣笑)
常にそんな覚悟でやっている人って、他にどれくらいいるだろう?

しかしその分、犠牲も作ってきたし、それは間違いだったのか何なのか。

もし自分がそういう人を見たら感動するけど、要らない価値観なのか。

ただ、それだけを重要視しているわけではないし、
手抜きとかじゃなく、楽しむことも大事かも知れないが、
何にしてもプロとしてやるなら、
楽しむことが許される域の人は、ごく一部だけだと思っていて、
やはり自分もそうありたい。