自然な医療用ウィッグを作る患者様専用美容室Chez Moi(シェモア)のblog

大田区蒲田で自然な医療用かつらスリール製作・他社製ウィッグ・抗がん剤治療後の自毛デビューに対応の患者様専用美容室

初マンモ!

2010年10月20日 14時23分11秒 | 日記
  ここのところ、ずぅ~とおっぱいが痛い。

 痛いのは、ガンじゃないと言いますが、どんどん痛くなってきた。
 マンモをやるべきか?

 マンモグラフィーの経験者に聞くと

 「物凄く痛いよ~!」
 「吐きそうになるほど痛かったわよ~!」
 「あまりの痛さに、貧血になったわ!」

 それって、どんな痛さだよ?

  7年ぐらい前に、ママ友に乳癌が見つかったと告白された。

 彼女はガン家系なので、半年に1度、マンモで検査していた。

 ところが、ある日自分でしこりを見つけ、違う病院にいったところ

 「これは5年前ぐらいにできたガンだね」
 とお医者さんに言われたそうで、

 「マンモは、いくらやっても、見れる人(認識できる医者)が見ないと、
   無駄ってことなのよ。5年後の生存率は50%なんだって」
 と、坦々と話す彼女に、私の方がぽろぽろ泣いてしまった。

 そんなこともあって、マンモ検診はこのお歳まで、経験がなかった。

  認識できる医者。どこにいる?

 ところが、先日、やはりガン家系とおっしゃるお客様に、いつも検査に
 いく病院を紹介して頂いた。

  JR川崎西口、横山クリニック。行くことに決めた。

 クリニックに着き、待つこと1時間半。ようやく私の番。

  カウンセリング。触診。マンモグラフィー。

                         

 おぉ~!マンモグラフィー!        なぜ写真を撮ってるんだぁ? 

 それが、大して痛くなっかった。

 私って鈍感? 

  先生は丁寧にご説明下さり、ガンの疑いもなく、痛くもなく。



    お会計で「今日は2420円ですね」

       あれっ!随分安いのね!
コメント

訪問でかつらのご相談でした

2010年10月19日 20時32分12秒 | 医療用ウィッグのご相談
  今日は美容室の定休日。

  お願いされていたお客様のお宅へ訪問でかつらの試着や説明に
 伺いました。

  去年、手術をされたがんの転移が見つかり、先々週から抗がん剤による
 治療が始まりました。

  今のところ、脱毛の症状はないのですが、色やサイズなどを確認して
 必要になったら、すぐ作れるようにお話をしてきました。

  本当は先週も抗がん剤の治療のはずが、白血球の数値が低すぎて、
 治療が出来なかったそうです。

  「取りあえず、家のことができればいいのよ。
 私がいないと、みんな大変じゃない」

  ご自分のことより、ご家族の心配をされている彼女。
 まわりの皆さんが親切にしてくれることを、
 うれしそうにお話されていました。

  やさしい方です。

  かつらの手配も済んで、ほっとされたご様子でした。
 
コメント

かつらのご相談でした。

2010年10月14日 21時24分12秒 | 医療用ウィッグのご相談
  今日は休み明けで忙しい日でした。

 数年前に胃ガンの手術をされたお客様がガンが再発されたとのことで

 かつらのご相談にいらっしゃいました。

  今度は股関節のリンパに転移され、歩きずらそうでした。

 いろいろご説明をして、安心して頂きました。

  
  取りあえず、脱毛が始まってから作ることにしました。

  「家に来てくれる?」

  来週の火曜日にお宅に伺って、試着して頂くことになりました。

  どんな感じか把握しておけば、きっと彼女も気が楽になるでしょう。

 

 
  

 
コメント