早稲田大学 横浜稲門会 ブログ

・親睦と相互啓発  
・早稲田の誇りと自覚
・積極進取     
・気配りと思いやり 

東ヨーロッパのワインを楽しむ

2024年05月26日 11時21分22秒 | ニュース

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月17日三金会開催

2024年05月21日 21時11分25秒 | 三金会
  • 開催概要

 5月17日(金)17時30分から進交会館において、34人の出席のもと、仁井幹事長の司会で開催された。講演に先立ち、東島会長から挨拶があり、スマートグラスを使っての母校不正入試の件と6/1の本会総会の件の話があった。後者については、作家伊東潤氏の大隈公に関する講演や懇親会もあるので、締め切りは一応過ぎているが、失念していた方などぜひ参加してほしいと呼びかけがあった。その後、川田博幸さん(78年政経卒)の講演「ヤクルトの海外事業に携わって-20年の海外駐在-」に入った。ヤクルトの成り立ちと駐在各国の紹介など、関心度の高い話で、興味深く聞き入り、多くの質疑応答があった。講演後、新しく参加された方の自己紹介(萩原康行氏、宮岡栄一氏)があり、閉会後、中華店「香巴拉(シャンバラ)」で懇親会が行われた。

 

  • 講演の主な内容
    • 1930年、京大代田稔医学博士が微生物の研究から乳酸菌の強化培養に成功。
    • 1935年、福岡で乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生し、製造、販売開始。
    • そこには、予防医学を重視し、”健腸長寿”(腸が丈夫→健康長寿)と”誰もが手に入れられる価格で”との考えが基底にあった。
    • 1940年頃、各地に販売や製造の会社が雨後の竹の子のように誕生。
    • 1955年、ヤクルト本社設立、全国の販売会社を統括。
    • 宅配のみ→ヤクルトレディの誕生、ガラス瓶容器→プラスティック容器などの経過があり、今日に至る。
    • 現在、世界40の国・地域で「現地主義」で販売。1日平均4千万本(日本含む)以上になっている。
    • コロナ禍のときは、効用があるとの噂や水替わりに飲んだ人もいて、よく売れた。
    • 講演者は、ヤクルトで台湾に6年、インドネシアに10年、シンガポールに4年駐在。この各国・地域の事情が、表や写真を使いながら紹介された。

なお、ほかにも、海外・国内に滞在した経験が多いので、何かお役に立てればとのことでした。

                     文責 飯田光雄 写真 稲葉昌史 記 仁井淳二

 
講演者 川田博幸氏
 
初参加者 萩原康行さん
 
初参加者 宮岡栄一さん
 
東島会長挨拶
 
会場参加者

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜稲門会カラオケクラブ6月例会案内

2024年05月18日 09時36分15秒 | カラオケクラブ

   横浜稲門会🎤カラオケクラブ🎤6月例会
   (6月12日)に奮ってご参加下さい!!

              (鋭意会員募集中!!)

 

会員各位

横浜稲門会「カラオケクラブ」は来る6月12日<水>に6月例会を開催致します。

歌を歌うのが好きな方、カラオケを愛好する方,関心のある方は奮ってご参加お願い致します。 

日時:6月12日(水)17:00~20:00 場所:カラオケ館横浜関内店
コース: Aグループ362号室(お酒・小料理付き)、及び
      Bグループ357号室(ソフトドリンク主体)各グループ毎に、自由・活発に、楽しく、充実してカラオケ会を行っています。

新規参加者大歓迎!!

〇カラオケクラブは2002年(平成14年)4月に発足して以来、22年に亘り活動を行って参りました。 歌を歌うこと、カラオケを愛好する方々により支えられてきました。

発足:2002年(平成14年)4月

会員数:65名(女性8名 男性57名)

世話人:小村俊生、白石賢司、飯田光雄、安藤良男(代表)

場所:「カラオケ館」横浜関内店(馬車道交差点)

コース(グループ)

Aコース- 362号室 お酒(フリードリンキング)/小料理付き
(会費¥3,700)

 Bコース- 357号室 (First Class Room)/ソフトD主体
(会費約¥2,600)

〇歌われる歌曲は一例を挙げれば下記の通りです:

昭和・平成の懐かしの名曲始め、令和の新曲、英語の歌も歌われています。

   例えば去る4月例会では: 

Aグループでは:雪国、北国の春、横須賀ストーリー、冬のリヴィエラ、夏の終わりの
ハ-モニー,千年の古都、テネシーワルツ、熱き心に、人生劇場、
島人の宝、旅人よ等々 全部で45曲が歌われました。

Bグループでは:愛の讃歌、愛の園、青葉城恋歌、雨が止んだら、池上線、噂の女、ブルーシャトー、また逢う日まで、ランナウエイ等々全部で55曲歌われました。

〇〇カラオケ例会の参加希望者は、カラオケクラブ世話人にお電話下さい。 又、カラオケクラブ入会ご希望者は横浜稲門会FAX:664-2524宛にFAX申込みをお願いします。

<横浜稲門会カラオケクラブ>
       世話人:小村(045-824-1720)、白 石 (090-1268-4771)

                            飯田(070-2610-5450)、安藤(代表:090-6189-3716)

  2024年4月例会 Aグループ

  2024年2月例会 Bグループ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

校友会事務局より早稲田学報への投稿募集です

2024年05月17日 15時54分50秒 | ニュース

早稲田大学校友会各支部・稲門会の皆さま

平素より、早稲田大学ならびに早稲田大学校友会へご支援いただき、誠に有り難く厚くお礼申し上げます。早稲田大学校友会事務局・早稲田学報編集室です。
『早稲田学報』2024年10月号「酒場」特集と、2025年4月号「踊り」特集に関してのご協力のお願いとなります。
下記2件について貴支部・稲門会の皆さまに広く周知いただき、多くの方から情報をお寄せいただけるようであれば幸いです。
【『早稲田学報』2024年10月号「酒場(仮)特集」投稿募集/6月末締め切り】
『早稲田学報』2024年10月号(9月17日発行)にて、早稲田・高田馬場界隈で昭和から営業を続ける酒場の特集を組みます。
その特集内にて、皆さまが在学時などに利用した特定のお店(今はもうなくなってしまったお店も含みます)に関する情報を募集して掲載する企画を行います。
情報をお持ちの方は、ぜひ下記①~⑥を「10月・4月号特集担当」までお送りいただきますようお願いします。
さまざまな時代のさまざまなお店のさまざまな情報をお待ちしています。
下記①~⑥全て必須項目
① 在学時のお名前(確認用/掲載しません)
② 生年月日(確認用/掲載しません)
③ 連絡用メールアドレス(確認・質問用/掲載しません)
④ 掲載するお名前(匿名可/掲載)
⑤ 卒業学部(掲載)
⑥ 1センテンスから200字程度までの「特定のお店に関する情報」(掲載)
【宛先】gakuho@list.waseda.jp
※誌面都合などにより、お送りいただいた情報の中から掲載するものを選ばせていただきます。
※掲載する文章については修正させていただく場合があります。
【『早稲田学報』2025年4月号「踊る人(仮)」特集 情報提供のお願い】
『早稲田学報』2025年4月号(2025年3月17日発行)では、ダンス・舞踊・踊りなど(スケートは含みません)に関わる校友を紹介する特集を組むことになりました。
そこで、皆さまからダンス・舞踊・踊りなどに関わる校友の情報をお寄せいただきたいと希望しています。お知り合いなど皆さまの周りにいる校友からマスコミで取り上げられるような校友まで、どのような情報でも「10月号・4月号特集担当者」まで、お寄せいただけるようであれば助かります。どうぞよろしくお願いいたします。
【宛先】gakuho@list.waseda.jp

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「神奈川女性の会」開催のお知らせ

2024年05月14日 14時38分11秒 | 女性の会

早稲田大学校友会 横浜稲門会 女性の会の皆様       2024年5月吉日

「神奈川女性の会」開催のお知らせ

薫風の候、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
過日お知らせ致しましたように、下記の要領にて神奈川県支部「神奈川女性の会」を開催致したくご案内申し上げます。
情報交換、親睦を深めながら、神奈川県下女性の会の連携をさらに拡大し、今後の各稲門会の活動に活かしていければと考えております。
ご多用とは存じますが、多くの女性会員の皆様のご参加をお待ちしております。 

        ― 記 ―

〇 日時           2024年6月28日(金) 12時~14時

〇 場所           ロイヤルホールヨコハマ  ℡0120-17-1122(代表)

        横浜市中区山下町90番地 日本大通り駅徒歩3分

アクセス | 【公式】ロイヤルホールヨコハマ (royalhall.co.jp)

〇 会費           6,000円  当日集金させていただきます。

お申込は、5月20日(月)までに参加者氏名(卒年学部)を記載の上、横浜稲門会事務局宛にメールをお願い致します。
キャンセルご希望の際には、前日までに稲垣宛ご連絡下さい。当日の場合は、キャンセル料が発生致しますので、ご了承願います。

<問い合わせ先>

横浜稲門会  TEL 045-664-2520 ✉waseda-yok@jeans.ocn.ne.jp

横浜稲門会女性の会 世話人 (稲垣庸子 ℡090-1708-1958 島貫麻美、小山たづ子、横山順子)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英語で話そう会 5月例会のご報告

2024年05月13日 17時08分44秒 | 英語で話そう会

今月の英語で話そう会のテーマは「文化の相違について」でした。

他国に行って感じた文化の違いを話してくださる方が多く、しきたりから振る舞い、ビジネスのやり方や差別まで色々な文化の違いを紹介してくれました。その土地に行ってそこの文化を逆手にとっての対応をしたツワモノもいました。

それぞれの文化の背景にはその土地の気候、歴史、宗教などの影響もありそうです。そういったことを踏まえてその国をみるとまたちがったものがみえてくるかもしれません。

The topic for this month was “Culture Difference”. 

Many people shared his/her experience of culture difference going abroad, ranging from customs, behavior, business procedure to discrimination.  One person even introduced his story on taking advantage of the culture he was stationed. 

The culture would have been influenced by the weather, history and religion etc.  We may be able to see different side of the country after noticing those background.

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月俳句会ご報告

2024年05月12日 19時54分24秒 | 俳句会

5月12日 、5月例会を通信句会の形式で行い、9名が3句投句して合計27句を9名で

各自4句選句しました。

お忙しい中、投句、選句にご協力いただきありがとうございました。

 

高得点及び作者名は以下の通りです。選評はありません。

 

5点句

 

初鰹ならば飛び切り土佐の酒        岡添守男

※補足 岡添さんの「少子化の波ひたひたと鯉幟」も4点句でした。

 

4点句

 

新品の杖を誘なう若葉かな        原田由紀子

 

3点句

 

老人の街に泳ぐや鯉のぼり        大隅陽子

 

雪渓の絵文字現れ若葉燃ゆ             川崎辰雄

 

 

自薦句(何れも選句された句です)

 

山門のきざはし走る蜥蜴かな     KS

夏めくや歓声響くスタジアム     立木欣吾

夏めくや子供の国の広き空        田中とき子

七旬の友送りし日若葉萌え              東島正樹

夏めくや鎌倉宮の樹木映えて               三ツ堀哲宗  

 

 

6月の兼題は「どくだみ」「梅雨」です。どちらか最低一句は

この兼題を選び、計3句提出して下さい。

久しぶりに稲門会事務所で6月8日(土)午後1時から行います。

 

立木記

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜中華街を食べる会6月例会のご案内

2024年05月11日 11時56分23秒 | 横浜中華街を食べる会

皆様

 

ゴールデンウイークを過ぎ、会員の皆様はお元気でお過ごしのことと存じます。

さて、6月例会を次のとおり開催しますのでご案内申し上げます。

これから暑い夏に向かい皆さんで英気を養いましょう。

 

  1. 日時  

6月17日(月)11時半~13時半

※受付は11時からです。それより早く来られても店に入れません。

 

  1. 店名  

金香楼(きんこうろう) 横浜市中区山下町200-9 ※当日入り口に看板あり

   場所は地図のB-2赤22です。

横浜スタジアムから横浜公園を過ぎて、玄武門から善隣門に向かう

北門通り沿いの右側にある茶色と金色の建物で,加賀町警察のほぼ

向かいです。

4階建てで間口は広くありませんが奥行きがあり、席数は300です。

名物は壺料理、とろとろになった豚肉が口の中で溶けます。

他の料理も美味しさ満点です。是非ご賞味ください。

 

2.参加費 

3,800円 飲み物は別会計です。

    

3.お申し込み  

人数制限はありません。お申し込みはメール出来る方はメールで

お願いします。6月13日(木)を申込期限とさせていただきます。

期限を過ぎた後のキャンセルは実費を頂戴しますのでご注意下さい。

初めての方も大歓迎です。世話人 立木までご連絡下さい。090-6276-1402 

 

以上 立木記

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名酒を嗜む会 2024年4月27日例会 報告

2024年04月29日 23時35分38秒 | 名酒を嗜む会

名酒を嗜む会 2024年4月27日例会 報告

 

名酒を嗜む会4月例会は4年ぶりに事務所で開催、初参加者4名を迎えて、29歳から90代の大先輩3名までの23名が参加した。

肩や背中が触れ合う距離感は居酒屋での例会とは違って学生時代の飲み会のようにアッという間に盛り上がった。

初参加者の挨拶の後は全員が自己紹介、ほろ酔いでの饒舌な話しに笑いと共に世代を超える近さを感じる機会となった。

大吟醸酒8本と宮内庁御用達豪華弁当、横浜名物ひと品、枝豆、漬物、乾き物を肴に2時間半、窓を開け放して冷房をいれても熱気は冷めずに続いた。

受付を担当し、多くの写真を撮影していただいた加藤さん、ありがとうございました。

写真はこのブログには載せきれないのでLINEで共有します。メールで連絡が可能な参加者にはLINEグループへの招待メールを送りました。

 

                     記 世話人 渡部耕次

お開き前の集合

加藤さんと渡部が入れ替わり

途中退席された根本さん

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エンジョイ・フットサル 4月活動実施報告

2024年04月29日 11時37分37秒 | エンジョイ・フットサル

夏のような暑い日が続く4月、偶数月ですが、活動を実施しました。
今年からは、偶数月も可能な限り活動を実施して行きます。

4月の活動は、27日(土)10時半から横浜ジョイナス屋上にて実施。
いつも通り、準備運動、練習の後に、試合を開始。
今回は14名の参加者があり、3チームに分かれて試合を進めました。

連携、声出しも良く、好シュート、好セーブも多くあり、和気藹々と
あっという間の2時間でした。

ーーーーーーーーーー 5月の予定 ーーーーーーーーーー

日時:5月12日(土)10:30〜12:30
場所:クーバー・フットボールパーク
   横浜ジョイナス屋上 https://labola.jp/r/shop/3073/

服装:運動ができる服装・運動靴・帽子(夏場要)
設備:更衣室、ロッカー有り
活動内容:準備運動、パス練習、ゲーム
会費:2千円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在は、40代〜70代の稲門会会員が入会されていて、「シュートは外すくらいが面白い」
というエンジョイ志向のフットサルを目指して活動をしています。

スポーツを通しての連帯感は、格別です。見学・お試しからでも結構ですので、
是非、ご参加ください。

申込先:  小林 電話番号 090-6304-6690

                     メール  soccer_foot04@yahoo.co.jp

世話人 小林卓記

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月19日㈮三金会開催

2024年04月26日 20時36分48秒 | 三金会

大岡越前の守と茅ケ崎

 

2024年4月19日㈮午後5時30分から三金会(ミニセミナー)が進交会館にて開催された。講師は茅ケ崎ゆかりの人物館学芸員 
平山孝通氏。テーマは「大岡越前守と茅ケ崎」、出席者37名で会場は熱気に包まれた。レジュメに従い下記大岡家と茅ケ崎市の関係が語られた。

1、大岡家略系図によると

藤原鎌足から始まり、大岡家の初代は忠勝、始め助右衛門助勝と称す、松平宏忠(徳川家康の父)より武功を上げたため本名の一字を賜り、忠右衛門忠勝に改めた。忠右衛門は通称。
2代忠右衛門忠政の時、天正19年(1591年)5月3日相模国高座郡堤村(現茅ケ崎市堤)、380石を家康より拝領した。

2、絵葉書(大正2年(1913)発行)に見る大岡家

3代忠政の時(慶長16年(1611年))大岡家菩提寺・浄見寺を建立し、ここに大岡忠相の墓もある。

3,大名武鑑にみる大岡家(10代忠愛の時に刊行)

大岡家の歴史が詳細に記載されており、大岡越前守忠相は5代目、その正式名称は
従五位下大岡越前守藤原忠相(ジュゴイノゲ オオオカエチゼンノカミ フジワラノタダスケ)
(従五位は朝廷から与えられる位階)、大岡(名字)
越前守(官職、越前国守、福井県北部)藤原(四姓の一つ、源平藤橘)の(読み方としてはが入る)忠相

大岡忠相は時代劇でおなじみであるが、実像は徳川幕府高級官僚で能吏、非常に几帳面な性格であった事が自筆の書から伺える。町奉行は当時3名から4名おり南町奉行に任命された時、当初能登守の予定であったが先輩に能登守がいたことから急遽越前の守に変更されたとの事。5代目として分家から本家に養子として入り、その子孫が大岡家を代々継ぎ現在まで続いている。その後加増を受け、町奉行として唯一1万石の大名になった。国持大名ではなく御定府(参勤交代はなく高級官僚として常時江戸詰)、能吏であったことから8代将軍徳川吉宗の信頼が厚く高く評価された。

大正元年(1912)11月19日贈従四位(国持大名に昇格)22日浄見寺の墓前に贈位報告(大岡家13代子爵忠綱)が行われた。
大正2年(1913)以降茅ケ崎において臨時贈位祭、贈位例祭、例祭が開催され、平成6年(1994)第39回、大岡越前祭に名称変更し今日に至る。今年は第69回大岡越前祭が4月20日、21日に開催される。大岡忠相は今も茅ケ崎市民に大岡さんとして親しまれ、当日は多くの茅ケ崎市民、県内県外からも多数の人が見物に訪れる。

エピソードも交え平山先生に熱く語っていただいたき、質疑応答も活発に行われ参加者全員大岡越前守をより詳細に知り、有意義で楽しい時間を過ごすことができた。
                                       文責 仁井淳二 写真 稲葉昌史 記 仁井淳二

 
講師 平山孝通先生
 
初参加者 金丸潤さん
 
初参加者 永井浩明さん
 
初参加者 野田邦弘さん
 
初参加者 横山久雄さん
 
東島会長挨拶
 
講演に聞入る会場参加者

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月俳句会例会のご案内

2024年04月25日 12時06分48秒 | 俳句会

5月俳句会例会のご案内

 

5月俳句会は通信句会形式で行います。パソコンやスマホなどから世話人まで作成いただいた句、3句をメールでお送りください。なお、3句の内1句は兼題<夏めく><若葉>からお選びください。

 

日程は次のとおりです。

①5月9日(木)までに世話人まで送信

②5月10日(金)世話人から句が集まり次第、投句された皆様に無記名で全句を送信

③投句された方は5月13日(月)までに選句をして世話人まで送信

④5月13日以降世話人は集計して皆様にフィードバックする

 

6月以降については、皆様からのご意見を参考にしながら、事務所で集まってやる句会と通信句会のそれぞれの良いところを生かしながら活動していく予定です。

 

俳句会では新しい会員の方を募集しています。俳句会の方は世話人を含め、入会時に俳句の経験があった方は多くなく、一から始めている方もいらっしゃいます。5・7・5というわずか17文字の中に季語を入れるというルールはありますが、季節や自然に親しみ、短い文字数の中に人々の思いを感じる楽しさがあります。

関心のある方は世話人までお知らせ下さい。会費は無料です。

 

世話人 立木欣吾 たつききんご

メールアドレス  qqht6cr9k@mist.ocn.ne.jp

電話番号     090-6276—1402

 

立木記

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ご案内」 美術館・博物館を巡る会 第8回例会の開催

2024年04月19日 11時00分24秒 | 美術館・博物館を巡る会

皆様

第8回例会を下記の通り開催予定です。

今回は、「不思議の世界へ、ようこそ ― デ・キリコ展」です。

 " Giorgio De Chirico : Metaphysical Journey"

日常の奥に潜む非日常を表す絵画を描き、シュルレアリズムの画家など20世紀初頭の

多くの前衛芸術家に影響を与えた画家の10年ぶりの大回顧展です。

ちょっととっつきにくいかもしれませんが、何かを感じ取ることのできる作品です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

                記

1. 鑑賞する展覧会の概要

 〇 日時:令和6年6月25日(火)

   13:30に、展示室入口付近で待ち合わせ

 〇 会名:「デ・キリコ展」

                      https//dechirico.exhibit.jp

 〇 場所:東京都美術館(JR上野駅 公園口から徒歩7分)

 〇 料金:1,300円(65歳以上) 一般:2,000円

   ・当日集金します、釣銭のいらないようご準備下さい。

   ・チケットは事前に購入しますので、キャンセルの場合は代金のご負担をお願いします。

 

2. 鑑賞後のお茶会について

 〇 日時:当日 15:30~

 〇 場所:東京都美術館内 上野精養軒「サロン」

 〇 メニュー:サロンプレート(ドリンク付き) 1,800円

 

3. 参加の申込みについて

 〇 参加ご希望の方は、お名前・メールアドレス・電話番号・チケット枚数と

   お茶会参加希望の有無を、以下の3名までメールにてご連絡ください。

 

     松本俊男           tm-mahoroba@mountain .ocn.ne.jp

     横山順子(CC)    y-yoko@tuba.ocn.ne.jp

     島貫麻美(CC)    mnrrmami-mu-memo@docomo.ne.jp

 

 〇 申込み締切り 4月22日(月)           以上(記:里見誠二)

 

     

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワインを楽しむ会 5月例会のお知らせ

2024年04月18日 10時48分37秒 | ワインを楽しむ会

 例年より長めに楽しませていただいた桜も葉桜へと変わってしまいました。さて毎回大好評の「ワインを楽しむ会」

の例会が 5月23日木曜日17時から19時まで進交会館2階喫茶室にて開催されます。参加費は2500円です。

参加申し込みの受付は4月23日火曜日午前11時から、4月30日火曜日正午までとし、先着順とさせていただきますが

初参加の方及び女性会員は優先受付いたします。22日にリマインドメールを発信します。5月18日以降のキャンセルは

実費負担をお願いいたします。

 *申し込み方法

    宛先   漆原・ mutsuo.urushibara@outlook.jp

           C C            佐藤・    4chi2be@gmail.com

                            必ず上記2名に返信してください。

 以下、北條さんからのコメントを添付いたします.

    今回のテーマは「東ヨーロッパのワインを楽しむ」です。旧ソビエト連邦の衛星国であった東ヨーロッパ諸国

    のワインですが、当時は社会主義国として大量生産型の廉価,低品質のテーブルワインの生産、供給を余儀なく

    されていました。しかしながら旧ソ連の崩壊後は西側諸国のワイン生産技術の導入のもと、廉価な大量生産型

    生産から商業目的の品質重視のワイン生産に舵を切替え,現在は高品質のワインを供給する幾つものワイナリー

    が出現しており、世界のワイン品評会でも高評価を得ております。例会では近年、品質の良さにより世界市場での

    流通が広がっているハンガリー、ルーマニアのスパークリングワイン、白ワインをテイスティングして頂きます。

    また、現在、ロシアから侵攻を受けているウクライナ、そしてモルドバの赤ワインを調達する予定です。

    ウクライナワインですが、これまで日本では輸入販売はありませんでした。今年に入り、入手できそうな情報

    を得ましたので何とか入手したいと思います。モルドバワインですが品質の高さが評判で愛飲家が増えている

    赤ワインを手配いたします。それでは当日のワインテイスティングをお楽しみください。  北條 正明

   

                                             文責 星田信之

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜中華街を食べる会4月例会のご報告

2024年04月17日 09時43分58秒 | 横浜中華街を食べる会

4月16日(木)穏やかな春の陽気の中、4月例会は吉兆で開催されました。

今回は36名の参加、2階を貸し切りにしましたが満杯でお断りした方、申し訳ありませんでした。

吉兆は広東料理ですが、どちらかというと日本人向けのあっさりした味付けで食べやすい料理です。

中でもアサリラーメンはアサリの身が大きくプリプリしていて出汁がきいてさっぱりしてた絶品です。

個人でまた行って食べたいという方もいらっしゃいました。単品だと1,100円程度です。

ちなみに中国ではアサリラーメンはないそうです。

飲んだり食べたり、おしゃべりをして春の日を満喫しました。

立木記 写真撮影 加藤

吉兆の正面、小さなお店です。

これが絶品のアサリラーメン(あさりそばとも言います)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする